ネバダ映画批評家協会賞(2012年度) 発表!

 ネバダ映画批評家協会賞(2012年度)が発表されました。(12月23日)

 【ネバダ映画批評家協会】(Nevada Film Critics Society)
 設立年:  会員数:7
 *公式サイト:http://nevadafilmcriticssociety.org/

画像

 ◆作品賞
 ◎『アルゴ』

 サンディエゴ、セントルイス、サウス・イースタン、フロリダ、フェニックスに続き、『アルゴ』が作品賞を受賞。
 ここに来て、『アルゴ』が巻き返してきています。アカデミー賞は、俳優出身の監督の作品が好きだし、キャスリン・ビグローやスピルバーグは既に大きな名誉を得ているし、今回は他の監督に譲ってもいいんじゃないかという空気が出てきたら、『アルゴ』の作品賞もあるかもしれません。そうしたらMCNの初期の予想が当たることになりますし。

 ◆監督賞
 ◎ベン・アフレック 『アルゴ』
 ◎キャスリン・ビグロー 『ゼロ・ダーク・サーティ』

 ベン・アフレックは、サンディエゴ、セントルイス、サウス・イースタンに続き、監督賞を受賞。
 キャスリン・ビグローは、ニューヨーク、NBR、ボストン・オンライン、ニューヨーク・オンライン、ボストン、ワシントン、サンフランシスコ、シカゴ、女性映画、フェニックス、ダラス・フォートワース、ブラックに続き、受賞。

 ◆主演男優賞
 ◎ジョン・ホークス “The Sessions”

 初受賞。

 ◆主演女優賞
 ◎ヘレン・ハント “The Sessions”
 ◎ジェニファー・ローレンス 『世界にひとつのプレイブック』

 ヘレン・ハントは初受賞。
 ジェニファー・ローレンスは、ロサンゼルス、ラスベガス、デトロイト、カンザスシティ、サテライト、サウス・イースタン、オースティン、ユタに続き、受賞。

 ◆助演男優賞
 ◎トミー・リー・ジョーンズ 『リンカーン』

 ボストン・オンライン、ニューヨーク・オンライン、ラスベガス、サンフランシスコ、インディアナ、ダラス。フォートワースに続き、トミー・リー・ジョーンズが受賞。

 ◆助演女優賞
 ◎サリー・フィールド 『リンカーン』

 ニューヨーク、ボストン、アフリカン・アメリカン、ダラス・フォートワースに続き、サリー・フィールドが受賞。

 ◆撮影賞
 ◎『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』

 本命。

 ◆美術賞(Best Production Design)
 ◎『レ・ミゼラブル』

 初受賞。

 ◆視覚効果賞
 ◎『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』

 本命。

 ◆ヤング・パフォーマンス賞(Best Youth Performance)
 ◎トム・ホランド 『インポッシブル』

 ◆アンサンブル賞(Best Ensemble Cast)
 ◎『リンカーン』

 ◆アニメーション賞
 ◎『フランケンウィニー』

 ニューヨーク、ロサンゼルス、ボストン、カンザスシティ、フロリダに続き、『フランケンウィニー』が受賞。

--------------------------------


 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・ネバダ映画批評家協会賞(2011年度) 発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201201/article_30.html

 ・全米の映画批評家協会系映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_2.html

 ・全米の映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_45.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2012年12月~2013年5月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201212/article_50.html

"ネバダ映画批評家協会賞(2012年度) 発表!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。