テーマ:中谷美紀

結果&作品情報! 第1回アジアン・フィルム・アワード

 アジアン・フィルム・アワードは、アジア各国の劇場公開作の中から10部門(作品、監督、男優、女優、脚本、撮影、美術、作曲、編集、視覚効果)にノミネート作品を6本選び、その中からベストワンを選んで表彰するというもので、今年から香港国際映画祭のオープニングに設けられたものです。  日本ではほとんど話題になっていません(というか私自…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

心がほどけていく旅 中谷美紀『インド旅行記1』

 中谷美紀さんの『インド旅行記1 北インド編』。 危ういなあと思ったのは、やっぱり何でも仕事(お金)に結び付けてしまうことに危惧感を感じるからで、芸能人とかが好きで書いていたはずのブログが本になったりして、ブログを書くことが仕事になったり、半ば義務になったりする(そのために書く内容も意識してしまい、姿勢も変わる)のと同じものを感じます…
トラックバック:5
コメント:10

続きを読むread more

中谷美紀という生き方 『ないものねだり』

 『嫌われ松子の一年』を読んだ流れで、中谷美紀さんの本を探していたのですが、最初の著書である『だぁれも知らない』は、銀座、渋谷、池袋を探してもみつからず、「anan」の連載をまとめた『ないものねだり』の方を読んでみることにしました。  読んでみると、『嫌われ松子の一年』でもそうでしたが、「食」、「食べること」に関する話題が多いです…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画よりも面白い 『嫌われ松子の一年』

 映画『嫌われ松子の一生』は、  ①主人公・松子の堕ちっぷりが見事  ②その松子を演じる中谷美紀の“ここまでやるか”感が凄い!  ③宮藤官九郎、劇団ひとり、武田真治、荒川良々、伊勢谷友介等、松子をめぐる男たち&その他のキャストが豪華で、ゴージャス!  などに関して評価しつつも、そして2006年を代表する映画の1本であることはまず…
トラックバック:79
コメント:42

続きを読むread more