テーマ:ミュージック・ビデオ

AKB48の新曲『ギンガムチェック』のMVを手がける映像作家ジョセフ・カーンて、こんな人!

 AKBの新曲『ギンガムチェック』のミュージックビデオを手がけたのが、「レディー・ガガを手がける」「グラミー賞受賞監督」のジョセフ・カーン(Joseph Kahn)だと話題になっているので、彼について調べてみました。  【プロフィール】  1972年に、テキサス州のヒューストン郊外にある町ジャージー・ヴィレッジで、韓国人…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

注目作アリ! ロサンゼルス映画祭2010 受賞結果発表!

 ロサンゼルス映画祭の各賞の結果が発表になりました。(開催期間は6月17日~27日)  ロサンゼルス映画祭は、前身がロサンゼルス・インディペンデント映画祭(1995年スタート)で、2001年よりロサンゼルスを拠点とするFilm Independent(前身はIFP)に吸収されて、ロサンゼルス映画祭となり、インディペンデント映画、ド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人に教えたくなる動画がいっぱい! Webby Awards 2010 オンライン映画&ビデオ部門・他

 【オンライン映画&ビデオ】(Online Film And Video)  ※ 2006年にスタート。  ネットで公開している短編映画やミュージック・ビデオなどの「作品」を対象とする部門。  ・アニメーション(Animation)  ◎Webby Award:Pixar Intro Parody(http://www.…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

噂の‘baibaba bimba’を観てみました!

 何だか、凄いことになりつつあるみたいで……。  情報としては2日前くらいからぼんやりと入ってきていたような気もするんですが(Tenniscoatsって何だ?とか思って)、早い人はもう少し前からキャッチして、凄い!凄い!と囁いていたみたいですね。私がはっきりと意識したのは、大友良英さんのブログが久々に更新されてるのを見て、中身をチ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

三木孝浩監督について調べてみました!

 一昨日、以前当ブログで書いた「三木孝浩」に関する記事に600くらいのアクセスがありました(昨日は100くらい)。  何だろう、これは?と思って調べたら、その日アスミック・エースの2009~2010年のラインナップ発表会があって、宮崎あおいの最新作『ソラニン』の監督として「三木孝浩」の名前がマスコミから流され、「三木孝浩って誰?」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スキマスイッチ・ミーツ・ROBOT! 『アカツキの詩』

 心を持たないはずの、戦闘用ロボットの脳裏をよぎる大切な記憶……  【物語】  月、に向かって伸ばされるロボットのアーム。  月夜。パラソルを差して、ロボットが砂漠を歩いていく。  歩いた先に、大きなケルンが現れる……。  戦闘用に作られたロボットの脳裏によぎるのは、偶然に出会った、赤いパラソルを持った少女のこと。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『おじいさんの11ヶ月』 たった2秒の映像でできること!

 1回見ただけでは、なんとなく面白いという印象なだけだと思いますが、さて何がどうなっているでしょうか?  【展開】  画面奥に伸びる歩道があり、その左側に車道が見える。正面には右から左へ伸びる高架の歩道もみえる。  ①右から左へ歩み去る赤いジャンパーの青年。  ②左から右へ歩み去る赤褐色の上着の男性。  ③左から右…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山村浩二が手がけた唯一のPV作品 『ジュビリー』

 山村浩二が、『頭山』の2年前に手がけた、現時点で唯一のミュージック・ビデオが中村一義の『ジュビリー』です。  アニメーションの主な登場人物は――  カップ頭男  魚頭女  クラッカー男  噴火寸前の上司男  テレビを見ている赤ん坊  ナットの足りない歯車男  つぶれた缶ビール君  Barbar  ネズミ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ティム・バートンが手がけた唯一のミュージック・ビデオ “Bones”

 ティム・バートンが手がけたThe Killers“Bones”のミュージック・ビデオ。  デヴォン青木が出演していることも含めて、けっこう話題になった作品です。  【物語】  土の中から姿を現す7人の骸骨戦士。  そこはドライブ・イン・シアターで、スクリーンにレイ・ハリーハウゼンの『アルゴ探検隊の大冒険』が映し出さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

感動もののPVを作らせたら、今、この人の右に出る人は……

 当ブログの「tantano 短編映画を楽しむ」のアクセス・ランキング第5位は、ミュージック・ビデオの『You and Me』でした。  この作品がこんなにアクセスされてるというのは、全く意識していなかったのでちょっと意外でした。この動画自体はあちこちのブログに貼り付けられているものだったんですが。  唄っているJUNEと、出演して…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ウォン・カーウァイが手がけたミュージック・ビデオはやっぱりこんな感じ!

 “Six Days”は、ミュージシャン、DJとして活躍するDJシャドウの楽曲で、独立した作品としてはウォン・カーウァイが手がけた唯一のミュージック・ビデオになります。  【物語】  着衣のまま水の中をゆるやかに泳ぐ女。  溶接工(?)らしい男。  水辺でじゃれ合うようにして愛し合う男と女。  時計が4時27分から…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『アイ・アム・レジェンド』の監督が撮ったミュージック・ビデオ “Suerte”

 『アイ・アム・レジェンド』の監督であるフランシス・ローレンスは、ミュージック・ビデオ界で一世を風靡したクリエーターとして知られていますが、実際に彼がどんな作品を撮っているのかについては私もよく知らなかったので、ここでちょっと調べてみました(下記参照)。  彼のミュージック・ビデオ界でのキャリアの重ね方を見ると、どんどん大物アーテ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

トリップホップって何? Lamb "Gabriel”

 Lambというのは、イギリスのマンチェスター出身のデュオ(1996~2004)(「トリップホップ+女性ボーカル」のスタイルなどと評される)で、その代表曲の1つ“Gabriel”のミュージック・ビデオをショーン・エリスが手がけています。  木漏れ日の映像から始まって、ボーカルであるルー・ローデス(Lou Rhodes)の顔…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ショーン・エリス ミーツ All Saints “Never Ever”

 “Never Ever”は、『キャッシュバック』『フローズン・タイム』のショーン・エリス監督が手がけたAll Saintsのミュージック・ビデオで、1998年 Brit Awardの最優秀ビデオ作品にも選ばれていて、ファッション・フォトグラファーだった彼が映像作品に進むきっかけともなった作品です。  歌詞の訳は、下記に書…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャコ・ヴァン・ドルマルが手がけたミュージック・ビデオ

 ミュージック・ビデオというのは、演出する監督の個性が表われるものですが、“La ceinture”は、『トト・ザ・ヒーロー』『八日目』で知られるジャコ・ヴァン・ドルマルが手がけた作品です。  ジャコ・ヴァン・ドルマルは、1996年の『八日目』以降新作を発表していないので、これが彼の最新作ということになります。  女性の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夜のパリのストリートで “The Child” アントワーヌ・バルドー=ジャケ

 まずは、なんの予備知識もなしに観てください。ちょっと面白いから。  奥さんが夜中に産気づいて、旦那さんが通りでタクシーを拾い、2人で病院へ向かう。  ただそれだけの物語を、夜の街をとらえた主観映像と、常用車やタクシー、パトカーなどを文字と効果音だけで表現して、ドラマチックな作品に仕上げています。  で、この作品は…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

感情表現も豊かに 夏帆 in “You and Me”

 夏帆ちゃんつながりで……。  韓国出身の歌手JUNEの新曲『You and Me』のPVの評判がいいそうです。    【物語】  少年(林遣都)は電車に乗り、少女(夏帆)はホームで彼を見送る。  少女は動き出した電車の中の彼に向かって、手話で話しかける。その意味は、おそらく、「また2人で一緒に過ごせたらい…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

1986年のベストPV ブラザーズ・クエイ+アードマン・スタジオ 『スレッジハンマー』

 ピーター・ガブリエルのPV『スレッジハンマー』は、ブラザーズ・クエイが初めて関わったPVであり、アードマン・スタジオ(ニック・パーク、ピーター・ロード、リチャード・ゴルゾウスキー)がアニメーションを担当した最初期のPVでもあります。  今、この作品を観ると、ピーター・ガブリエルがストップ・モーション・アニメーションと戯れ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

そこはかとなく漂う官能 ブラザーズ・クエイ 『スティル・ナハト2』

 現在、第5作まで発表されているブラザーズ・クエイの連作『スティル・ナハト』(静かな夜)。それぞれの作品に、特に関連性はないようで、『スティル・ナハト2』は、ヒズ・ネイム・イズ・アライヴの“Are we still married?”のPVとなっていて、“Are we still married?”がそのまま副題ともなっています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何度も繰り返し見てしまう デイヴィッド・リンチ “Wicked Game”

 “Wicked Game”は、映画『ワイルド・アット・ハート』でテーマ曲として使われた曲で、このPVの監督もデイヴィッド・リンチ。詞・唄・主演はクリス・アイザック、相手役はスーパーモデルのヘレナ・クリステンセンです。  湧き上がっては砕ける雲の前に立つ男。  雲は、寄せては返す浜辺の波にオーバーラップして、浜辺で愛し合…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アキ・カウリスマキ 『スルー・ザ・ワイヤー』 やってることは昔も今も同じ?!

 この作品は、レニングラード・カウボーイズのオリジナル曲“Thru The Wire”のPVで、元々の歌詞では、孤児院からの脱走となっているのを、刑務所からの脱獄に置き換えて、映像化しています。  【物語】 アラバマとユタの間にある刑務所から囚人が脱獄する。  思いは愛する女に会うことだったが、警察が彼を追う。  銃を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これも韓流? KISS 『女だから』

 偶然に見つけた韓国もの。見たことのある俳優(シン・ヒョンジュン)が出てて、プロモーション・ビデオ? 映画の予告?と思いつつ、見ていたら、ちゃんとストーリー仕立てになっていて、しかもなかなかよかったですね。  【物語】  美容師をしているク・ヘジュは、たまたま撮影現場を横切って、カメラに写りこんでしまう。  後日、そのカメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more