ノース・カロライナ映画批評家協会賞2020 ノミネーション

 第8回ノース・カロライナ映画批評家協会賞のノミネーションです。(12月27日発表)

 ノース・カロライナ映画批評家協会賞(NCFCA:North Carolina Film Critics Association)
 設立年:2012 会員数:47
 公式サイト:http://www.ncfilmcritics.org/

 特殊効果賞(Best Special Effects)とノース・カロライナ映画賞であるKen Hanke Memorial Tar Heel Awardを設けている。

 2019年の作品賞は『ROMA/ローマ』、2018年の作品賞は『ゲット・アウト』、2017年の作品賞は『ラ・ラ・ランド』、2016年の作品賞は『スポットライト 世紀のスクープ』、2015年の作品賞は『グランド・ブダペスト・ホテル』、2014年の作品賞は『それでも夜は明ける』、2012年(度)の作品賞は『世界にひとつのプレイブック』。

ノース・カロライナ.jpg

―――――――――――――――――――――――――――――――

 ◆作品賞(Best Narrative Film)
 ・『アイリッシュマン』
 ・『ジョジョ・ラビット』
 ・『マリッジ・ストーリー』
 ・『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
 ・『パラサイト 半地下の家族』(韓)

 ◆監督賞(Best Director)
 ・ポン・ジュノ 『パラサイト 半地下の家族』(韓)
 ・サム・メンデス 『1917 命をかけた伝令』(英・米)
 ・マーティン・スコセッシ 『アイリッシュマン』
 ・クエンティン・タランティーノ 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
 ・タイカ・ワイティティ 『ジョジョ・ラビット』

 ◆主演男優賞(Best Actor)
 ・レオナルド・ディカプリオ 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
 ・アダム・ドライヴァー 『マリッジ・ストーリー』
 ・エディー・マーフィー 『ルディ・レイ・ムーア』
 ・ホアキン・フェニックス 『ジョーカー』
 ・アダム・サンドラー 『アンカット・ダイヤモンド』

 ◆主演女優賞(Best Actress)
 ・オークワフィナ 『フェアウェル』(米・中)
 ・スカーレット・ヨハンソン 『マリッジ・ストーリー』
 ・ルピタ・ニョンゴ 『アス』
 ・シアーシャ・ローナン 『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』
 ・シャーリーズ・セロン 『スキャンダル』
 ・レニー・ゼルウィガー 『ジュディ 虹の彼方に』

 ◆助演男優賞(Best Supporting Actor)
 ・ウィレム・デフォー “The Lighthouse”
 ・トム・ハンクス “A Beautiful Day in the Neighborhood”
 ・シャイア・ラブーフ  “Honey Boy”
 ・ジョー・ペシ  『アイリッシュマン』
 ・ブラッド・ピット 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

 ◆助演女優賞(Best Supporting Actress)
 ・ローラ・ダーン 『マリッジ・ストーリー』
 ・ジェニファー・ロペス 『ハスラーズ』
 ・フローレンス・ピュー 『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』
 ・マーゴット・ロビー 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
 ・チャオ・シュウチェン(Zhao Shuzhen) 『フェアウェル』(米・中)

 ◆オリジナル脚本賞(Best Original Screenplay)
 ・ノア・バームバック 『マリッジ・ストーリー』
 ・ポン・ジュノ、ハン・ジヌォン 『パラサイト 半地下の家族』(韓)
 ・ライアン・ジョンソン 『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』
 ・クエンティン・タランティーノ 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
 ・ルル・ワン 『フェアウェル』(米・中)

 ◆脚色賞(Best Adapted Screenplay)
 ・ミカ・フィッツァーマン=ブルー(Micah Fitzerman-Blue)、ノア・ハープスター(Noah Harpster) “A Beautiful Day in the Neighborhood”
 ・グレタ・ガーウィグ 『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』
 ・アンソニー・マクカーテン(Anthony McCarten) 『2人のローマ教皇』(英・米・伊・アルゼンチン)
 ・タイカ・ワイティティ 『ジョジョ・ラビット』
 ・スティーヴン・ザイリアン 『アイリッシュマン』

 ◆撮影賞(Best Cinematography)
 ・ジェアリン・ブラシュケ(Jarin Blaschke) “The Lighthouse”
 ・ロジャー・ディーキンス 『1917 命をかけた伝令』(英・米)
 ・ホン・ギョンピョ 『パラサイト 半地下の家族』
 ・ホイテ・ヴァン・ホイテマ 『アド・アストラ』
 ・ロバート・リチャードソン 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

 ◆特別効果賞(Best Special Effects)
 ・『1917 命をかけた伝令』(英・米)
 ・『アド・アストラ』
 ・『アベンジャーズ/エンドゲーム』
 ・『アイリッシュマン』
 ・『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』

 ◆音楽賞(Best Music)
 ・『1917 命をかけた伝令』(英・米)
 ・『ジョジョ・ラビット』
 ・『マリッジ・ストーリー』
 ・『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
 ・『アス』

 ◆ドキュメンタリー賞(Best Documentary Film)
 ・『アメリカン・ファクトリー』“American Factory”(米) 監督:スティーヴン・ボグナー(Steven Bognar)、ジュリア・ライカート(Julia Reichert)
 ・『アポロ11 完全版』 監督:トッド・ダグラス・ミラー(Todd Douglas Miller)
 ・“Hail Satan?”(米) 監督:Penny Lane
 ・『レボリューション 米国議会に挑んだ女性たち』“Knock Down the House”(米) 監督:レイチェル・リアーズ(Rachel Lears)
 ・“One Child Nation”(中・米) 監督:Nanfu Wang(王男栿)、Jialing Zhang

 ◆アニメーション賞(Best Animated Film)
 ・『アナと雪の女王2』 監督:クリス・バック、ジェニファー・リー
 ・『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』 監督:ディーン・デュボア
 ・『レゴ ムービー 2』 監督:マイク・ミッチェル
 ・”Missing Link” 監督:クリス・バトラー
 ・『トイ・ストーリー4』 監督:ジョシュ・クーリー

 ◆外国語映画賞(Best Foreign Language Film)
 ・『アトランティックス』“Atlantics(Atlantique)”(仏・セネガル・ベルギー) 監督:マティ・ディオップ
 ・『フェアウェル』(米・中) 監督:ポン・ジュノ
 ・『パラサイト 半地下の家族』(韓) 監督:ポン・ジュノ
 ・“Pain and Glory(Dolor y gloria)”(西) 監督:ペドロ・アルモドバル
 ・“Portrait of a Lady on Fire”(仏) 監督:セリーヌ・シアマ
 ・『未来を乗り換えた男』“Transit”(独・仏) 監督:クリスティアン・ペツォールト

 ◆Ken Hanke Memorial Tar Heel Award
 *ノース・カロライナに特別なつながりを持つアーティストや作品に贈られる。2017年にノース・カロライナの映画批評家Ken Hankeの長年の活動にちなんで設けられた。(To an artist or film with a special connection to North Carolina. In 2017, the Tar Heel Award was dedicated to longtime North Carolina film critic Ken Hanke.)

 ・“The Best of Enemies” ニューヨーク州ダーラムを舞台にしていて、ノース・カロライナ学校の統合を記録している。(film set in Durham, NC and chronicling the integration of North Carolina schools.)
 ・ジョナサン・メジャーズ(Jonathan Majors)(formerly from UNC School of the Arts) “The Last Black Man in San Francisco” 出演。
 ・タイラー・ニルソン(Tyler Nilson)&マイケル・シュワルツ(Michael Schwatrz ) 『ザ・ピーナッツバター・ファルコン』の監督&脚本家

―――――――――――――――――――――――――――――――

 主な作品のノミネート状況は、以下の通り。

 ・『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(8):作品・監督・主演男優・助演男優・助演女優・脚本・撮影・音楽
 ・『マリッジ・ストーリー』(6):作品・主演男優・主演女優・助演女優・脚本・音楽
 ・『アイリッシュマン』(5):作品・監督・助演男優・脚色・特別効果
 ・『パラサイト 半地下の家族』(5):作品・監督・脚本・撮影・外国語
 ・『ジョジョ・ラビット』(4):作品・監督・脚色・音楽
 ・『1917 命をかけた伝令』(4):監督・撮影・特別効果・音楽
 ・『フェアウェル』(4):主演女優・助演女優・脚本・外国語
 ・『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』(3):主演女優・助演女優・脚色
 ・“The Lighthouse”(2):助演男優・撮影
 ・“A Beautiful Day in the Neighborhood”(2):助演男優・脚色
 ・『アス』(2):主演女優・音楽
 ・『アド・アストラ』(2):撮影・特別効果

 ノース・カロライナ映画批評家協会賞2020の受賞結果は、1月3日発表です。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
  ↓ ↓ ↓ ↓
 
  ↑ ↑ ↑ ↑
  クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・ノース・カロライナ映画批評家協会賞2019 ノミネーション:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201812/article_73.html
 ・ノース・カロライナ映画批評家協会賞2019 受賞結果:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201901/article_6.html
 ・ノース・カロライナ映画批評家協会賞2018 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201712/article_97.html
 ・ノース・カロライナ映画批評家協会賞2018 受賞結果:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201801/article_4.html
 ・ノース・カロライナ映画批評家協会賞2017 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201612/article_96.html
 ・ノース・カロライナ映画批評家協会賞2017 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201701/article_3.html
 ・ノース・カロライナ映画批評家協会賞2016 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201512/article_79.html
 ・ノース・カロライナ映画批評家協会賞2016 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201601/article_5.html
 ・ノース・カロライナ映画批評家協会賞2015 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201501/article_5.html
 ・ノース・カロライナ映画批評家協会賞2015 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201501/article_12.html
 ・ノース・カロライナ映画批評家協会賞2014 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201401/article_11.html
 ・ノース・カロライナ映画批評家協会賞2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201401/article_37.html

 ・全米の映画批評家協会系映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_2.html

 ・全米の映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_45.html

 ・全米映画賞レース2019の受賞結果をまとめてみました:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201912/article_59.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2019年10月~2020年1月:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201910/article_7.html

 追記:
 ・ノース・カロライナ映画批評家協会賞2020 受賞結果:https://umikarahajimaru.at.webry.info/202001/article_12.html

この記事へのコメント