テーマ:シンガポール映画

シンガポール国際映画祭2019 受賞結果 三池崇史が名誉賞受賞!

 第30回シンガポール国際映画祭(11月21日-12月1日)の各賞が発表されました。  【アジア長編映画コンペティション部門】(Asian Feature Film Competition)  ※審査員:アヌラーグ・カシヤプ(審査員賞)、パン・ホーチョン、ニア・ディナタ (Nia Dinataa:インドネシアの映画監督)、ア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シンガポール国際映画祭2017 受賞結果

 第28回シンガポール国際映画祭(11月23日-12月3日)の各賞が発表されました。  【アジア長編映画コンペティション部門】(Asian Feature Film Competition)  ※審査員:シェカール・カプール(審査員長)、アナ・リリー・アミールポアー、クララ・ロー(香港・オーストラリアのフィルムメイカー)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シンガポール国際映画祭2016 受賞結果 [審査員長は河瀨直美]

 第27回シンガポール国際映画祭(11月23日-12月4日)の各賞が発表されました。  【アジア長編映画コンペティション部門】(Asian Feature Film Competition)  ※審査員:河瀨直美(審査員長)、ハーマン・ヤウ、Jocelyne Saab(レバノンの監督)、Sunny Pang(シンガポール…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シンガポール国際映画祭2015 受賞結果!濱口竜介監督が監督賞受賞!

 第26回シンガポール国際映画祭(11月26日-12月6日)の受賞結果です。  【シルバー・スクリーン・アワード アジア長編映画コンペティション部門】  ※審査員:ブリランテ・メンドーサ(審査員長)、アイヴィー・ホー、Karl Och(映画祭プログラマー)、オ・ジョンワン(韓国のプロデューサー)  ◆最優秀作品賞  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第23回シンガポール国際映画祭から見えてくること…… シルバー・スクリーン・アワード発表!

 第23回シンガポール国際映画祭で各賞の結果が発表になりました。  ◆シンガポール短編コンペティション  ・最優秀作品賞:“Promises in December” 監督:Ho Elgin Tat Chuen  ・最優秀監督賞:Ho Elgin Tat Chuen “Promises in December” …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クロージングは『ディア・ドクター』なんだって! 第23回シンガポール国際映画祭 ラインナップ!

 第23回シンガポール国際映画祭が開幕しています。(4月15日~24日)  今年のラインナップは以下の通りです。 --------------------------------  ◆オープニング  ・“Mao’s Last Dancer”(オーストラリア) 監督:ブルース・ベレスフォード  ◆クロージング…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まずはここから!Sintok シンガポール映画祭 開催!

 シンガポール映画祭の開催が決まったようです。  「Sintok シンガポール映画祭」(2009年9月5日~13日@シネマート六本木)。  公式サイト:http://www.sintok.org/movie/b.html  期待していたものと違って、これまでどこかで上映されたことがある作品がほとんどで、日本初公開の長編が1本、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第22回シンガポール国際映画祭!

 今年で第22回を迎えたシンガポール国際映画祭。うっかりしているうちに、今年の映画祭は既に終わってしまっていました(4月14日~25日)。  終わってからもう2週間も経つのですが、公式サイトにはアーカイブもなく、昨年のプログラムの全容が知れるのも、ネット上では全世界的に見て(!)たぶん当ブログ(http://umikarahaji…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おいしいシンガポール! シンガポール 私的ブックガイド!

 このところ、旅行ガイド(ほぼグルメとショッピングとエステ情報)ではない、いろんなタイプのシンガポール本が出版されています。 ※ photo↓ from 『海南鶏飯食堂』  ちょっと面白いので、以下に、ざっと紹介してみたいと思います。大きな書店でもこれらすべてを置いているところはなかなかないので、気になった本があったら、近所の…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

シンガポールについてまとめてみました!

 シンガポールに関する情報を、ちょっとまとめてみました!  【基本情報】  歴史――1819年に、その地理的重要性に注目したイギリス人トーマス・ラッフルズが、ジョホール王国から割譲させて、自らの支配下に置き、貿易港を開く。1826年よりペナン、マラッカとともに東インド会社が管轄する海峡植民地となり、1896年よりマレーシ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

シンガポール映画小史年表!

 前回の記事で、「日本で上映されたシンガポール映画」についてまとめてみましたが、以下では、日本上映未上映に拘わらず、新生シンガポール映画について、年表にしてまとめてみることにします。 --------------------------------  【シンガポール映画小史年表】  1947年 ショウ・ブラザーズが、シ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本で上映されたシンガポール映画 1992-2008

 シンガポール映画『881 歌え!パパイヤ』の劇場公開を記念して、日本で上映されたシンガポールについてまとめてみました。劇場公開作としては、『881 歌え!パパイヤ』が3本目で、あと2本は2000年の『フォーエバー・フィーバー』、2007年の『メイド ~冥土~』です。 -------------------------------…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パパイヤ・シスターズ オン・ステージ!

 片道2時間かけて、昭島・モリタウンのシンガポール・フェスティバル2008のパパイヤ・シスターズ オン・ステージを見てきました。パパイヤ・シスターズというのは、今夏ユーロスペースで公開される映画『881 歌え!パパイヤ』の主演女優で、現在プロモーションのために来日中です。  歌は2曲で、「Wild Flowers 路ů…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シンガポール・フェスティバル2008

 ネットで検索しても、情報の詳細が全く得られないので、ここに書き出しておきたいと思います。  ◆シンガポール・フェスティバル2008@昭島駅前・モリタウン  2008年6月14日(土)  11:30~ ドリたんショー  12:00~ ハッピーファミリーキャンペーン  12:30~ クッキングショー  13:15~…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空想の映画祭?! 日本初のシンガポール映画特集を企画してみました!

 昨年シンガポールでナンバーワン・ヒットとなり、米国アカデミー賞外国語映画賞シンガポール代表にもなった『881 歌え!パパイヤ』が日本でも8月に劇場公開されますが、今年はカンヌ国際映画祭で、エリック・クーの“My Magic”がシンガポール映画として初めてコンペティション部門に選出されたこともあって、アジア圏で次にブレイクするのはシンガ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

シンガポール国際映画祭 受賞作品リスト! 1991~2007

 シンガポール国際映画祭がこれまでにどんな作品に賞を与えているのか調べてみました。  シンガポール国際映画祭で、コンペティションが始まったのが1991年からで、アジア映画を対象とする部門とシンガポールの短編映画を対象とする部門があります。名称は、Silver Screen Awardsですが、他にGold Screen Award…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

けっこう意欲的! 第21回シンガポール国際映画祭!

 4月4日から、第21回シンガポール国際映画祭が開催されます。  まあ、シンガポール国際映画祭といってもなじみがないと思いますが、45カ国以上からの300を越える作品が上映される東南アジアで最大級の国際映画祭です(7月に開催されるバンコク国際映画祭もかなり規模が大きく、フィリピンには今年で10回目を迎えるシネマニラ国際映画祭があり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ケルヴィン・トン 『LOVE STORY』

 さて、ケルヴィン・トンの『LOVE STORY』について。  この映画は、2006年の東京国際映画祭の「アジアの風」部門で上映されたFOCUS first cutsのうちの1本で、映画祭上映後、劇場公開が待たれていたのですが、それがようやく2008年の3月1日~3月14日まで<アジア新星流FOCUS first cuts>として…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アンディ・ラウが「見出した」シンガポールの新鋭 ケルヴィン・トン

 ケルヴィン・トンは、おそらくシンガポールで3番目くらいに有名&期待されている映画監督で、一般的な知名度は低いですが、日本でもその監督作品のほとんどが紹介されています。  2007年に劇場公開された『メイド ~冥土~』はケルヴィン・トンの第2長編で、あれを観る限りでは、日本や香港、韓国、タイなどで、量産されているアジアン・ホラーと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2008年はシンガポールに注目! と言ってみる……

 ちょうど1週間前、2008年3月1日に、世界最大の観覧車がシンガポールに誕生しました。  その名を、シンガポール・フライヤーと言い、直径150m、最高位165m(42階建てのビルに相当)。1周34分で、料金は29.5シンガポールドル(約2200円)です(ちなみに、それまでの世界一は、ロンドンにあるロンドン・アイで、直径135mでした…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more