テーマ:アニメーション

ズリーン国際映画祭2019 受賞結果

 第59回ズリーン国際映画祭(5月24日-6月1日)の受賞結果です。  ズリーン国際映画祭は、チェコの東部ズリーンで開催される映画祭で、正式名称をZlín International Film Festival for Children and Youth(Film Festval Zlin. mezin&aacut…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年に観る映画、観ない映画!

 もう既に4月ですが、恒例により、2019年に日本で公開される外国映画をまとめておきたいと思います。  ※公開作品の多いアメリカ映画は除いてあります。  ※共同製作作品など分類しにくい作品もありますが、ここでは便宜的に分けてあります。  ※タイトルは変わる場合があります。  ※基本的に、2017年以前の作品は製作年を付記して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アニー賞2019受賞結果! 『未来のミライ』も受賞!

 第46回アニー賞が発表になりました。(2月3日。ノミネーション発表は12月3日)  ※各部門の呼称には、Annie Award for~がつけられるようになったようです。  【映画部門】  ◆最優秀長編アニメーション賞(Annie Award for Best Animated Feature)  ◎『スパイダーマ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

米国アカデミー賞2019 短編アニメーション賞 ショートリスト10作品 発表!!

 第91回米国アカデミー賞 短編アニメーション賞 ショートリスト10作品が発表されました>(12月17日)  ・“Age of Sail”(米/12min) 監督:ジョン・カース(John Kahrs)  物語:1900年の外洋。帆船の船乗りWilliam Averyは、かつては仲間もいたが、今は年老いて、独りぼっちで北大西洋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ・アニメーション賞2018 受賞結果!

 第2回ヨーロッパ・アニメーション賞(Emile賞)の受賞結果が発表されました。(12月8日@リール)  これは、シルヴァン・ショメやミッシェル・オスロ、『白くまになりたかった子ども』などを手がけるプロデューサー、ディディエ・ブリュネールが2015年のアニー賞でウィンザー・マッケイ賞を受賞した際、式典に出席し、北米のアニメーション…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第2回ヨーロッパ・アニメーション賞(Emile賞)ノミネーション発表!

 第2回ヨーロッパ・アニメーション賞(Emile賞)のノミネーションが発表されました。(11月8日@アテネ)  これは、シルヴァン・ショメやミッシェル・オスロ、『白くまになりたかった子ども』などを手がけるプロデューサー、ディディエ・ブリュネールが2015年のアニー賞でウィンザー・マッケイ賞を受賞した際、式典に出席し、北米のアニメー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セザール賞2019 短編アニメーション賞 オフィシャル・セレクション12作品!

 第44回セザール賞短編アニメーション賞のオフィシャル・セレクション12作品のラインナップです(9月17日発表)  ・“(Fool Time) Job”(仏/16min) 監督:Gilles Cuvelier  物語:Pedroは仕事を見つけた。危機にあるこの時期に稀な出来事。それは彼と彼の家族にとって良いニュースだ。仕事がかな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

詳細!米国アカデミー賞2019 長編アニメーション賞エントリー作品25作品!

 第91回米国アカデミー賞 長編アニメーション賞エントリー作品が発表になりました。(10月24日)  本年度は、25作品がエントリーされ、前回より1作品減、前々回(史上最多)より2作品減となっています。  外国映画は、前々回が15作品、前回が14作品、今回が16作品(『アーリーマン ~ダグと仲間のキックオフ!~』はイギリス作品と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ映画賞2018 アニメーション賞、コメディー賞ノミネーション発表!

 第31回ヨーロッパ映画賞のアニメーション賞とコメディー賞のノミネーションが発表されました。(10月23日@ベルリン)  【アニメーション賞】  ・『アーリーマン ~ダグと仲間のキックオフ!~』“Early Man”(英) 監督:ニック・パーク  ・『生きのびるために』“The Breadwinner”(アイルランド・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国アカデミー賞2019 短編アニメーション賞候補71作品(Exclusive)

 10月1日にエントリーの締め切りが行なわれた米国アカデミー賞2019 短編アニメーション賞。  年によっては、非公開のはずのエントリー・リストがネットに流れたりしますが、本年度は9月25日の時点で、Cartoon Brewが米国アカデミー賞2019 短編アニメーション賞有資格作品の候補をリストアップしています。(10月18日に関連記…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SIGGRAPH 2018 コンピュータ・アニメーション・フェスティバル ラインナップ

 第45回SIGGRAPH 2018のコンピューター・アニメーション・フェスティバル(8月13日-15日)のラインナップです。  SIGGRAPH(シーグラフ:Special Interest Group on Computer GRAPHics)は、コンピューター・グラフィックとインタラクティヴ・テクニックに関する国際的なイベン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年に観る映画、観ない映画!(続き)

 ◆オーストラリア  ・『キリング・グラウンド』“Killing Ground”(2016/オーストラリア) 監督:ダミアン・パワー 配給:クロックワークス 1月9日公開@ヒューマントラストシネマ渋谷  ・『OSIRIS/オシリス』“Science Fiction Volume One: The Osiris Child”(20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アニー賞2018受賞結果!『リメンバー・ミー』が史上最多11部門受賞。

 第45回アニー賞の受賞結果が発表になりました(12月4日ノミネーション発表。2月4日受賞結果:発表。)  【映画部門】  ※一部、受賞者のみ、書き出します。  ◆最優秀長編アニメーション賞(Best Animated Feature)  ・“Captain Underpants: The First Epic Mo…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アニー賞2018 テレビ部門 ノミネーション!

 【テレビ部門】  ◆最優秀テレビ・アニメーション 作品賞 プレスクール部門(Best Animated Television/Broadcast Production For Preschool Children)  ・『ミッキーマウスとロードレーサーズ』“Mickey and the Roadster Racers”-エ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1回ヨーロッパ・アニメーション賞 結果発表

 第1回ヨーロッパ・アニメーション賞の受賞結果が発表されました。(12月8日@リール)  これは、シルヴァン・ショメやミッシェル・オスロ、『白くまになりたかった子ども』などを手がけるプロデューサー、ディディエ・ブリュネールが2015年のアニー賞でウィンザー・マッケイ賞を受賞した際、式典に出席し、北米のアニメーション・コミュニティー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国アカデミー賞2018 短編アニメーション賞ショートリスト10作品 発表!

 第90回米国アカデミー賞 短編アニメーション賞ショートリスト10作品が発表になりました。(12月4日)  本年度は、例年より10日以上、発表が遅くなっています。  ・『ガーデンパーティー』“Garden Party”(仏/7min) 監督:Florian Babikian、Vincent Bayoux、Victor Caire…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

詳細!米国アカデミー賞2018 長編アニメーション賞 エントリー作品26本!

 第90回米国アカデミー賞 長編アニメーション賞エントリー作品が発表になりました。(11月10日)  本年度は、26作品がエントリーされ、史上最多となった昨年度より1作品も少なくなっています。  前回は、エントリーされた27作品のうち15作品が外国映画でしたが、今回は、14作品が外国映画でした。近年には珍しく、ヨーロッパとカナダ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1回ヨーロッパ・アニメーション賞 ノミネーション発表!

 第1回ヨーロッパ・アニメーション賞のノミネーションが発表されました。(11月6日)  これは、シルヴァン・ショメやミッシェル・オスロ、『白くまになりたかった子ども』などを手がけるプロデューサー、ディディエ・ブリュネールが2015年のアニー賞でウィンザー・マッケイ賞を受賞した際、式典に出席し、北米のアニメーション・コミュニティーに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ映画賞2017 アニメーション賞、コメディー賞 ノミネーション発表!

 第30回ヨーロッパ映画賞のアニメーション賞とコメディー賞のノミネーションが発表されました。(10月24日@ベルリン)  【アニメーション賞】  ・“Ethel and Ernest”(英) 監督:ロジャー・メインウッド(Roger Mainwood)  『さむがりやのサンタ』『スノーマン』『風が吹くとき』などで知られるレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オタワ国際アニメーションフェスティバル2017 受賞結果 日本からは2作品が受賞

 第41回オタワ国際アニメーションフェスティバル(9月20日-24日)の各賞が発表になりました。  【長編コンペティション部門】  ◆グランプリ(Grand Prize for Best Animated Feature)  ◎『夜は短し歩けよ乙女』“Night is Short, Walk On Girl”(日) 監督:…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セザール賞2018 短編アニメーション賞 オフィシャル・セレクション12作品発表!

 第43回セザール賞 短編アニメーション賞のオフィシャル・セレクション 12作品が発表されました。(9月18日)  ・“À l‘horizon(At the Horizon)”(仏) 監督:Izabela Bartosik-Burkhardt  物語:男と女が一緒に航海に出るために、船を組み立てる。彼らは情熱的に取…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オタワ国際アニメーションフェスティバル2017 ラインナップ

 第41回オタワ国際アニメーションフェスティバル(9月20日-24日)のラインナップです。  【長編コンペティション部門】  ※審査員:Christophe Gérard(イギリスの映画監督)、ボブ・サビストン(Bob Sabiston:映画監督、アニメーター)、Amanda Strong(カナダの映画監督…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【お宝】 SIGGRAPH 2017 コンピューター・アニメーション・フェスティバル ラインナップ!

 第44回SIGGRAPH 2017のコンピューター・アニメーション・フェスティバル(7月30日-8月3日)のラインナップです。  SIGGRAPH(シーグラフ:Special Interest Group on Computer GRAPHics)は、コンピューター・グラフィックとインタラクティヴ・テクニックに関する国際的なイベ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アヌシー国際アニメーションフェスティバル2017 受賞結果!日本からも続々受賞!

 第57回アヌシー国際アニメーションフェスティバル(6月12日-17日)の各賞が発表になりました。  【長編コンペティション部門】  ◆グランプリ/Crystal Award  ◎『夜明けを告げるルーのうた』“Lu Over the Wall”(日) 監督:湯浅政明  ◆審査員賞(Jury Award)  ◎『…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ザグレブ国際アニメーションフェスティバル2017 受賞結果! 日本からの受賞はー

 第27回ザグレブ国際アニメーションフェスティバル(6月5日-10日)の受賞結果が発表になりました。  【グランド・コンペティション 長編部門】(Grand Competition Feature Film)  ※審査員:Natalia Lukinykh(ロシア出身の映画批評家、ドキュメンタリーの監督、教師、映画祭プロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more