テーマ:台湾映画

台北電影節2013 コンペティション部門 ラインナップ!

 第15回台北電影節(6月28日-7月20日)のコンペティション部門のラインナップです。  台北電影節には、第1回監督長編か第2回監督長編を対象とするインターナショナル・ニュー・タレント・コンペティションと、台湾映画を対象とし、長編ナラティヴ部門、短編部門、ドキュメンタリー部門、アニメーション部門という4つの部門を持つコンペティシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

華語電影傳媒大奨2013 ノミネーション発表!

 第13回華語電影傳媒大奨(第十三届华语电影传媒大奖/Chinese Film Media Award/中国映画メディア大賞)のノミネーションが発表になりました。(5月28日)  華語電影伝媒大奨は、中国・香港・台湾の映画関係者・評論家が審議決定する映画賞で、「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台湾・金馬奨2012 結果発表!

 第49回台湾・金馬奨の結果が発表になりました。(11月24日)  ◆作品賞(最佳劇情片/Best Feature Film)  ◎“神探亨特張(Beijing Blues)(中) 監督:カオ・チュンシュー(高群書)  ・“浮城謎事(Mystery)”(中) 監督:ロウ・イエ  ・『奪命金』“奪命金/Life With…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台湾・金馬奨2012 ノミネーション発表!

 第49回台湾・金馬奨のノミネーションが発表になりました。(10月2日)  ◆作品賞(最佳劇情片/Best Feature Film)  ・“神探亨特張(Beijing Blues)(中) 監督:カオ・チュンシュー(高群書)  ・“浮城謎事(Mystery)”(中) 監督:ロウ・イエ  ・『奪命金』“奪命金/Life Wi…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台北電影奨2012 受賞結果発表!

 台北電影奨(Taipei Film Festival Awards)2012の受賞結果が発表になりました。(7月21日)  【長編ナラティヴ部門】(劇情長片/Narrative Features)  ・“寶米恰恰(Cha-Cha for Twins)”(台湾) 監督:楊貽茜(Yang Yi-Chien)、王傳宗(Jim …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

華語電影伝媒大奨2012 受賞結果!

 第12回華語電影伝媒大奨(Chinese Film Media Award/中国映画メディア大賞)の受賞結果が発表になりました。(5月30日。ノミネーション発表は4月10日)  華語電影伝媒大奨は、中国・香港・台湾の映画関係者・評論家が審議決定する映画賞で、「南方都市報」(“Southern Metropolis Daily”/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台湾・金馬奨2011 結果発表!

 第48回台湾・金馬奨の各賞が発表されました。(11月26日)  ◆作品賞(最佳劇情片/Best Feature Film)  ◎“Warriors Of The Rainbow: Seediq Bale(賽德克•巴萊)”(台湾) 監督:ウェイ・ダーション  ・“Let The Bullets F…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国語圏の映画監督ベスト50!

 以前、台北金馬影展執行委員會が選ぶ中国語映画オールタイムベスト(正式には「影史百大華語電影(100 Greatest Chinese-Language Films)」)を記事にしましたが、台北金馬影展執行委員會は併せて中国語圏の映画監督ベスト50(五十大導演/50 Greatest Directors)も発表しています。  遅く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国語映画 オールタイム・ベスト100!

 台北金馬影展執行委員會が中国語映画オールタイムベスト(正式には「影史百大華語電影(100 Greatest Chinese-Language Films)」)を発表しています。  これは、台北金馬影展執行委員會(台湾金馬奨を発表しているところ)の呼びかけで、台湾を中心とした中国語圏の映画人(脚本家、プロデューサー、俳優、スタッフ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

超速報! 台湾・金馬奨2010 受賞結果!

 第47回台湾金馬奨の結果発表が、つい先ほど終了しました(一番最後に発表された作品賞の結果が、ネット上に出てから、まだ30分経っていないんですよ~)。(11月20日)  随時、速報をアップしてくれるサイトがいくつかあるんですが、今年は、sohu.comの当該サイトを何度も「更新」しつつ、受賞結果をチェックし、下記のリストに◎印をつ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

台湾・金馬奨2010 ノミネーション発表!

 第47回台湾・金馬奨のノミネーションが発表になりました。(10月1日)  ◆作品賞(最佳劇情片)  ・『お父ちゃんの初七日』“父後七日” 監督:ワン・ユィリン(王育麟/Yulin Wang)、エッセイ・リウ(刘梓洁/Zi-jie Liu)  ・『ボディガード&アサシンズ』“十月圍城”(香港・中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アジア映画の収穫2010! その2 香港映画・台湾映画・東南アジアの映画

 「アジア映画の収穫2010」の続きです。  ここでは、カンボジア以東のアジア映画について、ピック・アップしてあります。  【カンボジア】  ・“Enemies of the People”(民衆の敵たち)(カンボジア・英) 監督:Rob Lemkin、Thet Sambath  クメール・ルージュに家族を殺された若きジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロアン・リンユイ& 田中絹代生誕100年も! 台北電影節2010 各賞発表!

 第12回台北電影節の各賞が発表になりました。(7月10日)  台北電影節は、ホウ・シャオシェンが設立した台湾電影文化協会が企画し、台北市が主催、台北市文化局が運営している台湾映画のショーケースのような映画祭で、1998年にスタートして、今年で第12回を迎えています。(計算が合わないのは2001年の開催がなかったからです。) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超速報!台湾・金馬奨2009!

 第46回金馬奨2009の結果が発表になりました。(11月28日)  今年は、sina.comやsohu.comが受賞結果を即時サイトにアップしてくれていたので、時々刻々、最新情報がアップされ、ついさっき全受賞結果が明らかになりました!  米国アカデミー賞のように、一々結果に、一喜一憂するということもありませんでしたが、ライ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第46回金馬奨ノミネーション発表!

 第46回金馬奨のノミネーションが発表になりました(10月7日)。  2009年度の各国の映画賞レースも、いよいよここから本格的にスタート、という感じでしょうか。  ◆作品賞  ・『あなたなしでは生きていけない』“不能沒有你/ No Puedo Vivir Sin Ti” 監督:レオン・ダイ  ・“鬥牛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台湾・金馬奨2008 結果発表!

 第45回台湾・金馬奨の結果が発表になりました(12月6日)。  個人的にはこれまで金馬奨までチェックするということはなかったのですが、今年は既に観ていた作品がいくつかと、観に行ったけれど当日券はないと言われて観られなかった作品が1つと、そのほか気になる作品がいくつかノミネートされていたのうを知っていたので、金馬奨の動向もちょっと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DVD『20 30 40の恋』 レビュー 完全版!

 ケイト・ヤンについての記事を書くついでに、買ったけど、そのまま観ないでいた『20 30 40の恋』のDVDを観てみました。  『20 30 40の恋』のことはともかく、一般的にDVDスルーの作品に関しては、観た人の感想がブログに上がったりはしますが、ロードショー作品とは違って、きちんとした作品情報が残されないのが残念なんです…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

好きになった! ケイト・ヤン

 『藍色夏恋』とか『夢遊ハワイ』とか、なかなか良質で、胸がキュンとする青春映画の佳作を送り出してくれる台湾映画界ですが、1981年生まれの新鋭レスト・チャンが監督した『花蓮の夏』もそうした台湾青春映画の系譜につらなる佳品でした。  物語は、男2人女1人の三角関係をベースにしたものですが、男2人が1人の女を取り合うというのではなく、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

今や…… 『満里奈の旅ぶくれ―たわわ台湾―』

 「なぜ私がここに出てきたのかとお思いの方もいらっしゃると思いますが、本日の司会進行を務めさせていただきます渡辺満里奈です。え~、今日は私も緊張してるんですが……。それではさっそくこの映画の監督をお呼びしましょう。アン・リー監督です」。  こんな感じの語りとともに渡辺満里奈さんが私の目の前にあるステージ上に登場したのは、2000年7月…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more