テーマ:BLU

BLUの新作完成を細田守監督のツイートで知る!“BIG BANG BIG BOOM”

 BLUの新作が1ヶ月も前に完成して、ネット上で公開されていたんですね。  ということを私が知ったのは細田守監督の数日前のツイートを通してでした。(細田監督は、BLUのことを知らなかったみたいでしたが。)  私が当ブログでBLUの“MUTO”を取り上げたのが、2008年11月で、その頃、BLUのことを知っている人はまだそんな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

怪鳥の涙 BLU “fino”

 BLUが生み出した「空想上の生き物」シリーズの1つ。前回紹介した“ffwd”もそうでしたが、繰り返し見ると、どこかしら「悲しみ」を感じさせます。  【物語】  突起がニュッと伸びて、3枚の羽根が開いて飛んでいく。  花型の花びらが開いて、中から、“棒に段違いに2枚のプロペラがついたもの”が飛び出し、回転しながら宙を舞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

薬がオレを狂わせる! BLU “ffwd”

 タイトルの“ffwd”に関しては、これが何を意味しているのかは明らかにされていませんが、おそらく4つの英単語の略のはずで、だとすれば、fのどちらかはfish(もしくはfishman)で、wはwater、dはdrag、あたりでしょうか。  【物語】  何か根っこのようなもの(?)が入っているガラス瓶。  まわりを水が満…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Aは頭のA! BLU “Letter A”

 “Letter A”。Aという文字。アルファベットの最初の文字A。すべての始まり……。  【物語】  闇の中から手に頭を抱えた頭のない胴体が右に歩いてくる。  胴体が左右にまっ二つに割れて、左側が頭を受け取って、片足で跳ねていく(内臓をこぼしながら)。  しゃがむと、頭を地面に転がす。  頭からプラグを引っ張っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

部屋の壁でできるアニメーション BLU “Walking”

 “MUTO”の先立つBLUのグラフィティ・アニメーション。といっても、この作品は、ストリートの壁ではなく、アトリエの白い壁に描かれています。  【物語】  黒いシルエットが右に歩いていき、帽子をとって、地面に置く。  男は拳銃自殺して倒れ、帽子の中から別の男が這い出てくる。  彼が胸を左右に開くと、中からより大きな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イタリア人も生卵を飲むんだぁ~! BLU “Child”

 グロテスクなモチーフや展開を好むBLUですが、こんな作品も作れるんだ、ということを示したのが“Child”です。といっても、やはり、グロテスクな味つけも少々あるのですが。  【物語】  1つの点。  少しずつ膨らんで、2つに分かれて2卵性の胎児になる。  胎児は卵巣に包まれ、外枠が卵型になり、タマゴパックに収まる。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「微笑と笑いの違いについて」 BLU

 たぶん今のところ、BLUが手がけた唯一のミュージック・ビデオ“Sulla differenza fra un sorriso e una risata”(微笑と笑いの違いについて)です。イタリア語の歌詞はついていますが、全く気にしないで楽しめます。  【物語】  卓球台からサーブ。  ピンポン玉は、いくつものネットを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

目からヒョロヒョロ~ BLU超短編集2

 BLUのアニメーションで、通し番号がついているものは33まであり、そのうちweb上で観られるのは19本あります。  どれも10秒前後で、たわいなくて、彼のグラフィティ・アニメーション同様、教科書の隅に書いた落書きみたいなものですが、この「ちょっとしたギャグ」のようなものに後を引く魅力があって、ついつい次から次へと観てしまいます。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腸があふれ出てきて困る! BLU超短編集1

 グラフィティ・アーティストBLUの作品の中から、グラフィティ・アニメーション以外の作品を紹介しておきたいと思います。短いので、サクサク観ることができます。  ・No.1(手回しカメラ) 3秒  ・No.3(ネクタイ) 7秒  ・No.4(腸があふれ出てきて困る) 14秒  ・No.7(輪切り) 14…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

動く!グラフィティ・アート BLU “MUTO”

 グラフィティ・アーティストBLUのアニメーション作品“MUTO”。  動画サイトのお気に入りをたどっていくと、たまに「これは!」というものに巡り逢うことがありますが、これもそうした過程を経てみつけた作品です。  それで、作り手BLUのことを調べてみようとして検索したら、この作品は半年前くらいに既にネット上で話題になっていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more