テーマ:フィンランド映画

ヘルシンキ国際映画祭2018 受賞結果!

 第31回ヘルシンキ国際映画祭(9月20日-30日)の受賞結果です。  ヘルシンキ国際映画祭は、1988年に始まった映画祭で、リナ・ウェルトミュラー監督の1973年の映画にちなんで名づけられた“Love & Anarchy”(Rakkautta ja Anarkiaa)という、愛称(?)を持っています。  この映画祭は、ノン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フィンランド・アカデミー賞2018 受賞結果 『希望のかなた』は無冠でした!

 フィンランド・アカデミー賞(Jussi Awards/Jussi Palkinto)2018の受賞結果が発表されました。(3月23日)  ◆作品賞(Paras Elokuva)  ・『ペット安楽死請負人』“Armomurhaaja(Euthanizer)”(フィンランド)(監督:テーム・ニッキ(Teemu Nikki)) プロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フィンランド・アカデミー賞2017 受賞結果

 フィンランド・アカデミー賞(Jussi Awards/Jussi Palkinto)2017の受賞結果が発表されました。(3月24日)  ◆作品賞(Paras Elokuva)  ・『アングリーバード』“The Angry Birds Movie(Angry Birds -elokuva)”(フィンランド・米) 監督:クレイ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘルシンキ国際映画祭2016 【松本大洋風ポスター】

 第29回ヘルシンキ国際映画祭(9月15日-25日)が開催されました。  ヘルシンキ国際映画祭は、フィンランド映画界と北欧映画界を挙げての一大イベントで、数本~20本未満の作品を上映する約20の部門で構成されています。  今回のヘルシンキ国際映画祭は、以下のような部門で構成されています。  ※公式サイトでは、「部門」(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘルシンキ国際映画祭2013 受賞結果!

 第26回ヘルシンキ国際映画祭(9月19日-29日)の各賞が発表されました。  ヘルシンキ国際映画祭は、フィンランド映画界と北欧映画界を挙げての一大イベントで、3本~10本未満の作品を上映する約20の部門(下記参照)で構成されています。  この映画祭は、コンペティション部門を持っていませんが、上映プログラムの中には、いくつも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本人が主役の映画も! フィンランド・アカデミー賞(Jussi Awards)2011 発表!

 フィンランド・アカデミー賞(Jussi Awards)2011が発表になりました(ノミネーション発表は1月10日(たぶん)、受賞式は2月6日でした)。  いまのところノミネート作品・受賞作品に日本で劇場公開された作品は1本もなく、なじみのある監督やキャスト、スタッフもほとんど全くいないといっていい状態で、原題と見たことのない俳優…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フィンランド・アカデミー賞2010発表!

 フィンランド・アカデミー賞 (Jussi Awards/Jussi-palkinto)は発表になりました。(1月31日)  ◆作品賞(PARAS ELOKUVA)  ・“The Interrogation /Kuulustelu” 監督:Jörn Donner  ◎“Letters to Father Jaakob…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フィンランド・アカデミー賞 (Jussi Awards)2010 ノミネーション発表!

 フィンランド・アカデミー賞 (Jussi Awards/Jussi ehdokkaat) 2010のノミネーションが発表になりました。(1月14日)  フィンランド映画といえば、アキとミカのカウリスマキ兄弟の作品以外、日本にはほとんど入ってきていない状態で、カウリスマキ兄弟が日本に紹介され始めた時、フィンランド映画はほとんどカウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アキ・カウリスマキ 『ロッキーⅥ』

 6月23日から2週間にわたってユーロスペースで開催されていた、アキ・カウリスマキ特集<カウリスマキのあかり>。  新作『街のあかり』公開記念のレトロスペクティブで、15プログラムで19作品の上映。新作の公開の度にこうしたアキ・カウリスマキのレトロスペクティブが開催されているのですが、DVDも入手が困難になってきているせいか、今回の特…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪さあ、歩き出そう! アキ・カウリスマキ 『俺(おい)らのペンギン・ブーツ』

 この作品も、レニングラード・カウボーイズのPVの1つですが、アキ・カウリスマキのフィルモグラフィーにもちゃんと載っていて、彼の短編として広く知られている1本です。  【物語】  LENINGRAD COWBOYS HISTORY OF FINLAND 1952-1969  父親と母親が看護婦に連れられて乳幼児室に入っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more