テーマ:ブルーノ・ボツェット

「自由」とは…… ブルーノ・ボツェット 『フリーダム』

 壁、壁、壁……。  【物語】独り寂しくテレビを見ている人、独り寂しく膝を抱えるしかない人、独り寂しくベッドにうずくまっている人、独り寂しく新聞をしらみつぶしに読んでいる人、独り寂しくただ時間が過ぎるのを待っているだけの人、……。  そんな中、ただ1人壁に体当たりを繰り返している人がいる。その結果、いつしか壁は崩れ、彼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

狼男は人気薄?! 『ホラー』 ブルーノ・ボツェット

 前回(1週間前)、ご紹介したブルーノ・ボツェットの“Far West”は、「トニー&マリアが活躍する映画」という趣向で制作された4部作の1つで、“Far West”が西部劇だったように、それぞれが映画の各ジャンルのオマージュというかパロディーのようになっています。他の3作品は“Mosters”、“War”、“Horror”で、それぞれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒーローは大忙し! ブルーノ・ボツェット “FAR WEST”

 [館内放送] まもなく、西部を舞台にした、愛と冒険の大活劇“FAR WEST”の上映が始まります。  【物語】  映画館の中。お客さんの1人が座席を決めようとして、あちこち座ってみて、ようやく落ち着く席を見つけたと思ったら、すぐ前の席に人が座って来たので、あわてて別の席に移る。  映画の本編“TONY AND MAR…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

案外、イタリア人てこういうイメージかも? ブルーノ・ボツェット『YES&NO』

 道路交通法または運転マナーに照らして正しいのはどっち?  【物語】  YES:できるだけスピードを出す。  NO:のろのろ走って後ろから追突されてしまう。  YES:前の車とは車間を取らない。  NO:前の車との車間を取って、どんどん割り込まれてしまう。  YES:駐車スペースなど気にしないで車を止…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頼むから 静かにしてくれ ブルーノ・ボツェット 『ノイローゼ』

 軽いギャグ・アニメも多いブルーノ・ボツェットですが、こういう社会風刺的な作品もあるという見本のような作品。  【物語】  空港近くにあるアパートの物語。  4階の住人は、サラリーマンで、犬を飼い、読書をして静かに過ごすことを好む。  3階の住人は、スポーツカーを乗り回し、エクササイズをし、テレビが好きな趣味人。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スポーツ・ギャグ18連発! ブルーノ・ボツェット 『オリンピック』

 ダメだこりゃ!(いかりや長介風に)  ブルーノ・ボツェットによる、オリンピック競技に関するショート・ギャグ集。  決してレベルの高いギャグではありませんが、それぞれのオチがついたところで、いかりや長介風に「ダメだこりゃ!」とつぶやくと、見事にはまります。ブルーノ・ボツェットのギャグとドリフのギャグはどこか通じる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『赤ちゃんの話』 ブルーノ・ボツェット

 それでは、教室には女子だけ残って、男子は体育館に行ってくださ~い。  【物語】 赤ちゃんが生まれるまでの物語。  子宮の中で、卵の女王(卵子)は強い騎士(精子)がやってくるのを待ちますが、騎士が騎士同士の戦いの末に卵の女王の前までやってきても酸にやられてしまったり、あるいは、障壁(コンドーム)や爆弾(ピル)によって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イブと出会うまでにアダムがしていたこと ブルーノ・ボツェット 『アダム』

 ブルーノ・ボツェット版人類創生の物語(笑)。  【物語】 宇宙から円盤が飛来して、まだ誰も人が住んでいない地球にアダムを置いて行きました。その頃、地球は激しい雨。  円盤が戻ってきて、困ったことがあったら押すようにと、SOSボタンを置いて去りました。  ずぶ濡れのアダムがさっそくSOSボタンを押すと、円盤は傘を出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たった5分でわかるイタリア人の国民性 ブルーノ・ボツェット 『ヨーロッパ人とイタリア人』

 イタリア人は、こういう国民性を持った国民であるという15の項目。これらをチェックしてみれば、自分のイタリア人度がわかるかもしれません(笑)。  【物語】  “This film is dedicated to those who believe that Italians the same as all other eur…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たった9分間でわかる世界の歴史 ブルーノ・ボツェット 『バッタ』

 現在、有楽町の朝日ホールで開催中の<イタリア映画祭2007>に合わせて、何かイタリアのアニメーションをご紹介したいなと思っていたのですが、イタリアのアニメーション作家といえば、まず、この人、ブルーノ・ボツェット(ボゼット)ですね。  ブルーノ・ボツェットは、2004年に長編『ネオ・ファンタジア』と短編作品が日本でも劇場公開されて…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more