テーマ:テックス・エイヴリー

英語力が試されるギャグ?! 『ある日の動物園』 テックス・エイヴリー

 1939年、ワーナー時代のテックス・エイヴリー作品『ある日の動物園』。 無料動画、動画配信、フラ>ッシュ動画ストリーミングはムービーキャスターへ  【物語】  動物園  12時~1時はエサの時間 ブルー・プレート・ランチ:35セント 写真:特価5セント(エサの時間と書いてあるから動物のかと思ったら、人間のラン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湯浅政明監督のベスト・エイヴリー作品 『冬眠中はお静かに』

 『冬眠中はお静かに』は、映画『マインド・ゲーム』の監督であり、もうすぐ公開されるオムニバス・アニメ『Genius Party』にも参加している湯浅政明監督のマイ・フェイバリットの1本です。 中古車・中古車情報・中古車販売なら車選びドットコム  【物語】  CITY DOG POUND(市営犬収容所)にクマから電話がか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テックス・エイヴリー 『恐怖よさらば』

 邦題はちょっと大げさなんですが、原題はシンプルに“The Cuckoo Clock”(カッコー時計)。  おなじみの、“小さくて弱いはずの者”が“大きくて強いはずの者”を、打ち負かしたり、出し抜いたりするというパターン作品で、今回の“小さくて弱いはずの者”は鳩時計(カッコー時計)で時間を知らせる小鳥(カッコー)で、“…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノリにノッてるなあ~ テックス・エイヴリー 『ウルトラ子がも』

 おなじみのパターンや、おなじみのギャグも多いんですが、それをいかに見せ、ユニークなものにするかということにたくさんの工夫が見られる作品で、“ケッサク!”と言われる作品が多いテックス・エイヴリーのフィルモグラフィーの中でも、代表作の1つと言える作品です。 中古車・中古車情報・中古車販売なら車選びドットコム  物語は、狩猟…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『腹話術は楽し』 テックス・エイヴリー

 この作品の原題は、“Ventriloquist Cat”。Ventriloquistとは「腹話術師」のことです。  【物語】 ブルドッグに追われることになった猫が、声を少し離れた場所に飛ばせる発声装置を見つけ、自分がいるはずのないところにブルドッグをおびき寄せて、痛めつける。しかし、猫は調子に乗りすぎたため、最後には痛い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ペンギンもののアニメといえば? 『北海の子守唄』 テックス・エイヴリー

 テックス・エイヴリー作品は、4回、米国アカデミー賞短編アニメーション賞にノミネートされていますが、これはその最後の作品です。  【物語】 漁船の老漁師が、「あれは20年前の話だ、ある氷山からRockabye babyの子守唄が流れてくるのを聞いたのは」と話し始める。そして、老漁師は、そのポイント、すなわちRockab…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ドルーピー君 サーカスへ行く』 テックス・エイヴリー

 動画サイトに投稿されていた動画が削除されて観られなくなってしまうというのは、残念ながらよくあることで、一視聴者にすぎないこちらとしては、黙ってそれを受け入れるしかないのですが、なんとなく勝手にこれは大丈夫なのではないかと思い込んでいた、ヤン・シュヴァンクマイエルやテックス・エイヴリーの作品が視聴不可になってしまうとさすがにショックは大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

現実は空想を超える! 『うらやましいテレビ』 テックス・エイヴリー

 未来の××(“……of tomorrow”)シリーズのテレビ篇。 中古車・中古車情報・中古車販売なら車選びドットコム  こんなテレビがあったら、テレビでこんなことができたら、ということが次々と描かれていますが、そのいくつかは既に過去のものになっているのが逆に面白いですね。  上空に飛行機が飛ぶと映像が乱れたり、映像に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夢は夢のまま テックス・エイヴリー 『ステキな自動車』

 未来の××シリーズ(“……of Tomorrow”)の1本。    縦列駐車でも楽々抜け出せる車、駐車場を探す心配のない車、ガソリンのいらない車、丈夫なフェンダーがついた車、大家族が乗れる車、キリンも乗れる車、人を轢いてしまってもすぐ確認できる車、助手席の女性とお近づきになれる車、どんな坂道も登れる車、乗っている間に髭剃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どこに行ってもなぜかそこにいるドルーピー 『つかまるのはごめん』 テックス・エイヴリー

 殺人犯である狼が刑務所を脱走。逃げ足の速いはずの狼も、行く先々でドルーピーに先回りされて、へとへとになり、ついに高さもわからないような高層ビルの屋上から飛び降りてしまう……、というストーリーの中に細かなギャグがたくさん織り込まれています。  言わずもがなではありますが、本作の中の「細かなギャグ」を分類してみると―― …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒猫のこんな利用の仕方(笑)! 『呪いの黒猫』 テックス・エイヴリー

 「黒猫が目の前を通り過ぎると不幸が起きる」という“能力”を逆手に取って……。  【物語】 白い子猫は、いつも、おもちゃのようにブルドッグになぶられてばかりいる。  ある時、黒猫が子猫の前に現れ、困った時があったら、言ってくれと言って、試しにブルドッグの目の前を通り過ぎてみせる。すると、ブルドッグの上に植木鉢が落ちてく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テックス・エイヴリー、大好き! 『おかしな赤頭巾』 “Red Hot Riding Hood”

 「もうバカバカしくって、台本通りなんてやってらんねえよ」とオオカミもおばあさんも赤ずきんも文句を言い始める、という『赤ずきん』のパロディー。  【物語】 昔々……と、おなじみの『赤ずきん』の物語が始まる。  しかし、途中で「毎度毎度同じことばっかりやってられるか」と、オオカミも赤ずきんもおばあさんも文句を言い始める。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more