視覚効果協会賞(VES) 2020 受賞結果

 第18回視覚効果協会賞(VES)の受賞結果が発表されました。(1月29日)

 【長編映画部門】

 ◆視覚効果賞(Outstanding Visual Effects in a Photoreal Feature)
 ◎『ライオン・キング』
 ロバート・レガート(Robert Legato)、トム・ペイツマン(Tom Peitzman)、アダム・ヴァルデス(Adam Valdez)、アンドリュー・R・ジョーンズ(Andrew R. Jones)

 ◆視覚効果賞 視覚効果が補助的に使われている長編映画部門(Outstanding Supporting Visual Effects in a Photoreal Feature)
 ◎『アイリッシュマン』
 パブロ・ヘルマン(Pablo Helman)、Leandro Estebecorena、Nelson Sepulveda-Fauser、Stephane Grabli

 ◆アニメーション・キャラクター賞 長編映画部門(Outstanding Animated Character in a Photoreal Feature)
 ◎『アリータ:バトル・エンジェル』;アリータ
 Michael Cozens、Mark Haenga、Olivier Lesaint、Dejan Momcilovic

 ◆環境クリエーション 長編映画部門(Outstanding Created Environment in a Photoreal Feature)
 ◎『ライオン・キング』;The Pridelands
 Marco Rolandi、Luca Bonatti、Jules Bodenstein、Filippo Preti

 ◆撮影賞 長編映画部門(Outstanding Virtual Cinematography in a CG Project)
 ◎『ライオン・キング』
 ロバート・レガート(Robert Legato)、キャレブ・デシャネル(Caleb Deschanel)、ベン・グロスマン(Ben Grossmann)、AJ Sciutto

 ◆模型賞 長編映画/アニメーション・プロジェクト部門(Outstanding Model in a Photoreal or Animated Project)
 ◎『マンダロリアン』“The Mandalorian”; The Sin; The Razorcrest
 Doug Chiang、Jay Machado、John Goodson、Landis Fields IV

 ◆エフェクト・シュミレーション 長編映画部門(Outstanding Effects Simulations in a Photoreal Feature)
 ◎『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』
 Don Wong、Thibault Gauriau、Goncalo Cababca、Francois-Maxence Desplanques

 ◆合成賞 長編映画部門(Outstanding Compositing in a Feature)
 ◎『アイリッシュマン』
 Nelson Sepulveda、Vincent Papaix、Benjamin O’Brien、Christopher Doerhoff

 【長編アニメーション部門】

 ◆視覚効果賞 長編アニメーション部門(Outstanding Visual Effects in an Animated Feature)
 ◎“Missing Link”
 ブラッド・シフ(Brad Schiff)、トラヴィス・ナイト、Steve Emerson、Benoit Dubuc

 ◆アニメーション・キャラクター賞 長編アニメーション部門(Outstanding Animated Character in an Animated Feature)
 ◎“Missing Link”; Susan
 Rachelle Lambden、Brenda Baumgarten、Morgan Hay、Benoit Dubuc

 ◆環境クリエーション アニメーション部門(Outstanding Created Environment in an Animated Feature)
 ◎『トイ・ストーリー4』; Antiques Mall
 Hosuk Chang、Andrew Finley、Alison Leaf、Philip Shoebottom

 ◆エフェクト・シュミレーション 長編アニメーション部門(Outstanding Effects Simulations in an Animated Feature)
 ◎『アナと雪の女王2』
 Erin V. Ramos、Scott Townsend、Thomas Wickes、Rattanin Sirinaruemarn

 【テレビ部門】

 ◆視覚効果賞 テレビ・エピソード部門(Outstandind Visual Effects in a Photoreal Episode)
 ◎『マンダロリアン』“The Mandalorian”; The Child
 Richard Bluff、Abbigail Keller、Jason Porter、Hayden Jones、ロイ・K・カンシノ(Roy K. Cancino)

 ◆視覚効果賞 視覚効果が補助的に使われているテレビ・エピソード部門(Outstandind Supporting Visual Effects in a Photoreal Episode)
 ◎『チェルノブイリ』; 1:23:45
 Max Dennison、Lindsay McFarlane、Clare Cheetham、Paul Jones、Claudius Christian Rauch

 ◆アニメーション・キャラクター賞 テレビ・エピソード/リアルタイム・プロジェクト部門(Outstanding Animated Character in an Episode or Real-Time Project)
 ◎『ストレンジャー・シングス 未知の世界 3シーズン』; Tom/Bruce Monster
 Joseph Dubé-Arsenault、Antoine Barthod、Frederick Gagnon、Xavier Lafarge

 ◆環境クリエーション テレビ・エピソード/CM/リアルタイム・プロジェクト部門(Outstanding Created Environment in an Episode, Commercial, or Real-Time Project)
 ◎『ゲーム・オブ・スローンズ』; The Iron Throne; Red Keep Plaza
 Carlos Patrick DeLeon、Alonso Bocanegra Martinez、Marcela Silva、Benjamin Ross

 ◆エフェクト・シュミレーション テレビ・エピソード/CM/リアルタイム・プロジェクト部門(Outstanding Effects Simulations in an Episode, Commercial, or Real-Time Project)
 ◎『ストレンジャー・シングス 未知の世界 3シーズン』; Melting Tom/Bruce
 Nathan Arbuckle、Christian Gaumond、James Dong、Aleksandr Starkov

 ◆合成賞 テレビ・エピソード部門(Outstanding Compositing in an Episode)
 ◎『ゲーム・オブ・スローンズ』; The Long Night; Dragon Ground Battle
 Mark Richardson、Darren Christie、Nathan Abbott、Owen Longstaff

 【リアルタイム・プロジェクト部門】

 ◆視覚効果賞 リアルタイム・プロジェクト部門(Outstandind Visual Effects in a Real-Time Project)
 ◎“Control”
 Janne Pulkkinen、Elmeri Raitanen、Matti Hämäläinen、James Tottman

 【CM部門】

 ◆視覚効果賞 CM部門(Outstanding Visual Effects in a Commercial)
 ◎“Hennessy: The Seven Worlds”
 Carsten Keller、Selçuk Ergen、Kiril Mirkov、William Laban

 ◆アニメーション・キャラクター賞 CM部門(Outstanding Animated Character in a Commercial)
 ◎“Cyberpunk 2077”; Dex
 Jonas Ekman、Jonas Skoog、Marek Madej、Grzegorz Chojnacki

 ◆合成賞 CM部門(Outstanding Compositing in a Commercial)
 ◎“Hennessy: The Seven Worlds”
 Rod Norman、Guillaume Weiss、アレクサンデル・クリコフ(Alexander Kulikov)、Alessandro Granella

 【その他の賞】

 ◆視覚効果賞 特別開催プロジェクト部門(Outstanding Visual Effects in a Special Venue Project)
 ◎『スター・ウォーズ:ライズ・オブ・レジスタンス』“Star Wars: Rise of the Resistance”
 Jason Bayever、Patrick Kearney、Carol Norton、Bill George

 ◆Outstanding Special (Practical) Effects in a Photoreal or Animated Project
 ◎『ダーククリスタル』: THE AGE OF RESISTANCE; She Knows All the Secrets
 Sean Mathiesen、Jon Savage、Toby Froud、Phil Harvey

 ◆学生作品賞(Outstanding Visual Effects in a Student Project)
 ◎“The Beauty”
 Marc Angele、Aleksandra Todorovic、Pascal Schelbli、Noel Winzen

 【特別賞・名誉賞】

 ◆VES生涯貢献賞(VES Lifetime Achievement Award)
 ◎マーティン・スコセッシ

 ◆VESヴィジョナリー賞(VES Visionary Award)
 ◎ローランド・エメリッヒ

ローランドエメリッヒ.jpg

 ◆VES クリエイティヴ・エクセレンス賞(VES Award for Creative Excellence)
 ◎Sheena Duggal
 『ゴーストバスターズ2020』『ミス・リベンジ』『ヴェノム』『ドクター・ストレンジ』『マイティ・ソー ダーク・ワールド』『アイアンマン3』『ハンガー・ゲーム3』『セックス・アンド・ザ・シティ2』『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』『ワールド・オブ・ライズ』『スパイダーマン3』『スーパーマン リターンズ』などを手がける視覚効果スーパーバイザー(Visual Effects Supervisor)。

――――――――――――――――――――――――――――――――

 映画部門のこれまでの受賞結果では、米国アカデミー賞視覚効果賞と視覚効果協会賞(VES)の「視覚効果賞(視覚効果が作品に大きく寄与している長編映画部門)」が一致したのは、過去全17回のうち10回、「視覚効果賞 視覚効果が補助的に使われている長編映画部門」と一致したのが2回です。
 前回は、VESの視覚効果賞が『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』、「視覚効果賞 視覚効果が補助的に使われている長編映画部門」が『ファースト・マン』で、後者が米国アカデミー賞と一致しました。

 本年度は、
 サテライト・アワードは、『アリータ:バトル・エンジェル』、
 クリティクス・チョイス・アワードは、『アベンジャーズ/エンドゲーム』
 が受賞しています。

 この2作だったら、『アベンジャーズ/エンドゲーム』が有力に見えますが、VESでは全く受賞できませんでした。

 この調子で行くと、米国アカデミー賞は『ライオン・キング』か、あるいはひょっとして『アイリッシュマン』でしょうか。

 ◆米国アカデミー賞2020視覚効果賞(Achievement in visual effects) ノミネーション
 ・『アベンジャーズ/エンドゲーム』 ダン・デリーウ(Dan DeLeeuw)、ラッセル・アール(Russell Earl)、マット・エイトキン ( Matt Aitken)、ダン・サディック(Dan Sudick)
 ・『アイリッシュマン』 パブロ・ヘルマン(Pablo Helman)、Leandro Estebecorena、Nelson Sepulveda-Fauser、Stephane Grabli
 ・『ライオン・キング』 アンドリュー・R・ジョーンズ(Andrew R. Jones)、ロバート・レガート(Robert Legato)、Elliott Newman、アダム・ヴァルデス(Adam Valdez)
 ・『1917 命をかけた伝令』(英・米) ギョーム・ロシェロン(Guillaume Rocheron)、Dominic Tuohy
 ・『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』 ロジャー・ガイエット(Roger Guyett)、ニール・スキャンラン(Neal Scanlan)、パトリック・トゥバック(Patrick Tubach)、Dominic Tuohy

 ※本年度の視覚効果協会賞(VES)の授賞式は、ローランド・エメリッヒは出席したようですが、マーティン・スコセッシは欠席だったようです。

--------------------------------

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・米国アカデミー賞2020 視覚効果賞 候補10作品:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201912/article_50.html
 ・米国アカデミー賞2020 視覚効果賞 候補20作品:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201912/article_34.htm

 ・米・視覚効果協会賞(VES)2019 受賞結果:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201902/article_16.html
 ・米・視覚効果協会賞(VES)2018 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201801/article_53.html
 ・米・視覚効果協会賞(VES)2018 受賞結果:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201802/article_32.html
 ・米・視覚効果協会賞(VES)2017 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201701/article_48.html
 ・米・視覚効果協会賞(VES)2017 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201702/article_19.html
 ・米・視覚効果協会賞(VES)2016 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201602/article_5.html
 ・米・視覚効果協会賞(VES)2015 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201502/article_20.html
 ・米・視覚効果協会賞(VES)2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201402/article_29.html
 ・米・視覚効果協会賞(VES)2013 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201401/article_45.html
 ・米・視覚効果協会賞(VES)2013 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201301/article_13.html
 ・米・視覚効果協会賞(VES)2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201302/article_11.html
 ・米・視覚効果協会賞(VES)2012 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201102/article_24.html
 ・米・視覚効果協会賞(VES)2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201202/article_19.html
 ・米・視覚効果協会賞(VES)2011 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_17.html
 ・米・視覚効果協会賞(VES)2011 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201102/article_4.html
 ・米・視覚効果協会賞(VES)2010 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_34.html
 ・米・視覚効果協会賞(VES)2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201003/article_4.html
 ・米・視覚効果協会賞(VES)2009 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200901/article_23.html
 ・米・視覚効果協会賞(VES)2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200902/article_31.html

 ・全米映画賞レース2019の受賞結果をまとめてみました:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201912/article_59.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2019年10月~2020年1月:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201910/article_7.html

この記事へのコメント