テーマ:予想と推察

カンヌ国際映画祭2019 受賞結果関する考察など

 【フランスのメディアによる星取表との関係】  *カンヌ国際映画祭2019 コンペティション部門 星取表:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201905/article_16.html  ◆平均点  ・“Pain and Glory(Dolor y gloria)”(西) 監督…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カンヌ国際映画祭2019 傾向と予想

 【追加作品】  “The Specials(Hors normes)”(仏) 監督:オリヴィエ・ナカシュ、エリック・トレダノ [アウト・オブ・コンペティション部門]  出演:ヴァンサン・カッセル、レダ・カテブ(Reda Kateb)、エレーヌ・ヴァンサン(Hélène Vincent)、Bryan M…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国アカデミー賞2020 部門別予想!

 ◆作品賞(Gold Derby:https://www.goldderby.com/article/2019/2020-oscar-predictions-best-picture/)  ※このページは基本的にGoldderbyをベースにしていますが、情報によりデータに差異がある場合があります。  Leading Conten…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早くも2020年米国アカデミー賞を予想してみました!

 恒例により、全米映画賞レース2019(米国アカデミー賞2020)に絡んできそうな作品を書き出してみました。  以下、アメリカ国内での公開予定の順に並べてあります。  【主要作品公開カレンダー】  “The Souvenir”(英・米) 監督:ジョアンナ・ホッグ 配給:A24  5月17日公開 サンダンス映画祭201…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベルリン国際映画祭2019 コンペティション部門の傾向と予想!

 【コンペティション部門の傾向と予想】  【選出された国や地域】  ・イギリス、アイルランド、ポルトガル、オランダ、スイス、チェコ、スロヴァキア、マケドニア以外のバルカン諸国、ロシア、イスラエル以外の中東、南アジア、東南アジア、台湾、香港、韓国、日本、オセアニア、アメリカ、中南米、アフリカからの選出はありませんでした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国アカデミー賞2019 ノミネーションに関するデータ、トリビア、予想など

 【データ】  ◆各作品のノミネート状況  ・『女王陛下のお気に入り』(10):作品・監督・主演女優・助演女優・助演女優・脚本・撮影・編集・美術・衣裳  ・『ROMA/ローマ』(10):作品・監督・主演女優・助演女優・脚本・撮影・美術・録音・音響・外国語  ・『アリー/スター誕生』(8):作品・主演男優・主演女優・助…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベネチア国際映画祭2018 追加作品、コンペティション部門の傾向と予想

 【コンペティション部門追加作品】  ・“Acusada(The Accused)”(アルゼンチン・メキシコ) 監督:Gonzalo Tobal  出演:ガエル・ガルシア・ベルナル、レオナルド・スバラグリア(Leonardo Sbaraglia)、ラリ・エスポジット(Lali Espósito)、ダニエル・ファネゴ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カンヌ国際映画祭2018 いくつかのメディアによる受賞予想

 ブックメイカーPaddy Powerによるカンヌ国際映画祭のパルムドール予想オッズは、どうやら今年は出ないようなので、現時点で出ている他のメディアの予想を書き出しておくことにします。  ◆William Hill(4月5日):https://www.williamhill.com.au/entertainment/79778…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カンヌ国際映画祭2018 追加上映作品 +傾向&受賞予想

 【コンペティション部門 追加作品】  ・“Un Couteau Dans Le Cœur (Knife + Heart)”(仏・メキシコ) 監督:ヤン・ゴンザレス(Yann Gonzalez)  出演:ヴァネッサ・パラディー、ケイト・モラン(Kate Moran)、ニコラ・モーリー(Nicolas Maury)、ジョ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Awards Dailyが選ぶ、2018年期待の258作品!

 Awards Dailyが、2018年の注目作品を258本リスト・アップしています。英語作品が183 本、非英語作品が75本あります。  その中には、既にワールド・プレミアが済んでいる作品、アメリカまたは本国で劇場公開がスタートしている作品もあるし、2019年公開とアナウンスされている作品もあります。  当ブログでは、米国アカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カンヌ国際映画祭2018 コンペティション部門予想リスト

 昨年は、ベルリン国際映画祭が終わった後に、「第70回カンヌ国際映画祭のエントリー作品予想リスト(2017 Cannes Possibles Films-The Buzz)」が、映画情報サイトMovie Onに掲載され、それが非常に参考になったので、今年も楽しみにしてたんですが、今年は掲載されないみたいですね。  カンヌ国際映画祭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国アカデミー賞2019 部門別予想!:

 【作品賞】  〇“Backseat”(米・英・西・UAE) 監督:アダム・マッケイ 配給:Annapurna Pictures  △“Beautiful Boy”(米) 監督:フェリックス・ヴァン・ヒュルーニンゲン 配給:Amazon Studios  ・“The Best of Enemies”(米) 監督:ロビン・ビセル…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

早くも2019年米国アカデミー賞を予想してみました!

 恒例により、全米映画賞レース2018(米国アカデミー賞2019)に絡んできそうな作品を書き出してみました。  以下、アメリカ国内での公開予定の順に並べてあります。  【主要作品公開カレンダー】  ・“The Mercy”(英) 監督:ジェームズ・マーシュ 配給:Lionsgate  出演:コリン・ファース、レイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MCNのオスカー2018 最終予想!

 MCN(Movie City News)による、最終のオスカー予想(Gurus o’ Gold)が発表されました。(3月2日)  *元記事はこちら:http://moviecitynews.com/2018/03/gurus-o-gold-final-guesses/ -------------------------…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベルリン国際映画祭2018 コンペティション部門追加作品 +傾向と予想!

 第68回ベルリン国際映画祭のコンペティション部門の最後の1本が発表されました。  ・“Utøya 22. juli (U - July 22)”(ノルウェー) 監督:エリック・ポッペ [ワールド・プレミア]  出演:Andrea Berntzen、Aleksander Holmen、Brede Fristad、E…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国アカデミー賞2018 全部門予想オッズ!

 ブックメイカーPaddy Powerによる、第90回米国アカデミー賞の全部門の予想オッズが発表されています。(1月25日現在)  全部門と書きましたが、なぜか外国語映画賞が忘れられているし、編集賞は4作品しかありませんが、現時点での人気というか、予想がおぼろげに見えてくるように思います。  * Paddy Power:ht…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国アカデミー賞2018 ノミネーションに関するデータ、トリビア、予想など

 ◆各作品のノミネート状況  ・『シェイプ・オブ・ウォーター』(13):作品・監督・主演女優・助演男優・助演女優・脚本・撮影・編集・美術・衣裳・録音・音響編集・作曲  ・『ダンケルク』(8):作品・監督・撮影・編集・美術・録音・音響編集・作曲  ・『スリー・ビルボード』(7):作品・主演女優・助演男優・助演男優・脚本・編集…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オスカー2018 予想 ファースト・ラウンド 10部門(AwardsDaily)

 AwardsDailyが、オスカー2018のファースト・ラウンドの予想を出しています。(9月11日)  まだトロント国際映画祭開催中だし、AwardsDailyの予想はそんなには当てにならないし、例年だとMCNの予想が出るまでオスカー予想は待つのですが、本年度はいつもの年とは少々様子が違っているように見えることもあり、下馬評がど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベネチア国際映画祭2017 コンペティション部門 傾向と予想

 【コンペティション部門選出作品の傾向性】  【選出された国や地域】  ・アイルランド、スペイン、ポルトガル、オランダ、オーストリア、ハンガリー、ポーランド、チェコ、スロヴァキア、バルカン諸国、北欧、ロシア、イスラエル以外の中東、トルコ、東南アジア、台湾、香港、韓国、カナダ、中南米、アフリカからの選出はありませんでした。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カンヌ国際映画祭2017 いくつかのメディアによる受賞予想

 毎年、楽しみにしていたブックメイカーPaddy Powerのパルムドール予想オッズ。  開幕1週間前になっても出ないということは、どうやら本年度の予想オッズは出ないまま、ということになりそうです。  仕方ないので、現時点で出ている他のメディアの予想を書き出しておくことにします。  【2017 CANNES FILM …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カンヌ国際映画祭2017 コンペ部門追加上映作品 +コンペ部門の傾向と受賞予想

 第70回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門の追加上映作品が発表になりました。  これでコンペティション部門は19本になり、まだ直前まであと1本くらい追加される可能性もありますが、ここらで今回のコンペティション部門の傾向と受賞予想を書き出しておくことにします。  [コンペティション部門 追加上映作品]  ・“The…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベネチア国際映画祭2016 コンペティション部門 傾向と予想!

 【コンペティション部門選出作品の傾向性】  【選出された国や地域】  ・イギリス、アイルランド、ポルトガル、オーストリア、ハンガリー、ポーランド、チェコ、スロヴァキア、セルビア以外のバルカン諸国、北欧、中東、フィリピン以外のアジア、カナダ、ブラジル、アフリカからの選出はありませんでした。  ・前回選出されたイギリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2008年度の映画賞&ベストテンを予想してみました!

 恒例により、今年も本年度の映画賞&ベストテンの予想をしてみたいと思います。  といっても、7月1日に当ブログでやった日本一早い映画賞&ベストテン予想(http://umikarahajimaru.at.webry.info/200807/article_2.html)とそう変わっていないのですが……。  まず、現時点で発表され…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

『ポニョ』落選?! 2008年度米国アカデミー賞長編アニメーション賞!

 米国アカデミー賞長編アニメーション賞の候補作14作品が発表されました(この中から最終ノミネーション作品が決定されます)。  ・バイロン・ハワード、クリス・ウィリアムズ “Bolt”[ディズニー]  ・マーク・F・アドラー、ジェイソン・マウラー “Delgo”[Electric Eye Entertainment Corpo…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

詳細!第65回ベネチア国祭映画祭 コンペティション部門 ラインナップ発表!

 第65回ベネチア国際映画祭(8月27日~9月6日)のラインナップが発表されました(7月29日)。  そこで、まずはコンペティション部門から書き出してみたいと思います。  ・マルコ・ベキス Marco Bechis “BirdWatchers”(伊・ブラジル/108分)  ・プーピ・アヴァーティ “Il papà…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

早くも2008年の映画賞&ベストテンを予想してみました!

 今年もちょうど半分が過ぎてしまいました。  米国アカデミー賞からみの作品もほとんどが劇場公開されたわけですが、お気に入りの作品はあったでしょうか。日本映画も実力派監督の話題作・意欲作が続々公開されていますね。  さて、そうした作品も踏まえつつ、今年も、恒例により、現時点でのベストテン&映画賞の予想をしてみたいと思います。  …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

詳細! カンヌ国際映画祭2008 コンペティション部門ラインナップ!

 今年も5月14日~25日までカンヌ国際映画祭が開催されます。  公式サイトで情報が開示されるまで待っていたので、当ブログでの記事が遅くなってしまいましたが、以下が今年のコンペティション部門のラインナップになります。  ◆ラインナップ  アルノー・デプレシャン “Un Conte de Noel(A Christmas Tal…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ここでも日本人がノミネート! セザール賞ノミネート発表!

 セザール賞のノミネーションが発表になりました。  例年だと、日本では未公開の作品ばかり並ぶのでちらっと結果を眺めて、「ああ、そうなのか」と思う程度なのですが、今年は米国アカデミー賞にからんでいる作品が『エディット・ピアフ ~愛の讃歌~』『潜水服は蝶の夢を見る』『ペルセポリス』と3作品もあって、注目度が違います。  ※米国アカデ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

完全予想! 第80回米国アカデミー賞!

 第80回米国アカデミー賞のノミネーションについて調べてみました。予想もつけてみましたが、今年は、24部門のうちいくつ当たるでしょうか。  今年は、複数の作品が複数の部門でノミネートされています。『ノーカントリー』と『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』が最多8部門ノミネート、続いて『つぐない』と『フィクサー』が7部門、意外なところ…
トラックバック:4
コメント:4

続きを読むread more