テーマ:映画配給という仕事

日本最大の、外国映画 クラシックDVD コレクション 【ブロードウェイ+アダンソニア】

 日本国内に、クラシック作品のDVDのリリースを手がけているメーカーはいくつかありますが、以下に挙げるブロードウェイ出しているシリーズがたぶん日本最大になるのではないでしょうか。  ヒッチコックやキューブリックなどハリウッド・メジャー系のメーカーが権利を持っている監督の作品を除いてではありますが、著名な監督の作品ばかり約500タイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【悲報】 フォルテシモ・フィルムズ 自己破産!

 アムステルダムを拠点として、インディーズ映画やアジア作品を多く手がけてきた映画会社フォルテシモ・フィルムズ(Fortissimo Films)の自己破産が発表されました。(8月17日)  個人的に、面白いことをやってる映画会社があるなと思って、フォルテシモ・フィルムズを意識するようになったのは『インビジブル・ウェーブ』あたり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本ヘラルド映画 配給作品リスト 1987~2007(続き)

 【2004年】  ・1/10~ 『ロード・オブ・ザ・リング スペシャル・エクステンデッド・エディション』(米・ニュージーランド) 監督:ピーター・ジャクソン 共同配給:松竹  ・1/24~ 『ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔 スペシャル・エクステンデッド・エディション』(米・ニュージーランド) 監督:ピーター・ジャクソン 共…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本ヘラルド映画 配給作品リスト 1987~2007

 2014年9月21日は古川勝巳さんの生誕100年の記念日でした。  古川勝巳さんといっても、日本の映画界について詳しくない方はご存知ないかもしれませんが、古川勝巳さんは、日本ヘラルド映画の創業者で、戦後、外国映画を日本に紹介した功労者であり、日本の映画史に大きな足跡を残した映画人のひとり、ということになります。  以前に当…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ケイブルホーグ コレクション」という名の魅惑の映画リスト!

 昨年(2010年)に劇場公開された『ハロルドとモード/少年は虹を渡る』と『バード★シット』が、元ケイブルホーグの根岸邦明さんが新しく始められた会社アダンソニア(と共同配給日本スカイウェイ)の配給作品であることは、風の噂で聞いて知っていたんですが、以前、当ブログでケイブルホーグの全配給リストを書き出したことが縁で、根岸さんからコンタクト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ケイブルホーグの23年 1982-2005

 渋谷にあるシネマヴェーラで、現在、配給会社ケイブルホーグの配給作品が特集されています(5月3日~30日、全29作品)。  ケイブルホーグが2005年に倒産したらしいということは何となく聞いて知っていたのですが、残念ながら、新しい映画に追いまくられる日常では、なくなってしまった配給会社のことはもちろん、配給作品がなくなってしまった…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

日本映画界からヘラルドの名前が消えた日

 この3月1日を以って、角川ヘラルド映画㈱が角川映画㈱と改称し、50年あまり続いたヘラルドの名前が日本映画界から消えてしまいました。  旧・日本ヘラルド映画・銀座本社↑  配給会社や製作会社のことを気にして映画を観る人はそう多くはないでしょうから、このニュースを聞いて、ショックに感じる人もそんなにはいないかもしれないんで…
トラックバック:1
コメント:16

続きを読むread more

映画『オペラ座の怪人』や『ミリオンダラー・ベイビー』、『シカゴ』は私が買い付けましたという人の話

 その時々に「勢いがあるなあ」と感じさせる配給会社があって、例えば、アスミック(現アスミック・エース)、ギャガ・コミュニケーションズ、アミューズ・ピクチャーズ(現東芝エンタテインメント)などは、そうした時期を経て、誰しも一目おくような配給会社に成長していきました。  このところ、急速に伸びてきたと感じさせるのは、ムービーアイ・エンタ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

映画業界関係者はすごく意識するけど、そうじゃない人はあまり気にしないこと

 映画配給会社の公式ホームページをまとめたサイトを集めてみました。  各サイトのリストがどのようにして作られたのかはわかりませんが、必ずしも現在コンスタントに配給活動を行なっている映画会社を、網羅的に押さえているというわけではないようです。あれっ、何でこの配給会社が載ってないの?っていうことはどのサイトにもあります。  すっき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

好きが高じてこうなりました

 ジャン=リュック・ゴダール最新作『アワーミュージック』(04)の配給会社はプレノン・アッシュというところです。  社名のプレノン・アッシュは、ゴダールの『カルメンという名の女』(83)の原題PRENOM CARMENへのオマージュになっていますから、ゴダールに対する思いには並々ならぬものがあるということでしょう。プレノン・アッシュ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴダール・ブームは4年に一度やってくる、または、ゴダール・ブームの仕掛け人について

 ジャン=リュック・ゴダール監督最新作『アワーミュージック』の公開を記念して、ジャン=リュック・ゴダール監督作品 日本公開年表」を作ってみました。  リストは、こちら(http://www7a.biglobe.ne.jp/~umikarahajimaru/jlg.html)。  このリストは、たとえ個々の作品は観てなくても…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more