マイアミ映画賞2019 受賞結果

 2019年度のマイアミ映画賞(The Miami Film Awards)の各賞が発表されました。(12月31日)

 *Miami New Times:https://www.miaminewtimes.com/arts/miami-film-awards-2019-local-film-experts-pick-their-favorites-of-the-year-and-decade-11396761

 マイアミ映画賞は、「映画賞」と銘打ってはいますが、マイアミの映画批評家が選ぶ年刊の映画賞で、「××映画批評家協会賞」とほとんど同じようなものであるようです。
 ただし、団体名はなく、公式サイトもないようで、映画賞も2015年度と2016年度はDim the House Lightsのウェブサイトで発表されていたのが、2017年度以降はMiami New Timesで発表されています。

 投票に参加した映画批評家は、氏名が公表されていて、本年度は16人います。

マイアミ映画賞2019.jpg

―――――――――――――――――――――――――――――――

 ◆作品賞
 ・“Portrait of a Lady on Fire”(仏)(10 票)
 ・『パラサイト 半地下の家族』(韓)(9票)
 ・『アンカット・ダイヤモンド』(票)
 ・『フェアウェル』(米・中)(8票)
 ・『ミッドサマー』(8票)
 ・『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』(6票)
 ・『アド・アストラ』(5票)
 ・『夏の鳥』(仏・デンマーク・メキシコ・コロンビア)(5票)
 ・『名もなき生涯』(米・独)(5票)
 ・『アイリッシュマン』(5票)
 ・“Waves” (5票)
 ・4票:『アトランティックス』(仏・セネガル・ベルギー)、『ハイ・ライフ』(独・仏・英・ポーランド・米)、『マリッジ・ストーリー』
 ・3票:『アポロ11 完全版』、『ジョン・ウィック:パラベラム』、『Knife + Heart』(仏・メキシコ)、『ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ』(中・仏)、“Pain and Glory(Dolor y gloria)”(西)、“The Last Black Man in San Francisco”、“The Lighthouse”、“The Souvenir”(英・米)、『未来を乗り換えた男』“Transit”(独・仏)
 ・2票/1票:約50の作品

 ◆監督賞
 ・ポン・ジュノ 『パラサイト 半地下の家族』(韓)(11票)
 ・セリーヌ・シアマ ”Portrait of a Lady on Fire”(仏)(10票)
 ・ジョシュ&ベニー・サフディー 『アンカット・ダイヤモンド』(9票)
 ・ルル・ワン 『フェアウェル』(米・中)(9票)
 ・グレタ・ガーウィグ 『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』(8票)
 ・アリ・アスター 『ミッドサマー』(6票)
 ・ジェームズ・グレイ 『アド・アストラ』(6票)
 ・ノア・バームバック 『マリッジ・ストーリー』(6票)
 ・マーティン・スコセッシ 『アイリッシュマン』(5票)
 ・マティ・ディオップ 『アトランティックス』(仏・セネガル・ベルギー)(5票)
 ・4票:ジョアンナ・ホッグ(“The Souvenir”)、クエンティン・タランティーノ(『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』)、ロジャー・エガース(“The Lighthouse”)、テレンス・マリック(『名もなき生涯』(米・独))、ヤン・ゴンザレス(『Knife + Heart』(仏・メキシコ))
 ・3票:ビー・ガン(『ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ』(中・仏))、ペドロ・アルモドバル(“Pain and Glory(Dolor y gloria)”(西))、タイカ・ワイティティ(『ジョジョ・ラビット』)、クリスティナン・ペツォールト(『未来を乗り換えた男』“Transit”(独・仏))
 ・2票/1票:30人以上の監督

 ◆主演賞(Best Lead Performance)
 ・アダム・サンドラー 『アンカット・ダイヤモンド』(13票)
 ・フローレンス・ピュー 『ミッドサマー』(10票)
 ・オークワフィナ 『フェアウェル』(米・中)(9票)
 ・アントニオ・バンデラス “Pain and Glory(Dolor y gloria)”(西)(8票)
 ・ブラッド・ピット 『アド・アストラ』(8票)
 ・シアーシャ・ローナン 『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』(8票)
 ・アデル・エネル ”Portrait of a Lady on Fire”(仏)(7票)
 ・ホアキン・フェニックス 『ジョーカー』(7票)
 ・エリザベス・モス “Her Smell”(6票)
 ・レオナルドディカプリオ 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(6票)
 ・ノエミ・メルラン(Noémie Merlant) ”Portrait of a Lady on Fire”(仏)(6票)
 ・5票: アダム・ドライヴァー(『マリッジ・ストーリー』) 、ルピタ・ニョンゴ(『アス』)
 ・4票: ロバート・パティンソン(『ハイ・ライフ』(独・仏・英・ポーランド・米))、スカーレット・ヨハンソン(『マリッジ・ストーリー』)
 ・3票:アルフレ・ウッダード(“Clemency”)、エディー・マーフィー(『ルディ・レイ・ムーア』)、フランツ・ロゴフスキ(Franz Rogowski)(『未来を乗り換えた男』(独・仏))、ソン・ガンホ(『パラサイト 半地下の家族』(韓))
 ・2票/1票:30人以上

 ◆助演賞(Best Supporting Performance)
 ・ジュリア・フォックス(Julia Fox) 『アンカット・ダイヤモンド』(9票)
 ・ブラッド・ピット 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(8票)
 ・ジェニファー・ロペス 『ハスラーズ』(8票)
 ・チャオ・シュウチェン(Zhao Shuzhen) 『フェアウェル』(米・中)(7票)
 ・ローラ・ダーン 『マリッジ・ストーリー』(6票)
 ・マーゴット・ロビー 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(6票)

 ・5票:アル・パチーノ(『アイリッシュマン』)、チョ・ヨジョン(『パラサイト 半地下の家族』(韓))、ダヴァイン・ジョイ・ランドルフ(『ルディ・レイ・ムーア』)、フローレンス・ピュー(『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』)、ジョナサン・メジャース(Jonathan Majors)(“The Last Black Man in San Francisco”)、パク・ソダム(『パラサイト 半地下の家族』(韓))、ウィレム・デフォー(“The Lighthouse”)
 ・4票:ジョー・ペシ(『アイリッシュマン』)、ジュリエット・ビノシュ(『ハイ・ライフ』(独・仏・英・ポーランド・米))、トム・ハンクス(“A Beautiful Day in the Neighborhood”)
 ・3票: テイラー・ラッセル(“Waves”)、ウェズリー・スナイプス(『ルディ・レイ・ムーア』)
 ・2票/1票:50人以上

 ◆オリジナル脚本賞
 ・ポン・ジュノ、ハン・ジヌォン 『パラサイト 半地下の家族』(韓)(12票)
 ・ジョシュ・サフディー、ベニー・サフディー、ロナルド・ブロンスタイン 『アンカット・ダイヤモンド』(10票)
 ・ルル・ワン 『フェアウェル』(米・中)(10票)
 ・セリーヌ・シアマ ”Portrait of a Lady on Fire”(仏)(6票)
 ・ノア・バームバック 『マリッジ・ストーリー』(6票)
 ・3票:『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』、“The Lighthouse”、“The Souvenir”
 ・2票:『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』、『Knife + Heart』(仏・メキシコ)
 ・1票:20作品以上

 ◆脚色賞
 ・グレタ・ガーウィグ 『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』(13票)
 ・スティーヴン・ザイリアン 『アイリッシュマン』(10票)
 ・タイカ・ワイティティ 『ジョジョ・ラビット』(7票)
 ・ミカ・フィッツァーマン=ブルー(Micah Fitzerman-Blue)、ノア・ハープスター(Noah Harpster) “A Beautiful Day in the Neighborhood”(6票)
 ・テレンス・マリック 『名もなき生涯』(米・独)(6票)
 ・トッド・フィリップス、スコット・シルヴァー 『ジョーカー』(6票)
 ・『ハスラーズ』(5票)
 ・『未来を乗り換えた男』(独・仏)(4票)
 ・『アトランティックス』(仏・セネガル・ベルギー)(3票)
 ・2票/1票:12作品

 ◆音楽賞(Best Music(Soundtrack/Score))
 ・『アンカット・ダイヤモンド』(10票)
 ・『アド・アストラ』(6票)
 ・『アス』(6票)
 ・『Knife + Heart』(仏・メキシコ)(5票)
 ・『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(4票)
 ・“Waves”(4票)
 ・3票: 『1917 命をかけた伝令』(英・米)、『名もなき生涯』(米・独)、『アトランティックス』(仏・セネガル・ベルギー)、『ジョーカー』、『マリッジ・ストーリー』
 ・2票:『ルディ・レイ・ムーア』、“The Last Black Man in San Francisco”、『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』、『猿』“Monos”(コロンビア・オランダ・アルゼンチン・独・デンマーク・スウェーデン・ウルグアイ・スイス)、” The Lighthouse“
 ・1票:18作品

 ◆アンサンブル賞(Best Ensemble
 ・『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』(9票)
 ・『パラサイト 半地下の家族』(韓)(7票)
 ・『マリッジ・ストーリー』(6票)
 ・『フェアウェル』(米・中)(3票)
 ・『アイリッシュマン』(3票)
 ・『Knife + Heart』(仏・メキシコ)(3票)
 ・2票: 『ルディ・レイ・ムーア』、『ハスラーズ』、『アンカット・ダイヤモンド』
 ・1票:12作品

 ◆ブレイクスルー・パフォーマンス賞(Best Breakthrough Performance)
 ・フローレンス・ピュー 『ミッドサマー』(8票)
 ・ノア・ジュープ(Noah Jupe) “Honey Boy”(6票)
 ・ジュリア・フォックス(Julia Fox) 『アンカット・ダイヤモンド』(5票)
 ・オークワフィナ 『フェアウェル』(米・中)(4票)
 ・オナー・スウィントン・バーン(Honor Swinton Byrne) “The Souvenir”(3票)
 ・2票/1票:15人

 ◆第1回作品賞(Best First Feature)
 ・マティ・ディオップ 『アトランティックス』(仏・セネガル・ベルギー)(9票)
 ・Joe Talbot “The Last Black Man in San Francisco”(8票)
 ・オリヴィア・ワイルド “Booksmart”(7票)
 ・ジェレミー・クラパン 『失くした体』(4票)
 ・Tamara Kotevska、Ljubo Stefanov “Honeyland”(北マケドニア)(4票)
 ・2票/1票:8作品

 ◆シネマティック・モーメント(Best Cinematic Moment)
 ・『ハスラーズ』:ジェニファー・ロペス役がポール・ダンスで紹介されるシーン
 ・『ミッドサマー』:フラワー・アレンジ(floral arrangements)からbeautiful burningへのファイナル・プロセッション
 ・『アンカット・ダイヤモンド』:バスケットボールのシーンを含むファイナル・シークエンス

 ◆10年間のベスト映画(Best Films of the Decade)
 17人の評者によって選ばれた映画は100本以上。2票以上獲得した作品はわずかに15本。
 ・『ビール・ストリートの恋人たち』
 ・『ショー・ミー・ラヴ』
 ・『ブラック・スワン』
 ・『キャロル』
 ・『マッドマックス 怒りのデス・ロード』
 ・『ムーンライト』
 ・“OJ: Made In America”
 ・”Portrait of a Lady on Fire”(仏)
 ・『スパイダーマン: スパイダーバース』
 ・『ロブスター』
 ・『ザ・マスター』
 ・『ソーシャル・ネットワーク』
 ・『ツリー・オブ・ライフ』
 ・『ニーチェの馬』
 ・『アンダー・ザ・スキン 種の捕食』
 ・『セッション』
 ・“World of Tomorrow”

――――――――――――――――――――――――――――――

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・マイアミ映画賞 2018年度:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201901/article_20.html

 ・マイアミ映画賞 2017年度:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201801/article_7.html

 ・全米映画賞レース2019の受賞結果をまとめてみました:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201912/article_59.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2019年10月~2020年1月:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201910/article_7.html

この記事へのコメント