テーマ:フランス映画

セザール賞2020 受賞結果!

 第45回セザール賞の受賞結果が発表されました。(2月28日)  ◆作品賞(Meilleur film)  ・“La Belle époque”(仏) 監督:Nicolas Bedos プロデューサー:フランソワ・クラウス(François Kraus)、ドゥニ・ピノー=ヴァレンシアンヌ (Denis Pineau-Valen…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランス映画トロフィー2020

 フランスの映画業界専門誌“Le film français”が選出する、第26回フランス映画トロフィー(27es Trophées du Film français)が発表されました。(2月5日)  この賞には、興行成績によって自動的に決まる部門もありますが、審査員によって選ばれる賞もあり、後者の代表は、優れた仕事を残した監督と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フレンチ・プロデューサー・オブ・ザ・イヤー2020 発表!

 第13回ダニエル・トスカン・デュ・プランティエ賞の受賞者が発表されました。(2月24日発表)  ダニエル・トスカン・デュ・プランティエ賞(Prix Daniel Toscan du Plantier)は、故ダニエル・トスカン・デュ・プランティエにちなんで、2008年より設けられたもので、前年度に著しい業績を残したと見なされるフラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セザール賞2020 ノミネーション発表!

 第45回セザール賞のノミネーションが発表されました。  ◆作品賞(Meilleur film)  ・“La Belle époque”(仏) 監督:Nicolas Bedos プロデューサー:フランソワ・クラウス(François Kraus)、ドゥニ・ピノー=ヴァレンシアンヌ (Denis Pineau-Valenci…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リュミエール賞2020 受賞結果!

 外国人記者によるフランス映画の映画賞(フランス版ゴールデン・グローブ賞のようなもの)、第25回リュミエール賞の各賞が発表になりました。(1月28日発表)  ◆作品賞(Meilleur Film)  ・"Grâce à Dieu (By the Grace of God)"(仏・ベルギー) 監督:フランソワ・オゾン  ・”…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランス映画批評家協会賞2019

 フランス映画批評家協会賞(Syndicat français de la critique de cinéma et des films de télévision)の受賞結果です。(2019年度の授賞式は1月21日)  [映画賞]  ◆フランス映画賞(Meilleur film français 2019)  ◎『…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルイ・デリュック賞2019 結果発表

 第77回ルイ・デリュック賞の受賞結果が発表されました。(12月9日)  ・“Être vivant et le savoir(To Be Alive and Know It)”(仏) 監督:アラン・カヴァリエ(Alain Cavalier)  ・“Grâce à Dieu (By the Grace of God)”(仏)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リュミエール賞2020 ノミネーション発表!

 外国人記者によるフランス映画の映画賞(フランス版ゴールデン・グローブ賞のようなもの)、第25回リュミエール賞のノミネーションが発表になりました。(12月3日発表)  ◆作品賞(Meilleur Film)  ・"Grâce à Dieu (By the Grace of God)"(仏・ベルギー) 監督:フランソワ・オゾン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルイ・デリュック賞2019 ノミネーション発表!

 第77回ルイ・デリュック賞のノミネーションが発表されました。(10月30日)  ・“Être vivant et le savoir(To Be Alive and Know It)”(仏) 監督:アラン・カヴァリエ(Alain Cavalier)  アラン・カヴァリエは、エマニュエル・ベルンエイム(Emmanuèle Ber…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャン・ヴィゴ賞2019 受賞結果!

 ジャン・ヴィゴ賞(Prix Jean Vigo)2019が発表されました。(6月12日)  【ジャン・ヴィゴ賞】  ジャン・ヴィゴ賞は、若くして亡くなった映画監督ジャン・ヴィゴにちなんで、1951年に創設されたフランスの映画賞で、若手監督に贈られます。  以前は、アルベール・ラモリス(『白い馬』)とか、アラン・レネ(『夜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セザール賞2019 受賞結果! 『万引き家族』が外国映画賞!

 第44回セザール賞の受賞結果が発表になりました。(2月22日)  ◆作品賞(Meilleur film)  ・『あなたはまだ帰ってこない』“La Douleur”(仏) 監督:エマニュエル・フィンキエル プロデューサー:Julien Deris、マルク・デュジャルダン(Marc Dujardin)、Etienne Malle…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フレンチ・プロデューサー・オブ・ザ・イヤー2019 発表!

 第12 回ダニエル・トスカン・デュ・プランティエ賞の受賞者が発表されました。(2月18日発表)  ダニエル・トスカン・デュ・プランティエ賞(Prix Daniel Toscan du Plantier)は、故ダニエル・トスカン・デュ・プランティエにちなんで、2008年より設けられたもので、前年度に著しい業績を残したと見なされるフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アンリ・ラングロワ賞2019 受賞結果 [復活]

 第12回アンリ・ラングロワ賞の受賞結果です。(1月22日発表)  【アンリ・ラングロワ賞】  アンリ・ラングロワ(1914~77)は、シネマテーク・フランセーズの創設者で、アンリ・ラングロワ賞は、2006年に開催された、映画遺産と映画修復に関する国際ミーティングin ヴァンセーヌ(Rencontres internationa…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランス映画界が選ぶ、2018年度最優秀映画プロデューサーは―

 第12 回ダニエル・トスカン・デュ・プランティエ賞のファイナリストです。(1月30日発表)  ダニエル・トスカン・デュ・プランティエ賞(Prix Daniel Toscan du Plantier)は、故ダニエル・トスカン・デュ・プランティエにちなんで、2008年より設けられたもので、前年度に著しい業績を残したと見なされるフラン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランス映画トロフィー2019

 フランスの映画業界専門誌“Le film français”が選出する、第26回フランス映画トロフィー(26èmes Trophées du Film français)が発表されました。(2月5日)  この賞には、興行成績によって自動的に決まる部門もありますが、審査員によ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リュミエール賞2019 受賞結果!

 外国人記者によるフランス映画の映画賞(フランス版ゴールデン・グローブ賞のようなもの)、第24回リュミエール賞の受賞結果が発表になりました。(2月4日発表)  ◆作品賞(Film)  ・『アマンダと僕』“Amanda”(仏) 監督:ミカエル・アース(Mikhaël Hers)  ◎“Les Frè…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

セザール賞2019 ノミネーション! 『万引き家族』も!

 第44回セザール賞のノミネーションが発表になりました。(1月23日)  ◆作品賞(Meilleur film)  ・『あなたはまだ帰ってこない』“La Douleur”(仏) 監督:エマニュエル・フィンキエル プロデューサー:Julien Deris、マルク・デュジャルダン(Marc Dujardin)、Etienne …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リュミエール賞2019 ノミネーション 日本からもノミネート!

 外国人記者によるフランス映画の映画賞(フランス版ゴールデン・グローブ賞のようなもの)、第24回リュミエール賞のノミネーションです。(12月17日発表)  ◆作品賞(Film)  ・『アマンダと僕』“Amanda”(仏) 監督:ミカエル・アース(Mikhaël Hers)  ・“Les Frère…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルイ・デリュック賞2018 受賞結果!

 第76回ルイ・デリュック賞の受賞結果が発表になりました。(12月12日)  【ルイ・デリュック賞】  ・“En Liberté!(The Trouble With You)”(仏) 監督:ピエール・サルヴァドーリ(Pierre Salvadori)  ・“High Life”(独・仏・ポーランド・英) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セザール賞2019 短編映画賞オフィシャル・セレクション 24作品!

 第44回セザール賞 短編映画賞のオフィシャル・セレクション24作品です。(9月17日発表)  ・“Acide(Acid)”(仏/18min) 監督:Just Philippot  物語:不穏な雲が、西方で形を成す。それは国の中心へとゆっくりと進んでいく。雲が不可逆的に進むにつれ、パニックが勃発する。この積雲は、酸性である。 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

セザール賞2019 短編アニメーション賞 オフィシャル・セレクション12作品!

 第44回セザール賞短編アニメーション賞のオフィシャル・セレクション12作品のラインナップです(9月17日発表)  ・“(Fool Time) Job”(仏/16min) 監督:Gilles Cuvelier  物語:Pedroは仕事を見つけた。危機にあるこの時期に稀な出来事。それは彼と彼の家族にとって良いニュースだ。仕事がかな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルイ・デリュック賞2018 ノミネーション発表!

 第76回ルイ・デリュック賞のノミネーションが発表になりました。(10月25日)  【ルイ・デリュック賞】  ・“En Liberté!(The Trouble With You)”(仏) 監督:ピエール・サルヴァドーリ(Pierre Salvadori)  出演:アデル・エネル、ピオ・マルマイ(Pio Ma…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャン・ヴィゴ賞2018 受賞結果

 第67回ジャン・ヴィゴ賞が発表されました。(6月11日)  【ジャン・ヴィゴ賞】  ジャン・ヴィゴ賞は、若くして亡くなった映画監督ジャン・ヴィゴにちなんで、1951年に創設されたフランスの映画賞で、若手監督に贈られます。  以前は、アルベール・ラモリス(『白い馬』)とか、アラン・レネ(『夜と霧』)とか、クロード・シャブロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セザール賞2018 受賞結果! やや意外?!

 第43回セザール賞の受賞結果が発表されました。(3月2日)  ◆作品賞(Meilleur film)  ◎『BPM ビート・パー・ミニット』(仏) 監督:ロバン・カンピヨ、プロデューサー:ユーグ・シャルボノー(Hugues Charbonneau)、Marie-Ange Luciani  ・“Au revoir l&agra…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランス映画界が選ぶ、2017年度最優秀映画プロデューサーは―

 第11 回ダニエル・トスカン・デュ・プランティエ賞の受賞者が発表になりました。(2月26日発表)  ダニエル・トスカン・デュ・プランティエ賞(Prix Daniel Toscan du Plantier)は、故ダニエル・トスカン・デュ・プランティエにちなんで、2008年より設けられたもので、前年度に著しい業績を残したと見なされる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フレンチ・プロデューサー・オブ・ザ・イヤー2017 46組61人!

 第11回ダニエル・トスカン・デュ・プランティエ賞のファイナリストが発表になりました。(2月上旬)  ダニエル・トスカン・デュ・プランティエ賞(Prix Daniel Toscan du Plantier)は、故ダニエル・トスカン・デュ・プランティエにちなんで、2008年より設けられたもので、前年度に著しい業績を残したと見なされる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランス映画トロフィー2018 【記録&データ】

 フランスの映画業界専門誌“Le film français”が選出する、第25回フランス映画トロフィー(25es Trophées du Film français)が発表されました。(2月6日)  この賞には、興行成績によって自動的に決まる部門もありますが、審査員によって選ばれる賞もあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リュミエール賞2018 受賞結果 『BPM ビート・パー・ミニット』が史上最多6部門受賞!

 外国人記者によるフランス映画の映画賞(フランス版ゴールデン・グローブ賞のようなもの)、第23回リュミエール賞の受賞結果が発表になりました。(2月5日)  ◆作品賞(Film)  ◎『BPM ビート・パー・ミニット』(仏) 監督:ロバン・カンピヨ  ・“Au revoir là-haut(See You Up T…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

詳細!セザール賞2018 ノミネーション!

 第43回セザール賞のノミネーションが発表されました。(1月31日)  ◆作品賞(Meilleur film)  ・『BPM ビート・パー・ミニット』(仏) 監督:ロバン・カンピヨ、プロデューサー:ユーグ・シャルボノー(Hugues Charbonneau)、Marie-Ange Luciani  ・“Au revoir …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more