テーマ:tantano 短編映画を楽しむ

米国アカデミー賞2014 短編アニメーション賞ノミネート “Feral” 【動画本編】

 観られるうちに観るべし!  “Feral”(米) 監督:Daniel Sousa  *動画:http://vk.com/video833417_167507864  【物語】  闇の中に雪が舞う。  風車小屋。  ひざを抱える裸の少年。  開いた口から歯がむき出しにされる。  タイトル。  森の中。ト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国アカデミー賞2014 短編アニメーション賞ノミネート “Mr.Hublot” 【本編動画】

 観られるうちに観るべし!  米国アカデミー賞短編アニメーション賞ノミネート作品に関して、昨年は、ノミネーション発表から授賞式までの間に、ほぼすべてのノミネート作品の動画本編が動画共有サイトに公式にアップロードされて、誰でも無料で観られるようになっていましたが、どうも今年は風向きが変わったらしく、ノミネート作品が公式に動画共有サイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

短編アニメーション『アブラカダブラ』 フレデリック・バックを偲んで

 フレデリック・バック(1924年4月8日~2013年12月14日)を偲んで、当ブログで以前アップした記事を見直し、動画でリンクが切れているものを貼り直したりしていて、フレデリック・バックの未見の動画を見つけたので、ここにアップすることにしました。  作品は、フレデリック・バックの初監督短編『アブラカダブラ』です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

情熱と美と友情の結晶! 短編アニメーション賞ノミネート“Adam and Dog”

 本年度の米国アカデミー賞短編アニメーション賞ノミネート作品が、すべてYouTubeで公開されています。  コピーライトにうるさいはずのディズニーが、『紙ひこうき』を無料公開に踏み切ったことが契機となったのでしょうか。  まあ、本当のところはわかりませんが、アカデミー賞に投票権のある人にとってもこれは便利だし、投票権を持っていな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

観られるうちに観るべし! アカデミー賞2013短編アニメーション賞ノミネート『紙ひこうき』

 米国アカデミー賞2013短編アニメーション賞にノミネートされているディズニーの短編『紙ひこうき』“Paperman”がdisneyanimationにより公式にYouTubeにアップロードされています。(1月29日)  この短編は、2012年11月2日に全米公開された長編アニメーション『シュガー・ラッシュ』の併映作品ですが、ディ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

AKB48の新曲『ギンガムチェック』のMVを手がける映像作家ジョセフ・カーンて、こんな人!

 AKBの新曲『ギンガムチェック』のミュージックビデオを手がけたのが、「レディー・ガガを手がける」「グラミー賞受賞監督」のジョセフ・カーン(Joseph Kahn)だと話題になっているので、彼について調べてみました。  【プロフィール】  1972年に、テキサス州のヒューストン郊外にある町ジャージー・ヴィレッジで、韓国人…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ニュー・アニメーション・アニメーション シリーズ その後…

 2009年に日本で入手できるアート・アニメーションのDVDについて、当ブログで記事にしたことがあり、その時々に「次はどれを買おうかな」と個人的にも活用していたんですが、ここにきて、ジェネオン・ユニバーサル(←ジェネオン←パイオニアLDC)からリリースされていた「ニュー・アニメーション・アニメーション」のシリーズがどんどん入手不可になり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひとつの成果! ショートフィルム配信レーベル「THE EDGE」

 昨日10月5日より、ワーナー・オンデマンドからショートフィルム専門レーベル「THE EDGE」がスタートしました。  このレーベル、および、その第1回配信作品には、オフィスHが大きく関わっているのですが、そもそもワーナー・オンデマンドがオフィスHに注目したきっかけというのが、実は、昨年、当ブログでオフィスHとその代表の伊藤裕美さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

死にたいほどの夜に―― アダム・エリオット 『ハーヴィー・クランペット』

 『ハーヴィー・クランペット』は、ちょっと他の短編アニメーションとは異質の作品で、ぐわっと心臓をわし掴みにされるような衝撃がありました。  人はみんな同じではなく、何が正常で何がそうでないのかということは簡単に決めつけることはできない。  ロウソクの小さな炎を消されないように手で風をさえぎって、ささやかな幸せを守ろうと生きてきて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国宝級なり! アダム・エリオット プロフィール、フィルムグラフィー、作風・スタイル!

 当ブログで短編動画の紹介をせっせとしていたのは今から4年くらい前になりますが、その頃、書きかけていて、ブログにアップしていないものがけっこうあります。  アダム・エリオットに関する記事もそうしたもの1つで、『メアリー&マックス』の劇場公開記念として、改めて記事にしてみることにしました。 『メアリーとマックス』は東京国際映画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

50年間の短編アニメーション ベスト50!

 国際アニメーション協会50周年記念として、50年間の短編アニメーション ベスト50が発表されました。(2011年2月14日)  これは、第17回エチューダ&アニマ国際映画祭の実行委員会と国際アニメーション協会ポーランド(International Animated Film Association(ASIFA) Poland)が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

必ず2度観てしまう! イザベラ・プリュシンスカ 『あと7分』!

 「世界のアニメーションシアター WAT2010」でも紹介されている作品から、イザベラ・プリュシンスカ作品『あと7分』“7 More Minutes”―。 7 More Minutes from Slinky Pictures on Vimeo.  【物語】  音楽が先行。どことなく不安げな印象を与える弦楽器の音楽。  …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

クレイ・アニメーションの魔術師! イザベラ・プリュシンスカ 『ブレックファースト』

 「世界のアニメーションシアター WAT2010」で、見ごたえのある短編アニメーションを観たおかげで、久々に短編アニメーションを攻めてみたい気になりました。  ということで、今回は、「世界のアニメーションシアター WAT2010」で特集が組まれているポーランド出身のアニメーション作家イザベラ・プリュシンスカの監督作品から、『ブレッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BLUの新作完成を細田守監督のツイートで知る!“BIG BANG BIG BOOM”

 BLUの新作が1ヶ月も前に完成して、ネット上で公開されていたんですね。  ということを私が知ったのは細田守監督の数日前のツイートを通してでした。(細田監督は、BLUのことを知らなかったみたいでしたが。)  私が当ブログでBLUの“MUTO”を取り上げたのが、2008年11月で、その頃、BLUのことを知っている人はまだそんな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

噂の‘baibaba bimba’を観てみました!

 何だか、凄いことになりつつあるみたいで……。  情報としては2日前くらいからぼんやりと入ってきていたような気もするんですが(Tenniscoatsって何だ?とか思って)、早い人はもう少し前からキャッチして、凄い!凄い!と囁いていたみたいですね。私がはっきりと意識したのは、大友良英さんのブログが久々に更新されてるのを見て、中身をチ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

観られるうちに観るべし! 『ロゴラマ』!

 米国アカデミー賞2010 短編アニメーション賞を受賞した『ロゴラマ』“Logorama”。  いや~、びっくりしました。  『つみきのいえ』のような感動とはまた違いますが、実によくできています。  そうかあ、これだったら、『老女と死神』はもちろん、『ウォレスとグルミット』や『フレンチ・ロースト』も敵いませんね。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドリームワークス+アードマン=『フレンチ・ロースト』!

 アカデミー賞短編アニメーション賞セミファイナリスト発表の時点でも、アカデミー賞ノミネーション発表の時点でも動画が見つからなかった“French Roast”が、いつのまにかYou Tubeにアップされていました。  こうしたものは、いつ削除されてしまうかもわからないので、観れる間に観ておきましょう。  ちなみに、台詞はない…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

人は独りでは生きていけない、だけど…… “Mankind is no Island”.

 オーストラリアの映画賞、第11回Kodak Inside Film Awards(IF賞)で短編ドキュメンタリー賞を受賞した作品“Mankind is no Island”。  これをドキュメンタリーと言っていいのかどうか、わかりませんが、(ほとんど)携帯電話で撮影した映像を使って作った4分の短編で、IF賞に先立ってTropfe…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アカデミー賞短編アニメーション賞の前哨戦 ?! SIGGRAPH2009 発表!

 コンピューター・アニメーションの祭典SIGGRAPH コンピューター・アニメーション・フェスティバル2009(8月4日~7日)の受賞結果が発表になりました。  ◆Best in Show部門  ・“Engel zu Fust (Angel Afoot)”(独) Studio Soi GmbH & Co  ◎“French…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

これはもうお宝! (5) 10000円以上のアート・アニメーションDVD

 【10000円以上のアート・アニメーションDVD】  【イギリス】  □『ピーターラビットとなかまたち DVD-BOX』(角川) 10290円(税込み)  Disc1:1.ピーターラビットとベンジャミンバニーのおはなし、2.グロースターの仕立て屋のおはなし、3.ティギーおばさんとジェレミー・フィッシャーどんのおはなし…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

アート・アニメーションDVD (4) 4000円~10000円未満のDVD

 【4000円~10000円のアート・アニメーションDVD】  【イギリス】  □『ブラザーズ・クエイ ショート・フィルム・コレクション』(東北新社) 9240円(税込み)  Disc1 人工の夜景、ヤン・シュヴァンクマイエルの部屋、ギルガメッシュ/小さなほうき、スティル・ナハトⅠ、アナモルフォーシス、スティル・ナハト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アート・アニメーションの真髄がここに! ( 3 ) 3990円のアート・アニメーションDVD

 【3990円のアート・アニメーションDVD】  【イギリス】  ◆アードマン・コレクション  □『アードマン・コレクション』(アミューズ) 3990円(税込み)  ニック・パーク「快適な生活」、リチャード・ゴルゾウスキ「アイデントの正体」、ヴァリー・パーヴス「ネクスト」、ピーター・ロード「アダム」、リチャード・ゴル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アート・アニメーションDVD ( 2 ) 3000~3990円未満のDVD

 【3000円~3990円未満のアート・アニメーションDVD】  【フランス】  ◆タンタンの冒険  □『タンタンの冒険 ファラオの葉巻/青い蓮』(アスミック・エース) 3129円(税込み)  ファラオの葉巻、青い蓮  □『タンタンの冒険 ふしぎな流れ星/シドニー行き714便/タンタン、アメリカへ』(アスミック…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

次に買うアート・アニメーションのDVD ( 1 ) 3000円未満のDVD

 次に買うアート・アニメーションのDVDを探すために、日本でリリースされたアート・アニメーションのDVDをリスト・アップしてみました。  ここでいう「アート・アニメーション」の定義は大雑把なもので、ミニシアターで上映されるような作品(とその周辺)といった程度のものです。ジブリ作品やディズニー作品などは基本的には除いてあります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

訃報! ヤスミン・アハマド!

 上に取り上げたのは、マレーシアの女性監督ヤスミン・アハマドのCM作品で、タイトルは“Family”です。  物語は、若くして妻を亡くした夫が、男手ひとつで娘を育てているのを、娘の成長を追いつつとらえていっていて、娘が父親の手から離れつつある時期にあっても、父親は娘をじっと見守っていて、娘もふとした瞬間に父のそのやさしさに…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

まずはご覧あれ! ライアン・ラーキン 『シランクス』

 一般的にライナン・ラーキンのベストと見なされているのは、米国アカデミー賞短編アニメーション賞にノミネートされた『ウォーキング』らしいですが、技術的に凄いと思い、個人的に最も好きなのは、『シランクス』ですね。まずは予備知識なしでご覧ください。    これを見て、最初に思うのは、なんて幻想的な物語なんだろうということ、そして、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

『黒い朝食』 ジャ・ジャンクー

 ジャ・ジャンクーの最新短編“Black Breakfast(黒い朝食)”(2008)。  【物語】  カメラを手に仏像遺跡を見てまわっている女性(チャオ・タオ)。  外に出るとコンビナートが広がっている。  行き交う人々。  マスクをした若い男女。ぎこちない手つきで互いのマスクを取り、キスをする。その後、コンビナ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恋は盲目? デイヴィッド・リンチ “Boat”

 デイヴィッド・リンチがDaividlynch.com上で発表した短編“The Boat”。  【物語】  樹々の間からこぼれる木漏れ日。  その映像に、意味ありげな女性のモノローグがかぶせられる。  女性のモノローグは、心のつぶやき(“I couldn’t sleep.……”(眠れないの…)など)を口にする一方で、…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

『切断手術を受けた人』 デイヴィッド・リンチ

 『切断手術を受けた人』“The Amputee”は、デイヴィッド・リンチの4番目の短編で、アニメーションを使った実験映画風の短編作品を作っていたリンチが、それらの高評価を受けて、最初の長編『イレイザーヘッド』に取り掛かったものの、資金が続かず、制作が中断している間に撮った作品です。医者役でリンチ本人も出演しています。  …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

デイヴィッド・リンチの処女短編 『病気になった6人の男』

 ライズXで2月28日より開催中の「デイヴィッド・リンチ・ワールド」(~3月20日)。  各プログラムの内容がわからないと観に行けないなあと思っていたら、各プログラムの詳細が書かれたサイトがありました。シネマライズのサイトにも配給元のアルバトロス・フィルムのサイトにも内容詳細は書いてなかったんですが、どうやら配給元が報道資料としてマス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more