カナダ・スクリーン・アワード2020 ノミネーション

 2020カナダ・スクリーン・アワード(Canadian Screen Awards)のノミネーションです。(2月18日ノミネーション発表、受賞結果発表は3月29日予定だったが、COVID-19により延期になった)

 ◆作品賞(2020 Best Motion Picture)
 ・“Anne at 13,000 ft”(カナダ・米) 監督:Kazik Radwansk
 ・“Antigone”(カナダ) 監督:ソフィ・デラスペ(Sophie Deraspe)
 ・“The Body Remembers When the World Broke Open”(カナダ) 監督:エル=メイジャ・テイルフェアーズ(Elle-Máijá Tailfeathers)、キャスリーン・ヘップバーン(Kathleen Hepburn)
 ・“The Twentieth Century”(カナダ) 監督:マシュー・ランキン(Matthew Rankin)
 ・“White Lie”(カナダ) 監督:Yonah Lewis、Calvin Thomas

 ◆監督賞(2020 Achievement in Direction)
 ・Kazik Radwanski “Anne at 13,000 ft”
 ・ソフィ・デラスペ(Sophie Deraspe)“Antigone”
 ・エル=メイジャ・テイルフェアーズ(Elle-Máijá Tailfeathers)、キャスリーン・ヘップバーン(Kathleen Hepburn) “The Body Remembers When the World Broke Open”
 ・マシュー・ランキン(Matthew Rankin) “The Twentieth Century”
 ・Yonah Lewis、Calvin Thomas “White Lie”

 ◆主演男優賞(2020 Performance by an Actor in a Leading Role)
 ・ジルベール・シコット(Gilbert Sicotte) “And the Birds Rained Down(Il pleuvait des oiseaux)”(カナダ)(監督:ルイーズ・アルシャンボール(Louise Archambault))
 ・ライアン・マクドナルド(Ryan McDonald) “Black Conflux”(カナダ)(監督:ニコール・ドーシー(Nicole Dorsey))
 ・マーク・オブライエン(Mark O’Brien) “Goalie”(カナダ)(監督:アドリアナ・マグス(Adriana Maggs))
 ・マルク=アンドレ・グロンダン(Marc-André Grondin) “Mafia Inc”(カナダ)(監督:ダニエル・グロウ(Daniel Grou))
 ・ダン・バーン(Dan Beirne) “The Twentieth Century”

 ◆主演女優賞(2020 Performance by an Actress in a Leading Role)
 ・デラ・キャンベル(Deragh Campbell) “Anne at 13,000 ft”
 ・Nahéma Ricci “Antigone”
 ・エル=メイジャ・テイルフェアーズ(Elle-Máijá Tailfeathers) “The Body Remembers When the World Broke Open”
 ・Violet Nelson The Body Remembers When the World Broke Open
 ・ケイシー・ロール(Kacey Rohl) “White Lie”

 ◆助演男優賞(2020 Performance by an Actor in a Supporting Role)
 ・レミー・ジラール(Rémy Girard) “And the Birds Rained Down(Il pleuvait des oiseaux)”
 ・マット・ジョンソン(Matt Johnson) “Anne at 13,000 ft”
 ・アンディ・マックイーン(Andy McQueen) “Disappearance at Clifton Hill(Clifton Hill)”(カナダ)(監督:Albert Shin)
 ・ダニエル・スターン(Daniel Stern) “James vs His Future Self”(カナダ)(監督:Jeremy Lalonde)
 ・Douglas Grégoire “Kuessipan”(カナダ)(監督:Myriam Verreault)

 ◆助演女優賞(2020 Performance by an Actress in a Supporting Role)
 ・Leanna Chea “14 Days,12 Nights(14 jours,12 nuits)”(カナダ)(監督:Jean-Philippe Duval)
 ・Nour Belkhiria “Antigone”
 ・ラリッサ・コリヴォー(Larissa Corriveau) 『ゴーストタウン・アンソロジー』”Ghost Town Anthology(Répertoire des villes disparues)”(カナダ)(監督:ドゥニ・コテ)
 ・Yamie Grégoire “Kuessipan”

 ◆オリジナル脚本賞(2020 Original Screenplay)
 ・ジョナス・チャーニック.(Jonas Chernick)、Jeremy LaLonde “James vs His Future Self”
 ・アンヌ・エモン(Anne Émond) “Jeune Juliette”(カナダ)(監督:アンヌ・エモン)
 ・キャスリーン・ヘップバーン(Kathleen Hepburn)、エル=メイジャ・テイルフェアーズ(Elle-Máijá Tailfeathers) “The Body Remembers When the World Broke Open”
 ・マシュー・ランキン(Matthew Rankin) “The Twentieth Century”
 ・Yonah Lewis、Calvin Thomas “White Lie”

 ◆脚色賞(2020 Adapted Screenplay)
 ・ルイーズ・アルシャンボール(Louise Archambault) “And the Birds Rained Down(Il pleuvait des oiseaux)”
 ・ソフィ・デラスペ(Sophie Deraspe) “Antigone”
 ・ドゥニ・コテ(Denis Côté) 『ゴーストタウン・アンソロジー』”Ghost Town Anthology(Répertoire des villes disparues)”
 ・Myriam Verreault、Naomi Fontaine “Kuessipan”
 ・Guillaume De Fontenay、Guillaume Vigneault、Jean Barbe “Sympathy for the Devil(Sympathie pour le diable)”(仏・カナダ・ベルギー)(監督:Guillaume De Fontenay)

 ◆撮影賞(2020 Achievement in Cinematography)
 ・ジョゼ・デエー(Josée Deshaies) “A Brother's Love(La femme de mon frère)”(カナダ)(監督:モニア・ショクリ(Monia Chokri))
 ・グレゴリー・ミドルトン(Greg Middleton) “American Woman”(米・カナダ)(監督:Semi Chellas)
 ・Catherine Lutes “Disappearance at Clifton Hill(Clifton Hill)”
 ・ブレンダン・ステイシー(Brendan Steacy) “Lucky Day”(仏・カナダ)(監督:ロジャー・エイヴァリー)
 ・ノーム・リー(Norm Li) “The Body Remembers When the World Broke Open”

 ◆編集賞(2020 Achievement in Editing)
 ・ヴィーク・フォン・カロルスフェルト(Wiebke von Carolsfeld) “An Audience of Chairs”(カナダ)(監督:Deanne Foley)
 ・Geoffrey Boulangé、ソフィ・デラスペ(Sophie Deraspe) “Antigone”
 ・キャム・マクラクリン(Cam McLauchlin) “Disappearance at Clifton Hill(Clifton Hill)”
 ・Simone Smith “Goalie”
 ・Lara Johnston “Mouthpiece”(カナダ)(監督:パトリシア・ロゼマ)

 ◆美術賞(2020 Achievement in Art Direction/Production Design)
 ・Jennifer Morden、Danny Haeberlin “Riot Girls”(カナダ)(監督:ジョヴァンカ・ヴコヴィッチ(Jovanka Vuckovic))
 ・Chris Crane “Run This Town”(カナダ)(監督:Ricky Tollman)
 ・Marian Wihak、Svjetlana Jaklenec “Stand!”(カナダ)(監督:ロバート・アデテュイ(Robert Adetuyi))
 ・フランソワ・セグワン(François Séguin) “The Song of Names”(カナダ・ハンガリー・英・独)(監督:フランソワ・ジラール)
 ・Dany Boivin “The Twentieth Century”

 ◆衣裳デザイン賞(2020 Achievement in Costume Design)
 ・パトリシア・マクニール(Patricia McNeil) “A Brother's Love(La femme de mon frère)”
 ・マリッサ・シュワルツ(Marissa Schwartz)、Mara Zigler “American Woman”
 ・Caroline Poirier “And the Birds Rained Down(Il pleuvait des oiseaux)”
 ・アン・ディクソン(Anne Dixon) “The Song of Names”
 ・パトリシア・マクニール(Patricia McNeil) “The Twentieth Century”

 ◆メイキャップ賞(2020 Achievement in Make-Up)
 ・Candice Ornstein “American Woman”
 ・ランディ・ドードリン(Randy Daudlin) “Goalie”
 ・Brandi Boulet、Chris Bridges “Riot Girls”
 ・Emily O’Quinn、Steve Newburn、Neil Morrill “Run This Town”
 ・Fanny Vachon “The Song of Names”

 ◆ヘア・スタイリング賞(2020 Achievement in Hair)
 ・Peggy Kyriakidou “American Woman”
 ・ダン・キャンベル(Dann Campbell) “Riot Girls”
 ・Nathan Rival “The Kindness of Strangers”(デンマーク・カナダ・スウェーデン・仏・独・英・米)(監督:ロネ・シェルフィグ)
 ・Michelle Coté “The Song of Names”
 ・Nermin Grbic “The Twentieth Century”

 ◆音響賞(2020 Achievement in Overall Sound)
 ・Jean Camden、シルヴァン・ベルマール(Sylvain Bellemare)、Bernard Gariépy Strobl、Stéphane Larivière、Jocelyn Caron “And the Birds Rained Down(Il pleuvait des oiseaux)”
 ・Stéphane Bergeron、Frédéric Cloutier “Antigone”
 ・David Ottier、Matt Chan、Graham Rogers “Goalie”
 ・Gavin Fernandes、Normand Lapierre “Jouliks”(カナダ)(監督:Mariloup Wolfe)
 ・クロード・ラ・アヤ(Claude La Haye)、Bernard Gariépy Strobl、Mark Appleby、Daniel Bisson “The Song of Names”

 ◆音響編集賞(2020 Achievement in Sound Editing)
 ・Paul Germann、Claire Dobson、John Sievert、Jason Charbonneau、Randy Wilson “Disappearance at Clifton Hill(Clifton Hill)”
 ・Krystin Hunter、Brent Pickett、Paul Germann、小山吾郎(Goro Koyama)、サンドラ・フォクス(Sandra Fox) “Goalie”
 ・Dashen Naidoo、Tyler Whitham、Stephen Barden、Scott Donald、Nelson Ferreira “Lucky Day”
 ・Nelson Ferreira、Dashen Naidoo、J.R. Fountain、Dustin Harris “Run This Town”
 ・Francine Poirier、Claude Beaugrand、Michel B. Bordeleau、Raymond Legault、Lise Wedlock、Natalie Fleurant “The Song of Names”

 Paul Germann、Dashen Naidoo、Nelson Ferreiraは、2つずつノミネート。

 ◆視覚効果賞(2020 Achievement in Visual Effects)
 ・Sam Javanrouh、Helen Thach “Astronaut”(カナダ)(監督:シェラ・アムロード(Shelagh McLeod))
 ・Adam Jewett、Steve Ramone、Michelle Brennen、Tim Sibley、Aneesh Bhatnagar、Saikrishna (Sai) Aleti、Peter Giliberti、Alex Basso、Arminus Billones、Marshall Lau “Brotherhood”(カナダ)(監督:Richard Bell)
 ・Steven Sangster “Road to the Lemon Grove”(カナダ・伊)(監督:デイル・ヒルデブランド(Dale Hildebrand))
 ・ブノワ・ブリエール(Benoît Brière)、Kinga Sabela “Sympathy for the Devil(Sympathie pour le diable)”
 ・Marc-Antoine Rousseau、Alain Lachance、Jean-Pierre Riverin “The Song of Names”

 ◆オリジナル作曲賞(2020 Achievement in Music - Original Score)
 ・Ian LeFeuvre、Stephen Krecklo “James vs His Future Self”
 ・ロバート・カーリ(Robert Carli) “Lie Exposed”(カナダ)(監督:Jerry Ciccoritti)
 ・Peter Chapman “Riot Girls”
 ・Andrew Lockington “The Kindness of Strangers”
 ・ハワード・ショア “The Song of Names”

 ◆オリジナル歌曲賞(2020 Achievement in Music - Original Song)
 ・ブラムウェル・トーヴェイ(Bramwell Tovey)、Richard Bell “Brotherhood”
 ・Ian LeFeuvre “James vs His Future Self”
 ・Peter Chapman、Leslie Seaforth (More or Les) “Riot Girls”
 ・ハワード・ショア “The Song of Names”

 ◆短編映画賞(2020 Best Live Action Short Drama)
 ・“Forêt Noire”(カナダ・仏/20min) 監督:Philippe David Gagné、Jean Marc E. Roy
 ・“Juste moi et toi”(カナダ・メキシコ/20min) 監督:Sandrine Brodeur-Desrosiers
 ・“Kinship”() 監督:
 ・“Mon Boy”(カナダ/12min) 監督:Sarah Pellerin
 ・“Pick”(カナダ/11min) 監督:Alicia K. Harris

 ◆短編ドキュメンタリー賞(2020 Best Short Documentary)
 ・“Acadiana”(カナダ・米/10min) 監督:Guillaume Fournier、Samuel Matteau、Yannick Nolin
 ・“Gun Killers”() 監督:
 ・“No Crying at the Dinner Table”(カナダ/16min) 監督:Carol Nguyen
 ・“Now Is the Time”(カナダ/16min) 監督:Christopher Auchter
 ・“Take Me To Prom”(カナダ/19min) 監督:Andrew Moir

 ◆短編アニメーション賞(2020 Best Animated Short)
 ・“Docking”(カナダ・米/5min) 監督:Trevor Anderson
 ・“Giant Bear”(カナダ/10min) 監督:ダニエル・ペイジ(Daniel Paige)、Neil Christopher、Daniel Gies
 ・“Pinch”(カナダ/4min) 監督:Diego Maclean
 ・“Shannon Amen”() 監督:
 ・“Uncle Thomas: Accounting for the Days”(ポルトガル・カナダ・仏) 監督:レジーナ・ペソア(Regina Pessoa)

 ◆長編ドキュメンタリー賞(2020 Ted Rogers Best Feature Length Documentary)
 ・“Alexandre le fou”(カナダ) 監督:Pedro Pires
 ・“If You Could Read My Mind”(カナダ) 監督:Martha Kehoe、Joan Tosoni
 ・“Invisible Essence: The Little Prince”(カナダ) 監督:チャールズ・オフィサー(Charles Officer)
 ・“nîpawistamâsowin: We Will Stand Up”(カナダ) 監督:Tasha Hubbard
 ・“Prey”(カナダ) 監督:Matt Gallagher

 ◆長編ドキュメンタリー賞撮影賞(2020 Best Cinematography in a Feature Length Documentary)
 ・Pedro Pires “Alexandre le fou”
 ・Léna Mill-Reuillard、ステファニー・アン・ウェバー・バイロン(Stéphanie Weber-Biron)、Étienne Boilard “City Dreamers”(カナダ・米)(監督:ジョセフ・ヒレル(Joseph Hillel))
 ・Pedro Ruiz “Havana,from on high”(カナダ)(監督:Pedro Ruiz)
 ・Mathieu Arsenault “Head First(Tenir tête)”(カナダ)(監督:Mathieu Arsenault)
 ・Grant Baldwin “This Mountain Life”(カナダ・米)(監督:Grant Baldwin)

 ◆長編ドキュメンタリー賞 編集賞(2020 Best Editing in a Feature Length Documentary)
 ・Sophie Leblond、Pedro Pires、Sylvia de Angelis “Alexandre le fou”
 ・Bruce Lapointe “Invisible Essence: The Little Prince”
 ・Eamonn O’Connor、Daniel Roher “Once Were Brothers: Robbie Robertson and The Band”(カナダ・米)(監督:Daniel Roher)
 ・Nick Hector,CCE “Prey”
 ・David New “Propaganda: The Art of Selling Lies”(カナダ・独)(監督:ラリー・ワインスティーン(Larry Weinstein))

 ◆ジョン・ダニング 第1回作品賞(2020 John Dunning Best First Feature Film Award)
 ・“Black Conflux”
 ・“Mad Dog Labine”(カナダ)(監督:Jonathan Beaulieu-Cyr、Renaud Lessard)
 ・“Murmur”(カナダ)(監督:Heather Young)
 ・“Sympathy for the Devil(Sympathie pour le diable)”
 ・“The Twentieth Century”

 ◆アカデミー・アイコン賞(Academy Icon Award)
 ◎アレックス・トレベック(Alex Trebek)

 ◆生涯貢献賞(Lifetime Achievement Award)
 ◎デイヴィッド・スズキ(David Suzuki)

 ◆長編ドキュメンタリー賞(Ted Rogers Best Feature Length Documentary)
 ◎Alexander Odyssey、Pedro Pires

 ◆Radius Award
 ◎ダン・レヴィ(Dan Levy)

 主な作品のノミネート状況は、以下の通り。

 ・“The Song of Names”(9):美術・衣裳・メイク・ヘア・音響・音響演習・視覚効果・作曲・歌曲
 ・“Antigone”(7):作品・監督・主演女優・助演女優・脚色・編集・音響
 ・“The Twentieth Century”(7):作品・監督・脚本・美術・衣裳・ヘア・ジョンダニング
 ・“The Body Remembers When the World Broke Open”(6):作品・監督・主演女優・主演女優・脚本・撮影
 ・“White Lie”(5):作品・監督・主演男優・主演女優・脚本
 ・“And the Birds Rained Down(Il pleuvait des oiseaux)”(5):主演男優・助演男優・脚色・衣裳・音響
 ・“Goalie”(5):主演男優・編集・メイク・音響・音響編集
 ・“Riot Girls”(5):美術・メイク・ヘア・作曲・歌曲
 ・“Anne at 13,000 ft”(4):作品・監督・主演女優・助演男優
 ・“Disappearance at Clifton Hill(Clifton Hill)”(4):助演男優・撮影・編集・音響編集
 ・“James vs His Future Self”(4):助演男優・脚本・作曲・歌曲
 ・“American Woman”(4):撮影・衣裳・メイク・ヘア
 ・“Kuessipan”(3):助演男優・助演女優・脚色
 ・“Sympathy for the Devil(Sympathie pour le diable)”(3):脚色・視覚効果・ジョンダニング
 ・“Run This Town”(3):美術・メイク・音響編集
 ・“Alexandre le fou”(3):ドキュメンタリー・ドキュメンタリー撮影・ドキュメンタリー編集
 ・“Black Conflux”(2):主演男優・ジョンダニング
 ・『ゴーストタウン・アンソロジー』(2):助演女優・脚色
 ・“A Brother's Love(La femme de mon frère)”(2):撮影・衣裳
 ・“Lucky Day”(2):撮影・音響編集
 ・“The Kindness of Strangers”(2):ヘア・作曲
 ・“Brotherhood”(2):視覚効果・歌曲
 ・“Invisible Essence: The Little Prince”(2):ドキュメンタリー・ドキュメンタリー編集
 ・“Prey”(2):ドキュメンタリー・ドキュメンタリー編集

 いくつかの作品を簡単に紹介しておきます。

 “The Song of Names”(カナダ・ハンガリー・英・独) 監督:フランソワ・ジラール
 物語:バイオリンの神童が彼の最初のソロコンサートの前夜に姿を消した数年後、幼なじみのイギリス人が彼を見つけるためにヨーロッパ中を旅する。
 ノーマン・レブレヒトの小説の映画化。
 トロント国際映画祭2019 GALA PRESENTATIONS部門出品。
 サンセバスチャン国際映画祭2019 コンペティション部門出品。
 ハンプトンズ国際映画祭2019出品。
 シカゴ国際映画祭2019出品。
 Camerimage2019。
 AFIフェスト2019出品。
 Society of Composers and Lyricists Awards(SCL) 2020 Outstanding Original Score for an Independent Filmノミネート。
 カナディアン撮影者協会賞(CSC)2020 Best Cinematography in Theatrical Featureノミネート。

The Song of Names.jpg

 “Antigone”(カナダ) 脚本:ソフィ・デラスペ(Sophie Deraspe)
 物語:社会的リアリズムに該当する古典的なギリシャの悲劇の現代版。 男性の法則に対して、若いアンティゴーヌは彼女自身の価値観を提案する。
 トロント国際映画祭2019 最優秀カナダ長編映画賞(Canada Goose Award for Best Canadian Feature Film)受賞。
 アトランティック映画祭(カナダ)2019出品。
 釜山国際映画祭2019 ワールド・シネマ部門出品。
 モントリオール・ムーヴォー・シネマ・フェスティバル2019出品。
 米国アカデミー賞2020 国際映画賞 カナダ代表。
 ローマ映画祭2019出品。
 ロス・カボス国際映画祭2019出品。
 AFIフェスト2019出品。
 Whistler映画祭2019出品。
 パームスプリングス国際映画祭2020 国際批評家連盟賞/インターナショナル脚本賞スペシャル・メンション。
 トロント映画批評家協会賞2020ファイナリスト。
 ヨーテボリ国際映画祭2020出品。
 バンガルール国際映画祭2020出品。
 スプリング映画祭2020出品。
 Movies That Matter Festival2020出品。

Antigone.jpg

 “The Twentieth Century”(カナダ) 監督:マシュー・ランキン(Matthew Rankin)
 物語:実在したカナダの首相ウィリアム・ライアン・マッケンジー・キング(1874-1950)の架空の肖像。マシュー・ランキンの長編監督第1作。
 トロント国際映画祭2019MIDNIGHT MADNESS部門出品。最優秀カナダ第1回作品賞受賞。
 アトランティック映画祭(カナダ)2019出品。
 カルガリー映画祭(カナダ)2019出品。
 Cinéfest Sudbury国際映画祭(カナダ)2019出品。
 バンクーバー国際映画祭2019出品。
 モントリオール・ヌーヴォー・シネマ・フェスティバル2019出品。
 フィラデルフィア国際映画祭2019出品。
 シカゴ国際映画祭2019出品。
 ロス・カボス国際映画祭2019出品。作品賞受賞。
 バンクーバー映画批評家協会賞2019 One to Watch受賞。
 ベルリン国際映画祭2020フォーラム部門出品。国際批評家連盟賞受賞。
 グラスゴー映画祭2020出品。
 Spirit Of Fire International Festival Of Cinematographic Debuts(ロシア)2020出品。
 カルタヘナ国際映画祭2020出品。
 ウィスコンシン映画祭2020出品。

The 20th Century.jpg

 “The Body Remembers When the World Broken Open”(カナダ・ノルウェー)(levelFilm) 監督:キャスリーン・ヘップバーン(Kathleen Hepburn)、エル=メイジャ・テイルフェアーズ(Elle-Máijá Tailfeathers)
 物語:安定して幸せな家庭生活を持つファーストネーションの女性であるÁila (Tailfeathers)は、混雑した通りの脇で裸足で雨の中で泣いている貧しいファーストネーションの女性であるRosie (Violet Nelson)と出会う。Áilaは、Rosieがボーイフレンドの暴力から逃げてきたところだと気づき、家に連れて帰ることに決める。
 ベルリン国際映画祭2019 ジェネレーション 14plus部門出品。
 シドニー映画祭2019出品。
 トロント国際映画祭2019 CONTEMPORARY WORLD CINEMA部門出品。最優秀カナダ長編映画賞オナラブル・メンション受賞。
 Cinéfest Sudbury国際映画祭(カナダ)2019出品。
 バンクーバー国際映画祭2019出品。エマージング・フィルムメイカー賞、最優秀BC賞受賞。
 ミル・ヴァレー映画祭2019出品。
 ナッシュヴィル映画祭2019出品。
 モンタナ映画祭2019出品。
 モントリオール・ヌーヴォー・シネマ・フェスティバル2019ナショナル・コンペティション部門出品。グランプリ受賞。
 ミルウォーキー映画祭2019出品。
 ロス・カボス国際映画祭2019出品。
 リール・イースト・テキサス映画祭2019出品。
 AFIフェスト2019出品。
 トロント映画批評家協会賞2019ノミネート。
 バンクーバー映画批評家協会賞2019 カナダ映画部門 作品賞、監督賞、ブリティッシュ・コロンビア賞受賞。注目監督賞(One to Watch)、主演女優賞(Violet Nelson)ノミネート。
 オンライン映画批評家協会賞2020 非アメリカ作品(Non-U.S. Releases)受賞。
 トロント映画批評家協会賞2020 カナダ映画賞ファイナリスト。

The Body.jpg

 “Anne at 13,000 ft”(カナダ・米) 監督:Kazik Radwansk
 物語:27歳のアンはトロントのデイケアで働いている。多くの場合、子供を監督するよりも子供と一緒に空想することに関心がある。サラのバカロレアパーティーでは、彼らはスカイダイビングに出かける。アンは彼女の要素の中に完全に浮かんでいるように見え、彼女の緊張した厄介な職業的および社会的相互作用からの真の出発である。
 トロント国際映画祭2019 プラットフォーム部門出品。オナラブル・メンション受賞。
 バンクーバー国際映画祭2019出品。
 モントリオール・ヌーヴォー・シネマ・フェスティバル2019出品。
 AFIフェスト2019出品。
 バンクーバー映画批評家協会賞2020主演女優賞(デラ・キャンベル(Deragh Campbell))、助演男優賞(Matt Johnson)受賞。作品賞、監督賞、脚本賞ノミネート。
 ベルリン国際映画祭2020出品。
 ポートランド国際映画祭2020出品。
 サラソータ映画祭2020出品。

Anne at 13,000 ft.jpg

 “Mouthpiece”(カナダ) 監督:パトリシア・ロゼマ
 出演::アリ・コーエン(Ari Cohen)、イシャン・デイヴ(Ishan Davé)、David Kohlsmith、Rebecca Kwan、Paloma Nuñez、Taylor Belle Puterman、Ayesha Mansur Gonsalves
 物語:Amy NostbakkenとNorah Sadavaの同名の2人芝居の映画化。突然の母親の死後、有望な作家が、彼女とフェミニズムと彼女の母親の体制順応者的な選択を和解させようとする。
 トロント国際映画祭2018 SPECIAL PRESENTATIONS部門オープニング作品。
 バンクーバー国際映画祭2018出品。
 トロント国際映画祭が選ぶ、カナダ映画2018 トップ10。
 カナディアン撮影者協会賞2019ノミネート。
 シアトル国際映画祭2019出品。
 カナディアン撮影者協会賞2019ノミネート。
 Chichester国際映画祭(英)2019出品。
 オステンデ映画祭(ベルギー)2019出品。
 ロスト・ウィークエンド映画祭(米)2019出品。作品賞、監督賞、ベスト・ストーリー賞、女優賞(Amy Nostbakken、Norah Sadava)、Avant Robot Award受賞。
 フォレスト・シティ映画祭2019出品。

Mouthpiece.jpg

 カナダには、ケベック映画があり、例年だと6月にアイリス賞がありますが、本年度の予定は発表されていないようです。(どこかで発表されているのかもしれませんが)

 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・カナダ・スクリーン・アワード2019 受賞結果:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201906/article_7.html  ・カナダ・スクリーン・アワード2018 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201802/article_1.html
 ・カナダ・スクリーン・アワード2018 受賞結果:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201803/article_14.html
 ・カナダ・スクリーン・アワード2017 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201703/article_8.html
 ・カナダ・スクリーン・アワード2016 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201603/article_8.html
 ・カナダ・スクリーン・アワード2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201403/article_18.html
 ・カナダ・スクリーン・アワード2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201303/article_4.html
 ・ジニー賞2011 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201103/article_15.html
 ・ジニー賞2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201004/article_10.html
 ・ジニー賞2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200904/article_3.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2020年2月~5月:https://umikarahajimaru.at.webry.info/202002/article_7.html

この記事へのコメント