テーマ:映画のオープニング

ディズニー・アニメの新しい流れ?! 『チキン・リトル』

 映画『チキン・リトル』をもっともっとよく楽しむためにいろいろ調べてみました。  1.『チキン・リトル』は、もともとは民話“THE SKY IS FALLING”から発想された物語である。  民話“THE SKY IS FALLING”は、葉っぱが1枚落ちてきたのを空が落ちてきたと勘違いしたチキン・リトルがそれを人に伝えることで…
トラックバック:6
コメント:1

続きを読むread more

『ラヴソング』 恋に落ちる瞬間 その3

 前回、2002年の段階で(『ヘヴン』の時に)、ケイト・ブランッシェットは世界で最も素晴らしい女優であった、と書きましたが、それに遡ること6年、1996年の段階で世界で最も素晴らしい女優だったのは、マギー・チャンでした。作品で言うと『ラヴソング』です。疑ってる?ご覧になった方なら共感してもらえると思いますが、本当に本当ですよ。  D…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ヘヴン』 恋に落ちる瞬間 その2

 脚本はこの場面から始まっていた。  脚本の1ページ目では緊張したこの女性が明らかに爆弾と分かるものを準備している。  部屋には危険と絶望が漂っているが、攻撃的な緊張感も満ちている。  どんな物語になるか、観客には見当もつかない。  脚本の冒頭の場面を読んだ私は、この女性に興味を持った。  脚本の描写から私が想像したのは…
トラックバック:4
コメント:5

続きを読むread more

海から始まる

 『スピード2』のオープニング。  20世紀フォックス映画のロゴが流れ去るように消えて、海面が映し出され、(カメラは)低空から滑るように海面をなめていく。  海面は路面に変わり、やがて路上練習中のアニーが映し出される。アニーの運転は乱暴なので、隣に座っている教官はハラハラしている。  『ロストワールド』のオープニング。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ティム・バートンのコープスブライド』 映画のオープニング その3

 今日は、新作映画のオープニングについて。  作品は、『ティム・バートンのコープスブライド』(05)  まず、主人公の青年ビクターの部屋の中が映し出されます。壁にはビクター少年と犬の写真が額に入れられて飾られています(何か伏線を予感させます)。  窓際でスケッチブックが開かれたと思うと、すらすらと蝶の絵が描かれていきます。 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

『アイ・アム・サム』 映画のオープニング その2

 映画のオープニングの例、その2。  今度は,よりオーソドックスに『アイ・アム・サム』(01)。  まず、音楽が先行して、黒地に白抜きで、  i  i am  i am am  i am sam と出ます。今回見直してみるまで気がつきませんでしたが、これ、タイトルでどもってるんですね。 続いて、映像が出て  袋入…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画のオープニングの楽しみ方

 ファースト・シーン、ファースト・カット等、いろんな言い方があるけれど、とにかく映画がどんな映像から始まるのか、ということについて考えてみたいと思います。  映画の物語世界は、観客にとって全く未知の世界のはずで、その物語世界と観客の日常との距離感をどうやって縮めるか、というのがその物語世界を伝える側の最初のポイントであり、それ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more