テーマ:ミハエラ・パヴラートヴァー

『動物たちの謝肉祭』にのせて贈る、異性への陽気な好奇心♪

 ミハエラ・パヴラートヴァーの『動物たちの謝肉祭』は、サン・サーンスの組曲『動物たちの謝肉祭』に乗せて贈る、男女の性への関心とかけひきをめぐる7部構成の作品になっています。  異性への好奇心に満ち満ちて、明るく楽観的なのがいいですね。ま、「謝肉祭」ですから、当然祝祭感に満ちているのは当然ですが。  7部の構成は次のよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

隠れた名作 『ことば、ことば、ことば』 ミハエラ・パヴラートヴァー

 1993年に米国アカデミー賞にノミネートされていながら、日本では2006年まで知られていなかった隠れた名作。  【物語】  あるレストランの風景。  妻の言うことを右から左に流す夫。  男の会話にうんざりして、別の席のワイルドな男に興味を持つ女性。  噂話に花を咲かせる女性の2人組。  隣り合った相手とだけ会話…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出世作! 『夫婦生活』 ミハエラ・パヴラートヴァー

 先週ご紹介した『反復』がとても面白かったので、ミハエラ・パヴラートヴァーの他の作品はないかと思って調べたら、みつかったのが、この作品です。    【物語】 編み物をしている妻の向かいで退屈そうにしている夫。  気まぐれに「A」と話しかけてみるが、妻の返事は「b」。  噛み合わないので、夫は再び「A」と話すが、妻はやはり…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ミハエラ・パヴラートヴァー、発見! 『反復』

 ♪ズンズチャチャ、ズンズチャチャ、ズンズチャチャ、ズンズチャチャ……  繰り返されるメロディーが心地よく、しばらく耳について離れなくなります。    【物語】 子どもが乗ったブランコを押す映像から始まって、何組ものキス(性愛)・シーンが続き、そして犬の散歩に出かける男性が登場する。  犬を散歩させているシーンの途中に、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more