テーマ:チャート式私家版映文法

どこかで見たような…… 映画『陽気なギャングが地球を回す』

 「“映画の冒頭で登場した拳銃は必ず発砲される”というルールは……」。  原作(伊坂幸太郎著『陽気なギャングが地球を回す』)は読んでいません。  話題になった同じ著者の『重力ピエロ』を読んで、気取りばかりが鼻について、この本のどこがそんなに面白いのかさっぱりわからない、と思って、この方の作品はとりあえず読まなくていい、ということ…
トラックバック:8
コメント:1

続きを読むread more

映画『宇宙戦争』の中に銃のエピソードが挿入されているわけ

 チャート式映文法3  「日常世界で、さりげなく見せられる銃は、のちに使われて、悲劇を起こす」(銃は使われるの法則)  典型的な例としては、『テルマ&ルイーズ』(91)あたりが妥当でしょうか?  テルマ(ジーナ・デイビス)とルイーズ(スーザン・サランドン)は、退屈な日常を一時忘れるために、小旅行に出ます。  テルマは、旅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秘密と嘘

 チャート式私家版映文法2  「映画の中で秘密や嘘が提示されると、それは物語が終わるまでに明かされることになる」(嘘は明かされるの法則)  映画の中で秘密や嘘が示されると、秘密や嘘を知っている人と知らない人の間にアンバランスの状態が生じ、それが映画のモチベーションとなって、観客をグイグイ引っ張っていきます。物語(=観客の心理…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画の中で予言された主人公の運命は必ずその通りになる

 チャート式私家版映文法 1  「映画の中で予言された主人公の運命は必ずその通りになる」(予言の自己成就の法則)  『ドニー・ダーコ』  16歳の高校生ドニー・ダーコは、「28日と6時間と42分と12秒後に世界の終わりが来る」と予言される。  『ロスト・ソウルズ』  犯罪研究の専門家でベストセラー作家であるピーター…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more