テーマ:ドキュメンタリー

『ネバーランドにさよならを』も『HOMECOMING: ビヨンセ・ライブ作品』も IDAアワード2019受賞結果

 国際ドキュメンタリー協会(International Documentary Association /IDA)が贈る第35回IDAアワードの受賞結果が発表されました。(12月7日)  【IDAアワード】  IDAは、ドキュメンタリー作品の作り手の支援やドキュメンタリー作品の上映機会の増加のための活動を行なっている非営利団…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米・製作者組合賞(PGA)2020 ドキュメンタリー部門のノミネーション発表!

 第31回米・製作者組合賞(PGA) ドキュメンタリー部門のノミネーションが発表になりました。(11月19日)  ・“Advocate” イスラエル・カナダ・スイス) 監督:Rachel Leah Jones、Philippe Bellaiche  ・『アメリカン・ファクトリー』“American Factory”(米) 監…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グリアソン・アワード2019 受賞結果!

 グリアソン・アワード2019 の受賞結果が発表になりました。(11月14日発表)  【グリアソン・アワード】  グリアソン・アワード(The Grierson Award)と言っても日本ではほとんど知られていないと思いますが、スコットランド出身のドキュメンタリーのパイオニア、ジョン・グリアソン(1898-1972)の偉業を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国アカデミー賞2020 長編ドキュメンタリー賞 エントリー作品159作品!

 米国アカデミー賞2020長編ドキュメンタリーエントリー作品が発表されました。(11月12日)  2020年度は、159作品でした。  ・“Advocate”(イスラエル・カナダ・スイス) 監督:Rachel Leah Jones、Philippe Bellaiche  ・“After Parkland”(米) 監督:Ja…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シネマ・アイ・オナーズ 2020 ノミネーション発表

 第12回シネマ・アイ・オナーズのノミネーションが発表されました。(11月7日)  「シネマ・アイ・オナーズ」は、2008年より、映画監督のAJ Schnackとトロント国際映画祭のドキュメンタリー部門のプログラマーThom Powers,によって始められたキュメンタリー映画に特化した映画賞で、略さずに言うと「The Cinema…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリティクス・チョイス・アワード 2019 ドキュメンタリー賞発表!

 クリティクス・チョイス・アワード2019 ドキュメンタリー部門の受賞結果が発表されました。(11月10日発表)。  ◆最優秀ドキュメンタリー賞(BEST DOCUMENTARY FEATURE)  ・『アメリカン・ファクトリー』“American Factory”(Netflix) (米) 監督:スティーヴン・ボグナー(Ste…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国際ドキュメンタリー協会が選ぶIDAアワード2019 ノミネーション

 国際ドキュメンタリー協会(International Documentary Association /IDA)が贈る第35回IDAアワードのノミネーションが発表されました。(10月24日)  【IDAアワード】  IDAは、ドキュメンタリー作品の作り手の支援やドキュメンタリー作品の上映機会の増加のための活動を行なっている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリティクス・チョイス・アワード2019 ドキュメンタリー賞ノミネーション

 クリティクス・チョイス・アワード2019 ドキュメンタリー部門のノミネーションです(9月23日発表)。  ◆最優秀ドキュメンタリー賞(BEST DOCUMENTARY FEATURE)  ・『アメリカン・ファクトリー』“American Factory”(Netflix) (米) 監督:スティーヴン・ボグナー(Steven B…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グリアソン・アワード2019 ノミネーション!

 グリアソン・アワード2019 のノミネーションです。(9月19日発表)  【グリアソン・アワード】  グリアソン・アワード(The Grierson Award)と言っても日本ではほとんど知られていないと思いますが、スコットランド出身のドキュメンタリーのパイオニア、ジョン・グリアソン(1898-1972)の偉業を継承する目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ映画賞2019 ドキュメンタリー賞オフィシャル・セレクション12作品発表!

 ヨーロッパ映画賞2019のオフィシャル・セレクション12作品が発表になりました。(8月26日)  ・“Advocate”(イスラエル・カナダ・スイス) 監督:Rachel Leah Jones、Philippe Bellaiche  イスラエルの人権弁護士Lea Tsemelは抑止できない力である。彼女は、イスラエルの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クラクフ映画祭2019 受賞結果

 第59回クラクフ映画祭(5月26日-6月2日)の受賞結果です。  クラクフ映画祭は、短編とドキュメンタリーに特化した国際映画祭で、ヨーロッパ映画を中心としたラインナップで、ズリーンと同じく今年で59回目を迎えました。  コンペティション部門には、短編部門とドキュメンタリー部門があり、短編部門には、インターナショナル部門とポ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シェフィールド国際ドキュメンタリー映画祭2019 受賞結果!

 第26回シェフィールド国際ドキュメンタリー映画祭(6月6日-11日)の受賞結果です。  【審査員大賞】(Grand Jury Award)  ・“Diego Maradona”(英) 監督:アシフ・カパディア  ・“For Sama”(英・米・シリア) 監督:Waad al-Kateab、Edward Watts  ・“A…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トライベッカ映画祭2019 受賞結果

 第18回トライベッカ映画祭(4月24日-5月5日)の受賞結果です。  トライベッカ映画祭は、同時多発テロの被害を受けて元気を失ってしまったニューヨークを、映画を通じて元気づけようという目的で2002年から始められた映画祭で、今年で18回目になります。  コンペ部門には、巨匠やベテラン、期待の新鋭などがこぞって作品を出品する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カンヌ国際映画祭2019 カンヌ・クラシック部門、ACID部門 ラインナップ

 【カンヌ・クラシック部門】  ・『黄金時代』“The Golden Age”(1930/仏) 監督:ルイス・ブニュエル   *ルイス・ブニュエル 3作品スポットライト。4K修整上映。  ・『ジャン・ルノワールのトニ』“Toni”(1934/仏) 監督:ジャン・ルノワール  ・『この空は君のもの』“The Woman…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年に観る映画、観ない映画!

 もう既に4月ですが、恒例により、2019年に日本で公開される外国映画をまとめておきたいと思います。  ※公開作品の多いアメリカ映画は除いてあります。  ※共同製作作品など分類しにくい作品もありますが、ここでは便宜的に分けてあります。  ※タイトルは変わる場合があります。  ※基本的に、2017年以前の作品は製作年を付記して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンダンス映画祭2019 ワールド・シネマ コンペティション部門 ラインナップ

 ワールド・シネマ ドラマ・コンペティション部門(WORLD CINEMA DRAMATIC COMPETITION)  12本 特記以外はワールド・プレミア  ・“The Last Tree”(英) 監督:Shola Amoo  物語:Femiは、ナイジェリア系のイギリスの少年で、里親のメアリーに溺愛され、親しい友人グループ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シネマ・アイ・オナーズ2019 受賞結果!

 第12回シネマ・アイ・オナーズの受賞結果が発表されました。(1月10日)  「シネマ・アイ・オナーズ」は、2008年より、映画監督のAJ Schnackとトロント国際映画祭のドキュメンタリー部門のプログラマーThom Powers,によって始められたキュメンタリー映画に特化した映画賞で、略さずに言うと「The Cinema Ey…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国アカデミー賞2019 短編ドキュメンタリー賞 ショートリスト10作品 発表!

 米国アカデミー賞2019 短編ドキュメンタリー賞ショートリスト10作品が発表されました。(12月17日)  ・『エンド・ゲーム 最期のあり方』“End Game”(米/40min)監督:ロブ・エプスタイン(Rob Epstein)、ジェフリー・フリードマン(Jeffrey Friedman)  ・“Lifeboat”(米/40…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国アカデミー賞2019 長編ドキュメンタリー賞 ショートリスト15作品 発表!

 第91回米国アカデミー賞 長編ドキュメンタリー賞ショートリスト15作品が発表されました。(12月17日)  【米国アカデミー賞 長編ドキュメンタリー賞ショートリスト15作品】  ・“Charm City”(米) 監督:Marilyn Ness  比類なき暴力が繰り広げられているボルチモアの地区。監督のMarilyn Ne…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国際ドキュメンタリー協会が選ぶIDAアワード2018 受賞結果!

 国際ドキュメンタリー協会(International Documentary Association /IDA)が贈る第34回IDAアワードの受賞結果が発表されました。(12月8日)  【IDAアワード】  IDAは、ドキュメンタリー作品の作り手の支援やドキュメンタリー作品の上映機会の増加のための活動を行なっている非営利団…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【考察】 米国アカデミー賞2019 長編ドキュメンタリー賞 エントリー作品166作品!

 1.キャリア組  過去に米国アカデミー賞にノミネートされたか、受賞したことのある監督は、次回以降、ショートリストに選ばれたり、ノミネートされたりしやすくなるという傾向がありますが、第91回米国アカデミー賞 長編ドキュメンタリー賞のエントリー作品の監督にも過去の受賞者やノミニーが多数います。  ・過去に長編ドキュメンタリー賞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国アカデミー賞2019 長編ドキュメンタリー賞エントリー作品166作品(続き)

 ・“Making The Five Heartbeats”(米) 監督:ロバート・タウンゼント(Robert Townsend)  ・『私は、マリア・カラス』“Maria by Callas”(仏) 監督:トム・ヴォルフ(Tom Volf)  トロント国際映画祭2018 TIFF DOCS部門出品。  マスター・オブ・ア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国アカデミー賞2019 長編ドキュメンタリー賞エントリー作品166作品!

 第91回米国アカデミー賞 長編ドキュメンタリー賞のエントリー作品が発表になりました。(11月8日)  2014年から公式に発表されるようになった長編ドキュメンタリー賞のエントリー作品リストですが、2014年度が134作品、2015年度が124作品、2016年が145作品、2017年は170作品、今回は166作品あります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米・製作者組合賞(PGA)2019 ドキュメンタリー部門ノミネーション発表!

 第30回米・製作者組合賞(PGA)の、ドキュメンタリー部門のノミネーションが発表になりました。(11月20日)  ・“The Dawn Wall”(米) 監督:ジョシュ・ローウェル、Peter Mortimer  クリティクス・チョイス・アワード2018 撮影賞ノミネート。  ・“Free Solo”(米) 監督:ジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリティクス・チョイス・アワード2018 ドキュメンタリー部門 受賞結果!

 アメリカの放送映画批評家協会(BFCA)(と放送テレビジャーナリスト協会(BTJA))が、2016年より新たに創設したドキュメンタリー賞(クリティクス・チョイス・アワード ドキュメンタリー賞)の、受賞結果が発表されました。(11月10日@ニューヨーク) ホスト:ビル・ナイ(Bill Nye)  ◆最優秀ドキュメンタリー賞(Bes…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シネマ・アイ・オナーズ2019 ノミネーション!【プロが選ぶドキュメンタリー2018】

 第12回シネマ・アイ・オナーズのノミネーションが発表されました。(11月8日)  「シネマ・アイ・オナーズ」は、2008年より、映画監督のAJ Schnackとトロント国際映画祭のドキュメンタリー部門のプログラマーThom Powers,によって始められたキュメンタリー映画に特化した映画賞で、略さずに言うと「The Cinema…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more