テーマ:2019年度映画賞

ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード2019 技術部門 結果発表!

 第22回ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワードの技術部門9部門の受賞結果が先行して発表になりました。(11月15日)  ※技術部門は、3年前まで「技術部門」として1つにまとめられていた部門が、前々回より、撮影賞、編集賞、美術賞、衣裳デザイン賞、メイキャップ&ヘア・デザイン賞、効果賞、音響賞、音楽賞、キャスティ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国アカデミー賞2020 長編ドキュメンタリー賞 エントリー作品159作品!

 米国アカデミー賞2020長編ドキュメンタリーエントリー作品が発表されました。(11月12日)  2020年度は、159作品でした。  ・“Advocate”(イスラエル・カナダ・スイス) 監督:Rachel Leah Jones、Philippe Bellaiche  ・“After Parkland”(米) 監督:Ja…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国映画評論家協会賞2019 授賞式!

 第39回韓国映画評論家協会賞の授賞式が開催されました。(11月13日)  ◆最優秀作品賞(최우수 작품상)  ◎『パラサイト 半地下の家族』 監督:ポン・ジュノ  ◆監督賞(감독상)  ◎ポン・ジュノ 『パラサイト 半地下の家族』  ◆主演男優賞(남우주연상)  ◎シン・ハギュン ”나의 특별한 형제(In…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピープルズ・チョイス・アワード2019 受賞結果!

 第45回ピープルズ・チョイス・アワードの受賞結果が発表になりました。(11月10日。ノミネーション発表は9月4日。)  【映画部門】(Film) [11部門 ← 10部門]  ◆2019年の映画(The Movie of 2019)  ◎『アベンジャーズ/エンドゲーム』  ・『キャプテン・マーベル』  ・『ワイルド・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリティクス・チョイス・アワード 2019 ドキュメンタリー賞発表!

 クリティクス・チョイス・アワード2019 ドキュメンタリー部門の受賞結果が発表されました。(11月10日発表)。  ◆最優秀ドキュメンタリー賞(BEST DOCUMENTARY FEATURE)  ・『アメリカン・ファクトリー』“American Factory”(Netflix) (米) 監督:スティーヴン・ボグナー(Ste…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカン・シネマテーク・アワード2019:シャーリーズ・セロン

 第33回アメリカン・シネマテーク・アワードの授賞式が行なわれました。(11月8日)  アメリカン・シネマテーク・アワードは、ロサンゼルスを拠点に活動している非営利団体「アメリカン・シネマテーク」(1981年設立)が出している映画賞で、1986年スタートして今年で33回を迎えています。  賞といっても、たくさんはなくて、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ映画賞2019 ノミネーション発表!

 第32回ヨーロッパ映画賞のノミネーションがセビリヤ・ヨーロッパ映画祭で発表になりました。(11月9日)  ◆作品賞(European Film 2019)  ・“J'accuse(An Officer and a Spy)”(仏・伊) 監督:ロマン・ポランスキー  ・“Les Misérables”(仏) 監督:Ladj…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国映画評論家協会賞2019 受賞結果

 第39回韓国映画評論家協会賞の受賞結果です。(10月21日発表)  ◆最優秀作品賞(최우수 작품상)  ◎『パラサイト 半地下の家族』 監督:ポン・ジュノ  ◆監督賞(감독상)  ◎ポン・ジュノ 『パラサイト 半地下の家族』  ◆主演男優賞(남우주연상)  ◎シン・ハギュン ”나의 특별한 형제(Insepar…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青龍映画賞2019 ノミネーション!

 第40回青龍映画賞のノミネーションが発表になりました。(11月1日) 【青龍映画賞】  1963年~ 中断あり  スポーツ朝鮮主催、朝鮮日報・韓国放送公社後援。SBS中継。  大鐘賞とともに韓国2大映画賞の1つ。  毎年11月に開催。  選考方法:1年を通して国内で公開された韓国映画を対象に、ネチズンの意見(インタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハリウッド映画賞2019 授賞式!

 第23 回ハリウッド映画賞の授賞式が行われました。(11月3日)  ハリウッド映画賞は、元プレイメイツで女優のジャニス・ペニントン(Janice Pennington)と、マーケティングのエキスパートであり、インターネットのパイオニアで、作家、プロデューサーでもあるカルロス・デ・アブレウ(Carlos de Abreu)とが19…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード2019 ノミネーション発表!

 第22回ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワードのノミネーションが発表されました。(10月30日)  ◆作品賞(Best British Independent Film)  ・“Bait”(英) Mark Jenkin、ケイト・バイアーズ(Kate Byers)、Linn Waite  ・“For Sam…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルイ・デリュック賞2019 ノミネーション発表!

 第77回ルイ・デリュック賞のノミネーションが発表されました。(10月30日)  ・“Être vivant et le savoir(To Be Alive and Know It)”(仏) 監督:アラン・カヴァリエ(Alain Cavalier)  アラン・カヴァリエは、エマニュエル・ベルンエイム(Emmanuèle Ber…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国アカデミー賞 第11回Governorsアワード 授賞式

 米国アカデミー賞の第11回Governorsアワードの授賞式が行われました。(10月27日)  ◎アカデミー賞名誉賞:デイヴィッド・リンチ(1946- 73歳)  米国アカデミー賞ノミネートは4回(1981年に『エレファント・マン』で監督賞、脚色賞、1987年に『ブルーベルベット』で監督賞、2002年に『マルホランド・ドラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリティクス・チョイス・アワード2019 ドキュメンタリー賞ノミネーション

 クリティクス・チョイス・アワード2019 ドキュメンタリー部門のノミネーションです(9月23日発表)。  ◆最優秀ドキュメンタリー賞(BEST DOCUMENTARY FEATURE)  ・『アメリカン・ファクトリー』“American Factory”(Netflix) (米) 監督:スティーヴン・ボグナー(Steven B…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全米映画賞レース2019 一発目! ゴッサム・アワード ノミネーション!

 第29回ゴッサム・アワード(The Gotham Independent Film Awards)のノミネーションが発表になりました。(10月24日)  ◆作品賞(Best Feature)  ・“The Farewell”(米) 監督:ルル・ワン(Lulu Wang)  ・“Hustlers”(米) 監督:ローリーン・スカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランシス・フォード・コッポラ リュミエール賞授賞式

 フランシス・フォード・コッポラが、第10回リュミエール賞(Prix Lumière)を受賞しました。(10月19日)  同じ名前で、春先に発表されるフランスの映画賞があるのでまぎらわしいですが、こちらはフランスのリヨンで毎年10月に開催されるリュミエール映画祭(今年は10月12日-20日)の中で設けられているもので、年ごとに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

詳細!米国アカデミー賞2020 長編アニメーション賞 エントリー作品32本!

 第92回米国アカデミー賞 長編アニメーション賞エントリー作品が発表になりました。(10月16日)  本年度は、史上最多となる32作品がエントリーされ、25作品がエントリーされ、前回より7作品増、前々回より8作品増となっています。  外国映画は、前々回が14作品、前回が16作品、今回が21作品です。前回は、ハンガリー、台湾、中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

釜日映画賞2019 受賞結果

 第28回釜日映画賞の各賞が発表されました。(10月4日)  釜日映画賞は、1958年に韓国で始められた最初の映画賞で、政府による検閲とテレビの普及によって、1973年に第16回でいったん中断された後、2008年から釜山国際映画祭の会期中に発表されるイベントとして再開しています。「釜日」は、主催の釜山日報社の略で、釜山広域市と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャン・ヴィゴ賞2019 受賞結果!

 ジャン・ヴィゴ賞(Prix Jean Vigo)2019が発表されました。(6月12日)  【ジャン・ヴィゴ賞】  ジャン・ヴィゴ賞は、若くして亡くなった映画監督ジャン・ヴィゴにちなんで、1951年に創設されたフランスの映画賞で、若手監督に贈られます。  以前は、アルベール・ラモリス(『白い馬』)とか、アラン・レネ(『夜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シェフィールド国際ドキュメンタリー映画祭2019 受賞結果!

 第26回シェフィールド国際ドキュメンタリー映画祭(6月6日-11日)の受賞結果です。  【審査員大賞】(Grand Jury Award)  ・“Diego Maradona”(英) 監督:アシフ・カパディア  ・“For Sama”(英・米・シリア) 監督:Waad al-Kateab、Edward Watts  ・“A…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国アカデミー賞2019 Governorsアワード発表

 米国アカデミー賞の第11回Governorsアワードの受賞者が発表になりました。(6月1日発表、6月3日発表。)  これまでは9月に発表されていましたが、なぜか今年はいち早く6月に発表になっています。  ◎アカデミー賞名誉賞:デイヴィッド・リンチ(1946- 73歳)  米国アカデミー賞ノミネートは4回(1981年に『エ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イタリア・ゴールデングローブ賞2019 ノミネーション発表!

 第59回イタリア・ゴールデングローブ賞のノミネーションが発表になりました。(6月4日)  ◆監督賞(Migliore Regia)  ・マルコ・ベロッキオ ”l traditore(The Traitor)”  ・マッテオ・ガローネ 『ドッグマン』  ・アリーチェ・ロルヴァケル 『幸福なラザロ』  前回まで作品賞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナストロ・ダルジェント賞2019 ノミネーション!

 第73回ナストロ・ダルジェント賞のノミネーションが発表になりました。(5月30日) 【ナストロ・ダルジェント賞】  ナストロ・ダルジェント賞(Nastro d'Argento / シルバー・リボン賞)は、イタリアの映画批評家協会(The Sindacato Nazionale dei Giornalisti Cinemat…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

百想芸術大賞 2019 受賞結果

 【テレビ部門】  ◆テレビ部門 大賞  ◎キム・ヘジャ 『眩しくて』  ◆作品賞 ドラマ部門(드라마작품상)  ◎『私のおじさん』“나의 아저씨”(tvN)  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

百想芸術大賞2019 映画部門 受賞結果

 第55回百想芸術大賞の受賞結果です。(5月1日発表)  【映画部門】  ◆映画部門 大賞  ◎チョン・ウソン ”Innocent Witness(증인/証人)”  ◆作品賞(작품상)  ◎『工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男』…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

百想芸術大賞2019 テレビ部門 ノミネーション

 【テレビ部門】  ◆作品賞 ドラマ部門(드라마작품상)  ・『私のおじさん』“나의 아저씨”(tvN)  ・『眩しくて』”눈이 &#4851…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

百想芸術大賞2019 映画部門 ノミネーション

 第55回百想芸術大賞のノミネーションです。(4月4日発表)  【映画部門】  ◆作品賞(작품상)  ・『工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男』 監督:ユン・ジョンビン  ・ “Miss Baek(미쓰백)”  監督:Le…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国アカデミー賞2020 部門別予想!

 ◆作品賞(Gold Derby:https://www.goldderby.com/article/2019/2020-oscar-predictions-best-picture/)  ※このページは基本的にGoldderbyをベースにしていますが、情報によりデータに差異がある場合があります。  Leading Conten…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早くも2020年米国アカデミー賞を予想してみました!

 恒例により、全米映画賞レース2019(米国アカデミー賞2020)に絡んできそうな作品を書き出してみました。  以下、アメリカ国内での公開予定の順に並べてあります。  【主要作品公開カレンダー】  “The Souvenir”(英・米) 監督:ジョアンナ・ホッグ 配給:A24  5月17日公開 サンダンス映画祭201…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more