テーマ:カンヌ国際映画祭

Cannes より 本日

Cannes の公式サイトより At this time of global health crisis, our thoughts go to the victims of the COVID-19 and we express our solidarity with all of those who are fighting …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カンヌ国際映画祭2019 受賞結果関する考察など

 【フランスのメディアによる星取表との関係】  *カンヌ国際映画祭2019 コンペティション部門 星取表:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201905/article_16.html  ◆平均点  ・“Pain and Glory(Dolor y gloria)”(西) 監督…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Screen Internationalによる、カンヌ国際映画祭2019 星取表!

 Screen Internationalから、世界各国の10の媒体による、第72回カンヌ国際映画祭 コンペティション部門の星取りが発表されています。  最高が★★★★で、最低が×です。  *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。  ↓ ↓ ↓ ↓    ↑ ↑ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『Grand Bouquet/いま いちばん美しいあなたたちへ』 in カンヌ国際映画祭2019

 ・『Grand Bouquet/いま いちばん美しいあなたたちへ』“Grand Bouquet”(日) 監督:吉開菜央 [監督週間]  「この作品は,NTTの研究所の触覚技術を利用した「触覚映画(ハプティック・シネマ)」です.映画のプロットやシーン構成も,振動を与えるデヴァイスを装着して鑑賞することを前提に制作されています.触感覚を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[詳細] カンヌ国際映画祭2019 受賞結果!

 【コンペティション部門】  ・”Sorry We Missed You”(英・仏・ベルギー) 監督:ケン・ローチ  ・“Frankie”(仏・ポルトガル・ベルギー・米) 監督:アイラ・サックス  ・“Pain and Glory(Dolor y gloria)”(西) 監督:ペドロ・アルモドバル  男優賞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『典座 -TENZO-』 In カンヌ国際映画祭2019

 ・『典座 -TENZO-』“Tenzo”(日/59分) 監督:富田克也 [国際批評家週間]  禅宗の寺院において僧侶や参拝者の食事を司る役職「典座」に注目した作品。道元禅師による『典座教訓』を軸に「3.11」以降の日本における仏教の意義、信仰について探求する。全国曹洞宗青年会から依頼を受けて製作された作品。  出演:河口智賢、近藤…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

“Family Romance, LLC” in カンヌ国際映画祭2019

 ・“Family Romance, LLC”(日・独) 監督:ヴェルナー・ヘルツォーク [スペシャル・スクリーニング]  出演:石井裕一、Mahiro Tanimoto、美貴、黒戌仁-クロ戌-  物語:ある男が行方知れずの若い少女の父親に成りすますために雇われる。  東京と青森で撮影された。キャストは非職業俳優。  カン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カンヌ国際映画祭2019 コンペティション部門 星取表

 第72回カンヌ国際映画祭 コンペティション部門の、フランスの媒体による星取表を書き出しておきます。  媒体数は例年と同じで15媒体。評価は、×から★、★★、★★★、★★★★までの5段階評価で、媒体によっては未見・無評価(-)の作品もあります。  評価が高い作品がそのままカンヌ国際映画祭で賞を与えられるということはありません…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カンヌ国際映画祭2019 日本作品上映スケジュール

 ・5月15日 『白蛇伝』“The White Snake Enchantress”(1958/日) 監督:藪下泰司 [カンヌ・クラシック部門]  ・5月17日・18日・19日 『初恋』“First Love”(日・英) 監督:三池崇史 [監督週間]  出演:窪田正孝  ・5月18日 “Family Romance, …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カンヌ国際映画祭2019 傾向と予想

 【追加作品】  “The Specials(Hors normes)”(仏) 監督:オリヴィエ・ナカシュ、エリック・トレダノ [アウト・オブ・コンペティション部門]  出演:ヴァンサン・カッセル、レダ・カテブ(Reda Kateb)、エレーヌ・ヴァンサン(Hélène Vincent)、Bryan M…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カンヌ国際映画祭2019 追加上映作品

 第72回カンヌ国際映画祭 各部門の追加上映作品が発表されました。(5月2日)  【コンペティション部門】  ・『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(米) 監督:クエンティン・タランティーノ  出演:レオナルド・ディカプリオ、ブラッド・ピット、マーゴット・ロビー、ラファル・ザビエルチャ、ブルース・ダーン、アル・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カンヌ国際映画祭2019 カンヌ・クラシック部門、ACID部門 ラインナップ

 【カンヌ・クラシック部門】  ・『黄金時代』“The Golden Age”(1930/仏) 監督:ルイス・ブニュエル   *ルイス・ブニュエル 3作品スポットライト。4K修整上映。  ・『ジャン・ルノワールのトニ』“Toni”(1934/仏) 監督:ジャン・ルノワール  ・『この空は君のもの』“The Woman…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カンヌ国際映画祭2019 監督週間ラインナップ!

 監督週間(Directors' Fortnight)  【長編部門】  特記以外すべてワールド・プレミア。  ・“Alice and the Mayor(Alice et le maire)”(仏) 監督:Nicolas Pariser  出演:ファブリス・ルキーニ、アナイス・ドゥムースティエ、Nora Hamzawi…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カンヌ国際映画祭2019 国際批評家週間ラインナップ

 国際批評家週間(The 58th Semaine de la Critique)  審査員:シーロ・ゲーラ(審査員長、コロンビアの映画監督)、アミラ・カサール(イギリスの女優)、マリアン・スロット(Marianne Slot:デンマークのプロデューサー)、Djia Mambu(ベルギー/コンゴの映画批評家)、ジョナス・カルピ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カンヌ国際映画祭2019 ある視点部門

 【ある視点部門】(Un Certain Regard)  ・”Liberté(Freedom)”(西・仏・ポルトガル) 監督:アルベルト・セラ  出演:イングリット・カーフェン、ヘルムート・バーガー、ステファノ・カセッテイ(Stefano Cassetti)、Johanna Dumet、Ann Göbe…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カンヌ国際映画祭2019 アウト・オブ・コンペティション部門

 【アウト・オブ・コンペティション部門】(Out of competition)  ・『ロケットマン』“Rocketman”(英・米) 監督:デクスター・フレッチャー  出演:タロン・エガートン、ジェイミー・ベル、ブライス・ダラス・ハワード、リチャード・マッデン  物語:エルトン・ジョンの半生を描く。  ・“  ・“D…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カンヌ国際映画祭2019コンペティション部門 ラインアップ

 【コンペティション部門ラインナップ】  ・”Sorry We Missed You”(英・仏・ベルギー) 監督:ケン・ローチ  ・”Frankie”(仏・ポルトガル・ベルギー・米) 監督:アイラ・サックス  ・”Pain and Glory(Dolor y gloria)”(西) 監督:ペドロ・アルモドバル  ・”At…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カンヌ国際映画祭2018 PHOTO GALLERY 落穂拾い

 5月10日 ランデヴー with ライアン・クーグラー  「ランデヴー with」は、要するに「マスター・クラス」のことで、映画監督や俳優を招いて、映画評論家やジャーナリストを介して、これまでの作品や映画に対する思いを聞くイベントで、本年度は、ライアン・クーグラーのほか、クリストファー・ノーラン、ジョン・トラヴォルタ、ゲイリー・オー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Screen Internationalによる、カンヌ国際映画祭2018 星取表!

 Screen Internationalから、世界各国の10の媒体による、第71回カンヌ国際映画祭 コンペティション部門の星取りが発表されています。  最高が★★★★で、最低が×です。 --------------------------------  今年のカンヌは、けっこう期待外れが多いという声も聞かれました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【詳細!】 カンヌ国際映画祭2018 受賞結果!!!

 【コンペティション部門】  ・“Everybody Knows(Todos lo saben)”(西・仏・伊) 監督:アスガー・ファルハディ  ・“En Guerre (At War)”(仏) 監督:ステファーヌ・ブリゼ  ・“Le Livre D’image(The Image Book)”(仏) 監督:ジャン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

82人の女性映画人による声明 in カンヌ国際映画祭2018

 開催中の第71回カンヌ国際映画祭で82人の女性たちによるフィルムメイカー・ウォークが行なわれました。(5月11日、エヴァ・ユッソン監督の“Les Filles Du Soleil (Girls of The Sun)”の上映前に開催)  このイベントの正確な名称はよくわかりませんが、‘Filmmakers walk the …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『未来のミライ』 in カンヌ国際映画祭2018!

 ・『未来のミライ』“Mirai(Mirai ma petite sœur)”(日) 監督:細田守 [監督週間]  ・フランス版ポスター  ・公式上映 細田守、上白石萌歌  エンドロールの途中で舞台挨拶を始めちゃったようです。 ----------…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『万引き家族』 in カンヌ国際映画祭2018!

 ・『万引き家族』“Shoplifters(Une affaire de famille)”(日) 監督:是枝裕和   [レッド・カーペット]  リリーフランキー、佐々木みゆ、安藤サクラ、是枝裕和、樹木希林、城桧吏、松岡茉優  [PHOTOCALL](小雨) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カンヌ国際映画祭2018 コンペティション部門 星取表

 第71回カンヌ国際映画祭 コンペティション部門の、フランスの媒体による星取表を書き出しておきます。  媒体数は例年と同じで15媒体。評価は、×から★、★★、★★★、★★★★までの5段階評価で、媒体によっては未見・無評価(-)の作品もあります。  評価が高い作品がそのままカンヌ国際映画祭で賞を与えられるということはありません…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

カンヌ国際映画祭2018 いくつかのメディアによる受賞予想

 ブックメイカーPaddy Powerによるカンヌ国際映画祭のパルムドール予想オッズは、どうやら今年は出ないようなので、現時点で出ている他のメディアの予想を書き出しておくことにします。  ◆William Hill(4月5日):https://www.williamhill.com.au/entertainment/79778…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カンヌ国際映画祭2018 日本作品上映スケジュール、ムービーズ・オン・ザ・ビーチ部門

 カンヌ国際映画祭2018の各作品の上映日程が発表されたので、日本関係の作品のスケジュールを書き出しておきます。  5月9日  ・『恋の浮島』“The Island of Love(A Ilha dos Amores)”(1982/ポルトガル・日) 監督:パウロ・ローシャ [カンヌ・クラシック]  5月10日  ・『…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more