テーマ:マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット

『岸辺のふたり』の監督の最新作は、こんな作品でした! 『アロマ・オブ・ティー』

 『岸辺のふたり』で全世界の観客の心をつかんだマイケル・デュドク・ドゥ・ヴィットが、『岸辺のふたり』の次に作った待望の新作がこの“The Aroma of Tea”。今年1月の時点では、ネット上では観られなかったのですが、たまたま調べてみたらYou Tubeに投稿されていました。  内容としては、これまでの3作品とは異なっ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィットについて、もう少し

 『岸辺のふたり』のマイケル・デュドク・ドゥ・ヴィットについて、もう少し。  当ブログでも動画をアップできる3作品(『岸辺のふたり』『お坊さんと魚』『掃除屋トム』)はもう既に紹介してしまったので、今回は彼のCM作品について。  彼のCM作品については、Acme Filmworks(http://www.acmefilmwor…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『掃除屋トム』 マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット

 『岸辺のふたり』で知られるマイケル・デュドク・ドゥ・ヴィットの1992年の作品。  主人公がゴミ箱にゴミを片付ける度に、ほかの誰かによって散らかされてしまう、というコメディー・タッチの作品です。 中古車・中古車情報・中古車販売なら車選びドットコム  ゴミを棄てる人に対しての憤りもなく、それを片付ける主人公に対…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『お坊さんと魚』 マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット

 『岸辺のふたり』のマイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット監督の1994年の作品。  貯水池に魚がいるのを見つけたお坊さんが、その魚をつかまえようとするが、どうしてもうまくいかない、勉強していても魚のことが気になって落ち着かず、魚をつかまえようと夢中になってしまう、というのが物語の骨子。『岸辺のふたり』とは違って、物語も作品のタッチも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『岸辺のふたり』 マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット

 『岸辺のふたり』は、たった8分の短編ながら、長編作品の併映作品としてではなく、メインの作品として劇場公開された世界一短いロードショー作品です(2004年12月テアトルタイムズスクエアにてモーニングショー&レイトショー。『お坊さんと魚』『掃除屋トム』を併映。入場料金800円均一)。確かそれを記録としてギネスブックに申請したということも伝…
トラックバック:6
コメント:8

続きを読むread more