パームスプリングス国際映画祭2020 受賞結果

 第31回パームスプリングス国際映画祭(1月2日―13日)の受賞結果です。

 パームスプリングス国際映画祭は、日本ではさほど知られていないと思いますが、アメリカ国内で開催される映画祭としては、トップ・クラスの重要な映画祭の1つで、2009年はここで『おくりびと』が観客賞を受賞してもいて、それがアカデミー賞受賞へのはずみにもなったとも考えられます。

 この映画祭の面白いところは、新作映画を上映して優秀作品を表彰するいわゆる普通の映画祭の部分と、全米映画賞レースの真っ只中に開催される映画賞として、前年活躍した映画人を表彰する「映画賞」という部分を持っている、つまり、映画祭と映画賞の2つの側面を持っている映画祭だということです。

 「映画祭」の部分で上映される映画には、前年の国際映画祭サーキットをまわって受賞歴を重ねてきた話題作が多く、実質的に、「米国アカデミー賞外国語映画賞の前哨戦」(+ドキュメンタリー賞部門の前哨戦)になっています。

 一方、「映画賞」の部分は、(Black Tie) Awards Galaと呼ばれ、受賞内容は事前に発表されるのですが、この部門は、米国アカデミー賞のキャスト部門と監督賞部門、および、作曲賞部門などの前哨戦の1つになっています。(以前は、「Black Tie Awards Gala」と呼んでいたはずですが、いまは単にAwards Galaと呼んでいるようです。)
 Awards Galaの授賞式は、映画祭の前半に行なわれます。(今年は1月3日)
 賞はいくつもありますが、毎年すべての賞に受賞者があるわけではなく、ふさわしい受賞者にふさわしい賞を贈るというシステムになっているようです。

-------------------------------

 【Awards Gala】

 ◆デザート・パーム貢献賞 男優賞(Desert Palm Achievement Award, Actor)
 ◎アダム・ドライヴァー 『マリッジ・ストーリー』

アダム・ドライヴァー.jpg

 ◆デザート・パーム貢献賞 女優賞(Desert Palm Achievement Award, Actress)
 ◎レニー・ゼルウィガー 『ジュディ 虹の彼方に』

レニー・ゼルウィガー.jpg

 ◆スポットライト賞 男優賞(Spotlight Award,Actor)
 ◎ジェイミー・フォックス 『黒い司法 0%からの奇跡』

ジェイミーフォックス.jpg

 ◆スポットライト賞 女優賞(Spotlight Award,Actress)
 ◎ジェニファー・ロペス 『ハスラーズ』

ジェニファーロペス.jpg

 ◆インターナショナル・スター賞 男優賞(International Star Award ,Actor)
 ◎アントニオ・バンデラス 『ペイン・アンド・グローリー』

アントニオバンデラス.jpg

 ◆インターナショナル・スター賞 女優賞(International Star Award ,Actress)
 ◎シャーリーズ・セロン 『スキャンダル』

シャーリーズセロン.jpg

 ◆ライジング・スター賞(Rising Star Award)
 ◎ザック・ゴッツァーゲン(Zack Gottsagen) 『ザ・ピーナッツバター・ファルコン』

ザックゴツァーゲン.jpg

 ◆ブレイクスルー・パフォーマンス賞(Breakthrough Performance Award)
 ◎シンシア・エリヴォ 『ハリエット』

シンシアエリヴォ.jpg

 ◆チェアマン賞(Chairman's Award)
 ◎ホアキン・フェニックス 『ジョーカー』

ホアキンフェニックス.jpg

 ◆キャリア貢献賞(Career Achievement Award)
 ◎ローラ・ダーン 『マリッジ・ストーリー』『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』

ローラダーン.jpg

 ◆ソニー・ボノ ヴィジョナリー賞(Sonny Bono Visionary Award)
 ◎マーティン・スコセッシ 『アイリッシュマン』

マーティン・スコセッシ.jpg

 ◆ディレクター・オブ・ザ・イヤー(Director of the Year Award)
 ◎クエンティン・タランティーノ 『ワンス・アポン・ナ・タイム・イン・ハリウッド』

クエンティン・タランティーノ.jpg

―――――――――――――――――――――――――――――――

 【Festival Awards】

 ◆国際批評家連盟賞/最優秀年間インターナショナル長編賞(FIPRESCI Prize for Best International Feature Film of the Year)
 ◎“ 第31回パームスプリング国際映画祭(1月2日―13日)の受賞結果です。

 パームスプリングス国際映画祭は、日本ではさほど知られていないと思いますが、アメリカ国内で開催される映画祭としては、トップ・クラスの重要な映画祭の1つで、2009年はここで『おくりびと』が観客賞を受賞してもいて、それがアカデミー賞受賞へのはずみにもなったとも考えられます。

 この映画祭の面白いところは、新作映画を上映して優秀作品を表彰するいわゆる普通の映画祭の部分と、全米映画賞レースの真っ只中に開催される映画賞として、前年活躍した映画人を表彰する「映画賞」という部分を持っている、つまり、映画祭と映画賞の2つの側面を持っている映画祭だということです。

 「映画祭」の部分で上映される映画には、前年の国際映画祭サーキットをまわって受賞歴を重ねてきた話題作が多く、実質的に、「米国アカデミー賞外国語映画賞の前哨戦」(+ドキュメンタリー賞部門の前哨戦)になっています。

 一方、「映画賞」の部分は、(Black Tie) Awards Galaと呼ばれ、受賞内容は事前に発表されるのですが、この部門は、米国アカデミー賞のキャスト部門と監督賞部門、および、作曲賞部門などの前哨戦の1つになっています。(以前は、「Black Tie Awards Gala」と呼んでいたはずですが、いまは単にAwards Galaと呼んでいるようです。)
 Awards Galaの授賞式は、映画祭の前半に行なわれます。(今年は1月3日)
 賞はいくつもありますが、毎年すべての賞に受賞者があるわけではなく、ふさわしい受賞者にふさわしい賞を贈るというシステムになっているようです。

-------------------------------

 【Awards Gala】

 ◆デザート・パーム貢献賞 男優賞(Desert Palm Achievement Award, Actor)
 ◎アダム・ドライヴァー 『マリッジ・ストーリー』

 ◆デザート・パーム貢献賞 女優賞(Desert Palm Achievement Award, Actress)
 ◎レニー・ゼルウィガー 『ジュディ 虹の彼方に』

 ◆スポットライト賞 男優賞(Spotlight Award,Actor)
 ◎ジェイミー・フォックス 『黒い司法 0%からの奇跡』

 ◆スポットライト賞 女優賞(Spotlight Award,Actress)
 ◎ジェニファー・ロペス 『ハスラーズ』

 ◆インターナショナル・スター賞 男優賞(International Star Award ,Actor)
 ◎アントニオ・バンデラス 『ペイン・アンド・グローリー』

 ◆インターナショナル・スター賞 女優賞(International Star Award ,Actress)
 ◎シャーリーズ・セロン 『スキャンダル』

 ◆ライジング・スター賞(Rising Star Award)
 ◎ザック・ゴッツァーゲン(Zack Gottsagen) 『ザ・ピーナッツバター・ファルコン』

 ◆ブレイクスルー・パフォーマンス賞(Breakthrough Performance Award)
 ◎シンシア・エリヴォ 『ハリエット』

 ◆チェアマン賞(Chairman's Award)
 ◎ホアキン・フェニックス 『ジョーカー』

 ◆キャリア貢献賞(Career Achievement Award)
 ◎ローラ・ダーン 『マリッジ・ストーリー』『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』

 ◆ソニー・ボノ ヴィジョナリー賞(Sonny Bono Visionary Award)
 ◎マーティン・スコセッシ 『アイリッシュマン』

 ◆ディレクター・オブ・ザ・イヤー(Director of the Year Award)
 ◎クエンティン・タランティーノ 『ワンス・アポン・ナ・タイム・イン・ハリウッド』

―――――――――――――――――――――――――――――――

 【Festival Awards】

 ◆国際批評家連盟賞/最優秀年間インターナショナル長編賞(FIPRESCI Prize for Best International Feature Film of the Year)
 ◎“Beanpole(Dylda)”(ロシア) 監督:Kantemir Balagov
 物語:1945年、レニングラード。第二次世界大戦は、都市を壊滅させ、建物を破壊し、市民を身体的にも精神的にぼろぼろにした。包囲戦 - 史上最悪の包囲戦 - はついに終わったけれども、生と死は残っている残骸の中で彼らの戦いを続けている。2人の若い女性、IyaとMashaは、廃墟の中で自分たちの生活を再建するための闘いで意味と希望を探す。
 2017年のカンヌ国際映画祭で“Closeness(Tesnota /Теснота)”で国際批評家連盟賞を受賞した1991年生まれのKantemir Balagov監督の最新作。
 カンヌ国際映画祭2019ある視点部門出品。国際批評家連盟賞、監督賞受賞。
 ゴールデン・アプリコット・イェレバン国際映画祭2019長編コンペティション部門出品。Slver Apricot受賞。
 オデッサ国際映画祭2019出品。
 リマ映画祭2019出品。
 サハリン国際映画祭2019 グランプリ、女優賞(Viktoria Miroshnichenko、Vasilisa Perelygina)受賞。
 テルライド映画祭2019出品。
 トロント国際映画祭2019CONTEMPORARY WORLD CINEMA部門出品。
 ヨーロッパ映画賞2019オフィシャル・セレクション。女優賞(Viktoria Miroshnichenko)ノミネート。
 ハンブルク・フィルム・フェスト2019出品。
 BFIロンドン映画祭2019出品。Kingfisher Award受賞。
 ブリスベン映画祭2019出品。
 釜山国際映画祭2019出品。
 ニューヨーク映画祭2019出品。
 モントリオール・ヌーヴォー・シネマ・フェスティバル2019出品。Louve d'Or受賞。
 ケルン映画祭2019出品。
 ウィーン国際映画祭2019出品。Reader Jury of the "Standard"受賞。
 ストックホルム国際映画祭2019出品。Impact Award受賞。
 テッサロニキ国際映画祭2019出品。
 ヨーロピーアン・フィルム・フォーラムScanorama(リトアニア)2019出品。
 リュブリャナ国際映画祭2019出品。Kingfisher Award受賞。
 パリ・ロシアン映画祭2019出品。
 リスボン&Estoril映画祭2019出品。アーティスティク・コントリビューション受賞。
 AFIフェスト2019出品。
 アジア太平洋スクリーン・アワード2019 ノミネート。撮影賞、脚本賞受賞。
 ロシアン映画祭2019出品。
 トリノ映画祭2019出品。女優賞(Viktoria Miroshnichenko、Vasilisa Perelygina)、Scuola Holden Awardスペシャル・メンション受賞。
 ダブリン映画批評家協会賞2019 ブレイクスルー監督賞受賞。
 サテライト賞2019 外国映画賞ノミネート。
 オンライン映画批評家協会賞2020 Best Non-U.S. Release。
 ゴールデン・イーグル賞(ロシア)2020 女優賞(Viktoria Miroshnichenko)受賞。作品賞、監督賞、撮影賞、編集賞ノミネート。
 バンガルール国際映画祭2020出品。
 FICUMAN Festival International de Cine UNAM 2020 インターナショナル・コンペティション部門出品。監督賞受賞。
 ポーランド映画賞2020 ヨーロッパ映画賞ノミネート。
 ロシア映画批評家組合賞2020 作品賞、監督賞、撮影賞、プロダクション・デザイン賞受賞。女優賞(Viktoria Miroshnichenko、Vasilisa Perelygina)、助演女優賞(Kseniya Kutepova)、作曲賞ノミネート。
 Faro Island映画祭2020出品。監督賞観客賞受賞。監督賞、ニュー・パフォーマンス賞、プロダクション・デザイン賞ノミネート。
 クリーヴランド国際映画祭2020出品。
 SIYAD Turkish Film Critics Association Award 2020 外国映画賞ノミネート。

Beanpole.jpg

 ◆国際批評家連盟賞/インターナショナル長編部門最優秀男優賞(FIPRESCI Prize for the Best Actor in an International Feature Film)
 ◎Bartosz Bielenia “Corpus Christi(Boże Ciało)”(ポーランド)

 “Corpus Christi(Boże Ciało)”(ポーランド・仏)(監督:ヤン・コマサ(Jan Komasa)
 物語:“Corpus Christi(Boże Ciało)”は、青少年拘置所で精神的な変化を経験した20歳のDanielの物語。彼が犯した犯罪は、彼が神学校に応募することを妨げ、仮釈放された後、彼は大工の工房で働くために送られる。しかし、Danielは夢をあきらめるつもりはなく、小さな町の教区に仕えるべく司祭に扮する。
 ベネチア国際映画祭2019 ベネチア・デイズ出品。Edipo Re Award (Università degli Studi di Padova e ResInt Rete dell'Economia Sociale Internazionale)受賞。
 トロント国際映画祭2019 CONTEMPORARY WORLD CINEMA部門出品。
 グディニャ映画祭2019出品。監督賞、助演女優賞(Eliza Rycembel)、脚本賞、Crystal Star Elle、Award of Festivals and Reviews of the Polish Film Abroad、Award of the Network of Studio and Local Cinemas、Don Kichot - Award of the Polish Federation of Film Discussion Clubs、Onet Awards、ジャーナリスト賞、観客賞受賞。
 レイキャビク国際映画祭2019コンペティション部門出品。スペシャル・メンション受賞。
 ハンブルク・フィルム・フェスト2019出品。
 CinEast 2019出品。審査員特別賞、批評家賞受賞。
 ElGouna国際映画祭2019ナラティヴ・コンペティション部門出品。Silver Star、男優賞(Bartosz Bielenia)受賞。
 ボルドー国際インディペンデント映画祭2019出品。男優賞(Bartosz Bielenia)スペシャル・メンション受賞。
 Tofifest国際映画祭2019出品。Golden Angel受賞。
 シカゴ国際映画祭2019出品。男優賞(Bartosz Bielenia)受賞。
 Ekran トロント・ポーリッシュ映画祭2019 出品。男優賞(Bartosz Bielenia)受賞。
 ミンスク国際映画祭2019出品。審査員特別賞、監督賞、観客賞受賞。
 Camerimage 2019出品。
 AFIフェスト2019出品。
 タリン・ブラック・ナイツ映画祭2019出品。
 アラブ・クリティクス・アワード2019 ノミネート。
 パリ・ポーリッシュ映画祭2019出品。
 米国アカデミー賞2020国際映画賞ノミネート。
 ベンガルール国際映画祭2020出品。
 ボールダー国際映画祭2020出品。
 Faro Island映画祭2020出品。Golden Carp Film Award - International最優秀ニュー・パフォーマー(Bartosz Bielenia)受賞。
 ポーランド映画賞(イーグル賞)2020 作品賞、監督賞、主演男優賞(Bartosz Bielenia)、主演女優賞(Aleksandra Konieczna)、助演男優賞(Łukasz Simlat)、助演女優賞(エリーザ・リチェムブル)、脚本賞、撮影賞、編集賞、観客賞受賞。

Corpus Christi.jpg

 ◆国際批評家連盟賞/インターナショナル長編部門最優秀女優賞(FIPRESCI Prize for Best Actress in an International Feature Film)
 ◎Helena Zengel “System Crasher”(独)

 “System Crasher(Systemsprenger)” 監督:ノラ・フィングシャイト(Nora Fingscheidt)
 物語:9歳の娘Benniは、優しいけれども、非常に攻撃的な女の子である。彼女はいろんな児童保護サービスに委ねられるが、どこでも、追い出されてしまう。彼女が本当に望んでいることは一つのことだけなのに。しかし母親のビアンカは自分の娘を怖がっている。
 初監督長編。
 ベルリン国際映画祭2019コンペティション部門出品。アルフレッド・バウアー賞(銀熊賞)、Reader Jury of the "Berliner Morgenpost"、受賞。
 Schwerin Art of Film Festival 2019出品。Best Sound and Music(Flying Ox)受賞。
 香港フィルマート2019出品。
 全州国際映画祭2019出品。
 Molodist国際映画祭2019出品。エキュメニカル審査員賞受賞。
 トランシルヴァニア国際映画祭2019出品。観客賞受賞。
 上海国際映画祭2019出品。
 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2019 ホライズンズ部門出品。
 FEST New Directors New Films2019出品。
 台北電影節2019インターナショナル・ニュー・タレント・コンペティション出品。グランプリ受賞。
 ヴコバル映画祭2019出品。Golden Barge受賞。
 Transatlantyk映画祭2019出品。Transatlantyk Distribution Award受賞。
 エルサレム映画祭2019出品。
 Lux賞2019 オフィシャル・セレクション。
 グアナファト国際映画祭2019出品。
 サンティアゴ国際映画祭SANFIC2019出品。Golden Barge受賞。
 米国アカデミー賞2020国際映画賞国際映画賞ドイツ代表。
 ヨーロッパ映画賞2019オフィシャル・セレクション。
 El Gouna映画祭2019出品。
 アテネ映画祭2019出品。
 チューリヒ映画祭2019出品。Golden Eye受賞。
 BFIロンドン映画祭2019出品。
 ヨーロッパ映画賞2019 作曲家賞受賞。作品賞・女優賞(Helena Zengel)・大学映画賞ノミネート。

System Crasher.jpg

 ◆国際批評家連盟賞/インターナショナル脚本賞(IPRESCI Prize for International Screenplay)
 ◎『パラサイト 半地下の家族』(韓) 脚本:ポン・ジュノ、ハン・ジウォン

 ◆スペシャル・メンション(Special Mention)
 ◎“Antigone”(カナダ) 脚本:ソフィー・デラスペ(Sophie Deraspe)
 物語:社会的リアリズムに該当する古典的なギリシャの悲劇の現代版。 男性の法則に対して、若いアンティゴーヌは彼女自身の価値観を提案する。
 トロント国際映画祭2019 最優秀カナダ長編映画賞(Canada Goose Award for Best Canadian Feature Film)受賞。
 アトランティック映画祭(カナダ)2019出品。
 釜山国際映画祭2019 ワールド・シネマ部門出品。
 モントリオール・ムーヴォー・シネマ・フェスティバル2019出品。
 米国アカデミー賞2020 国際映画賞 カナダ代表。
 ローマ映画祭2019出品。
 ロス・カボス国際映画祭2019出品。
 AFIフェスト2019出品。
 Whistler映画祭2019出品。
 トロント映画批評家協会賞2020ファイナリスト。
 ヨーテボリ国際映画祭2020出品。
 バンガルール国際映画祭2020出品。
 スプリング映画祭2020出品。
 Movies That Matter Festival2020出品。

Antigone.jpg

 ◆ニュー・ボイス/ニュー・ヴィジョン賞(New Voices/New Visions Award)
 ◎“Song Without a Name (Canción Sin Nombre)”(ペルー・西・米・チリ) 監督:Melina León
 物語:1980年代の政治危機の最盛期にあるペルー。Georginaは、アンデス出身の若い女性で、偽の診療所で、生まれたばかりの娘を盗まれてしまう。彼女は娘を必死に探し求めて、主要な新聞の本部にたどりつき、そこで調査を引き受ける孤独なジャーナリストであるPedro Camposに出会う。実話に基づく。
 カンヌ国際映画祭2019 監督週間出品。
 ミュンヘン映画祭2019出品。CineVision Award受賞。
 エルサレム映画祭2019出品。
 リマ・ラテンアメリカ映画祭2019出品。
 サンティアゴ国際映画祭2019出品。
 Viña del Mar映画祭2019出品。Premio FEISAL、審査員特別賞受賞。
 El Gouna映画祭2019出品。
 AFIラテンアメリカ映画祭2019出品。
 チューリヒ映画祭2019出品。
 バンクーバー映画祭2019出品。
 ミル・ヴァレー映画祭2019出品。
 ゲント国際映画祭2019出品。
 モントリオール・ヌーヴォー・シネマ・フェスティバル2019出品。Prix de l'innovation Daniel Langloisスペシャル・メンション、国際批評家連盟賞受賞。
 ピンヤオ国際映画祭2019出品。
 シカゴ国際映画祭2019出品。
 ムンバイ映画祭2019 インターナショナル・コンペティション部門出品。
 ストックホルム国際映画祭2019出品。監督賞/Special Jury Award for Best Director - Bronze Alexander受賞。
 デンバー国際映画祭2019出品。クシシュトフ・キェシロフスキ賞受賞。
 テッサロニキ国際映画祭2019出品。監督賞、Mermaid Awardスペシャル・メンション受賞。
 AFIフェスト2019出品。
 パリChéries Chéris映画祭2019出品。

Song Without a Name.jpg

 ◆ドキュメンタリー賞(The Documentary Award)
 ◎『ようこそ、革命シネマへ』“Talking About Trees”(仏・スーダン・独・チャド・カタール) 監督:スハイブ・ガスメルバリ(Suhaib Gasmelbari)
 Sulimanと「スーダン映画クラブ」の3人のメンバーは、古い映画を復活させることにしました。彼らは映画への愛と古い映画ストックを復元し、スーダン映画の歴史に再び注目したいという情熱だけでなく、亡命中の映画教育を楽しんでいるという事実によって団結している。彼らは飽きることなく、映画館の所有者を味方につけ、再びその場所を稼働させようとするが、かなりの抵抗に何度も立ち直らなければならない。その間、彼らは一緒に座り、過去について話す-迫害の経験と、反対派のアーティストとしての拷問さえも。彼らはまた、亡命中に書かれた古い手紙を読み、スーダンの夢を見て、芸術と知的思考は自由になる。 「我々は彼らよりも賢いが、それほど強くはない」と彼らは満場一致で彼らの状況を要約している。これらのような簡潔な瞬間に、視聴者は、友情だけでなく、共通の理想の闘争に存在する絆とイデオロギーの連帯を知覚することができる。
Suhaib Gasmelbariは、映画の中心にスーダン映画の歴史を置き、同時に進行中の危機によって揺れ動く国の現在の状況に光を当てている。
 ベルリン国際映画祭2019 パノラマ部門出品。Glasshütte Original Documentary Award、パノラマ部門観客賞受賞。
 イシタンブール国際映画祭2019インターナショナル・コンペティション部門出品。審査員特別賞,国際批評家連盟賞受賞。
 アテネ国際映画祭2019出品。最優秀ドキュメンタリー賞スペシャル・メンション受賞。
 ゴールデン・アプリコット・イェレバン国際映画祭2019長編ドキュメンタリー・コンペティション部門出品。
 Docs Against Gravity映画祭2019出品。
 El Gouna映画祭2019長編ドキュメンタリー・コンペティション部門出品。Golden Star受賞。
 チューリヒ映画祭2019出品。
 ハンプトンズ国際映画祭2019出品。審査員特別賞 インドミタブル・スピリットオブ・ストーリーテリング賞受賞。
 バリャドリッド国際映画祭2019出品。
 ストックホルム国際映画祭2019出品。
 ミンスク国際映画祭2019出品。
 タリン・ブラック・ナイツ映画祭2019出品。
 アムステルダム国際ドキュメンタリー映画祭2019出品。
 AFIフェスト2019出品。
 ムンバイ映画祭2019 インターナショナル・コンペティション部門出品。審査員大賞(Grand Jury Prize)受賞。

Talking About Trees.jpg

 ◆イベロ・アメリカン賞(Ibero-American Award)
 ◎『猿』“Monos”(コロンビア・アルゼンチン・オランダ・独・スウェーデン・ウルグアイ) 監督:アレハンドロ・ランデス(Alejandro Landes)
 出演:ジュリアンヌ・ニコルソン(Julianne Nicholson)、モイセス・アリアス(Moisés Arias)、Sofia Buenaventura、Deiby Rueda、Karen Quintero、Laura Castrillón
 物語:落ちこぼれ少年兵のグループが、“the Organization”「組織」という名の反乱グループを結成する。メンバーは、ランボー、ウルフ、レディー、ビッグフットのようなウォーネームをつけ、銃を持って、田舎の荒廃した山の山頂を占拠する。彼らは、そこで訓練を行ない、「徴用した」乳牛を見張り、アメリカ人のエンジニアDoctoraを誘拐して、人質に取る。しかし、彼らは攻撃されると、たちまち基地を放棄せざるを得なくなり、雑多な若いクルーの、遊びの時間は終わった。
 第3監督長編。
 サンダンス映画祭2019出品。審査員特別賞受賞。
 ベルリン国際映画祭2019パノラマ部門。
 カルタヘナ国際映画祭2019出品。最優秀コロンビア映画賞、観客賞受賞。
 トゥールーズ・ラテンアメリカ映画祭2019出品。Prix Des Électriciens Gaziers受賞。
 New Directors/New Films 2019出品。
 ブエノスアイレス国際インディペンデント映画祭2019インターナショナル・コンペティション部門出品。オリジナル作曲賞受賞。
 ウィスコンシン映画祭2019出品。
 イマジン映画祭2019出品。
 ウルグアイ国際映画祭2019出品。
 サンフランシスコ国際映画祭2019出品。
 ニューポート・ビーチ国際映画祭2019出品。作品賞、監督賞、女優賞(Sofia Buenaventura)、撮影賞受賞。
 モントクレア映画祭2019出品。長編ナラティヴ作品賞受賞。
 シアトル国際映画祭2019出品。
 シカゴ批評家映画祭2019出品。
 マンモス・レイク映画祭2019出品。
 Art映画祭2019出品。作品賞(Blue Angel)受賞。
 トランシルヴァニア国際映画祭2019出品。作品賞受賞。
 シドニー映画祭2019出品。
 Biografilm フェスティバル2019出品。
 Bildrauschフィルムフェスト・バーゼル2019出品。監督賞ノミネート。
 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2019アナザー・ビュー部門出品。
 ヌーシャテル国際ファンタスティック映画祭2019出品。
 Transatlantyk映画祭2019出品。
 オデッサ国際映画祭2019出品。監督賞受賞。
 ニュージーランド国際映画祭2019出品。
 ニュー・ホライズンズ映画祭2019出品。
 メルボルン国際映画祭2019出品。
 リマ・ラテンアメリカ映画祭2019出品。
 サンティアゴ国際映画祭SANFIC2019インターナショナル・コンペティション部門出品。監督賞受賞。
 Viña del Mar映画祭2019出品。Grand Paoa (作品賞)、Premio Prensa Especializada受賞。
 シネマティック国際映画祭(スロヴァキア)2019出品。
 Miskolc国際映画祭2019出品。CICAE Jury Prize、エメリック・プレスバーガー賞、International Confederation of Art Cinemas Award受賞。
 アトランティック映画祭2019出品。
 サンセバスチャン国際映画祭2019 ホライズンズ・ラティーノ部門出品。作品賞受賞。
 ベルゲン国際映画祭2019出品。
 米国アカデミー賞2020 国際映画賞 コロンビア代表。
 チューリヒ映画祭2019出品。
 オランダ映画祭2019出品。
 Filmekimi2019出品。
 BFIロンドン映画祭2019オフィシャル・コンペティション部門出品。最優秀作品賞受賞。
 ゲント国際映画祭2019出品。最優秀音楽賞(Georges Delerue Prize)受賞。
 ケルン映画祭2019出品。
 モントリオール・ヌーヴォー・シネマ・フェスティバル2019出品。
 ハイファ国際映画祭2019出品。Carmel Awardスペシャル・メンション受賞。
 ラテンビート映画祭2019出品。
 テッサロニキ国際映画祭2019出品。
 ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード2019インターナショナル・インディペンデント映画賞ノミネート。
 ウィーン国際映画祭2019出品。
 ザグレブ映画祭2019出品。
 ストックホルム国際映画祭2019出品。
 Madrid - Academia del Cine 2019出品。
 Madrid - Sala Equis Rizoma映画祭2019出品。
 Madrid – Cineteca Rizoma映画祭2019出品。
 リュブリャナ国際映画祭2019出品。国際批評家連盟賞受賞。
 キエフ Kinoveフェスト2019出品。
 シンガポール国際映画祭2019出品。
 カイロ国際映画祭2019出品。
 MoMA - The Contenders 2019出品。
 ゴールデン・グローブ賞2020 外国語映画賞エントリー。
 ヒューストン映画批評家協会賞2020 外国語映画賞ノミネート。
 オンライン映画批評家協会賞2020 外国語映画賞ノミネート。
 José María Forqué Awards 2020 最優秀ラテンアメリカ作品賞ノミネート。
 ハリウッド批評家協会賞2020 外国語映画賞ノミネート。
 トルコ映画批評家協会賞2020外国映画賞ノミネート。
 ラティーノ・エンタテインメント協会賞2020 作品賞、助演男優賞(Moises Arias)、外国語映画賞、アンサンブル・キャスト賞、撮影賞、音響賞、音楽賞ノミネート。
 ゴヤ賞2020イベロアメリカン映画賞ノミネート。
 ロンドン映画批評家協会賞2020 外国語映画賞、技術貢献賞(ヤスパー・ウォルフ(Jasper Wolf)(撮影))ノミネート。
 Madrid – CasAmérica 2020出品。
 Black Movie映画祭2020出品。
 Madrid – Cineteca 2020出品。
 バンガルール国際映画祭2020出品。
 FESTベオグラード国際映画祭2020出品。
 The Platino Awards for Iberoamerican Cinema 2020 作品賞、撮影賞、オリジナル音楽賞、音響賞ノミネート。

猿.jpg

 ◆スペシャル・メンション(Special Mention)
 ◎“Workforce(Mano de obra)”(メキシコ) 監督:ダヴィッド・ソナーナ(David Zonana)
 物語:フランシスコと建設労働者のグループは、メキシコシティに豪華な家を建てている。兄弟の現場での偶然の死に続いて、フランシスコは、未亡人の義理の姉妹が家の裕福な所有者から補償を受けないことを知る。彼は、自分と同僚に対するさらなる虐待の連続に耐え、正義を得るためにいくつかの試みを行った後、最終的に法律を自分の味方にする。
 メキシコのプロデューサー、ダヴィッド・ソナーナの初監督長編。
 トロント国際映画祭2019 プラットフォーム部門出品。
 サンセバスチャン国際映画祭2019 コンペティション部門出品。
 チューリヒ映画祭2019出品。監督賞受賞。
 BFIロンドン映画祭2019出品。
 モレリア国際映画祭2019出品。Feature Film Competition Award 男優賞(Luis Alberti)受賞。
 ロス・カボス国際映画祭2019出品。
 ハバナ映画祭2019出品。ハバナ大学賞受賞。
 ヨーテボリ国際映画祭2020 イングマール・ベルイマン インターナショナル・デビュー賞受賞。
 FICUMAN Festival International de Cine UNAM2020出品。
 マイアミ映画祭2020出品。

Workforce.jpg

 ◆ローカル審査員賞(Local Jury Award)
 ◎“Adam”(モロッコ・仏・ベルギー・カタール) 監督:Maryam Touzani
 物語:Ablaは、10歳の女の子の母親で、夫が死んでから、毎日、自家製のパンやあらゆる種類の伝統的なモロッコのペストリーを製造、販売している。彼女は、人生を止めて、幸福のない存在となり、仕事に避難しているようだ。妊娠中の若い女性、Samiaは、父親のいない子供を産むという重荷のために避難所を求めていて、Ablaは、彼女に優しい手を差し伸べる。Ablaは、この偶然の出会いが彼女を永遠に変えることに気づいていない。
 初監督長編。
 カンヌ国際映画祭2019ある視点部門出品。
 ダーバン国際映画祭2019インターナショナル・コンペティション部門出品。女優賞(Nisrin Erradi)受賞。
 メルボルン国際映画祭2019出品。
 トロント国際映画祭2019
 El Gouna映画祭2019フィーチャー・ナラティヴ・コンペティション部門出品。Bronze Star、EDA Award受賞。
 チューリヒ映画祭2019出品。
 モントリオール・ヌーヴォー・シネマ・フェスティバル2019出品。
 シカゴ国際映画祭2019ニュー・ディレクターズ・コンペティション部門出品。ロジャー・エバート賞受賞。
 フィラデルフィア国際映画祭2019出品。Archie Award受賞。
 バリャドリッド国際映画祭2019出品。
 カルタゴ映画祭2019出品。撮影賞、編集賞受賞。
 タリン・ブラック・ナイツ映画祭2019出品。
 AFIフェスト2019出品。
 ロッテルダム国際映画祭2020出品。
 ヨーテボリ国際映画祭2020出品。
 サラソータ映画祭2020出品。

Adam.jpg

 ◆ヤング・シネアスト賞(Young Cineastes Award)
 ◎“Corpus Christi(Boże Ciało)”(ポーランド) 監督:ヤン・コマサ(Jan Komasa)

 ◆ゴー・エナジスティクス賞/境界にかける橋賞(GoEnergistics (GoE) Bridging the Borders Award)
 ◎“Advocate”(イスラエル・カナダ・スイス) 監督:Rachel Leah Jones、Philippe Bellaiche
 イスラエルの人権弁護士Lea Tsemelは抑止できない力である。彼女は、イスラエルの裁判所で50年近くにわたってパレスチナ人を数多くの刑事訴訟から弁護してきて、裁判制度の慈悲心の確固たるサポーターになっている。マスコミや世論の中で頻繁に厳しい批判にさらされて、Tsemelは正義が役立つという信念に楽観的で揺るがずにいる。
 サンダンス映画祭2019出品。
 テッサロニキ・ドキュメンタリー映画祭2019インターナショナル・コンペティション部門出品出品。Golden Alexander受賞。国際批評家連盟賞受賞。
 CPH:DOX 2019出品。
 香港国際映画祭2019 ドキュメンタリー・コンペティション部門出品。審査員賞受賞。
 HotDocs国際ドキュメンタリー映画祭2019出品。
 It's All True –国際ドキュメンタリー映画祭2019出品。
 ミュンヘン国際ドキュメンタリー映画祭2019出品。
 クラクフ映画祭2019インターナショナル・ドキュメンタリー・コンペティション部門出品。The Golden Horn/最優秀ドキュメンタリー賞受賞。
 DocAviv/テルアビブ国際ドキュメンタリー映画祭2019イスラエル・コンペティション部門出品。最優秀イスラエル映画受賞。
 Biografilm映画祭2019出品。
 Human Rights Watch映画祭2019出品。
 Transatlantyk映画祭2019出品。
 Dokufest国際ドキュメンタリー&短編映画祭2019出品。
 グディニャ映画祭2019出品。
 フィラデルフィア国際映画祭2019出品。
 ヴァーモント国際映画祭2019出品。
 ミルウォーキー映画祭2019出品。
 Rencontres Internationales du Documentaire de Montréal 2019出品。
 ミンスク国際映画祭2019出品。
 DOC NYC2019出品。
 米・製作者組合賞(PGA)2020 ドキュメンタリー部門 ノミネート。
 アムステルダム国際ドキュメンタリー映画祭2019出品。
 IDA アワード2019 作品賞、監督賞ノミネート。
 アジア太平洋スクリーン・アワード2019出品。長編ドキュメンタリー賞受賞。
 Junction North国際ドキュメンタリー映画祭(カナダ)2019出品。
 シネマ・アイ・オナーズ2020 アンフォゲッタブルズ選出。

Avocate.jpg

 ◆スペシャル・メンション(Special Mention)
 ◎“The Australian Dream”(オーストラリア) 監督:ダニエル・ゴードン(Daniel Gordon)
 AFLの伝説的人物であるアボリジニのサッカー選手アダム・グッドの驚くべきインスピレーションに満ちた物語をプリズムとして使用し、人種、アイデンティティー、帰属についてのより深く強力な物語を伝えるドキュメンタリー。
 メルボルン国際映画祭2019出品。ドキュメンタリー部門観客賞受賞。
 テルライド映画祭2019出品。
 トロント国際映画祭2019 TIFF DOCS部門出品。
 BFIロンドン映画祭2019出品。
 フィラデルフィア映画祭2019出品。
 ハワイ国際映画祭2019 ドキュメンタリー長編部門 観客賞受賞。
 スクリーン・プロデューサーズ・オーストラリア・アワード2019 最優秀長編映画プロダクション賞受賞。
 アムステルダム国際ドキュメンタリー映画祭2019出品。
 アジア太平洋スクリーン・アワード2019ドキュメンタリー賞ノミネート。
 AACTAオーストラリア・アカデミー賞2019 ドキュメンタリー賞ノミネート。
 オーストラリア映画批評家協会賞2020 最優秀ドキュメンタリー賞受賞。

The Australian Dream.jpg


 既に評価の高い作品ばかりですが、日本ではまだ紹介されていない作品がほとんどです。これから公開が決まったりするでしょうか。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事
 ・パームスプリングス2019 外国(語)映画賞:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201901/article_39.html
 ・パームスプリングス国際映画祭2019 Awards Gala:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201901/article_38.html
 ・パームスプリングス国際映画祭2018 Awards Gala:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201801/article_11.html
 ・パームスプリングス国際映画祭2017 Awards Gala:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201701/article_6.html
 ・パームスプリングス国際映画祭2017 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201701/article_55.html
 ・パームスプリングス国際映画祭2016 Awards Gala:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201601/article_31.html
 ・パームスプリングス国際映画祭2016 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201601/article_37.html
 ・パームスプリングス国際映画祭2015 Awards Gala:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201501/article_10.html
 ・パームスプリングス国際映画祭2015 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201501/article_37.html
 ・パームスプリングス国際映画祭2014 Awards Gala:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201401/article_12.html
 ・パームスプリングス国際映画祭2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201401/article_39.html
 ・パームスプリングス国際映画祭2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201301/article_46.html
 ・パームスプリングス国際映画祭2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201201/article_41.html
 ・パームスプリングス国際映画祭2011 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201102/article_8.html
 ・パームスプリングス国際映画祭2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_32.html
 ・パームスプリングス国際映画祭2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200901/article_22.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2020年2月~5月:https://umikarahajimaru.at.webry.info/202002/article_7.html
(Dylda)”(ロシア) 監督:Kantemir Balagov
 物語:1945年、レニングラード。第二次世界大戦は、都市を壊滅させ、建物を破壊し、市民を身体的にも精神的にぼろぼろにした。包囲戦 - 史上最悪の包囲戦 - はついに終わったけれども、生と死は残っている残骸の中で彼らの戦いを続けている。2人の若い女性、IyaとMashaは、廃墟の中で自分たちの生活を再建するための闘いで意味と希望を探す。
 2017年のカンヌ国際映画祭で“Closeness(Tesnota /Теснота)”で国際批評家連盟賞を受賞した1991年生まれのKantemir Balagov監督の最新作。
 カンヌ国際映画祭2019ある視点部門出品。国際批評家連盟賞、監督賞受賞。
 ゴールデン・アプリコット・イェレバン国際映画祭2019長編コンペティション部門出品。Slver Apricot受賞。
 オデッサ国際映画祭2019出品。
 リマ映画祭2019出品。
 サハリン国際映画祭2019 グランプリ、女優賞(Viktoria Miroshnichenko、Vasilisa Perelygina)受賞。
 テルライド映画祭2019出品。
 トロント国際映画祭2019CONTEMPORARY WORLD CINEMA部門出品。
 ヨーロッパ映画賞2019オフィシャル・セレクション。女優賞(Viktoria Miroshnichenko)ノミネート。
 ハンブルク・フィルム・フェスト2019出品。
 BFIロンドン映画祭2019出品。Kingfisher Award受賞。
 ブリスベン映画祭2019出品。
 釜山国際映画祭2019出品。
 ニューヨーク映画祭2019出品。
 モントリオール・ヌーヴォー・シネマ・フェスティバル2019出品。Louve d'Or受賞。
 ケルン映画祭2019出品。
 ウィーン国際映画祭2019出品。Reader Jury of the "Standard"受賞。
 ストックホルム国際映画祭2019出品。Impact Award受賞。
 テッサロニキ国際映画祭2019出品。
 ヨーロピーアン・フィルム・フォーラムScanorama(リトアニア)2019出品。
 リュブリャナ国際映画祭2019出品。Kingfisher Award受賞。
 パリ・ロシアン映画祭2019出品。
 リスボン&Estoril映画祭2019出品。アーティスティク・コントリビューション受賞。
 AFIフェスト2019出品。
 アジア太平洋スクリーン・アワード2019 ノミネート。撮影賞、脚本賞受賞。
 ロシアン映画祭2019出品。
 トリノ映画祭2019出品。女優賞(Viktoria Miroshnichenko、Vasilisa Perelygina)、Scuola Holden Awardスペシャル・メンション受賞。
 ダブリン映画批評家協会賞2019 ブレイクスルー監督賞受賞。
 サテライト賞2019 外国映画賞ノミネート。
 オンライン映画批評家協会賞2020 Best Non-U.S. Release。
 ゴールデン・イーグル賞(ロシア)2020 女優賞(Viktoria Miroshnichenko)受賞。作品賞、監督賞、撮影賞、編集賞ノミネート。
 バンガルール国際映画祭2020出品。
 FICUMAN Festival International de Cine UNAM 2020 インターナショナル・コンペティション部門出品。監督賞受賞。
 ポーランド映画賞2020 ヨーロッパ映画賞ノミネート。
 ロシア映画批評家組合賞2020 作品賞、監督賞、撮影賞、プロダクション・デザイン賞受賞。女優賞(Viktoria Miroshnichenko、Vasilisa Perelygina)、助演女優賞(Kseniya Kutepova)、作曲賞ノミネート。
 Faro Island映画祭2020出品。監督賞観客賞受賞。監督賞、ニュー・パフォーマンス賞、プロダクション・デザイン賞ノミネート。
 クリーヴランド国際映画祭2020出品。
 SIYAD Turkish Film Critics Association Award 2020 外国映画賞ノミネート。

 ◆国際批評家連盟賞/インターナショナル長編部門最優秀男優賞(FIPRESCI Prize for the Best Actor in an International Feature Film)
 ◎Bartosz Bielenia “Corpus Christi(Boże Ciało)”(ポーランド)

 “Corpus Christi(Boże Ciało)”(ポーランド・仏)(監督:ヤン・コマサ(Jan Komasa)
 物語:“Corpus Christi(Boże Ciało)”は、青少年拘置所で精神的な変化を経験した20歳のDanielの物語。彼が犯した犯罪は、彼が神学校に応募することを妨げ、仮釈放された後、彼は大工の工房で働くために送られる。しかし、Danielは夢をあきらめるつもりはなく、小さな町の教区に仕えるべく司祭に扮する。
 ベネチア国際映画祭2019 ベネチア・デイズ出品。Edipo Re Award (Università degli Studi di Padova e ResInt Rete dell'Economia Sociale Internazionale)受賞。
 トロント国際映画祭2019 CONTEMPORARY WORLD CINEMA部門出品。
 グディニャ映画祭2019出品。監督賞、助演女優賞(Eliza Rycembel)、脚本賞、Crystal Star Elle、Award of Festivals and Reviews of the Polish Film Abroad、Award of the Network of Studio and Local Cinemas、Don Kichot - Award of the Polish Federation of Film Discussion Clubs、Onet Awards、ジャーナリスト賞、観客賞受賞。
 レイキャビク国際映画祭2019コンペティション部門出品。スペシャル・メンション受賞。
 ハンブルク・フィルム・フェスト2019出品。
 CinEast 2019出品。審査員特別賞、批評家賞受賞。
 ElGouna国際映画祭2019ナラティヴ・コンペティション部門出品。Silver Star、男優賞(Bartosz Bielenia)受賞。
 ボルドー国際インディペンデント映画祭2019出品。男優賞(Bartosz Bielenia)スペシャル・メンション受賞。
 Tofifest国際映画祭2019出品。Golden Angel受賞。
 シカゴ国際映画祭2019出品。男優賞(Bartosz Bielenia)受賞。
 Ekran トロント・ポーリッシュ映画祭2019 出品。男優賞(Bartosz Bielenia)受賞。
 ミンスク国際映画祭2019出品。審査員特別賞、監督賞、観客賞受賞。
 Camerimage 2019出品。
 AFIフェスト2019出品。
 タリン・ブラック・ナイツ映画祭2019出品。
 アラブ・クリティクス・アワード2019 ノミネート。
 パリ・ポーリッシュ映画祭2019出品。
 米国アカデミー賞2020国際映画賞ノミネート。
 ベンガルール国際映画祭2020出品。
 ボールダー国際映画祭2020出品。
 Faro Island映画祭2020出品。Golden Carp Film Award - International最優秀ニュー・パフォーマー(Bartosz Bielenia)受賞。
 ポーランド映画賞(イーグル賞)2020 作品賞、監督賞、主演男優賞(Bartosz Bielenia)、主演女優賞(Aleksandra Konieczna)、助演男優賞(Łukasz Simlat)、助演女優賞(エリーザ・リチェムブル)、脚本賞、撮影賞、編集賞、観客賞受賞。

 ◆国際批評家連盟賞/インターナショナル長編部門最優秀女優賞(FIPRESCI Prize for Best Actress in an International Feature Film)
 ◎Helena Zengel “System Crasher”(独)

 “System Crasher(Systemsprenger)” 監督:ノラ・フィングシャイト(Nora Fingscheidt)
 物語:9歳の娘Benniは、優しいけれども、非常に攻撃的な女の子である。彼女はいろんな児童保護サービスに委ねられるが、どこでも、追い出されてしまう。彼女が本当に望んでいることは一つのことだけなのに。しかし母親のビアンカは自分の娘を怖がっている。
 初監督長編。
 ベルリン国際映画祭2019コンペティション部門出品。アルフレッド・バウアー賞(銀熊賞)、Reader Jury of the "Berliner Morgenpost"、受賞。
 Schwerin Art of Film Festival 2019出品。Best Sound and Music(Flying Ox)受賞。
 香港フィルマート2019出品。
 全州国際映画祭2019出品。
 Molodist国際映画祭2019出品。エキュメニカル審査員賞受賞。
 トランシルヴァニア国際映画祭2019出品。観客賞受賞。
 上海国際映画祭2019出品。
 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2019 ホライズンズ部門出品。
 FEST New Directors New Films2019出品。
 台北電影節2019インターナショナル・ニュー・タレント・コンペティション出品。グランプリ受賞。
 ヴコバル映画祭2019出品。Golden Barge受賞。
 Transatlantyk映画祭2019出品。Transatlantyk Distribution Award受賞。
 エルサレム映画祭2019出品。
 Lux賞2019 オフィシャル・セレクション。
 グアナファト国際映画祭2019出品。
 サンティアゴ国際映画祭SANFIC2019出品。Golden Barge受賞。
 米国アカデミー賞2020国際映画賞国際映画賞ドイツ代表。
 ヨーロッパ映画賞2019オフィシャル・セレクション。
 El Gouna映画祭2019出品。
 アテネ映画祭2019出品。
 チューリヒ映画祭2019出品。Golden Eye受賞。
 BFIロンドン映画祭2019出品。
 ヨーロッパ映画賞2019 作曲家賞受賞。作品賞・女優賞(Helena Zengel)・大学映画賞ノミネート。

 ◆国際批評家連盟賞/インターナショナル脚本賞(IPRESCI Prize for International Screenplay)
 ◎『パラサイト 半地下の家族』(韓) 脚本:ポン・ジュノ、ハン・ジウォン

 ◆スペシャル・メンション(Special Mention)
 ◎“Antigone”(カナダ) 脚本:ソフィー・デラスペ(Sophie Deraspe)
 物語:社会的リアリズムに該当する古典的なギリシャの悲劇の現代版。 男性の法則に対して、若いアンティゴーヌは彼女自身の価値観を提案する。
 トロント国際映画祭2019 最優秀カナダ長編映画賞(Canada Goose Award for Best Canadian Feature Film)受賞。
 アトランティック映画祭(カナダ)2019出品。
 釜山国際映画祭2019 ワールド・シネマ部門出品。
 モントリオール・ムーヴォー・シネマ・フェスティバル2019出品。
 米国アカデミー賞2020 国際映画賞 カナダ代表。
 ローマ映画祭2019出品。
 ロス・カボス国際映画祭2019出品。
 AFIフェスト2019出品。
 Whistler映画祭2019出品。
 トロント映画批評家協会賞2020ファイナリスト。
 ヨーテボリ国際映画祭2020出品。
 バンガルール国際映画祭2020出品。
 スプリング映画祭2020出品。
 Movies That Matter Festival2020出品。

 ◆ニュー・ボイス/ニュー・ヴィジョン賞(New Voices/New Visions Award)
 ◎“Song Without a Name (Canción Sin Nombre)”(ペルー・西・米・チリ) 監督:Melina León
 物語:1980年代の政治危機の最盛期にあるペルー。Georginaは、アンデス出身の若い女性で、偽の診療所で、生まれたばかりの娘を盗まれてしまう。彼女は娘を必死に探し求めて、主要な新聞の本部にたどりつき、そこで調査を引き受ける孤独なジャーナリストであるPedro Camposに出会う。実話に基づく。
 カンヌ国際映画祭2019 監督週間出品。
 ミュンヘン映画祭2019出品。CineVision Award受賞。
 エルサレム映画祭2019出品。
 リマ・ラテンアメリカ映画祭2019出品。
 サンティアゴ国際映画祭2019出品。
 Viña del Mar映画祭2019出品。Premio FEISAL、審査員特別賞受賞。
 El Gouna映画祭2019出品。
 AFIラテンアメリカ映画祭2019出品。
 チューリヒ映画祭2019出品。
 バンクーバー映画祭2019出品。
 ミル・ヴァレー映画祭2019出品。
 ゲント国際映画祭2019出品。
 モントリオール・ヌーヴォー・シネマ・フェスティバル2019出品。Prix de l'innovation Daniel Langloisスペシャル・メンション、国際批評家連盟賞受賞。
 ピンヤオ国際映画祭2019出品。
 シカゴ国際映画祭2019出品。
 ムンバイ映画祭2019 インターナショナル・コンペティション部門出品。
 ストックホルム国際映画祭2019出品。監督賞/Special Jury Award for Best Director - Bronze Alexander受賞。
 デンバー国際映画祭2019出品。クシシュトフ・キェシロフスキ賞受賞。
 テッサロニキ国際映画祭2019出品。監督賞、Mermaid Awardスペシャル・メンション受賞。
 AFIフェスト2019出品。
 パリChéries Chéris映画祭2019出品。

 ◆ドキュメンタリー賞(The Documentary Award)
 ◎『ようこそ、革命シネマへ』“Talking About Trees”(仏・スーダン・独・チャド・カタール) 監督:スハイブ・ガスメルバリ(Suhaib Gasmelbari)
 Sulimanと「スーダン映画クラブ」の3人のメンバーは、古い映画を復活させることにしました。彼らは映画への愛と古い映画ストックを復元し、スーダン映画の歴史に再び注目したいという情熱だけでなく、亡命中の映画教育を楽しんでいるという事実によって団結している。彼らは飽きることなく、映画館の所有者を味方につけ、再びその場所を稼働させようとするが、かなりの抵抗に何度も立ち直らなければならない。その間、彼らは一緒に座り、過去について話す-迫害の経験と、反対派のアーティストとしての拷問さえも。彼らはまた、亡命中に書かれた古い手紙を読み、スーダンの夢を見て、芸術と知的思考は自由になる。 「我々は彼らよりも賢いが、それほど強くはない」と彼らは満場一致で彼らの状況を要約している。これらのような簡潔な瞬間に、視聴者は、友情だけでなく、共通の理想の闘争に存在する絆とイデオロギーの連帯を知覚することができる。
Suhaib Gasmelbariは、映画の中心にスーダン映画の歴史を置き、同時に進行中の危機によって揺れ動く国の現在の状況に光を当てている。
 ベルリン国際映画祭2019 パノラマ部門出品。Glasshütte Original Documentary Award、パノラマ部門観客賞受賞。
 イシタンブール国際映画祭2019インターナショナル・コンペティション部門出品。審査員特別賞,国際批評家連盟賞受賞。
 アテネ国際映画祭2019出品。最優秀ドキュメンタリー賞スペシャル・メンション受賞。
 ゴールデン・アプリコット・イェレバン国際映画祭2019長編ドキュメンタリー・コンペティション部門出品。
 Docs Against Gravity映画祭2019出品。
 El Gouna映画祭2019長編ドキュメンタリー・コンペティション部門出品。Golden Star受賞。
 チューリヒ映画祭2019出品。
 ハンプトンズ国際映画祭2019出品。審査員特別賞 インドミタブル・スピリットオブ・ストーリーテリング賞受賞。
 バリャドリッド国際映画祭2019出品。
 ストックホルム国際映画祭2019出品。
 ミンスク国際映画祭2019出品。
 タリン・ブラック・ナイツ映画祭2019出品。
 アムステルダム国際ドキュメンタリー映画祭2019出品。
 AFIフェスト2019出品。
 ムンバイ映画祭2019 インターナショナル・コンペティション部門出品。審査員大賞(Grand Jury Prize)受賞。

 ◆イベロ・アメリカン賞(Ibero-American Award)
 ◎『猿』“Monos”(コロンビア・アルゼンチン・オランダ・独・スウェーデン・ウルグアイ) 監督:アレハンドロ・ランデス(Alejandro Landes)
 出演:ジュリアンヌ・ニコルソン(Julianne Nicholson)、モイセス・アリアス(Moisés Arias)、Sofia Buenaventura、Deiby Rueda、Karen Quintero、Laura Castrillón
 物語:落ちこぼれ少年兵のグループが、“the Organization”「組織」という名の反乱グループを結成する。メンバーは、ランボー、ウルフ、レディー、ビッグフットのようなウォーネームをつけ、銃を持って、田舎の荒廃した山の山頂を占拠する。彼らは、そこで訓練を行ない、「徴用した」乳牛を見張り、アメリカ人のエンジニアDoctoraを誘拐して、人質に取る。しかし、彼らは攻撃されると、たちまち基地を放棄せざるを得なくなり、雑多な若いクルーの、遊びの時間は終わった。
 第3監督長編。
 サンダンス映画祭2019出品。審査員特別賞受賞。
 ベルリン国際映画祭2019パノラマ部門。
 カルタヘナ国際映画祭2019出品。最優秀コロンビア映画賞、観客賞受賞。
 トゥールーズ・ラテンアメリカ映画祭2019出品。Prix Des Électriciens Gaziers受賞。
 New Directors/New Films 2019出品。
 ブエノスアイレス国際インディペンデント映画祭2019インターナショナル・コンペティション部門出品。オリジナル作曲賞受賞。
 ウィスコンシン映画祭2019出品。
 イマジン映画祭2019出品。
 ウルグアイ国際映画祭2019出品。
 サンフランシスコ国際映画祭2019出品。
 ニューポート・ビーチ国際映画祭2019出品。作品賞、監督賞、女優賞(Sofia Buenaventura)、撮影賞受賞。
 モントクレア映画祭2019出品。長編ナラティヴ作品賞受賞。
 シアトル国際映画祭2019出品。
 シカゴ批評家映画祭2019出品。
 マンモス・レイク映画祭2019出品。
 Art映画祭2019出品。作品賞(Blue Angel)受賞。
 トランシルヴァニア国際映画祭2019出品。作品賞受賞。
 シドニー映画祭2019出品。
 Biografilm フェスティバル2019出品。
 Bildrauschフィルムフェスト・バーゼル2019出品。監督賞ノミネート。
 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2019アナザー・ビュー部門出品。
 ヌーシャテル国際ファンタスティック映画祭2019出品。
 Transatlantyk映画祭2019出品。
 オデッサ国際映画祭2019出品。監督賞受賞。
 ニュージーランド国際映画祭2019出品。
 ニュー・ホライズンズ映画祭2019出品。
 メルボルン国際映画祭2019出品。
 リマ・ラテンアメリカ映画祭2019出品。
 サンティアゴ国際映画祭SANFIC2019インターナショナル・コンペティション部門出品。監督賞受賞。
 Viña del Mar映画祭2019出品。Grand Paoa (作品賞)、Premio Prensa Especializada受賞。
 シネマティック国際映画祭(スロヴァキア)2019出品。
 Miskolc国際映画祭2019出品。CICAE Jury Prize、エメリック・プレスバーガー賞、International Confederation of Art Cinemas Award受賞。
 アトランティック映画祭2019出品。
 サンセバスチャン国際映画祭2019 ホライズンズ・ラティーノ部門出品。作品賞受賞。
 ベルゲン国際映画祭2019出品。
 米国アカデミー賞2020 国際映画賞 コロンビア代表。
 チューリヒ映画祭2019出品。
 オランダ映画祭2019出品。
 Filmekimi2019出品。
 BFIロンドン映画祭2019オフィシャル・コンペティション部門出品。最優秀作品賞受賞。
 ゲント国際映画祭2019出品。最優秀音楽賞(Georges Delerue Prize)受賞。
 ケルン映画祭2019出品。
 モントリオール・ヌーヴォー・シネマ・フェスティバル2019出品。
 ハイファ国際映画祭2019出品。Carmel Awardスペシャル・メンション受賞。
 ラテンビート映画祭2019出品。
 テッサロニキ国際映画祭2019出品。
 ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード2019インターナショナル・インディペンデント映画賞ノミネート。
 ウィーン国際映画祭2019出品。
 ザグレブ映画祭2019出品。
 ストックホルム国際映画祭2019出品。
 Madrid - Academia del Cine 2019出品。
 Madrid - Sala Equis Rizoma映画祭2019出品。
 Madrid – Cineteca Rizoma映画祭2019出品。
 リュブリャナ国際映画祭2019出品。国際批評家連盟賞受賞。
 キエフ Kinoveフェスト2019出品。
 シンガポール国際映画祭2019出品。
 カイロ国際映画祭2019出品。
 MoMA - The Contenders 2019出品。
 ゴールデン・グローブ賞2020 外国語映画賞エントリー。
 ヒューストン映画批評家協会賞2020 外国語映画賞ノミネート。
 オンライン映画批評家協会賞2020 外国語映画賞ノミネート。
 José María Forqué Awards 2020 最優秀ラテンアメリカ作品賞ノミネート。
 ハリウッド批評家協会賞2020 外国語映画賞ノミネート。
 トルコ映画批評家協会賞2020外国映画賞ノミネート。
 ラティーノ・エンタテインメント協会賞2020 作品賞、助演男優賞(Moises Arias)、外国語映画賞、アンサンブル・キャスト賞、撮影賞、音響賞、音楽賞ノミネート。
 ゴヤ賞2020イベロアメリカン映画賞ノミネート。
 ロンドン映画批評家協会賞2020 外国語映画賞、技術貢献賞(ヤスパー・ウォルフ(Jasper Wolf)(撮影))ノミネート。
 Madrid – CasAmérica 2020出品。
 Black Movie映画祭2020出品。
 Madrid – Cineteca 2020出品。
 バンガルール国際映画祭2020出品。
 FESTベオグラード国際映画祭2020出品。
 The Platino Awards for Iberoamerican Cinema 2020 作品賞、撮影賞、オリジナル音楽賞、音響賞ノミネート。

 ◆スペシャル・メンション(Special Mention)
 ◎“Workforce(Mano de obra)”(メキシコ) 監督:ダヴィッド・ソナーナ(David Zonana)
 物語:フランシスコと建設労働者のグループは、メキシコシティに豪華な家を建てている。兄弟の現場での偶然の死に続いて、フランシスコは、未亡人の義理の姉妹が家の裕福な所有者から補償を受けないことを知る。彼は、自分と同僚に対するさらなる虐待の連続に耐え、正義を得るためにいくつかの試みを行った後、最終的に法律を自分の味方にする。
 メキシコのプロデューサー、ダヴィッド・ソナーナの初監督長編。
 トロント国際映画祭2019 プラットフォーム部門出品。
 サンセバスチャン国際映画祭2019 コンペティション部門出品。
 チューリヒ映画祭2019出品。監督賞受賞。
 BFIロンドン映画祭2019出品。
 モレリア国際映画祭2019出品。Feature Film Competition Award 男優賞(Luis Alberti)受賞。
 ロス・カボス国際映画祭2019出品。
 ハバナ映画祭2019出品。ハバナ大学賞受賞。
 ヨーテボリ国際映画祭2020 イングマール・ベルイマン インターナショナル・デビュー賞受賞。
 FICUMAN Festival International de Cine UNAM2020出品。
 マイアミ映画祭2020出品。

 ◆ローカル審査員賞(Local Jury Award)
 ◎“Adam”(モロッコ・仏・ベルギー・カタール) 監督:Maryam Touzani
 物語:Ablaは、10歳の女の子の母親で、夫が死んでから、毎日、自家製のパンやあらゆる種類の伝統的なモロッコのペストリーを製造、販売している。彼女は、人生を止めて、幸福のない存在となり、仕事に避難しているようだ。妊娠中の若い女性、Samiaは、父親のいない子供を産むという重荷のために避難所を求めていて、Ablaは、彼女に優しい手を差し伸べる。Ablaは、この偶然の出会いが彼女を永遠に変えることに気づいていない。
 初監督長編。
 カンヌ国際映画祭2019ある視点部門出品。
 ダーバン国際映画祭2019インターナショナル・コンペティション部門出品。女優賞(Nisrin Erradi)受賞。
 メルボルン国際映画祭2019出品。
 トロント国際映画祭2019
 El Gouna映画祭2019フィーチャー・ナラティヴ・コンペティション部門出品。Bronze Star、EDA Award受賞。
 チューリヒ映画祭2019出品。
 モントリオール・ヌーヴォー・シネマ・フェスティバル2019出品。
 シカゴ国際映画祭2019ニュー・ディレクターズ・コンペティション部門出品。ロジャー・エバート賞受賞。
 フィラデルフィア国際映画祭2019出品。Archie Award受賞。
 バリャドリッド国際映画祭2019出品。
 カルタゴ映画祭2019出品。撮影賞、編集賞受賞。
 タリン・ブラック・ナイツ映画祭2019出品。
 AFIフェスト2019出品。
 ロッテルダム国際映画祭2020出品。
 ヨーテボリ国際映画祭2020出品。
 サラソータ映画祭2020出品。

 ◆ヤング・シネアスト賞(Young Cineastes Award)
 ◎“Corpus Christi(Boże Ciało)”(ポーランド) 監督:ヤン・コマサ(Jan Komasa)

 ◆ゴー・エナジスティクス賞/境界にかける橋賞(GoEnergistics (GoE) Bridging the Borders Award)
 ◎“Advocate”(イスラエル・カナダ・スイス) 監督:Rachel Leah Jones、Philippe Bellaiche
 イスラエルの人権弁護士Lea Tsemelは抑止できない力である。彼女は、イスラエルの裁判所で50年近くにわたってパレスチナ人を数多くの刑事訴訟から弁護してきて、裁判制度の慈悲心の確固たるサポーターになっている。マスコミや世論の中で頻繁に厳しい批判にさらされて、Tsemelは正義が役立つという信念に楽観的で揺るがずにいる。
 サンダンス映画祭2019出品。
 テッサロニキ・ドキュメンタリー映画祭2019インターナショナル・コンペティション部門出品出品。Golden Alexander受賞。国際批評家連盟賞受賞。
 CPH:DOX 2019出品。
 香港国際映画祭2019 ドキュメンタリー・コンペティション部門出品。審査員賞受賞。
 HotDocs国際ドキュメンタリー映画祭2019出品。
 It's All True –国際ドキュメンタリー映画祭2019出品。
 ミュンヘン国際ドキュメンタリー映画祭2019出品。
 クラクフ映画祭2019インターナショナル・ドキュメンタリー・コンペティション部門出品。The Golden Horn/最優秀ドキュメンタリー賞受賞。
 DocAviv/テルアビブ国際ドキュメンタリー映画祭2019イスラエル・コンペティション部門出品。最優秀イスラエル映画受賞。
 Biografilm映画祭2019出品。
 Human Rights Watch映画祭2019出品。
 Transatlantyk映画祭2019出品。
 Dokufest国際ドキュメンタリー&短編映画祭2019出品。
 グディニャ映画祭2019出品。
 フィラデルフィア国際映画祭2019出品。
 ヴァーモント国際映画祭2019出品。
 ミルウォーキー映画祭2019出品。
 Rencontres Internationales du Documentaire de Montréal 2019出品。
 ミンスク国際映画祭2019出品。
 DOC NYC2019出品。
 米・製作者組合賞(PGA)2020 ドキュメンタリー部門 ノミネート。
 アムステルダム国際ドキュメンタリー映画祭2019出品。
 IDA アワード2019 作品賞、監督賞ノミネート。
 アジア太平洋スクリーン・アワード2019出品。長編ドキュメンタリー賞受賞。
 Junction North国際ドキュメンタリー映画祭(カナダ)2019出品。
 シネマ・アイ・オナーズ2020 アンフォゲッタブルズ選出。

 ◆スペシャル・メンション(Special Mention)
 ◎“The Australian Dream”(オーストラリア) 監督:ダニエル・ゴードン(Daniel Gordon)
 AFLの伝説的人物であるアボリジニのサッカー選手アダム・グッドの驚くべきインスピレーションに満ちた物語をプリズムとして使用し、人種、アイデンティティー、帰属についてのより深く強力な物語を伝えるドキュメンタリー。
 メルボルン国際映画祭2019出品。ドキュメンタリー部門観客賞受賞。
 テルライド映画祭2019出品。
 トロント国際映画祭2019 TIFF DOCS部門出品。
 BFIロンドン映画祭2019出品。
 フィラデルフィア映画祭2019出品。
 ハワイ国際映画祭2019 ドキュメンタリー長編部門 観客賞受賞。
 スクリーン・プロデューサーズ・オーストラリア・アワード2019 最優秀長編映画プロダクション賞受賞。
 アムステルダム国際ドキュメンタリー映画祭2019出品。
 アジア太平洋スクリーン・アワード2019ドキュメンタリー賞ノミネート。
 AACTAオーストラリア・アカデミー賞2019 ドキュメンタリー賞ノミネート。
 オーストラリア映画批評家協会賞2020 最優秀ドキュメンタリー賞受賞。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事
 ・パームスプリングス2019 外国(語)映画賞:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201901/article_39.html
 ・パームスプリングス国際映画祭2019 Awards Gala:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201901/article_38.html
 ・パームスプリングス国際映画祭2018 Awards Gala:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201801/article_11.html
 ・パームスプリングス国際映画祭2017 Awards Gala:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201701/article_6.html
 ・パームスプリングス国際映画祭2017 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201701/article_55.html
 ・パームスプリングス国際映画祭2016 Awards Gala:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201601/article_31.html
 ・パームスプリングス国際映画祭2016 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201601/article_37.html
 ・パームスプリングス国際映画祭2015 Awards Gala:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201501/article_10.html
 ・パームスプリングス国際映画祭2015 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201501/article_37.html
 ・パームスプリングス国際映画祭2014 Awards Gala:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201401/article_12.html
 ・パームスプリングス国際映画祭2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201401/article_39.html
 ・パームスプリングス国際映画祭2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201301/article_46.html
 ・パームスプリングス国際映画祭2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201201/article_41.html
 ・パームスプリングス国際映画祭2011 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201102/article_8.html
 ・パームスプリングス国際映画祭2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_32.html
 ・パームスプリングス国際映画祭2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200901/article_22.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2020年2月~5月:https://umikarahajimaru.at.webry.info/202002/article_7.html

この記事へのコメント