ロカルノ国際映画祭2019 インターナショナル・コンペティション部門 ラインナップ

 第72回ロカルノ国際映画祭(8月7日-17日) インターナショナル・コンペティション部門のラインナップです。

 ・“Technoboss”(ポルトガル・仏) 監督:João Nicolau
 物語:ルイス・ロビスコの退職が間近に迫っている。彼が日中に夢見る歌は、彼の人生のすべての不正を補う。しかし、受付のルシンダの前に立って、彼は自分が別の曲で歌っているのに気づく
 ポルトガルの編集技師João Nicolauの第3監督長編。

Technoboss.jpg
 ・“Vitaina Varela”(ポルトガル) 監督:ペドロ・コスタ
 物語:突然、荘厳な影に取りつかれた近所の豪華な暗闇の中で、血のシートの深い赤。 Vitalina Varelaは手遅れだ。彼女にできることは、夫の問題を解決することだけだ。彼女は不幸を嘆く:苦々しく倒れた男性に直面して、彼女はカーボベルデの堅実なシェアハウスの記憶を再構築することを決心する、青写真による壁画と壁ごとの青写真、まともな下で構築することができなかった人生の悲しい現実と戦うポルトガルの屋根。
 「ホース・マネー」以来、ペドロ・コスタ5年ぶり7本目の長編監督作品。

Vitaina Varela.png
 ・“Longa noite (Endless Night)”(西) 監督:Eloy Enciso
 物語:フランコの独裁政権の30年を旅する:戦争後に暗黒期を経て、個々の選択の価値を疑問視した人々の物語で構成されたアンサンブル映画。象徴的で暗示的な顔をしたアマチュア俳優の当惑するパフォーマンスに駆り立てられたこの映画は、抵抗の声がガリシアの神秘的な風景に対して際立っている宇宙的次元に開かれる。
 7年ぶり第2監督長編。

Longa noite.jpg
 ・“Echo(Bergmál)”(アイスランド・仏・スイス) 監督:Rúnar Rúnarsson
 物語:アイスランドのクリスマスの準備が整うと、独特の雰囲気が国中に定着する。放棄された農場が燃え、子供の聖歌隊がクリスマスキャロルを歌い、鶏の死体が屠殺場でパレードし、博物館の従業員が電話で議論し、若い女の子が母親に新しいバーチャルリアリティのヘッドセットを試着させる。苦味と優しさを兼ね備えた現代社会の肖像画。
 Rúnar Rúnarssonの4年ぶり第3監督長編。

Echo.jpg
 ・“Douze mille”(仏) 監督:Nadège Trebal
 物語:フランクは違法に働く自動車修理工場から解雇される。マルーシアとの生活に執着しているが、フランクは家から遠く離れた他の場所で仕事を見つけるために離れなければならない。 1万2,000ユーロは、両者が同意する合計であり、返還する前に獲得しなければならない金額である。
 Trebalの息をのむような官能的で政治的なフィクションのデビュー作は、現代の生活の苦労を見失うことなく、神話の次元を達成するために現在を超えて到達する。
 初監督長編。

Douze mille.png
 ・“Terminal Sud”(仏) 監督:ラバ・アメール=ザイメッシュ(Rabah Ameur-Zaïmeche)
 物語:ラバ・アメール=ザイメッシュは、非常に小さい政治的に鋭いジェスチャーを通じて、急進的なディストピアを作り出す。彼は,映画を撮影した領域、地中海地域全体を想起させる兆候と言語に満ちた領域を特定することを防ぐことで、対立に満ち、アイデンティティへの執着から解放された中間と共有スペースを作成する。それは階級戦のものであり、真の政治的主題の出現を可能にする。
 第6監督作品。

Terminal Sud.png
 ・“Isadora's Children(Les enfants d'Isadora)”(仏・韓) 監督:ダミアン・マニヴェル(Damien Manivel)
 物語:2人の子供の死後、イサドラ・ダンカンは、母親が極度の優しさの瞬間に子供を抱きしめ、それを手放すソロマザーを作り出した。 1世紀後、4人の女性がこの悲痛な踊りに出会う。
 第4監督長編。

Les enfants dIsadora.jpg
 ・“Maternal(Hogar)”(伊・アルゼンチン) 監督:Maura Delpero
 物語:ルーとファティは、ブエノスアイレスの宗教的な避難所に住んでいる十代の母親。パオラ姉妹がそこに到着し、彼女の最後の誓いを立てる。しかし、少女の母親は彼女の困難な状況に直面する。
 中絶がまだ合法ではない国で、監督は根底にある緊張を微妙にとらえ、主人公の視線と沈黙によって生き生きとした物語を構築する。
 初監督長編(フィクション)。

Maternal.jpg
 ・“O Fim do Mundo”(スイス) 監督:Basil Da Cunha
 物語:18歳のSpiraは、過去8年間を学校で過ごし、リスボンのスラム街であるReboleiraに戻る。彼の友人のジョバニやチャンディは、まだそこにいる。しかし、ギャングボスのKikasのような一部の人々は、彼が戻ってきたことをあまり喜んでいない。 Spiraは、状況が変化していることを認識している。ブルドーザーが近所を取り壊し始めるが、Spiraに恋をするIaraや、トップディーラーになろうとしているGiovanniは、夢を保持しようとする。
 第2監督長編。

O Fim do Mundo.jpg
 ・“A Voluntary Year(Das freiwillige Jahr)”(独) 監督:ウルリヒ・ケーラー(Ulrich Köhler)、Henner Winckler
 物語:Jetteは海外でのボランティア活動に一年を費やそうとしている。しかし、地方での生活から彼女を救いたいと望んでいる父親による計画の邪魔により、少女は自分が何を望んでいるのか分からなくなる。
 ウルリヒ・ケーラーにとっては1年ぶり第5長編、Henner Wincklerにとっては、2006年以来3本目の長編監督作品。2人がコンビを組むのは初めて。

A Voluntary Year.jpg
 ・“Cat In The Wall”(ブルガリア・英・仏) 監督:Mina Mileva、Vasela Kazakova
 物語:南東ロンドン、ペッカムの多文化地区にある、市の建物。ブルガリア人の家族は、捨てられた猫のために隣人と深刻な対立を起こす。
 サラエボ映画祭2017 Arte International Relations Cinelink Award受賞。
 Mina Milevaにとっては、アニメーション、ドキュメンタリー以外では初監督作品、Vasela Kazakovaは約20年のキャリアのあるブルガリアの女優で、Mina Milevaと組んでいるドキュメンタリー以外では初監督作品。

Cat In The Wall.jpg
 ・“During Revolution(Fi Al-Thawra)”(シリア・スウェーデン) 監督:Maya Khoury
 ドキュメンタリー。戦争中のシリアの日誌であることを超えて、革命の間、理想に夢中になっている政治活動家のグループを追う。自国の再生能力に対する彼らの信仰は、さまざまな世代的および宗教的なジレンマとすぐに衝突し、それが徐々に対立に変わる。キャラクターの運命を通じて、この映画は、国家を統合することの難しさに関する深遠な政治的瞑想を提供する。
 初監督作品。

During Revolution.jpg
 ・“The Science of Fictions(Hiruk-pikuk si al-kisah)”(インドネシア・マレーシア・仏) 監督:Yosep Anggi Noen
 物語:1962年、孤独な農民であるSimanは、砂のむき出しの土地であるGumukに来た。Simanは、月面に着陸する男についてのフィクション映画の撮影を目撃する。彼にとっては不運な日であり、Simanは軍隊に捕らえられ、舌を切り落とされた。インドネシア共和国の初代大統領であるスカルノがGumukに来て、ボレックスの8mmカメラを持ってきた。遠くから、彼は月面着陸映画の「メイキング」を作った。そして、政治はとても間違っていた。新政権、スハルトの新秩序の下で、Simanは愚かな動きをし、まるで月を歩いているかのように振る舞うため、非常識な人と名付けられた。村では、Simanは砂の中で見たロボットマシンのように見える奇妙な立方体の建物を建てた。Simanは宇宙飛行士の衣装をデザインし、家を出るたびに常に白いヘルメットを使用している。すべての村人は、Simanが狂気であることに納得するが、彼がしたことは実際には言葉であり、彼が真実を示す唯一の方法である。彼は世界最大の嘘について知っている唯一の人である。
 第3監督長編。

Hiruk-pikuk si al-kisah.jpg
 ・“Height of the Wave(Pa-go/파고))”(韓) 監督:パク・ジョンボム(Park Jung-bum)
 物語:Yeon-Sooはベテランの警察官である。彼女は他人には冷たく見えるが、実際には心は温かい。Yeon-Sooは島で仕事を開始する。島では受け入れられないことが起こる。そこにいる普通の住人は、何が起こったのかという罪悪感は感じない。Yeon-Sooは調査する。
 2014年ぶりの第3監督長編。日本には2012年に『ムサン日記 白い犬』(2010)が公開されている。

Height of the Wave.jpg
 ・『よこがお』“A Girl Missing”(日・仏) 監督:深田晃司
 出演:筒井真理子、市川実日子、池松壮亮、須藤蓮、小川未祐、吹越満
 物語:終末期医療の現場で働く市子は訪問看護師として善良に生きてきた。市子は一年ほど前から末期がん患者の大石塔子の看護のために大石家に通っていた。大石家の長女の基子はニートだったが、そんな自分に手を差し伸べてくれた市子の事を慕い憧れ以上の感情を抱く。ある日、大石家では基子の中学生の妹のサキが失踪する事件が起きる。サキは無事に保護されるが、犯人として意外な人物が逮捕され、この事件との関与が疑われた市子は理不尽な状況に追い込まれていく。重なる災難にすべてを失った市子は「リサ」という名前で自分を裏切った人生に復讐を企てていく。

よこがお.png
 ・“The Last Black Man in San Francisco”(米) 監督:Joe Talbot
 出演:Jimmie Fails、Jonathan Majors、ロブ・モーガン(Rob Morgan)、Tichina Arnold、ダニー・グローヴァー
 物語:ジミー・フェイルズは、人生において一つの希望を持っている。それは、彼の祖父が建てた壮大なビクトリア様式の家を取り戻すことだ。 毎週、ジミーと唯一の友人モンゴメリーは、サンフランシスコを横断して、ジミーの夢の家への巡礼をし、この近隣が全く変わっていなかったらどんな人生になるだろうかと想像してみる。家の現在の所有者が引っ越したことに気づいた時、Jimmieは彼の家族がかつて持っていた家を再現する決心をする。彼は家族と連絡を取って、彼が望んでいるようなコミュニティーを再建しようと苦労するが、ジミーの内なる願望は、現実を見えなくする。
 初監督長編。
 サンダンス映画祭2019 監督賞、クリエイティヴ・コラボレーションに対する審査員特別賞(U.S. Dramatic Special Jury Award for Creative Collaboration)受賞。

The Last Black Man in San Francisco.jpg
 ・“The Fever”(ブラジル・仏・独) 監督:Maya Da-Rin
 物語:45歳のデサナ出身のジャスティノは、マナウス港の警備員。彼の娘がブラジリアで医学を勉強する準備をしているとき、ジャスティノは神秘的な熱にうかされる。
 第2監督長編。

The Fever.jpg
 ※審査員:カトリーヌ・ブレイヤ(審査員長)、イルゼ・ユーアン(Ilse Hughan、オランダのプロデューサー)、Emiliano Morreale(イタリアの映画批評家)、ナウエル・ペレーズ・ビスカヤート(Nahuel Pérez Biscayart、アルゼンチンの男優)

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
    ↓ ↓ ↓ ↓

    ↑ ↑ ↑ ↑
    クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・ロカルノ国際映画祭2018コンペティション部門 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201807/article_11.html
 ・ロカルノ国際映画祭2018 フィルムメイカーズ・オブ・ザ・プレゼント コンペティション部門 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201807/article_14.html
 ・ロカルノ国際映画祭2018 コンペティション部門以外のラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201808/article_1.html
 ・ロカルノ国際映画祭2018 受賞結果:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201808/article_12.html
 ・ロカルノ国際映画祭2017 インターナショナル・コンペティション部門 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201707/article_18.html
 ・ロカルノ国際映画祭2017 フィルムメイカーズ・オブ・ザ・プレゼント コンペティション部門 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201707/article_19.html
 ・ロカルノ国際映画祭2017 コンペティション部門以外のラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201707/article_21.html
 ・ロカルノ国際映画祭2017 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201708/article_17.html
 ・ロカルノ国際映画祭2016 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201607/article_25.html
 ・ロカルノ国際映画祭2016 ラインナップ コンペティション部門以外:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201607/article_26.html
 ・ロカルノ国際映画祭2016 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201608/article_18.html
 ・ロカルノ国際映画祭2014 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201407/article_18.html
 ・ロカルノ国際映画祭2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201408/article_14.html
 ・ロカルノ国際映画祭2013 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201307/article_19.html
 ・ロカルノ国際映画祭2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201309/article_2.html
 ・ロカルノ国際映画祭2010 ラインナップ その1:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201007/article_16.html
 ・ロカルノ国際映画祭2010 ラインナップ その2:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201007/article_17.html
 ・ロカルノ国際映画祭2010 受賞結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201008/article_7.html
 ・ロカルノ国際映画祭2009 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200907/article_16.html
 ・ロカルノ国際映画祭2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200908/article_10.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2019年4月~9月:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201904/article_12.html

"ロカルノ国際映画祭2019 インターナショナル・コンペティション部門 ラインナップ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント