クロトゥルーディス賞2020 受賞結果

 第26回クロトゥルーディス賞の受賞結果です。(ノミネーション発表は1月28日、授賞式は3月25日でした)

 【クロトゥルーディス賞】
 クロトゥルーディス賞というのは、ボストンにある非営利団体クロトゥルーディス協会(Chlotrudis Society for Independent Film)が出している年刊の映画賞です。

 クロトゥルーディス協会は、インディペンデント映画や外国映画の上映に関する支援活動をしている団体だそうで、そこが選ぶ映画賞であるクロトゥルーディス賞もそういう方向性で選ばれています。

 「クロトゥルーディス賞」も「クロトゥルーディス協会」も字面としては、なじみがありませんが、日本でもインディーズ系の作品のチラシやパンフなどに「Chlotrudis Awards~賞」受賞という形で、受賞歴が載っていることがあります。
 例えば、「『ハードキャンディ』でエレン・ペイジが主演女優賞ノミネート」、「『リトル・ミス・サンシャイン』がアンサンブル賞受賞」、などという具合に……。

 2010年はここで是枝裕和が『歩いても 歩いても』で監督賞を、『ハーブ&ドロシー』がドキュメンタリー賞を受賞して、2015年は是枝裕和がまたもや『そして父になる』で監督賞を、2018年は樹木希林が『海よりもまだ深く』で助演女優賞を受賞、昨年度は、『万引き家族』が作品賞とオリジナル脚本賞とアンサンブル・キャスト賞、安藤サクラが助演女優賞を受賞しています。

 *公式サイト:http://chlotrudis.org/

――――――――――――――――――――――――――――――――

 ◆作品賞(Best Movie)
 ・“And Breathe Normally”(スウェーデン・アイスランド・ベルギー) 監督:Isold Uggadottir
 ・“Clemency”(米) 監督:Joseph Albanese
 ・“The Last Black Man in San Francisco”(米) 監督:Joe Talbot
 ・“The Mustang”(仏・ベルギー) 監督:ロール・ドゥ・クレルモン=トネール(Laure de Clermont-Tonnerre)
 ◎『パラサイト 半地下の家族』(韓) 監督:ポン・ジュノ
 ・『たちあがる女』(アイスランド・仏・ウクライナ) 監督:ベネディクト・エルリングソン

 ◆監督賞
 ◎“And Breathe Normally” Isold Uggadottir
 ・『フェアウェル』 ルル・ワン
 ・“The Last Black Man in San Francisco” Joe Talbot
 ・“The Lighthouse” ロバート・エガース
 ◎『パラサイト 半地下の家族』 ポン・ジュノ
 ・『SHADOW/影武者』(中) チャン・イーモウ

 ◆主演男優賞
 ・アントニオ・バンデラス 『ペイン・アンド・グローリー』(西)
 ・Jimmie Fails “The Last Black Man in San Francisco”
 ・ケルヴィン・ハリソン Jr.(Kelvin Harrison Jr.) 『ルース・エドガー』“Luce”
 ・ジョナサン・プライス 『2人のローマ教皇』
 ◎マティアス・スーナールツ “The Mustang”

 ◆主演女優賞
 ・カレン・アレン “Colewell”(米)(監督:Tom Quinn)
 ・ジェシー・バックリー(Jessie Buckley) 『ワイルド・ローズ』“Wild Rose”(英・米・カナダ)
 ◎ハルドラ・ゲイルハルズドッティル(Halldóra Geirharðsdóttir) 『たちあがる女』
 ・Kristín Þóra Haraldsdóttir “And Breathe Normally”
 ・エリザベス・モス “Her Smell”(米・ギリシャ)(監督:アレックス・ロス・ペリー)
 ・テッサ・トンプソン(Tessa Thompson) 『ヘヴィ・ドライヴ』(Little Woods)

 ◆助演男優賞
 ・ブライアン・デネヒー “Driveways”(米)(監督:Andrew Ahn)
 ・レイフ・ファインズ 『オフィシャル・シークレット』“Official Secrets”(米・英)(監督:ギャビン・フッド)
 ◎ジョナサン・メジャース(Jonathan Majors) “Last Black Man in San Francisco”
 ・アレッサンドロ・ニヴォラ “The Art of Self-Defense”(米)(監督:ライリー・スターンズ)

 ◆助演女優賞
 ・スーザン・ブラックウェル(Susan Blackwell) “Auggie”(米)(監督:Matt Kane)
 ・Babetida Sadjo “And Breathe Normally”
 ・オクタヴィア・スペンサー(Octavia Spencer) ”Luce“
 ◎ロレイン・トゥーサント(Lorraine Toussaint) “Fast Color”(米)(監督:ジュリア・ハート)
 ・ジュリー・ウォルターズ(Julie Walters) 『ワイルド・ローズ』“Wild Rose”
 ・チャオ・シュウチェン(Shuzhen Zhao) 『フェアウェル』

 ◆アンサンブル・キャスト賞(Best Performance By An Ensemble Cast)
 ・『フェアウェル』
 ・“The Last Black Man in San Francisco”
 ・『マリッジ・ストーリー』
 ◎『パラサイト 半地下の家族』
 ・“Sword of Trust”(米)(監督:リン・シェルトン)

 ◆オリジナル脚本賞
 ・“And Breathe Normally” Isold Uggadottir
 ・『フェアウェル』 ルル・ワン
 ・“The Last Black Man in San Francisco” Joe Talbo、Jimmie Fails、Rob Richert
 ◎『パラサイト 半地下の家族』 ポン・ジュノ、ハン・ジヌォン(Jin Won Han)
 ・『たちあがる女』 ベネディクト・エルリングソン、オラフル・エギルソン(Ólafur Egilsson)

 ◆脚色賞
 ・『失くした体』 ジェレミー・クラパン、ギヨーム・ローラン(Guillaume Laurant)
 ◎“Luce” J.C. Lee、ジュリアス・オナー(Julius Onah)
 ・『オフィシャル・シークレット』“Official Secrets” グレゴリー・バーンスタイン(Gregory Bernstein)、サラ・バーンスタイン(Sarah Bernstein)、ギャビン・フッド
 ・『ラフィキ:ふたりの夢』“Rafiki”(ケニヤ・南ア・レバノン・ノルウェー・オランダ・独)(監督:ワヌリ・カヒウ) ワヌリ・カヒウ(Wanuri Kahiu)、Jenna Cato Bass

 ◆撮影賞(Best Cinematography)
 ・『ハニーランド 永遠の谷』“Honeyland”(北マケドニア) フェルミ・ダウト(Fejmi Daut)、サミル・リュマ(Samir Legume)
 ◎“The Last Black Man in San Francisco” アダム・ニューポート=ベラ(Adam Newport-Berra)
 ・“The Lighthouse” Jarin Blaschke
 ・『ペイン・アンド・グローリー』 ホセ・ルイス・アルカイネ(José Luis Alcaine)
 ・『SHADOW/影武者』 チャオ・シャオティン(趙小丁/Xiaoding Zhao)

 ◆編集賞(Best Editing)
 ・『ハニーランド 永遠の谷』“Honeyland”  アタナス・ゲオルギエフ(Atanas Georgiev)
 ・『ホテル・ムンバイ』“Hotel Mumbai”(オーストラリア・インド・米)(監督:アンソニー・マラス) アンソニー・マラス(Anthony Maras)、ピーター・マクナルティ(Peter McNulty)
 ・『ペイン・アンド・グローリー』 テレサ・フォント(Teresa Font)
 ・『パラサイト 半地下の家族』 ヤン・ジンモ(Jinmo Yang)
 ◎『SHADOW/影武者』 Xiaolin Zhou(周肖林)

 ◆美術賞(Best Production Design)
 ・“In Fabric”(英)(監督:ピーター・ストリックランド) パキー・スミス(Paki Smith
 ・“The Last Black Man in San Francisco” Jona Tochet
 ・“The Lighthouse” クレイグ・レイスロップ(Craig Lathrop)
 ・『パラサイト 半地下の家族』 Ha-jun Lee
 ◎『SHADOW/影武者』 ホーレス・マー(馬光荣/Horace Ma)

 ◆ユース・オブ・ミュージック賞(Best Use of Music in a Film)
 ・“Her Smell” キーガン・デウィット(Keegan Dewitt)
 ・『ジョジョ・ラビット』 マイケル・ジアッキノ
 ・“The Last Black Man in San Francisco” Emile Mosseri
 ・『WAVES/ウェイブス』 トレント・レズナー、アッチカス・ロス
 ◎『たちあがる女』 ダビズ・トール・ヨンソン(Davíð Þór Jónsson)

 ◆ドキュメンタリー賞
 ・“Aquarela”(英・独) 監督:ヴィクトル・コサコフスキー(Victor Kossakovsky)
 ・『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』(米) 監督:ジョン・チェスター
 ・“Hail Satan?” (米) 監督:Penny Lane
 ◎『ハニーランド 永遠の谷』“Honeyland”(北マケドニア) 監督:リューボ・ステファノフ、タマラ・コテフスカ
 ・“Maiden”(英) 監督:アレックス・ホームズ(Alex Holmes)

 ◆葬られたお宝賞(Buried Treasure)
 ・“The Chambermaid”(メキシコ) 監督:Lila Avilés
 ◎“Cubby”(米) 監督:Mark Blane、Ben Mankoff
 ・“Fast Color”(米) 監督:ジュリア・ハート
 ・“Give Me Liberty”(米) 監督:Kirill Mikhanovsky
 ・『アンダー・ザ・シルバーレイク』“Under the Silver Lake”(米) 監督:デイヴィッド・ロバート・ミッチェル

 主な作品のノミネート&受賞結果は以下の通り。

 ・“The Last Black Man in San Francisco”(2/9):作品・監督・主演男優・助演男優・アンサンブル・脚本・撮影・美術・音楽
 ・『パラサイト 半地下の家族』(4/6):作品・監督・アンサンブル・脚本・編集・美術
 ・“And Breathe Normally”(1/5):作品・監督・主演女優・助演女優・脚本
 ・『たちあがる女』(2/4):作品・主演女優・脚本・音楽
 ・『フェアウェル』(0/4):監督・助演女優・アンサンブル・脚本
 ・『SHADOW/影武者』(2/4):監督・撮影・編集・美術
 ・“The Lighthouse”(0/3):監督・撮影・美術
 ・『ハニーランド 永遠の谷』(1/3):撮影・編集・ドキュメンタリー
 ・“The Mustang”(1/2):作品・主演男優
 ・『ペイン・アンド・グローリー』(0/2):撮影・編集
 ・『ワイルド・ローズ』(0/2):主演女優・助演女優
 ・“Her Smell”(0/2):主演女優・音楽
 ・『オフィシャル・シークレット』(0/2):助演男優・脚色
 ・”Luce“(0/2):助演女優・脚色
 ・“Fast Color”(1/2):助演女優・お宝

 アカデミー賞でも強かった、そして世界各国で評価を得ている『パラサイト 半地下の家族』がクロトゥルーディス賞でも最多受賞になりました。

 比較的に日本映画を評価してくれるクロトゥルーディス賞ですが、今年は日本映画は1本もノミネートされませんでした。

 本年度は、3月以降の映画賞の結果発表は世界中で延期になっていて、クロトゥルーディス賞も受賞結果は発表されたものの、授賞式のセレモニーは中止になりました。(セレモニーの中止は3月14日に発表)

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事
 ・クロトゥルーディス賞2019 ノミネーション:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201902/article_4.html
 ・クロトゥルーディス賞2019 受賞結果:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201904/article_13.html
 ・クロトゥルーディス賞2018 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201801/article_69.html
 ・クロトゥルーディス賞2018 受賞結果:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201803/article_27.html
 ・クロトゥルーディス賞2017 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201702/article_2.html
 ・クロトゥルーディス賞2017 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201703/article_19.html
 ・クロトゥルーディス賞2016 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201601/article_53.html
 ・クロトゥルーディス賞2016 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201603/article_12.html
 ・クロトゥルーディス賞2015 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201502/article_26.html
 ・クロトゥルーディス賞2015 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201503/article_14.html
 ・クロトゥルーディス賞2014 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201402/article_10.html
 ・クロトゥルーディス賞2014 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201403/article_14.html
 ・クロトゥルーディス賞2013 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201302/article_45.html
 ・クロトゥルーディス賞2013 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201303/article_8.html
 ・クロトゥルーディス賞2012 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201202/article_6.html
 ・クロトゥルーディス賞2012 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201203/article_8.html
 ・クロトゥルーディス賞2011 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_48.html
 ・クロトゥルーディス賞2011 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201103/article_26.html
 ・クロトゥルーディス賞2010 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201002/article_18.html
 ・クロトゥルーディス賞2010 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201003/article_36.html

 ・全米映画賞レース2019の受賞結果をまとめてみました:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201912/article_59.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2020年2月~5月:https://umikarahajimaru.at.webry.info/202002/article_7.html

この記事へのコメント