テーマ:スージー・テンプルトン

キャベツを偏愛する男 『スタンリー』 スージー・テンプルトン

 1999年製作の短編アニメーション『スタンリー』は、今年の米国アカデミー賞短編アニメーション賞にノミネートされたスージー・テンプルトンの初監督作品です。  【物語】  スタンリーは、妻と2人暮らしの老人。  彼は、キャベツを育てることが生き甲斐で、ポラロイド・カメラで写真を撮って、キャベツの成長日誌をつけたりもしてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あまりにもリアルで…… “Dog” スージー・テンプルトン

 前回の記事で、今年のアカデミー賞短編アニメーション賞にノミネートされたスージー・テンプルトンの『ピーターと狼』をご紹介しましたが、この監督って“Dog”の監督だったんだ!と、旧作の動画をチェックしていて、ようやく気がつきました。  “Dog”というのは、こまめに動画サイト(特に短編アニメーション)をチェックしていれば必ずひっかか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

祝・アカデミー賞ノミネート! 『ピーターと狼』 スージー・テンプルトン

 『ピーターと狼』は、セルゲイ・プロフィエフ作曲の同名作品を人形アニメーション化したもので、2007年のアヌシー国際アニメーションフェスティバルで短編部門のグランプリを受賞し、先頃発表された米国アカデミー賞でも短編アニメーション賞にノミネートされています。  アカデミー賞短編アニメーション賞にノミネートされている監督の旧作でもあれ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more