テーマ:短編映画

学生アカデミー賞2017 入賞作品発表

 第44回学生アカデミー賞の入賞作品が発表されました。(9月13日)  学生アカデミー賞は、アメリカの映画芸術科学アカデミーによる学生作品を対象とするコンペティションで、過去には、ロバート・ゼメキス(1975年“A Field of Honor”)、ジョン・ラセター(1979年“Lady and the Lamp”、1980年“N…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トロント国際映画祭2017 カナダ作品 ラインナップ!

 【CONTEMPORARY WORLD CINEMA部門】  ・“BLACK KITE”(カナダ・アフガニスタン) 監督:Tarique Qayumi [ワールド・プレミア]  物語:抑圧や変化、政治的な不安定さに翻弄されるアフガニスタン。Arianは、凧揚げが好きだった。だが、タリバンの支配が始まった時、凧揚げは禁止され、A…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

学生アカデミー賞2017 ファイナリスト発表

 第44回学生アカデミー賞のファイナリストが発表されました。(8月10日)  学生アカデミー賞は、アメリカの映画芸術科学アカデミーによる学生作品を対象とするコンペティションで、過去には、ロバート・ゼメキス(1975年“A Field of Honor”)、ジョン・ラセター(1979年“Lady and the Lamp”、1980…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トロント国際映画祭2017 オープニング作品、PLATFORM部門、SHORT CUTS部門

 【GALAS部門】 追加  ・“Borg/McEnroe(Borg vs McEnroe)”(スウェーデン・デンマーク・フィンランド) 監督:ヤヌス・メッツ(Janus Metz) [ワールド・プレミア]  出演:シャイア・ラブーフ、スベリル・グドナソン(Sverrir Gudnason)、ステラン・スカルスガルド、デイヴィッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BAFTA学生映画賞2017 受賞結果

 BAFTA学生映画賞(The BAFTA Student Film Awards)2017の受賞結果が発表になりました。(6月22日)  BAFTA学生映画賞は、2004年にスタートした映画賞で、前回まではBAFTA US学生映画賞(The BAFTA US Student Film Awards)として全米の学生映画を対象とし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロサンゼルス映画祭2017 受賞結果!

 第23回ロサンゼルス映画祭(6月14日-22日)の各賞が発表されました。  【ロサンゼルス映画祭】  ロサンゼルス映画祭は、前身がロサンゼルス・インディペンデント映画祭(1995年スタート)で、2001年よりロサンゼルスを拠点とするFilm Independent(インディペンデント・スピリット・アワードを運営している団体…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シェフィールド国際ドキュメンタリー映画祭2017 受賞結果! イルカ、サイ、ウサギ、ネズミ、そして…

 第24回シェフィールド国際ドキュメンタリー映画祭(6月9日-14日)の各賞が発表になりました。  【審査員大賞】(Grand Jury Award)  ・“Ghost Hunting(Istiyad Ashba)”(仏・パレスチナ・カタール・スイス) 監督:Raed Andoni [UK プレミア]  ・“Risk”(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ザグレブ国際アニメーションフェスティバル2017 受賞結果! 日本からの受賞はー

 第27回ザグレブ国際アニメーションフェスティバル(6月5日-10日)の受賞結果が発表になりました。  【グランド・コンペティション 長編部門】(Grand Competition Feature Film)  ※審査員:Natalia Lukinykh(ロシア出身の映画批評家、ドキュメンタリーの監督、教師、映画祭プロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クラクフ映画祭2017 受賞結果!

 第57回クラクフ映画祭(5月28日-6月4日)の受賞結果です。  【音楽ドキュメンタリー・コンペティション部門】(INTERNATIONAL DocFilmMusic COMPETITION)  ◆Golden Heynal/最優秀作品賞  ◎Till Schauder “When God Sleeps”(米・独/88’…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インディーリスボア/リスボン国際インディペンデント映画祭 2017 受賞結果!

 第14回インディーリスボア/リスボン国際インディペンデント映画祭(5月3日-14日)の受賞結果です。  インディーリスボア/リスボン国際インディペンデント映画祭(IndieLisboa, Festival Internacional de Cinema Independente de Lisboa)は、毎年、ポルトガルのリスボン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ショートフィルムフェスティバル&アジア 2017 全上映作品一覧!

 ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2017(6月1日-25日)の全上映作品の一覧です。  【インターナショナルプログラム】  ・『幸運なマーク』“Good Luck Marc”(2016/英/13:28) 監督:Ronen Eldar  ・『昔からの教え』“Cautionary Tales”(2016/英…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クラクフ映画祭2017 ラインナップ!

 第57回クラクフ映画祭(5月28日-6月4日)のラインナップです。  クラクフ映画祭は、短編とドキュメンタリーに特化した国際映画祭で、ヨーロッパ映画を中心としたラインナップになっていて、今年で57回目を迎えています。  コンペティションは、音楽ドキュメンタリー部門とナショナル部門(ポーランド部門)とインターナショナル部門に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンフランシスコ国際映画祭2017 受賞結果!

 第60回サンフランシスコ国際映画祭(4月5日-19日)の受賞結果です。  【サンフランシスコ国際映画祭】  サンフランシスコ国際映画祭は、中断なしに続いている映画祭としては、アメリカで最も古い映画祭で、毎年、2週間の開催期間中に、50カ国以上から集まった200本を超える作品が上映されています。  初期には、外国映画に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トライベッカ映画祭2017 受賞結果! さて、今年の収穫は-

 第16回トライベッカ映画祭(4月19日-30日)の各賞が発表になりました。  トライベッカ映画祭は、同時多発テロの被害を受けて元気を失ってしまったニューヨークを、映画を通じて元気づけようという目的で2002年から始められた映画祭で、今年で16回目になります。  コンペ部門には、巨匠やベテラン、期待の新鋭などがこぞって作品を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界の映画史を変えてしまったかもしれない! アッバス・キアロスタミの短編映画ワークショップ!

 アッバス・キアロスタミによる短編映画のワークショップ。  文字通りキアロスタミのライフワークになっていたようで、調べてみると、世界各地で非常に精力的に行なっていたことがわかります。  2014年からの3回は、コロンビアの映画会社Black Factoryがバックアップしていますが、それ以前は個々の映画学校なり、映画関係の団…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カンヌ国際映画祭2017 短編部門、シネフォンダシオン部門 ラインナップ!

 第70回カンヌ国際映画祭の短編コンペティション部門とシネフォンダシオン部門のオフィシャル・セレクションが発表になりました。(4月12日)  【短編コンペティション部門】  カンヌの短編コンペティション部門は、初めて映画監督に挑戦してみましたというようなビギナーが選ばれることは少なくて、既に監督歴や受賞歴のある監督の作品…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SXSW映画祭2017 受賞結果

 SXSW映画祭2017(3月10日-18日)の受賞結果です。  【SXSW映画祭】  SXSW(サウス・バイ・サウスウエストと読みます)映画祭は、テキサス州オースティンで開催される、インディペンデント映画の祭典です。  上映作品はけっこう多く、フィクション、ドキュメンタリー、短編と部門もいろいろありますが、この映画祭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダブリン国際映画祭2017 受賞結果

 第17回ダブリン国際映画祭(2月16日-26日)の受賞結果です。  アイルランドには、大きな映画祭が3つあります。  2月に開催されるダブリン国際映画祭と7月に開催されるゴールウェイ映画祭(Galway Film Fleadh)(2017年で29回目)、11月に開催されるコーク国際映画祭(2017年で62回目)がそれで、特にコ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セザール賞2017 短編映画賞 オフィシャル・セレクション 24作品

 第42回セザール賞短編映画賞のオフィシャル・セレクションです。(9月16日発表)  本年度は、例年より優れた作品が多かったということなのか、例年の倍の24作品が選ばれています。  ・“Après Suzanne”(仏/17分) 監督:フェリックス・モアティ(Félix Moati)  出演:ヴ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【異常事態】 米国アカデミー賞2017 短編映画賞ショートリスト発表!

 第89回米国アカデミー賞 短編映画賞ショートリスト10作品が発表になりました。(11月23日)  ・『タイムコード』“Timecode”(西/15分) 監督:Juanjo Giménez  物語:ルナは、地下駐車場の警備員をして働いている。出勤すると、警備員のユニフォームに着替えて、夜間シフトのディエゴと交替する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AFIフェスト2016 受賞結果

 AFIフェスト2016(11月10日-17日)の各賞が発表されました。  AFI(American Film Institute:アメリカ・フィルム・インスティチュート)は、映像教育を目的とする非営利興行団体で、年間を通じて、さまざまな活動を行なっていて、AFIフェストは、その中に目玉行事の1つです。  AFIフェストは、いわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国アカデミー賞2017 短編ドキュメンタリー賞 ショートリスト発表!

 第89回米国アカデミー賞 短編ドキュメンタリー賞のショートリストが発表になりました。(10月26日)  エントリーされた有資格作品61本の中から、現時点で、以下の10作品に絞り込まれています。  ・『ホワイト・ヘルメット -シリアの民間防衛隊-』“The White Helmets”(英/41分) 監督:オーランド・ヴォン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ映画賞2016 短編映画賞ノミネーション!

 9月24日に発表されたエンカウンター短編&アニメーション映画祭(ブリストル)(9月20日-25日)の受賞結果を受けて、第29回ヨーロッパ映画賞の短編部門のノミネーションがすべて出揃いました。(9月29日公式発表)  ヨーロッパ映画賞の短編部門は、1999年に設けられた部門で、前年の10月に開催されたゲント映画祭(フランドル国際映…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

学生アカデミー賞2016 授賞式!

 第43回学生アカデミー賞の授賞式が行なわれました。(9月22日)  学生アカデミー賞は、アメリカの映画芸術科学アカデミーによる学生作品を対象とするコンペティションで、過去には、ロバート・ゼメキス(1975年“A Field of Honor”)、ジョン・ラセター(1979年“Lady and the Lamp”、1980年“Ni…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

学生アカデミー賞2016 入賞作品決定! 日本がらみの作品も!

 第43回学生アカデミー賞の入賞作品が発表されました。(8月29日)  学生アカデミー賞は、アメリカの映画芸術科学アカデミーによる学生作品を対象とするコンペティションで、過去には、ロバート・ゼメキス(1975年“A Field of Honor”)、ジョン・ラセター(1979年“Lady and the Lamp”、1980年“N…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トロント国際映画祭2016 MIDNIGHT MADNESS、SHORT CUTS、VANGUARD

 【MIDNIGHT MADNESS】 10本  ・“Free Fire”(英) 監督:ベン・ウィートリー [ワールド・プレミア]  出演:ブリー・ラーソン、キリアン・マーフィー、アーミー・ハマー、マイケル・スマイリー、シャールト・コプリー  物語:1978年のボストン。ジャスティンが、荒れ果てた倉庫で、2人のアイルランド人と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

学生アカデミー賞2016 ファイナリスト発表!

 第43回学生アカデミー賞のファイナリストが発表されました。(8月1日)  学生アカデミー賞は、アメリカの映画芸術科学アカデミーによる学生作品を対象とするコンペティションで、過去には、ロバート・ゼメキス(“A Field of Honor”(1975))、ジョン・ラセター(“Lady and the Lamp”(1979)、“Ni…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more