テーマ:日本映画

『ある船頭の話』 in ベネチア国際映画祭2019

 『ある船頭の話』“They Say Nothing Stays the Same”(日) 監督:オダギリジョー [ベネチア・デイズ部門]  *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。  ↓ ↓ ↓ ↓    ↑ ↑ ↑ ↑  クリックしてね!  *当ブログ記事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベネチア国際映画祭2019 日本作品上映スケジュール

 ◆コンペティション部門  ・『真実』“The Truth”(仏・日) 監督:是枝裕和 8/28、8/29  ・『サタデー・フィクション』“Saturday Fiction (蘭心大劇院)”(中) 監督:ロウ・イエ 9/4、9/5  出演:オダギリジョー、中島歩  ※審査員:塚本晋也  ◆ベネチア・デイズ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『真実』 in ベネチア国際映画祭2019

 『真実』"La Vérité" (The Truth)PhotoCall  ルドヴィーヌ・サニエ、ジュリエット・ビノシュ、是枝裕和、カトリーヌ・ドヌーブ、Clémentine Grenier 、マノン・クラベル(Manon Clavel)  Clémentine Grenier 、是枝裕和  ジュリエ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニッポン・コネクション(フランクフルト)2019 受賞結果

 第19回日本映画祭「ニッポン・コネクション」(5月28日-6月2日)のラインナップ&受賞結果です。  この映画祭は、フランクフルトで毎年開催されている日本映画の祭典で、この種の映画祭では珍しくコンペティション形式になっています。  *公式サイト:https://www.nipponconnection.com/nc-201…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『Grand Bouquet/いま いちばん美しいあなたたちへ』 in カンヌ国際映画祭2019

 ・『Grand Bouquet/いま いちばん美しいあなたたちへ』“Grand Bouquet”(日) 監督:吉開菜央 [監督週間]  「この作品は,NTTの研究所の触覚技術を利用した「触覚映画(ハプティック・シネマ)」です.映画のプロットやシーン構成も,振動を与えるデヴァイスを装着して鑑賞することを前提に制作されています.触感覚を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『典座 -TENZO-』 In カンヌ国際映画祭2019

 ・『典座 -TENZO-』“Tenzo”(日/59分) 監督:富田克也 [国際批評家週間]  禅宗の寺院において僧侶や参拝者の食事を司る役職「典座」に注目した作品。道元禅師による『典座教訓』を軸に「3.11」以降の日本における仏教の意義、信仰について探求する。全国曹洞宗青年会から依頼を受けて製作された作品。  出演:河口智賢、近藤…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

“Family Romance, LLC” in カンヌ国際映画祭2019

 ・“Family Romance, LLC”(日・独) 監督:ヴェルナー・ヘルツォーク [スペシャル・スクリーニング]  出演:石井裕一、Mahiro Tanimoto、美貴、黒戌仁-クロ戌-  物語:ある男が行方知れずの若い少女の父親に成りすますために雇われる。  東京と青森で撮影された。キャストは非職業俳優。  カン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『初恋』 in カンヌ国際映画祭2019

 ・『初恋』“First Love”(日・英) 監督:三池崇史 [監督週間]  出演:窪田正孝、小西桜子、大森南朋、染谷将太、内野聖陽、ベッキー、村上淳、塩見三省  物語:希有の才能を持つ、プロボクサー葛城レオが、負けるはずのない相手との試合でKO負けを喫したことから、人生の歯車が一気に狂う。彼は、その夜、コールガールで麻薬中毒者モ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カンヌ国際映画祭2019 日本作品上映スケジュール

 ・5月15日 『白蛇伝』“The White Snake Enchantress”(1958/日) 監督:藪下泰司 [カンヌ・クラシック部門]  ・5月17日・18日・19日 『初恋』“First Love”(日・英) 監督:三池崇史 [監督週間]  出演:窪田正孝  ・5月18日 “Family Romance, …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウーディネ・ファーイースト映画祭2019 受賞結果:!

 第21回ウーディネ・ファーイースト映画祭(4月26日-5月4日)の各賞が発表されました。  ◆観客賞  第1位  ◎『みじめな人』“淪落人(Still Human)”(香港) 監督:オリヴァー・チャン(陳小娟/Oliver Siu Kuen Chan)  出演:アンソニー・ウォン、サム・リー、セシリア・イップ、Crisel…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウーディネ・ファーイースト映画祭2019 ラインナップ

 第21回ウーディネ・ファーイースト映画祭(4月26日-5月4日)のラインナップです。  ウーディネ・ファーイースト映画祭は、1999年からイタリアのウーディネで開催されている、東アジアの映画と東南アジアの映画に特化した映画祭です。  3つくらいのスクリーンを使って、約10日間で、80本程度の作品を上映するというコンパクトな映画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ウィーアーリトルゾンビーズ』 in サンダンス映画祭2019

 第35回サンダンス映画祭のコンペティション部門で、久々の日本映画『ウィーアーリトルゾンビーズ』が上映になりました。  ・『ウィーアーリトルゾンビーズ』“WE ARE LITTLE ZOMBIES”(日) 監督:長久允  出演:二宮慶多、水野哲志、奥村門土、中島セナ、佐々木蔵之介、工藤夕貴、池松壮亮、初音映莉子、村上淳、西田…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年における、国際映画祭・映画賞での日本映画の受賞結果まとめ!

 2018年の国外の映画祭&映画賞における、日本映画、および、日本人の受賞結果をまとめてみました。  ※ すべてを取り上げることはできないので、映画祭、映画賞ごとに、受賞>ノミネート>出品 の優先順位でピックアップしてあります。  ※ 基本的には主だった映画賞、映画祭のみにとどめています。  ※ 過去の作品の特集上映等はピック…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハワイ国際映画祭2018 受賞結果!『万引き家族』、斎藤工も受賞!

 第38回ハワイ国際映画祭(11月8日-18日)の受賞結果です。  【ハワイ国際映画祭】  ハワイ国際映画祭は、1981年にハワイで始まった国際映画祭で、地元ハワイの映画はもちろん、アジア太平洋地域の映画の上映に力を入れている映画祭で、毎年、日本からも数多くの作品が出品されています。  プログラムとしては、インド、台湾…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『万引き家族』の上映歴、受賞歴をまとめてみました!

 『万引き家族』が今週末から本格的にヨーロッパ(とアメリカ)で公開されるのと、次週から全米映画賞レースがスタートするのに合わせて、『万引き家族』の上映歴、受賞歴をまとめてみました。  5月9日-19日 カンヌ国際映画祭 コンペティション部門出品。パルムドール受賞。  6月2日 日本 先行上映  6月8日 日本 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年度の映画賞の結果をまとめてみました(日本編)

 2018年度の日本映画賞の結果をまとめておきたいと思います。  日本映画に対する映画賞はまだまだありますが、ここでは比較的にポピュラーなものをピック・アップしてあります。  なお、過去11年分の結果は、文末にリンク先が示してあります。 --------------------------------  ◆作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

細田守 in 釜山国際映画祭2018

 ・『未来のミライ』“Mirai”(日) 監督:細田守 [KP] (アニメーション・ショーケース部門)  ◆Meet the Guest: Talk to Talk 『未来のミライ』 細田守、Shin Jihae (アンカー, 韓) ------------------------------…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

坂本龍一 in 釜山国際映画祭2018

 [オープニング・セレモニー]  『ずっとずっといっしょだよ』“My TYRANO: Together, Forever”(韓・日・中) 監督:静野孔文 [WP] (オープン・シネマ部門) プレス・カンファレンス  [ハンド・プリンティング]  [IS YOUR TIME 釜山バージョン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『寝ても覚めても』 in 釜山国際映画祭2018

 ・『寝ても覚めても』“Asako I & II (Netemo Sametemo)”(日・仏) 監督:濱口竜介 [KP] (アジア映画の窓部門)  唐田えりか、東出昌大  [第6回アジア・スター・アワード出席]  ※濱口竜介監督は、ニューヨーク映画祭に出席のため、釜山国際映画祭は欠…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『菊とギロチン』 in 釜山国際映画祭2018

 ・『菊とギロチン』“The Chrysanthemum and the Guillotine”(日) 監督:瀬々敬久 [IP] (アジア映画の窓部門)  木竜麻生  韓英恵  持田加奈子、田代友紀、せのじゅんこ  ※釜山国際映画祭2016 Asian Project Market(APM) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『斬、』 in 釜山国際映画祭2018

 『斬、』“Killing”(日) 監督:塚本晋也 (ガラ・プレゼンターション部門)  [プレス・カンファレンス]  池松壮亮と蒼井優も出席する予定だったのが、台風のせいで、出席できなくなったそうです。  ・映画祭ディレクターのJay Jeonと  映画祭プレジデント(理事長)にイ・ヨンガン(Yo…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

釜山国際映画祭2018 日本映画のゲスト参加回 スケジュール!

 第23回釜山国際映画祭(10月4日-13日)に関する日本映画の、ゲスト参加回の日時の一覧です。  【ガラ・プレゼンテーション部門】  ・『斬、』“Killing (Zan)”(日) 監督:塚本晋也 [AP] 10/6-17:00  【アジア映画の窓部門】  ・『菊とギロチン』“The Chrysanthemum a…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『僕はイエス様が嫌い』 in サンセバスチャン国際映画祭2018!

 『僕はイエス様が嫌い』“Jesus”(日) 監督・脚本・撮影・編集:奥山大史  物語:「祖母と一緒に暮らすため、東京から雪深い地方の小学校へ転校してきたユラは、同級生たちとおこなう礼拝に戸惑いを感じていた。礼拝の習慣や友だちとも慣れていったある日、お祈りをするユラの目の前にとても小さなイエス様が現れる。ユラは願いを必ずかなえ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

細田守監督 Donostia賞アニメーション監督賞受賞 サンセバスチャン国際映画祭2018

 本年度のサンセバスチャン国際映画祭では、是枝裕和監督とダニー・デヴィートとジュディー・デンチに、サンセバスチャン国際映画祭の名誉賞・貢献賞に当たるDonostia賞(premios Donostia)が贈られましたが、細田守監督にも「アニメーション監督に対するDonostia賞」が贈られたと報じられています。  ・Global …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

斎藤工、松田聖子 『ラーメン・テー』 in サンセバスチャン国際映画祭2018

 松田聖子、エリック・クー、Jeanette Aw、斎藤工 --------------------------------  *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。   ↓ ↓ ↓ ↓   ↑ ↑ ↑ ↑   クリックしてね!  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トロント国際映画祭2018 日本映画上映スケジュール

 トロント国際映画祭2018(9月6日-16日)での日本映画上映スケジュール。  ・『万引き家族』“Shoplifters”(日) 監督:是枝裕和 [カナダ・プレミア][SPECIAL PRESENTATIONS部門] 9/7、11、14.15  ・『Vision』“Vision”(日・仏) 監督:河瀨直美 [インターナショ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more