テーマ:セドリック・クラピッシュ

映画草創期の物語 セドリック・クラピッシュ 『躍動』

 『躍動』“Ce Qui Me Meut”は、セドリック・クラピッシュが監督したエンティエンヌ=ジュール・マレーに関するショート・フィルムです。エンティエンヌ=ジュール・マレーというのは、映画創世記に活躍したフランス人で、彼のことをWikipediaで調べると――  エティエンヌ=ジュール・マレー(Etienne-Jules Ma…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いかにもクラピッシュらしい… 『金魚』 セドリック・クラピッシュ

 もし、街中で、金魚の入った金魚鉢を落として割ってしまったら……。 中古車・中古車情報・中古車販売なら車選びドットコム  【物語】  扉を開けて、たくさんの荷物と金魚鉢を抱えた女性(ヴァレリア・ブルーニ=テデスキ)が通りに出てくる。どうやら同棲相手とケンカして、荷物をまとめて出てきたらしく、ずっとブツブツブツブツ彼に対…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more