キャッチ・コピーで選ぶアメリカ映画 2006年1月-3月

画像 2006年1月~3月くらいまでにロードショー公開される映画について、私が現在チラシを入手しているものから、キャッチ・コピーを書き出してみました。
 さすがに目ぼしい映画をすべて観て、レビューを書いていくというわけにはいかないと思いますが、INDEXとしても使えるように随時記事を更新していきたいと思いますので、時々覗いてみてください。
 なお、作品本数が120本を越えてしまったので、アメリカ映画、日本映画、アジア映画、ヨーロッパその他の地域の映画、という4つの記事に分けてアップしてあります。

 ■拡大公開系
 ◇アメリカ
 ・アサルト13 要塞警察 2月18日~
 脱出劇アクションの頂点、遂に誕生!!!
 突然襲いかかる“絶体絶命”の夜! 外部への接触99%不可能――彼らは生きて朝日を浴びられるのか!?
 【公式HP】:http://www.herald.co.jp/official/assault/
 [トリビア]
 [レビュー]

 ・イーオン・フラックス 3月
 【公式HP】: http://www.aeonflux.com/

 ・エミリー・ローズ 3月
 その裁判は、“悪魔の存在”を初めて認めた。
 この映画はホラーではない、実話である。
 【公式HP】:http://www.sonypictures.jp/movies/theexorcismofemilyrose/index.html

 ・ジャーヘッド 2月11日~
 『アメリカン・ビューティ』のアカデミー賞受賞監督最新作
 戦場は、あなたの中にある。
 【公式HP】:http://www.jarhead.jp/top2.html
 [トリビア]

 ・シリアナ 2月
 世界で最も恐ろしいタブー、解禁。
 地球は陰謀でできている。
 【公式HP】:http://wwws.warnerbros.co.jp/syriana/
 [ゴールデン・グローブ賞]

 ・スタンドアップ 1月14日~
 私なんか、と何度も思った。 お前なんか、と何度も言われた。 それでも、立ち上がってみようと思った。
 【公式HP】:http://wwws.warnerbros.co.jp/standup/
 [トリビア]

 ・ダイヤモンド・イン・パラダイス 2月25日~
 『ラッシュアワー』シリーズのブレット・ラトナーが仕掛ける一大エンタテインメント・アクションムービー!
 この俺に、盗めないものはない――。
 【公式HP】:http://www.diamondparadise.jp/
 [トリビア]

 ・ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女 3月4日~
 ディズニーが贈る世紀のファンタジー・プロジェクト その第1章がついに幕を開ける!
 ナルニア暦1000年― 《その国》は春を奪われ、100年の冬に凍えていた…。
 【公式HP】:http://www.disney.co.jp/movies/narnia/shell_content.html

 ・ファイヤーウォール 春
 【公式HP】:

 ・フライトプラン 1月28日~
 彼女は航空機設計士、そして一人の母。高度1万メートルの上空で、幼い娘が失踪した…。その時、最新鋭の旅客機は史上最悪の《戦場》に変わる――
 【公式HP】:http://www.movies.co.jp/flight-p/index.html
 [トリビア他]
 [トリビア]

 ・プルーフ・オブ・マイ・ライフ 1月14日~
 2006年アカデミー賞最有力!!
 アカデミー賞7部門受賞「恋におちたシェイクスピア」のジョン・マッデン監督&主演グウィネス・パルトロウが再び贈る感動作
 今世紀最大の証明(プルーフ)には愛があふれていました。
 人生につまずき、また歩き出そうとする全ての人におくります
 【公式HP】:http://c.gyao.jp/movie/proofofmylife/
 [プルーフ]

 ・ミュンヘン 2月4日~
 わたしは正しいのか?
 1972年のオリンピックで11人のアスリートが殺された 深い哀しみを胸に、愛する家族を残し、彼は暗殺者となる――
 【公式HP】:http://munich.jp/
  [トリビア]
 [レビュー]

 ・レジェンド・オブ・ゾロ 1月21日~
 使命か、情熱か――。
 最強の二人に、最大の敵が現れる――!(←↓別バージョン)
 全世界40カ国で初登場No.1スーパー・アクション・エンタテインメント!
 謎の秘密結社が、アメリカを滅亡させようとしていた!愛する家族のために剣を捨てたゾロが、今再び立ち上がる!
 【公式HP】:http://www.zorro-movie.com/
 [トリビア]
 [レビュー]

 ■ミニシアター系
 ◇アメリカ
 ・悪魔の棲む家 @シネマ・メディアージュ 1月28日~
 【公式HP】:http://www.foxjapan.com/movies/amityville/index2.html
 [トリビア]

 ・アメリカ、家族のいる風景 2月
 あの、伝説の映画『パリ、テキサス』から20年――心の空白を埋める旅が始まる
 人生を、君たちとやり直せたら。
 まだ見ぬ子供を探して、男は心の空白を埋める旅に出る。『パリ、テキサス』のコンビが20年の時を経て描く、伝説を越える感動作。(←別バージョン)
 【公式HP】:http://www.klockworx.com/america/
 [トリビア]

 ・ウォーク・ザ・ライン 君につづく道 @テアトルタイムズスクエア 2月18日~
 型破りなラブストーリー、これは真実の物語
 【公式HP】:http://www.foxjapan.com/movies/walktheline/
 [ゴールデン・グロ-ブ賞]
 [トリビア]

 ・クラッシュ @シャンテ シネ、新宿武蔵野館 2月11日~
 ぶつかりあって、ぼくたちは、わかりあっていく。
 それはあなたも流したことのある、あたたかい涙。(別バージョン←↓)
人はぶつかりあう。人は人を傷つける。怒り、哀しみ、憎しみ、孤独。それでも、人は、人を愛していく。
 アカデミー賞最有力!
 【公式HP】:http://www.crash-movie.jp/
 [ドン・チードル]
 [トリビア]

 ・シャークボーイ&マグマガール 3‐D 2月4日~
 『スパイキッズ3‐D』の監督が贈る立体夢世界の大冒険
 「イイ夢、見せてやるッ!」
 【公式HP】:http://www.sonypictures.jp/movies/adventuresofsharkboyandlavagirl/index.html
 [トリビア]

 ・スパイモンキー @池袋シネマサンシャイン、新宿ピカデリー4、渋谷シネ・アミューズ 1月14日~
 アラビア砂漠、アメリカ、ジャマイカそして日本!! 壮大なスケールで描く類人猿最強のスパイムービー、世界先行ロードショー決定!!
 「007」シリーズ、「スパイキッズ」シリーズ すべてのスパイ映画のスパイ映画を超越した誰も見たことがないアクション・スペクタクル巨編!!
 【公式HP】:http://www.spy-monkey.com/

 ・スパングリッシュ 太陽の国から来たママのこと @銀座シネパトス、新宿ジョイシネマ @1月14日~
 通じない言葉、通じない心――
 ママとの17年を綴ったちょっと切なくてあったかい娘の記録
 【公式HP】:http://www.sonypictures.jp/movies/spanglish/index.html

 ・沈黙の追撃 @銀座シネパトス 1月28日~
 このオヤジ、キレすぎ!!
 【公式HP】:http://www.chinmoku.jp/

 ・ダブルD・アベンジャー @ソアターイメージ・フォーラム 2月11日~
 【公式HP】:http://www.biotide-films.com/dd/index.htm
 [レビュー]

 ・タブロイド @VIRGIN TOHO CINEMAS 六本木ヒルズ 1月21日~
 心の闇まで、TVカメラは届くのか――
 【公式HP】:http://www.tabloid-movie.jp/

 ・ヒストリー・オブ・バイオレンス @東劇 3月11日~
 あなたはほんとうに人を殺してきたの?
 本年度アカデミー賞最有力! ゴールデン・グローブ賞作品賞・主演女優賞ノミネート!
 愛と暴力の対立
 【公式HP】:http://www.hov.jp/

 ・プリティ・ヘレン @新宿シネマミラノ 3月
 一番大切なもの、見つけた。
 『プリティ・ウーマン』『プリティ・ブライド』ゲイリー・マーシャル監督作品
 【公式HP】:

 ・ブロークバック・マウンテン @シネマライズ、他 3月4日~
 【公式HP】:http://www.wisepolicy.com/brokebackmountain/
 [サテライト・アワード][ゴールデン・グローブ賞][ミシェル・ウィリアムズ][アン・リー監督への12の質問][回答編][ミシェル・ウィリアムズへのインタビュー記事]

 ・僕のニューヨークライフ @恵比寿ガーデンシネマ 1月21日~
 ちょっと真面目で、ちょっとエッチなピースフル・コメディ
 【公式HP】:http://www.ny-life.jp/
 [トリビア]

 ・ホテル・ルワンダ @シアターN渋谷 1月14日~
 「愛する家族を守りたい。」 ただ1つの強い思いが、1200人の命を救った…。
 真実の物語
 【公式HP】:http://hotelrwanda.jp/
 [ドン・チードル]
 [トリビア]

 ・マインドハンター @シネマ・メディアージュ、池袋シネマサンシャイン 2月25日~
 読み解くのが先か―、ハメられるのが先か―
 レニー・ハーリン(『ダイ・ハード2』)が仕掛けるサイコロジカル・ゲーム!!
 【公式HP】:http://www.mindhunter.jp/

 ・マシュー・バニー 拘束のドローイング9 @シネマライズ 2月11日~
 (なし)
 【公式HP】:http://www.wisepolicy.com/matthewbarney/
 [レビュー]

 ・マンダレイ @シャンテ シネ
 美しき救世主があらわれ、そして、自由が消えた。
 『ドッグ・ヴィル』に続く、ラース・フォン・トリアー「アメリカ三部作」第2弾
 【公式HP】:http://www.manderlay.jp/

 ・メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 @恵比寿ガーデンシネマ 春
 俺が死んだら故郷ヒメネスに埋めてくれ
 2005年 第58回カンヌ国際映画祭最優秀男優賞/最優秀脚本賞 受賞
 【公式HP】:http://3maisou.com/

 ・ラストデイズ @シネマライズ 春
 カート・コバーンに捧ぐ――伝説のロック・アーティストの最期の2日間
 【公式HP】:http://www.elephant-picture.jp/lastdays/

 
 ■ドキュメンタリー
 ・スティーヴィー @ポレポレ東中野 2月18日~3月17日
 未来はわからない。僕にできる最良のことは、ただ君のそばにいること。
 傑作『フープ・ドリームス』のスティーヴ・ジェイムスが贈る感動の記録。
 【公式HP】:http://www.moviola.jp/stevie/

 ・ステップ!ステップ!ステップ! @VIRGIN TOHO CINEMAS 六本木ヒルズ 春休み
 未来のレディース&ジェントルメンの挑戦
 NYの子供たちが社交ダンスに夢中!笑って、泣いて、ダンスして――世界中で拍手喝采!感動のドキュメンタリー
 本年度アカデミー賞ドキュメンタリー部門最有力候補作!
 6,000kids 60schools 10weeks 1dream
 【公式HP】:http://www.step3.jp/

 ・マイ・アーキテクト ルイス・カーンを探して @Q-AX CINEMA 1月28日~
 伝説の建設家の死から30年――彼の息子による、父親探しの旅が始まる…
 【公式HP】:http://www.myarchitect.jp/
 [http://umikarahajimaru.at.webry.info/200602/article_31.html]

 ・RIZE @シネマライズ 1月28日~
 踊ってるんじゃない。闘ってるんだ。
 サンダンス映画祭熱狂!〈真実〉を超えるドキュメンタリー
 【公式HP】:http://www.rize-movie.jp/
 [ドキュメンタリー映画ブームをつなぐただ1つのキーワード]
 [トリビア]

--------------------------------

 映画のキャッチ・コピーには主に4通りあります。
 ①いわゆる惹句。
 作品のある側面を強調したり、誇張したり、抽象化したりして、観客の感覚に訴えかけるもの。登場人物の内なる声を代弁したような言葉が使われることが多い。

 ②内容を手短かに説明するもの。

 ③監督やキャスト、スタッフ的側面から、作品の位置づけを示すもの。

 ④高評価作品であることを示すもの。
受賞歴、ヒットの実績、あるいは映画賞受賞有力作品であることを示す。
 1月~3月公開のアメリカ映画では、特に「アカデミー賞最有力!」というコピーが多用されます。

 今回、120本以上もの映画のキャッチ・コピーを書き出してみたんですが、①のタイプのキャッチ・コピーが面白い作品て、やっぱりそそられるものがありますね。
 普通だなあ、工夫がないなあ~と思わされるものも多い中で、ワーナー・ブラザース映画の宣伝部は頑張ってる!と感じさせられました。『シリアナ』とか『スタンドアップ』とか『PROMISE』とか。他社作品と比べると違いは歴然です。やっぱり宣伝のうまさで定評があるワーナーだけのことはありますね。

 なかなかよく調べてあると思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 

 惹句術―映画のこころ惹句術―映画のこころ

"キャッチ・コピーで選ぶアメリカ映画 2006年1月-3月" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。