テーマ:2007年度映画賞

第2回アジアン・フィルム・アワード 結果発表!

 第2回アジアン・フィルム・アワードの結果が発表になりました(http://www.asianfilmawards.org/eng/home.html)。  ◆作品賞  ・『それでもボクはやってない』 (監督:周防正行) (日本)  ・『ラスト、コーション』 (監督:アン・リー) (台湾・中国・米)  ◎『シークレット・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リチャード・アッテンボロー賞発表!

 リチャード・アッテンボロー賞のピープルズ・チョイス賞が『ボーン・アルティメイタム』に決まったそうです。  リチャード・アッテンボロー賞とは、イギリスの地方紙、ウェブサイト、放送で活躍するアートまたはエンタテインメント系のジャーナリストの投票で、フィルム・オブ・ザ・イヤーを決めるもので、60年以上にわたって、俳優、プロデューサー、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハリウッドで最もsmartな50人!

 前回、ディアブロ・コーディーについて書いた記事の中に、彼女は2007年のエンタテインメント ウィークリー誌が選ぶ“the 50 Smartest People in Hollywood”(ハリウッドで最も知性が感じられる50人)の38位に選ばれている、というのがありました。  そうした50人の中にエンタテインメント ウィークリー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第80回米国アカデミー賞発表!

 第80回米国アカデミー賞の結果が発表になりました。  ノミネート段階での私の予想はこちら(http://umikarahajimaru.at.webry.info/200801/article_17.html)です。 ◆最優秀作品賞  ・『つぐない』(監督:ジョー・ライト)  ・『Juno/ジュノ』(監督:ジェイソ…
トラックバック:9
コメント:4

続きを読むread more

第33回セザール賞結果発表!

 第33回セザール賞の結果が発表になりました。  ノミネート段階では――  『エディット・ピアフ ~愛の讃歌~』(11部門):作品、監督、主演女優、助演男優、助演女優、脚本、編集、撮影、音響、衣裳、美術  『秘密』(11部門):作品、監督、主演女優、助演女優×2、脚色、編集、撮影、衣裳、美術、音響  『潜水服は蝶の夢を見る』…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ここでも日本人がノミネート! セザール賞ノミネート発表!

 セザール賞のノミネーションが発表になりました。  例年だと、日本では未公開の作品ばかり並ぶのでちらっと結果を眺めて、「ああ、そうなのか」と思う程度なのですが、今年は米国アカデミー賞にからんでいる作品が『エディット・ピアフ ~愛の讃歌~』『潜水服は蝶の夢を見る』『ペルセポリス』と3作品もあって、注目度が違います。  ※米国アカデ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

続々スター登場! 映画俳優組合賞(SAG)授賞式!

 アメリカ映画俳優組合賞の結果が発表になりました。  例年であれば、そんなには話題に上らない賞ですが、今年はゴールデン・グローブ賞で受賞式が開催されなかった分、こちらの授賞式が注目されたようです。  ゴールデン・グローブ賞の授賞式がなかったせいか、出席した各俳優の衣裳はなかなか力が入っているように思われました。私がいいと思うのは…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

完全予想! 第80回米国アカデミー賞!

 第80回米国アカデミー賞のノミネーションについて調べてみました。予想もつけてみましたが、今年は、24部門のうちいくつ当たるでしょうか。  今年は、複数の作品が複数の部門でノミネートされています。『ノーカントリー』と『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』が最多8部門ノミネート、続いて『つぐない』と『フィクサー』が7部門、意外なところ…
トラックバック:4
コメント:4

続きを読むread more

第80回米国アカデミー賞ノミネート発表!

 第80回米国アカデミー賞のノミネーションが発表になりました。  今年は、同じ作品が多数の部門でノミネートされています。『ノーカントリー』と『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』が最多8部門ノミネート、続いて『つぐない』と『フィクサー』が7部門、意外なところでは『レミーのおいしいレストラン』が5部門もノミネートされています。  『…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

速報! 第65回ゴールデン・グローブ賞 結果発表!

 ゴールデン・グローブ賞の結果が発表になりました。  今年は授賞式がないので、画像がなくて寂しいですね。  ノミネート時での私の予想はこちら(http://umikarahajimaru.at.webry.info/200712/article_21.html )です。 -----------------------…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

2007年度の映画賞の結果をまとめてみました。

 キネマ旬報のベストテンが発表されたので、ここらでこれまでに発表されている2007年度の映画賞&映画ベストテンをまとめておきたいと思います。  なお、これから発表になるものは発表され次第ここに情報を追加していくつもりです。 --------------------------------  ◆作品賞  山路ふみ子映画…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

ゴールデン・グローブ賞 ノミネート発表!

 ゴールデン・グローブ賞のノミネーションが発表になりました。  これに先立つ映画賞の受賞結果&ノミネーション(ナショナル・ボード・オブ・レビュー、ニューヨーク映画批評家協会賞、ロサンゼルス映画批評家協会賞、サンフランシスコ批評家協会賞等)を見てくれば、映画部門に関してはほぼ順当なノミネーションとなっています。  ゴールデン・…
トラックバック:6
コメント:4

続きを読むread more

今年の映画賞の本命はこれだ! NY&LA&SF映画批評家協会賞発表!

 ナショナル・ボード・オブ・レビューに続き、ニューヨーク映画批評家協会賞とロサンゼルス映画批評家協会賞、そしてサンフランシスコ映画批評家協会賞が発表になりました。  ニューヨーク映画批評家協会賞は、アカデミー賞よりちょっとインディーズ寄りの評価を出す傾向にあるんですが、今年は(メインストリームとの)ズレが少ないように思われます。  …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

2007年 ナショナル・ボード・オブ・レビュー 発表!

 2007年度のナショナル・ボード・オブ・レビューの結果が発表になりました。  思い返せば、昨年、この賞で菊地凛子が新人賞を受賞して、一躍彼女が注目されたわけですが、あれからもう1年経ったんですね。それから約3ヶ月後にアカデミー賞騒ぎがあり、さらにその2ヶ月後に『バベル』が日本でも劇場公開されたわけで、もう随分遠い昔のような気もし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ映画賞発表!

 第20回ヨーロッパ映画賞の結果が発表になりました。  これから発表される2007年の各映画賞とはノミネート期間が半年くらいずれていて、例えば、作品賞のノミネート基準が、2006年7月1日~2007年6月15日までの間にヨーロッパで劇場公開もしくは映画祭で正式上映された作品ということになっています。  というわけで、2006年の…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

2007年の映画賞&映画ベストテンを予想してみました!

 年末の映画賞レースの先陣を切って発表される報知映画賞の結果が明らかになりました(その前に山路ふみ子賞が発表されてるけど)。  当ブログでは、日本一早い映画賞予想として、7月1日の段階で、既に最初の予想を出していましたが、報知映画賞の結果と見比べると、主演女優賞、助演男優賞、監督賞、新人賞が当たりで、主演男優賞、助演女優賞、作品賞…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アカデミー賞外国語映画賞候補作品 続々決定!

 来年の米国アカデミー賞外国語映画賞の各国代表作品が、今、続々と発表されています。  アイスランド バルタザール・コルマクル “Jar City”  アイルランド Tom Collins “Kings” 『キングス』 *N.アイルランド・フィルム・フェスティバルにて上映  アゼルバイジャン Farid Gumbatov “C…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早くも2007年の映画賞&ベストテンを予想してみました!

 昨年は半年過ぎた時点で、映画賞&ベストテンの予想をしてみたのですが、それがけっこう(と言っても約50%)当たっていたので、性懲りもなく、今年も予想してみたいと思います。  今年は、あまり映画を観ることができていないので、的中率は落ちると思いますが。  ちなみに、昨年の7月1日時点での映画賞&ベストテン予想はこちら(http:/…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more