米・キャスティング協会(The Casting Society of America(CSA))賞2020 受賞結果

 米・キャスティング協会(The Casting Society of America(CSA))が選ぶ、Annual Artios Awards(正確には35th Annual Artios Awards for Outstanding Achievement in Casting in Feature Film Categories)の受賞結果です。(1月30日発表。ノミネーション発表は1月2日)

 米国アカデミー賞にキャスティング部門を設けてほしいという要望があり、そういう訴えをしている団体があるらしいということは多少知られるようになってきていますが(2013年にAMPASにキャスティング・ディレクター部会新設)、独自に映画賞を設けていて、もう30年以上の歴史があります。(CSAの設立は1982年。第1回のArtios Awardsは1985年。)

 キャスティング・ディレクターは、あまり表には出てこない職業で、米国アカデミー賞でも2016年のアカデミー名誉賞でキャスティング・ディレクターのLynn Stalmasterが初めて受賞を果たしたくらいですが、キャスティング・ディレクターを(も)対象としている賞は意外とあります。

 ・BAFTA英国アカデミー賞:本年度よりキャスティング賞新設

 ・インディペンデント・スピリット・アワード:ロバート・アルトマン賞
 いわゆるアンサンブル賞だが、監督とキャストとキャスティング・ディレクターを対象としている。

 ・女性映画ジャーナリスト同盟映画賞:アンサンブル・キャスト賞(Best Ensemble Cast)

 ・ブラック・リール・アワード:アンサンブル賞(Outstanding Ensemble)

 ・ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード:技術貢献賞

 ・ナストロ・ダルジェント賞:キャスティング・ディレクター賞(Premio Casting Director)

 ・ロカルノ国際映画祭:2016年にヨーロッパ・キャスティング・ディレクター賞を新設

 過去の受賞歴を見ると、Artios Awardsは、必ずしも映画賞レースの行方を占うようなものではないようですが、部門ごとに「評価の高い作品」がチョイスされているのは確かなようです。

 面白いキャスティングだったけど、作品の出来は悪かったというのはあり得なくはないけど、そういうキャスティングは評価されないだろうし、キャスティングはよくなかったけど、作品はよかったとかいうのは、考えられませんから、まあ、評価の高い作品から選ばれるのは当然ですよね。

 本年度の受賞結果は、以下の通り。

-------------------------------

 【映画部門】

 ◆大型予算コメディー作品(Big Budget-Comedy)
 ◎『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』 メアリ・ヴァーニュー (Mary Vernieu)、Angela Peri (Location Casting)、Brett Howe (Associate)

 ◆大型予算ドラマ作品(Big Budget-Drama)
 ◎『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』 Victoria Thomas

 ◆スタジオ/インディペンデント コメディー作品(Studio or Independent-Comedy)
 ◎『ジョジョ・ラビット』 Des Hamilton

 ◆スタジオ/インディペンデント ドラマ作品(Studio or Independent-Drama)
 ◎『マリッジ・ストーリー』 フランシーヌ・メイスラー(Francine Maisler)、ダグラス・エイベル(Douglas Aibel)、Kathy Driscoll-Mohler (Associate)

 ◆低予算 コメディー/ドラマ作品(Low budget-Comedy or Drama)
 ◎“The Last Black Man in San Francisco” Julia Kim、Nina Henninger (Location Casting)

 ◆マイクロ予算 コメディー/ドラマ作品(Micro-Budget, Comedy or Drama)
 ◎“Skin in the Game” Matthew Lessall

 ◆アニメーション(Animation)
 ◎『ライオン・キング』 サラ・フィン(Sarah Halley Finn)、Jason B. Stamey (Associate)
 ◎『トイ・ストーリー4』 ケヴィン・レハー(Kevin Reher)、Natalie Lyon

 ◆ツァイトガイスト賞(The Zeitgeist Award)
 ◎『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』 ニナ・ゴールド(Nina Gold)、エイプリル・ウェブスター(April Webster)、アリッサ・ヴァイスベルグ(Alyssa Weisberg)、Angela Young (Associate)

 【テレビ、短編、Web作品】

 ※ノミネーションの発表は2019年9月24日。

 ◆テレビ・ドラマ パイロット版/ファースト・シーズン -コメディー(Television Pilot And First Season – Comedy)
 ◎『ロシアン・ドール: 謎のタイムループ』 Christine Kromer、Andrew Femenella (Associate)

 ◆テレビ・ドラマ パイロット版/ファースト・シーズン -ドラマ(Television Pilot And First Season – Drama)
 ◎『POSE/ポーズ』 Alexa L. Fogel、Kathryn Zamora-Benson (Associate)、Caitlin D. Jones (Associate)

 ◆テレビ・シリーズ-コメディー(Television Series – Comedy)
 ◎『マーベラス・ミセス・メイゼル』 シンディー・トーラン(Cindy Tolan)、Juliette Ménager (Location Casting), Anne Davison (Associate)

 連続受賞。

 ◆テレビ・シリーズ-ドラマ(Television Series – Drama)
 ◎『ゲーム・オブ・スローンズ』 ニナ・ゴールド(Nina Gold)、Robert Sterne、Carla Stronge (Location Casting)
Davison (Associate)

 ◆ミニシリーズ(Limited Series)
 ◎『ボクらを見る目』 アイシャ・コリー (Aisha Coley)、Billy Hopkins (Location Casting)、Ashley Ingram (Location Casting)

 ◆ノンテアトリカル・リリース(Nontheatrical Release)
 ◎『好きだった君へのラブレター』“To All the Boys I've Loved Before” Tamara-Lee Notcutt、Tiffany Mak (Location Casting)、 Alexis Allen (Associate)

 ◆ライヴ・テレビ・パフォーマンス-ヴァラエティー/スケッチ/コメディー(Live Television Performance — Variety or Sketch Comedy)
 ◎“Live in Front of a Studio Audience: All in the Family and The Jeffersons” Marc Hirschfeld、 Geralyn Flood、 Katrina Wandel George (Associate)

 ◆児童番組 パイロット版/シリーズ(実写)(Children’s Pilot And Series(Live Action))
 ◎『アンディ・マック』“Andi Mack” Amber Horn、 Danielle Aufiero、 Steven Tylor O’Connor (Associate)

 ◆テレビ・アニメーション(Television Animation)
 ◎『Big Mouth/ビッグマウス』“Big Mouth” Julie Ashton-Barson

 ◆リアリティー・シリーズ(Reality Series)
 ◎『クィア・アイ』“Queer Eye” Gretchen Palek、 Danielle Gervais、Ally Capriotti Grant、Quinn Fegan

 連続受賞。

 ◆短編映画(Short Films)
 ◎“Skin” Jessica Sherman

 ◆ショート・フォーム・シリーズ(Short Form Series)
 ◎“It's Bruno!” Bess Fifer

 ◆ニューヨーク・ブロードウェイ 舞台-コメディー、ドラマ(New York Broadway Theater — Comedy or Drama)
 ◎“To Kill a Mockingbird” Daniel Swee

 ◆ニューヨーク・ブロードウェイ 舞台-ミュージカル(New York Broadway Theater — Musical)
 ◎“Hadestown” Duncan Stewart、Benton Whitley

 ◆ニューヨーク・ブロードウェイ 舞台-リバイバル コメディー、ドラマ(New York Broadway Theater — Revival、Comedy or Drama)
 ◎“The Waverly Gallery” David Caparelliotis、Lauren Port

 ◆ニューヨーク・ブロードウェイ 舞台-リバイバル ミュージカル(New York Broadway Theater — Revival、Musical)
 ◎“Oklahoma!” Adam Caldwell、Will Cantler

 ◆ニューヨーク 舞台-コメディー、ミュージカル(New York Theater — Comedy or Musical)
 ◎“Fiddler on the Roof in Yiddish (Fidler Afn Dakh)” Jamibeth Margolis

 ◆ニューヨーク 舞台-ドラマ(NY Theatre – Drama)
 ◎“Daddy” Judy Henderson、Nick Peciaro (Associate)

 ◆地方 舞台(Regional Theater)
 ◎“In the Heights” Tara Rubin、Claire Burke

 ◆ロサンゼルス 舞台(Los Angeles Theatre)
 ◎“Sweat” Heidi Levitt、Billy Hopkins (NY Casting)、Ashley Ingram (NY Casting)、Marin Hope (Associate)

 ◆特別舞台パフォーマンス(Special Theatrical Performance)
 ◎“Annie” Margery Simkin、Michael Donovan、Beth Lipari、Richie Ferris (Associate)

 ◆Theatre Tours
 ◎“Hamilton” Bethany Knox、Lauren Harris (Associate)

 連続受賞。

 【特別賞・名誉賞】

 ◆キャリア貢献賞(The Lynn Stalmaster Award for Career Achievement)
 ◎ジーナ・デイヴィス

ジーナデイヴィス2.jpg

 ◆The Marion Dougherty New York Apple Award
 ◎オードラ・マクドナルド(Audra McDonald)

Audra McDonald.jpg

 ◆The Hoyt Bowers Award for outstanding contribution to the casting profession
 ◎デボラ・アキュラ (Deborah Aquila)

 ◆The Rosalie Joseph Humanitarian Award
 ◎Andrew Femenella

Andrew Femenella.jpg

 ◆The Artios Award for Creative Collaboration
 ◎ティム・ビーヴァン、エリック・フェルナー

 ◆The Excellence in Casting Award
 ◎Andy Pryor

 ◆Special recognition for their dynamic contributions in furthering the recognition of casting with the creation of the BAFTA Casting Awards for television and film
 ◎Pippa Markham、Kate Buckley、Gillian Hawser

--------------------------------

 本年度も女性映画ジャーナリスト同盟映画賞やBAFTA英国アカデミー賞などキャスティング部門のノミネーションに上がっている名前が、Artios Awardsの受賞者と一致する結果になっているようです。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・米・キャスティング協会賞/Artios Award 2019 受賞結果:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201902/article_15.html
 ・米・キャスティング協会賞/Artios Award 2018 ノミネーション:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201801/article_14.html
 ・米・キャスティング協会賞/Artios Award 2018 受賞結果:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201801/article_55.html
 ・米・キャスティング協会賞/Artios Award 2017 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201701/article_15.html
 ・米・キャスティング協会賞/Artios Award 2017 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201701/article_58.html

 ・全米映画賞レース2019の受賞結果をまとめてみました:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201912/article_59.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2019年10月~2020年1月:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201910/article_7.html

この記事へのコメント