太陽のように輝く笑顔 『歓びを歌にのせて』

画像 銀座のプレイガイドで、この映画の前売り券を買おうとしたら、「売り切れです」と言われてしまいました。前評判がいい作品であるという認識が全くなかったので、ちょっと驚きました。少々大げさな邦題でもあるし、公開劇場は銀座ではなく、渋谷だったからなのですが。

 で、たまたま時間が空いたので今日観て来たのですが、平日の昼であるのにも拘らず、8割くらいの入り。大盛況じゃないですか!

 ストーリーは、国際的な活躍をしていた指揮者が、心臓病を患い、そのために若くして故郷に戻り、聖歌隊の指導をすることになる、というもので、ちょっと『コーラス』を思わせるものでした(だからヒットしているのかな?)
 実際にも『コーラス』を思わせるところはあるんですが、もう1つ、故郷に舞い戻ってきた彼――幼い頃に村を離れていたし、途中で名前も変えていたので、彼が同郷人であることは誰も気づかなかった――が、その村のいくつかの家庭や人物に変化をもたらすというサブ・プロットもあって、それは、例えば『ショコラ』あたりを連想させるものでした(彼の存在は人々に幸せをもたらす「天使」のようなものだと私は考えたのですが、本作の英語題はむしろ彼の側から見てこの村を天国のようなところと解釈した“As in Heaven”もしくは“As It Is in Heaven”となっています。ステージで主人公が倒れて以降の物語を、いまわの瞬間に主人公が夢見た、本当はこうだったらよかったのに、こういうこともしてみたかったという理想の人生、と見なすこともできそうです)。

 視点を変えて、映画のオープニングとエンディングから考えると、本作は、主人公が自分の少年時代を取り戻す、あるいは自分の帰るべきところを見つけるという物語でもあるようです。

 結局、彼にとっても、聖歌隊の彼らにとっても、彼がここにやってきたことはいい結果をもたらすということなのですが、「変化」というものは、ある人にとってはいいものであっても、別の人にとってはそうでない場合もあるわけで、映画の後半は、自分らしさを発見し、歌うことに歓びを見出す人々と、村人や家族を自分の手の届くところに置いておきたいという人々との摩擦の物語(つまり不寛容さについての物語)に変わっていきます。

 映画の全般を通してみると、忙しい日常の中で忘れかけている自分を取り戻すこと、近しく人とのふれ合うこと、そういうことの大切さを描いた映画ということになりますが、今、こういうものを求めているのは、日本だけじゃなかったんですね。

 まあ、あまり物語を説明しても仕方ないので、このくらいにしておきますが、もう1つだけつけ加えておくなら、この映画には、歌のシーンを中心に感動的なシーンがいくつもある(少なくとも2つ以上)、ということでしょうか。

画像 ところで、主人公は独身という設定になっていて、彼に絡んでくる女性が何人かいるのですが(それもトラブルの種になります)、その中では雑貨店で働いている娘レナが特に魅力的に感じられます(そういう描かれ方もしています)。レナは、最初、男性の出入りが激しい娘として登場いながら、その後、知恵遅れ(?)の青年に見せる気づかいなどから、次第に彼女が感情豊かで、人の心の痛みがわかる優しい心を持った女性であることがわかってきます。
 レナを演じるのが、フリーダ・ハルグソンという女優(写真・右)で、ちょっとぽっちゃりしているし、とりたてて美人という感じでもないのですが、大きな口が特徴的で、彼女が笑うとぱあっとその場が明るくなります。まさに“太陽のように輝く笑顔”を持った女性。他の映画で、どういう表情を見せているのかはわかりませんが、彼女の笑顔には大いに心惹かれました。

 日本ではノベライズも出ていますが、歌のシーンといい、フリーダ・ハルグソンの笑顔といい、さすがにノベライズでは味わえないところ(魅力)が多い映画になっています。

 ところで、この映画を観ていて思い出した映画がもう1本あって、それはノルウェー映画『歌え!フィッシャーマン』(01)です。ノルウェーのある漁村の男性合唱団に関するドキュメンタリーで、この合唱団も素人合唱団ながら評判がよくて、外国にツアーに出るというシーンがありました。本作に出てくる聖歌隊もオーストリアにコンクールに出かけていましたが、北欧(またはヨーロッパ)では、合唱団の活動が活発、ということなのでしょうか。もしそうだとすると、その起源には、やはり聖歌隊の伝統があるのかもしれません。
 ちなみに、『歌え!フィッシャーマン』はノルウェーで1年以上のロングランを記録してノルウェー国民の7人に1人が観たと言われ、『歓びを歌にのせて』はスウェーデン映画史上第3位の興行成績を記録して、スウェーデン国民の5人に1人が観たと言われています。
 あ、そうそう、『コーラス』のキャッチ・コピーの1つは「フランスで8人に1人が観た!」でした。こういうタイプの映画にこういう言い方って……偶然なんでしょうか?

--------------------------------

 実は、今日は最終回にもう1本別の映画を観たのですが、同じくまだ公開1週目のその作品はお客さんが10数人という泣きたいくらいの客入りでした(にも拘らず座席指定でしたが)。もうお正月映画の勝ち負けがはっきりと分かれてきているようで、その結果としてお正月を迎えずして打ち切りになる作品もあったり、公開規模が縮小されている作品もあったりして、ちょっと切ないですね。

 [キャッチ・コピーで選ぶ2006年お正月映画]

 *よかったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。

 歌え!フィッシャーマン
歌え!フィッシャーマン [DVD]

"太陽のように輝く笑顔 『歓びを歌にのせて』" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。