テーマ:ロッテ・ライニガー

ロッテ・ライニガー 初のカラー作品『ジャックと豆の木』

 「tantano 短編映画を楽しむ」で、ロッテ・ライニガーの『小さな煙突屋さん』がアクセス数のトップになったのを記念して、今日は、ロッテ・ライニガーのカラー作品から『ジャックと豆の木』をご紹介したいと思います。  ロッテ・ライニガーの『小さな煙突屋さん』が「tantano 短編映画を楽しむ」アクセス数のトップになったといっても、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロッテ・ライニガー 『シンデレラ』

 『シンデレラ』(1954)は、ロッテ・ライニガーがBBCのために作った児童向け短編シリーズの1本です。英語の台詞がついていますが、おなじみの物語なので、英語が聞き取れなくても、影絵アニメーションとして十分楽しむことができます。    本作は、おなじみの『シンデレラ』の物語を、特に自己流の解釈を加えたりせずに、オーソドックス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロッテ・ライニガー 『マルケスの秘密』

 久々のロッテ・ライニガーの影絵アニメーションです。  一般的によく知られた童話をアニメーション化することも多い彼女ですが、今回の作品は1921年の『マルケスの秘密』 (“Das Geheimnis der Marquisin”)という聞いたこともないタイトルの作品です。  で、どんな作品かと思って、観てみたら……。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

魅惑の影絵アニメーション 『小さな煙突屋さん』 ロッテ・ライニガー

 サイレント映画で、しかも影絵アニメーション。そういった作品を家庭で観ることは少ないので、最初はとっつきにくいかもしれませんが、よく見ると実によくできていて味わいがあります。とりあえずは、まず1回観てみてください。  【物語】 1709年のロンドン。  煙突屋の少年は今日も親方と煙突掃除に出かける。  独りでユニコーン…
トラックバック:4
コメント:3

続きを読むread more