テーマ:実験映画

和田淳も受賞! アンアーバー映画祭2014 受賞結果!

 第52回アンアーバー映画祭(3月25日-30日)の各賞が発表されました。  アンアーバー映画祭は、ミシガン州のアンアーバー(Ann Arbor:「アナーバー」と呼ばれたりもする)で開催されている映画祭で、インディペンデント映画、その中でも特に実験映画に力を入れている映画祭です。  元々は、1963年にミシガン大学の教授Ge…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トロント国際映画祭2012 その7 SP. PRESENTATIONS、WAVELENGTHS

 【GALA PRESENTATIONS部門】  ・“Song for Marion”(英) 監督:Paul Andrew Williams  出演:テレンス・スタンプ、ヴァネッサ・レッドグレーヴ、ジェマ・アータートン  物語:年金受給者で気難し屋のアーサーは、妻のマリオンが、なぜ地元の合唱団でばかげた歌を歌うのに一喜一憂して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本人がグランプリ! アンアーバー映画祭2010

 第48回アンアーバー映画祭(The Ann Arbor Film Festival)の各賞が発表になりました。(3月23日~28日)  アンアーバー映画祭のことは、タイ映画について調べていて、私も初めて知ったんですが、この映画祭は北米で2番目に古い映画祭(1番古いのはコロンバス国際映画祭)で、特に、実験映画を積極的に取り上げるこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恋は盲目? デイヴィッド・リンチ “Boat”

 デイヴィッド・リンチがDaividlynch.com上で発表した短編“The Boat”。  【物語】  樹々の間からこぼれる木漏れ日。  その映像に、意味ありげな女性のモノローグがかぶせられる。  女性のモノローグは、心のつぶやき(“I couldn’t sleep.……”(眠れないの…)など)を口にする一方で、…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

アピチャッポン・ウィーラセタクン 全フィルモグラフィー!

 アジア映画ベストセレクション@赤坂OAGホール(2009年3月14日~15日)で、アピチャッポン・ウィーラセタクン監督の『世紀の光』が2006年の東京フィルメックス以来2度目の上映となります。  タイではいろいろ物議をかもしたあげく再編集版での公開が決定したと伝えられていましたが、今回上映されるのは、東京フィルメックスにて上映された…
トラックバック:1
コメント:5

続きを読むread more

アイデアの面白さ! ウォン・カーウァイ 『花様的年華』

 ウォン・カーウァイの『花様的年華』“Hua yang de nian hua”が、ベルリン国際映画祭の短編部門に出品されたこと、そして古い中国映画や香港映画の断片を集めて構成した短編作品であることはなんとなく知っていましたが、それがどんな作品であるのかは観てみるまではわかりませんでした。へえ~、こんな作品だったんですね。面白いじゃない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ABCのその先に…… デイヴィッド・リンチ 『アルファベット』

 デイヴィッド・リンチの第2短編『アルファベット』    【物語】  ベッドに横たわる少女。バックに「ABC」と連呼する子どもたちの声。  サングラスの女の顔のアップ。その下にタイトル。  続いて、いくつかの線と曲線で構成された平面が登場する。  画面下には、いくつかの矩形の重なりがあり、画面上方には日の丸のような…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more