セザール賞2020 受賞結果!

 第45回セザール賞の受賞結果が発表されました。(2月28日)

 ◆作品賞(Meilleur film)
 ・“La Belle époque”(仏) 監督:Nicolas Bedos プロデューサー:フランソワ・クラウス(François Kraus)、ドゥニ・ピノー=ヴァレンシアンヌ (Denis Pineau-Valencienne)
 ・“Grâce à Dieu (By the Grace of God)” (By the Grace of God)”(仏・ベルギー) 監督:フランソワ・オゾン プロデューサー:ニコラス・アルトメイヤー(Nicolas Altmayer)、エリック・アルトメイヤー(Éric Altmayer)
 ・“Hors norms”(仏) 監督:エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ プロデューサー: ニコラ・デュヴァル=アダソフスキ(Nicolas Duval Adassovsky)
 ・“J’acusse (An Officer and a Spy)”(仏・伊) 監督:ロマン・ポランスキー プロデューサー:アラン・ゴールドマン(Alain Goldman)
 ◎『レ・ミゼラブル』(仏) 監督;ラジ・リ プロデューサー:Toufik Ayadi、Christophe Barral
 ・“Portrait de la Jeune Fille en Feu (Portrait of a Lady on Fire)”(仏) 監督:セリーヌ・シアマ プロデューサー:ベネディクト・クーヴレール(Bénédicte Couvreur)
 ・『ルーベ、嘆きの光』“Roubaix, une Lumière (Oh Mercy!)” 監督:アルノー・デプレシャン プロデューサー:パスカル・コシュトー(Pascal Caucheteux)、グレゴワール・ソルワ(Grégoire Sorlat)

 "Grâce à Dieu (By the Grace of God)"、”J'acusse (An Officer and a Spy)”、『レ・ミゼラブル』、”Portrait de la Jeune Fille en Feu (Portrait of a Lady on Fire)”、『ルーベ、嘆きの光』は、リュミエール賞2020作品賞ノミネート。

 『レ・ミゼラブル』は、フランス映画批評家協会賞2020、リュミエール賞2020作品賞受賞。

ラジリ.jpg

 ◆監督賞(Meilleur réalisateur)
 ・Nicolas Bedos “La Belle époque”
 ・フランソワ・オゾン “Grâce à Dieu (By the Grace of God)”
 ・エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシ “Hors norms”
 ◎ロマン・ポランスキー “J’acusse (An Officer and a Spy)”
 ・ラジ・リ 『レ・ミゼラブル』
 ・セリーヌ・シアマ “Portrait de la Jeune Fille en Feu (Portrait of a Lady on Fire)”
 ・アルノー・デプレシャン 『ルーベ、嘆きの光』“Roubaix, une Lumière (Oh Mercy!)”

 ロマン・ポランスキー、ラジ・リ、セリーヌ・シアマ、アルノー・デプレシャンは、リュミエール賞2020監督賞ノミネート。ロマン・ポランスキーが受賞。

 監督賞はほとんど拍手がなかった。作品からは誰も出席せず、アデル・エネルを含め席を立った者もいた。

 ◆主演男優賞(Meilleur acteur)
 ・ダニエル・オートゥイユ “La Belle époque”
 ・ダミアン・ボナール(Damien Bonnard) 『レ・ミゼラブル』
 ・ヴァンサン・カッセル “Hors norms”
 ・ジャン・デジャルダン “J’acusse (An Officer and a Spy)”
 ・レダ・カテブ(Reda Kateb) “Hors norms”
 ・メルヴィル・プポー “Grâce à Dieu (By the Grace of God)”
 ◎ロシュディ・ゼム 『ルーベ、嘆きの光』“Roubaix, une Lumière (Oh Mercy!)”

 ダニエル・オートゥイユ、ジャン・デジャルダン、ロシュディ・ゼムがリュミエール賞2020男優賞ノミネート。ロシュディ・ゼムが受賞。

ロシュディ.jpg

 ◆主演女優賞(Meilleur actrice)
 ◎アナイス・ドゥムースティエ(Anaïs Demoustier) “Alice et le Maire”(仏・ベルギー)(監督:Nicolas Pariser)
 ・エヴァ・グリーン “Proxima”(仏・独)(監督:アリス・ウィンクール(Alice Winocour))
 ・アデル・エネル “Portrait de la Jeune Fille en Feu (Portrait of a Lady on Fire)”
 ・ノエミ・メルラン “Portrait de la Jeune Fille en Feu (Portrait of a Lady on Fire)”
 ・Doria Tillier “La Belle époque”
 ・カリン・ヴィアール "Chanson douce (Perfect Nanny)"(仏)(監督:Lucie Borleteau)
 ・キアラ・マストロヤンニ “Chambre 212”(仏・ベルギー・ルクセンブルク)(監督:クリストフ・オノレ)

 アナイス・ドゥムースティエ、エヴァ・グリーン、ノエミ・メルラン、カリン・ヴィアールが、リュミエール賞2020女優賞ノミネート。ノエミ・メルランが受賞。

アナイス.jpg

 ◆助演男優賞(Meilleur acteur dans un second role)
 ◎スワン・アルロー(Swann Arlaud) “Grâce à Dieu (By the Grace of God)”
 ・グレゴリー・ガドゥボワ(Grégory Gadebois) “J’acusse (An Officer and a Spy)”
 ・ルイ・ガレル “J’acusse (An Officer and a Spy)”
 ・バンジャマン・ラヴェルネ(Benjamin Lavernhe) 『ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから』“Mon inconnue”(仏・ベルギー)(監督:ユーゴ・ジェラン(Hugo Gélin))
 ・ドゥニ・メノーシェ(Denis Ménochet) “Grâce à Dieu (By the Grace of God)”

 スワン・アルローは、リュミエール賞2020男優賞ノミネート。

スワン.jpg

 ◆助演女優賞(Meilleur actrice dans un second role)
 ◎ファニー・アルダン “La Belle époque”
 ・ジョジアーヌ・バラスコ “Grâce à Dieu (By the Grace of God)”
 ・ロール・カラミー(Laure Calamy) “Seules les bêtes”(仏・独)(監督:ドミニク・モル)
 ・サラ・フォレスティエ 『ルーベ、嘆きの光』“Roubaix, une Lumière (Oh Mercy!)”
 ・エレーヌ・ヴァンサン (Hélène Vincent) “Hors norms”

 ファニー・アルダンは、リュミエール賞2020女優賞ノミネート。

ファニーアルダン.png

 ◆有望若手男優賞(Meilleur espoir Masculin)
 ・Anthony Bajon “Au nom de la terre”(仏・ベルギー)(監督:エドゥアール・ベルジョン(Edouard Bergeon))
 ・Benjamin Lesieur “Hors norms”
 ◎アレクシス・マネンティ(Alexis Manenti) 『レ・ミゼラブル』
 ・Liam Pierron “La Vie scolaire”(仏)(監督:Mehdi Idir、Grand Corps Malade)
 ・ジェブリル・ゾンガ(Djebril Zonga) 『レ・ミゼラブル』

 アレクシス・マネンティは、リュミエール賞2020 新人男優賞受賞。

若手男優.jpg

 ◆有望若手女優賞(Meilleur espoir Féminin)
 ・Luàna Bajrami “Portrait de la Jeune Fille en Feu (Portrait of a Lady on Fire)”
 ・Céleste Brunnquell “Les Éblouis”(仏)(監督:Sarah Suco)
 ◎Lyna Khoudri “Papicha”(仏・アルジェリア・ベルギー・カタール) 監督:Mounia Meddour
 ・Nina Meurisse “Camille”(仏)(監督:Boris Lojkine)
 ・ママ・サネ(Mame Bineta Sané) 『アトランティックス』“Atlantique”(仏・セネガル・ベルギー)(監督:マティ・ディオップ(Mati Diop))

 Céleste Brunnquell、Nina Meurisse、ママ・サネは、リュミエール賞2020 新人女優賞ノミネート。Nina Meurisseが受賞。

若手女優.jpg

 ◆オリジナル脚本賞(Meilleur scénario original)
 ◎Nicolas Bedos “La Belle époque”
 ・フランソワ・オゾン  “Grâce à Dieu (By the Grace of God)”
 ・エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ “Hors norms”
 ・ラジ・リ 『レ・ミゼラブル』
 ・セリーヌ・シアマ “Portrait de la Jeune Fille en Feu (Portrait of a Lady on Fire)”

 Nicolas Bedos、ラジ・リは、リュミエール賞2020脚本賞ノミネート。ラジ・リが受賞。

Nicolas Bedos.png

 ◆脚色賞(Meilleure adaptation)
 ・コスタ=ガヴラス “Adults in the Room”(仏・ギリシャ)(監督:コスタ=ガヴラス) d'après l de ヤニス・バルファキス(Yánis Varoufákis)の本“Adults in the Room. My Battle with Europe's Deep Establishment”に基づく。
 ◎ロマン・ポランスキー、ロバート・ハリス “J’acusse (An Officer and a Spy)” ロバート・ハリスの小説に基づく
 ・ジェレミー・クラパン、ギヨーム・ローラン(Guillaume Laurant) 『失くした体』 ギヨーム・ローラン(Guillaume Laurant)の小説“Happy Hand”に基づく
 ・アルノー・デプレシャン、レア・ミシウス(Léa Mysius) 『ルーベ、嘆きの光』“Roubaix, une Lumière (Oh Mercy!)” モスコブコー(Mosco Boucault)の中央警察署Roubaixのドキュメンタリーに基づく,
 ・ドミニク・モル、ジル・マルシャン “Seules les bêtes” Colin Nielの小説“Seules les bêtes”に基づく

 ロマン・ポランスキーは、リュミエール賞2020脚本賞ノミネート。

 ◆撮影賞(Meilleure photographie)
 ・ニコラ・ボルデュク(Nicolas Bolduc) “La Belle époque”
 ・パヴェル・エデルマン(Pawel Edelman) “J’acusse (An Officer and a Spy)”
 ・Julien Poupard 『レ・ミゼラブル』
 ◎クレール・マトン(Claire Mathon) “Portrait de la Jeune Fille en Feu (Portrait of a Lady on Fire)”
 ・イリナ・ルブチャンスキー(Irina Lubtchansky) 『ルーベ、嘆きの光』“Roubaix, une Lumière (Oh Mercy!)”

 ニコラ・ボルデュク以外が、リュミエール賞2020撮影賞ノミネート。クレール・マトンが受賞。

クレアマトン.png

 ◆編集賞(Meilleur montage)
 ・ロール・ガルデット(Laure Gardette) “Grâce à Dieu (By the Grace of God)”
 ・エルヴェ・ド・ルーズ(Hervé de Luze) “J’acusse (An Officer and a Spy)”
 ◎Flora Volpelière 『レ・ミゼラブル』
 ・Anny Danché、フロラン・ヴァッソー(Florent Vassault) “La Belle époque”
 ・Dorian Rigal-Ansou “Hors norms”

編集賞.png

 ◆美術賞(Meilleurs décors)
 ◎ステファヌ・ローゼンバウム(Stéphane Rozenbaum) “La Belle époque”
 ・ブノワ・バルー (Benoît Barouh) 『ウルフズ・コール』“Le Chant du loup”(仏)(監督:アントナン・ボードリー)
 ・フランク・シュワルツ(Franck Schwarz) “Edmond”(仏・ベルギー)(監督:Alexis Michalik)
 ・ジャン・ラバッセ(Jean Rabasse) “J’acusse (An Officer and a Spy)”
 ・トマ・グレゾー(Thomas Grézaud) “Portrait de la Jeune Fille en Feu (Portrait of a Lady on Fire)”

美術賞.png

 ◆衣裳賞(Meilleurs costumes)
 ・エマニュエル・ユークノフスキー(Emmanuelle Youchnovski) “La Belle époque”
 ・ティエリー・デレトル (Thierry Delettre) “Edmond”
 ◎パスカリーヌ・シャヴァンヌ(Pascaline Chavanne) “J’acusse (An Officer and a Spy)”
 ・アレクサンドラ・シャルル (Alexandra Charles) “Jeanne”(仏)(監督:ブリュノ・デュモン)
 ・ドロテ・ギロー(Dorothée Guiraud) “Portrait de la Jeune Fille en Feu (Portrait of a Lady on Fire)”

衣裳.png

 ◆録音賞(Meilleur son)
 ・Rémi Daru、セヴラン・ファヴリィオ(Séverin Favriau)、ジャン=ポール・ユリエ(Jean-Paul Hurier) “La Belle époque”
 ◎ニコラ・カンタン(Nicolas Cantin)、トマ・デジョンケール(Thomas Desjonquères)、Raphaëll Mouterde、オリヴィエ・ゴワナール(Olivier Goinard)、ランディ・トム(Randy Thom) 『ウルフズ・コール』“Le Chant du loup”
 ・リュシアン・バリバール(Lucien Balibar)、アイメリック・デヴォルデール (Aymeric Devoldère)、シリル・オルツ(Cyril Holtz)、Niels Barletta “J’acusse (An Officer and a Spy)”
 ・Arnaud Lavaleix、Jérôme Gonthier、Marco Casanova 『レ・ミゼラブル』
 ・Julien Sicart、ヴァレリー・ドゥロ (Valérie de Loof)、Daniel Sobrino “Portrait de la Jeune Fille en Feu (Portrait of a Lady on Fire)”

 ◆オリジナル音楽賞(Meilleure musique originale)
 ・ファティマ・アル・カディリ(Fatima Al Qadiri) 『アトランティックス』“Atlantique”(仏・セネガル・ベルギー)
 ・アレクサンドル・デプラ “J’acusse (An Officer and a Spy)”
 ◎Dan Levy 『失くした体』
 ・Marco Casanova、キム・シャピロン(Kim Chapiron) 『レ・ミゼラブル』
 ・グレゴワール・エッツェル(Grégoire Hetzel) 『ルーベ、嘆きの光』“Roubaix, une Lumière (Oh Mercy!)”

 ファティマ・アル・カディリ、アレクサンドル・デプラとDan Levyが、リュミエール賞2020音楽賞ノミネート。アレクサンドル・デプラが受賞。

Dan Levy.png

 ◆第1回作品賞(Meilleur premier film)
 ・『アトランティックス』”Atlantique (Atlantics)”(仏・セネガル・ベルギー) 監督:マティ・ディオップ(Mati Diop)
 ・“Au nom de la terre(仏・ベルギー)” 監督:エドゥアール・ベルジョン(Édouard Bergeon)
 ・『ウルフズ・コール』“Le Chant du loup” 監督:アントナン・ボードリー(Antonin Baudry)
 ・『レ・ミゼラブル』 監督:ラジ・リ
 ◎“Papicha”(仏・アルジェリア・ベルギー・カタール) 監督:Mounia Meddour

 『アトランティックス』、『レ・ミゼラブル』が、リュミエール賞2020 第1回作品賞ノミネート。

第1回.jpg

 ◆短編映画賞(Meilleur court métrage)
 ・“Beautiful Loser”(仏/24min) 監督:Maxime Roy
 ◎『間一髪』“Pile Poi(By a Hair)”(仏/21min) 監督:Lauriane Escaffre、Yvonnick Muller
 ・『アハメッドの歌』“Le Chant d'Ahmed”(仏/30min) 監督:フエッド・マンスール(Foued Mansour)
 ・『青い犬』“Le Chien bleu”(仏/17min) 監督:ファニィ・リアタード(Fanny Liatard)
 ・“Nefta Football Club”(仏・チュニジア・アルジェリア/17min) 監督:Yves Piat

 “Nefta Football Club”は、米国アカデミー賞2020短編映画賞ノミネート。

短編.jpg

 ◆ドキュメンタリー賞(Meilleur film documentaire)
 ・"68, mon père et les clous"(仏) 監督:Samuel Bigiaoui
 ・“La Cordillère des songes”(仏・チリ) 監督:パトリシオ・グスマン(Patricio Guzmán)
 ・"Lourdes"(仏) 監督:Thierry Demaizière、アルバン・トゥルレー(Alban Teurlai)
 ◎"M"(仏) 監督:ヨランド・ゾーベルマン(Yolande Zauberman)
 ・“Wonder boy Olivier Rousteing, né sous X”(仏) 監督:アニッサ・ボヌフォン(Anissa Bonnefont)

 "68, mon père et les clous"、"Lourdes"、"M"は、リュミエール賞2020ドキュメンタリー賞ノミネート。"M"が受賞。

ドキュメンタリー.png

 ◆アニメーション賞(Meilleur film d'animation)
 ・" La fameuse invasion des ours en sicile (The Bears' Famous Invasion of Sicily)"(仏・伊) 監督:ロレンツォ・マトッティ(Lorenzo Mattotti)
 ◎『失くした体』”J’ai Perdu mon corps (I Lost My Body)”(仏) 監督:ジェレミー・クラパン
 ・『カブールのツバメ』" Les Hirondelles de Kaboul (The Swallows of Kabul)"(仏・ルクセンブルク・スイス) 監督:ザブ-・ブライトマン(Zabou Breitman)、Éléa Gobbé-Mévellec

 3作品ともリュミエール賞2020 アニメーション賞ノミネート。『失くした体』が受賞。

 ◆短編アニメーション賞(Meilleur court métrage d'animation)
 ・“Ce magnifique gâteau !”(ベルギー・仏・オランダ/44min) 物語:マーク・ジェームス・ロエルス(Marc James Roels)、エマ・ドゥ・スワーフ(Emma de Swaef)
 ・『タバコ、吸ってくる』“Je sors acheter des cigarettes”(仏/13min) 監督:オスマン・セルフォン(Osman Cerfon)
 ◎『ビニール袋の夜』“La nuit des sacs plastiques”(仏/18min) 監督:ガブリエル・アレル(Gabriel Harel)
 ・“Make It Soul”(仏/14min) 監督:ジャン=シャルル・エムボティ・マロロ(Jean-Charles Mbotti Malolo)

 ◆外国映画賞(Meilleur film étranger)
 ・『ペイン・アンド・グローリー』“Douleur et Gloire ”(西) 監督:ペドロ・アルモドバル
 ・『その手に触れるまで』"Le Jeune Ahmed"(ベルギー・仏) 監督:リュック&ジャン=ピエール・ダルデンヌ
 ・『ジョーカー』(米) 監督:トッド・フィリップス
 ・"Lola vers la mer"(ベルギー・仏) 監督:Laurent Micheli
 ・『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(米) 監督:クエンティン・タランティーノ
 ◎『パラサイト 半地下の家族』(韓) 監督:ポン・ジュノ
 ・“The Traitor”(伊・仏・独・ブラジル) 監督:マルコ・ベロッキオ

 『パラサイト 半地下の家族』は、フランス映画批評家協会賞2019外国映画賞受賞。

 『その手に触れるまで』、"Lola vers la mer"は、リュミエール賞2020 インターナショナル共同製作賞ノミネート。

 ◆セザール賞高校生賞(César des lycéens)
 2000人の高校生を審査員とするセザール賞。前回より新設。

 ◆観客賞(César du Public)
 1年間に最もヒットしたフランス映画に贈られる。フランス国内で人気がありながら、セザール賞とはあまり縁がなかったコメディー映画に報いるために、新設された。
 ・『最高の花嫁 アンコール』“Qu'est-ce qu'on a encore fait au Bon Dieu ?” 監督:フィリップ・ドゥ・ショーブロン(Philippe de Chauveron)
 ・“Nous finirons ensemble”(仏・ベルギー) 監督:ギヨーム・カネ
 ・“Hors norms” エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ
 ・“Au nom de la terre”(仏・ベルギー) 監督:エドゥアール・ベルジョン(Édouard Bergeon)
 ◎『レ・ミゼラブル』 監督:ラジ・リ

 ◆名誉セザール賞(César d'honneur)
 受賞者なし。ブラッド・ピットが受け取ることに同意したが、授与されなかった。1976年の第1回以来、授与されなかったのは初めて。

――――――――――――――――――――――――――――――

 主な作品のノミネート&受賞状況は以下の通り。

 ・“J’acusse (An Officer and a Spy)”(3/12):作品・監督・主演男優・助演男優・助演男優・脚色・撮影・編集・美術・衣裳・録音・音楽
 ・『レ・ミゼラブル』(4/12):作品・監督・主演男優・若手男優・若手男優・脚本・撮影・編集・録音・音楽・第1回・観客
 ・“La Belle époque”(3/11):作品・監督・主演男優・主演女優・助演女優・脚本・撮影・編集・美術・衣裳・録音
 ・“Portrait de la Jeune Fille en Feu (Portrait of a Lady on Fire)”(1/10):作品・監督・主演女優・主演女優・若手女優・脚本・撮影・美術・衣裳・録音
 ・“Hors norms”(0/9):作品・監督・主演男優・主演男優・助演女優・若手男優・脚本・編集・観客
 ・“Grâce à Dieu (By the Grace of God)” (By the Grace of God)”(1/8):作品・監督・主演男優・助演男優・助演男優・助演女優・脚本・編集
 ・『ルーベ、嘆きの光』(1/7):作品・監督・主演男優・助演女優・脚色・撮影・音楽
 ・『アトランティックス』(0/3):若手女優・音楽・第1回
 ・『失くした体』(2/3):脚色・音楽・アニメーション
 ・『ウルフズ・コール』(1/3):美術・録音・第1回
 ・“Seules les bêtes”(0/2):助演女優・脚色
 ・“Papicha”(2/2):若手女優・第1回
 ・“Edmond”(0/2):美術・衣裳
 ・“Au nom de la terre(0/2):第1回・観客

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓

 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 ・セザール賞2020 ノミネーション:https://umikarahajimaru.at.webry.info/202001/article_58.html

 ・リュミエール賞2020 ノミネーション:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201912/article_13.html
 ・リュミエール賞2020 受賞結果:https://umikarahajimaru.at.webry.info/202001/article_55.html

 ・フランス映画批評家協会賞2019 受賞結果:https://umikarahajimaru.at.webry.info/202001/article_47.html

 ・ルイ・デリュック賞2019 ノミネーション:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201910/article_46.html
 ・ルイ・デリュック賞2019 受賞結果:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201912/article_27.html

 ・ジャン・ヴィゴ賞2019 受賞結果:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201906/article_13.html

 ・セザール賞2019 ノミネーション:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201901/article_53.html
 ・セザール賞2019 受賞結果:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201902/article_47.html
 ・セザール賞2018 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201802/article_5.html
 ・セザール賞2018 受賞結果:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201803/article_4.html
 ・セザール賞2017 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201702/article_51.html
 ・セザール賞2016 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201602/article_50.html
 ・セザール賞2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201403/article_1.html
 ・セザール賞2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201302/article_40.html
 ・セザール賞2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201202/article_42.html
 ・セザール賞2011 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201102/article_49.html
 ・セザール賞2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201002/article_48.html
 ・セザール賞2009受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200902/article_38.html
 ・セザール賞2008 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200802/article_10.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2020年2月~5月:https://umikarahajimaru.at.webry.info/202002/article_7.html

この記事へのコメント