トライベッカ映画祭2020 ラインナップ

 延期になった(第19回)トライベッカ映画祭2020ですが、コンペティション部門の一部はオンラインで配信になったという情報もあり、またWe Are One: A Global Film Festivalで配信されるかもしれず、IMDbを見ても実際どうなのかよくわからないので、元々のラインアップだけ(長編だけ)書き出しておくことにしました…
コメント:0

続きを読むread more

カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2020も中止発表!

 今年開催予定だった第55回カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭も中止になりました。  これは、COVID-19パンデミックの発生とは無関係の決定  だそうですが、  カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭はチェコ共和国で最も重要な文化的イベントの1つであるため、別のバージョンを開催することは、映画祭の主な使命に反すると考えつつ  「今日のチ…
コメント:0

続きを読むread more

アヌシー国際アニメーションフェスティバル2020(オンライン) ラインナップ

 アヌシー国際アニメーションフェスティバル2020 (オンライン)のラインナップです。(4月15日発表)  【長編コンペティション部門】  5月半ばに発表予定。  【短編コンペティション部門】 全38本  ※審査員:Matt Kaszanek(アメリカの映画祭ディレクター)、Naomi van Niekerk(南アの…
コメント:0

続きを読むread more

ドイツ映画賞2020 受賞結果!

 スケジュール  2019年12月16日:ドキュメンタリー作品15作品の予備選考  2020年1月7日:長編映画27編と子供むけ映画8編の予備選考  3月5日:最初の受賞者を発表  3月11日:ノミネーション発表  4月24日:結果発表(今回はライブテレビ番組にて)  ◆作品賞(Bester Spielfilm) …
コメント:0

続きを読むread more

『小夏日和』 in ニューヨーク フェスティバル2020 !

 「女優唐田えりか(22)主演のカンテレのオリジナルドラマ「小夏日和(こなつびより)」が21日(日本時間22日)、国際的メディアコンクール「ニューヨークフェスティバル」で、ショート・フィルム部門で銀賞に選ばれた。」とネットで記事になっていたので調べてみました。  『小夏日和』 2019/07/07~2019/07/28に全4…
コメント:0

続きを読むread more

ラックス賞作品 オンデマンド スタート!

 ラックス賞(Lux Prize)というのは、欧州議会(European Parliament)によって贈られる映画賞で、ヨーロッパの現状(拡大と交流)を示すような題材の映画を通して公衆に議論を呼び起こすことと、EU加盟国での映画の普及とを目的として、2007年からスタートしたものです。  そのラックス賞が、過去のノミネート作品を…
コメント:0

続きを読むread more

本年度のメキシコ・アリエル賞はー

 メキシコの映画賞といえば、アリエル賞(Premio Ariel)。  2020年も第62回アリエル賞の準備が進められました。  そのためにはまず登録が必要で  第1期:2019年1月1日から9月30日までに公開された映画は、2019年10月10日から11月15日まで登録。  第2期:2019年10月1日から12月31日…
コメント:0

続きを読むread more

カナダ・スクリーン・アワード2020 ノミネーション

 2020カナダ・スクリーン・アワード(Canadian Screen Awards)のノミネーションです。(2月18日ノミネーション発表、受賞結果発表は3月29日予定だったが、COVID-19により延期になった)  ◆作品賞(2020 Best Motion Picture)  ・“Anne at 13,000 ft”(カナダ…
コメント:0

続きを読むread more

インターナショナル・シネファイル・ソサエティー賞2020 受賞結果!

 第17回インターナショナル・シネファイル・ソサエティー賞の受賞結果です。(2月4日発表。本年度はノミネーションの発表がなく、いきなり受賞結果の発表でした。)  【インターナショナル・シネファイル・ソサエティー賞】  インターナショナル・シネファイル・ソサイエティー賞(ICS:International Cinephil…
コメント:2

続きを読むread more

COVID-19/カンヌ国際映画祭2020 併行部門3部門中止 決定!

 4月15日  カンヌ国際映画祭の公式選考チームは、本年度の大会を6月下旬から7月上旬に向けて準備を進めるということでしたが、  本年度の監督週間、批評家週間、ACID部門はキャンセル  が発表されました。  その代わりなのか  6月22日―26日までThe Marché du Filmがオンラインで開催される。  こと…
コメント:0

続きを読むread more

オーストラリア映画批評家サークル賞2020 受賞結果!

 オーストラリア映画批評家サークル賞(FCCA)2020の受賞結果です。(2月21日発表、公称は“2019”)  オーストラリアの映画批評家による映画賞には、オーストラリア映画批評家サークル賞(FCCA:Film Critics Circle of Australia)とオーストラリア映画批評家協会賞(AFCA:Australia…
コメント:0

続きを読むread more

ドイツ映画賞2020 ノミネーション!!

 第70回ドイツ映画賞のノミネーションです。  スケジュール  2019年12月16日:ドキュメンタリー作品15作品の予備選考  2020年1月7日:長編映画27編と子供むけ映画8編の予備選考  3月5日:最初の受賞者を発表  3月11日:ノミネーション発表  4月24日:結果発表(今回はライブテレビ番組にて)  …
コメント:0

続きを読むread more

クロトゥルーディス賞2020 受賞結果

 第26回クロトゥルーディス賞の受賞結果です。(ノミネーション発表は1月28日、授賞式は3月25日でした)  【クロトゥルーディス賞】  クロトゥルーディス賞というのは、ボストンにある非営利団体クロトゥルーディス協会(Chlotrudis Society for Independent Film)が出している年刊の映画賞です。 …
コメント:0

続きを読むread more

COVID-19/アヌシー、シュトゥットガルト、Kubrick by Kubrick

 ◆アヌシー国際アニメーションフェスティバル(4月8日発表)  6月15日―20日開催予定だった第44回の映画祭は中止。しかし、オンラインバージョンが準備されている。  4月15日に公式セレクションが発表予定。  4月末に、オンラインプログラムの内用とアクセス方法が発表予定。  ◆シュトゥットガルト国際アニメーションフェステ…
コメント:0

続きを読むread more

パームスプリングス国際映画祭2020 受賞結果

 第31回パームスプリングス国際映画祭(1月2日―13日)の受賞結果です。  パームスプリングス国際映画祭は、日本ではさほど知られていないと思いますが、アメリカ国内で開催される映画祭としては、トップ・クラスの重要な映画祭の1つで、2009年はここで『おくりびと』が観客賞を受賞してもいて、それがアカデミー賞受賞へのはずみにもなったと…
コメント:0

続きを読むread more

ヨーテボリ国際映画祭2020 受賞結果

 第43回ヨーテボリ国際映画祭(1月24日-2月3日)の受賞結果です。  【ノルディック・コンペティション部門】  ◆ドラゴン賞/最優秀ノルディック映画賞(Dragon Award Best Nordic Film)  ◎“Barn(Beware of Children)”(ノルウェー・スウェーデン) 監督:ダグ・…
コメント:0

続きを読むread more

ロッテルダム国際映画祭2020 受賞結果

 第49回ロッテルダム国際映画祭(1月22日-2月2日)の受賞結果です。  ◆タイガー・コンペティション部門  ◎“The Cloud in Her Room(她房間里的云)”(中・香港) 監督:Xinyuan Zheng Lu(郑陆心源) [WP]  物語:杭州は雨の多い冬。Musiは22歳で中国の旧正月を迎え、娘、…
コメント:0

続きを読むread more

ヴィリニュス国際映画祭(リトアニア)2020 デジタルにより開催!!

 第25回ヴィリニュス国際映画祭(3月19日―4月2日、リトアニア)が終了しました。  コロナウィルスはリトアニアでも蔓延していて、公共イベントはリトアニア政府によってキャンセルされたりしていますが、ヴィリニュス国際映画祭は、プログラムの半分以上をストリーミング・プラットフォームに移行させ、映画祭は予定通りの期日で実現し、映画祭は…
コメント:0

続きを読むread more

カノン賞(ノルウェー・アカデミー賞)2020 受賞結果

 カノン賞((Kanonprisen / The Canon Award/ The Kanon Award)ノルウェー・アカデミー賞)の受賞結果です。(2020年3月5日にコスモラマ・トロンハイム映画祭で発表。)  ◆最優秀監督賞(Beste regi)  ◎ダグ・ヨハン・ハウゲルド(Dag Johan Haugerud) “…
コメント:0

続きを読むread more

The Cannes Film Festival explains its position

 第73回カンヌ国際映画祭に関する告知(3月27日)をCineuropa(https://www.cineuropa.org/en/newsdetail/387340/)から、Google翻訳で転載しておきます。  特に目新しい情報はありませんが、カンヌおよびフランス映画人の覚悟のようなものが伺えます。 昨日、カンヌ映画…
コメント:0

続きを読むread more