ゲイ&レズビアン・エンタテインメント映画批評家協会が選ぶドリアン賞2020!

 ゲイ&レズビアン・エンタテインメント映画批評家協会(GALECA:The Gay and Lesbian Entertainment Critics)の贈る映画賞、第11回ドリアン賞の受賞結果が発表になりました。(1月10日。ノミネーションの発表は1月3日)

ドリアン.jpg

 ◆作品賞(Film of The Year)
 ・『ハスラーズ』
 ・『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』
 ・『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
 ・”Pain and Glory(Dolor y gloria)”(西)
 ◎『パラサイト 半地下の家族』(韓)
 ・”Portrait of a Lady on Fire”(仏)

 ◆監督賞(Director of the Year)
 ・ペドロ・アルモドバル “Pain and Glory(Dolor y gloria)”(西)
 ・グレタ・ガーウィグ 『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』
 ◎ポン・ジュノ 『パラサイト 半地下の家族』(韓)
 ・サム・メンデス 『1917 命をかけた伝令』(英・米)
 ・セリーヌ・シアマ “Portrait of a Lady on Fire”(仏)

 ◆主演男優賞(Best Performance of The Year – Actor)
 ◎アントニ・バンデラス “Pain and Glory(Dolor y gloria)”(西)
 ・アダム・ドライヴァー 『マリッジ・ストーリー』
 ・アダム・サンドラー 『アンカット・ダイヤモンド』
 ・ホアキン・フェニックス 『ジョーカー』
 ・タロン・エガートン 『ロケットマン』

 ◆主演女優賞(Best Performance of The Year – Actress)
 ・オークワフィナ 『フェアウェル』(米・中)
 ・スカーレット・ヨハンソン マリッジ・ストーリー』
 ・ルピタ・ニョンゴ 『アス』
 ・アルフレ・ウッダード “Clemency”
 ◎レニー・ゼルウィガー 『ジュディ 虹の彼方に』

 ◆助演男優賞(Supporting Film Performance of The Year — Actor)
 ・トム・ハンクス “A Beautiful Day in the Neighborhood”
 ・アル・パチーノ 『アイリッシュマン』
 ・ジョー・ペシ 『アイリッシュマン』
 ・ブラッド・ピット 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
 ◎ソン・ガンホ 『パラサイト 半地下の家族』(韓)

 ◆助演女優賞(Supporting Film Performance Of The Year — Actress)
 ・ローラ・ダーン 『マリッジ・ストーリー』
 ・フローレンス・ピュー 『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』
 ◎ジェニファー・ロペス 『ハスラーズ』
 ・マーゴット・ロビー 『スキャンダル』
 ・チャオ・シュウチェン 『フェアウェル』(米・中)

 ◆脚本賞(Screenplay of the Year)
 ・ノア・バームバック 『マリッジ・ストーリー』
 ◎ポン・ジュノ、ハン・ジヌォン 『パラサイト 半地下の家族』(韓)
 ・グレタ・ガーウィグ 『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』
 ・セリーヌ・シアマ “Portrait of a Lady on Fire”(仏)
 ・ライアン・ジョンソン 『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』

 ◆LGBTQ作品賞(LGBTQ Film of The Year)
 ・“Booksmart” 監督:オリヴィア・ワイルド
 ・“End of the Century(Fin de siglo)”(アルゼンチン) 監督:Lucio Castro
 ・”Pain and Glory(Dolor y gloria)”(西)
 ◎“Portrait of a Lady on Fire”(仏)
 ・『ロケットマン』

 ◆ドキュメンタリー賞(Documentary of The Year)
 ・『アメリカン・ファクトリー』“American Factory”(米) 監督:スティーヴン・ボグナー(Steven Bognar)、ジュリア・ライカート(Julia Reichert)
 ・『アポロ11 完全版』 監督:トッド・ダグラス・ミラー(Todd Douglas Miller)
 ・『娘は戦場で生まれた』(英・シリア) 監督:ワアド・アル・カデブ(Waad al-Kateab)、エドワード・カッツ(Edward Watts)
 ◎“Honeyland”(北マケドニア) 監督:Tamara Kotevska、Ljubomir Stefanov
 ・“One Child Nation”(中・米) 監督:Nanfu Wang(王男栿)、Jialing Zhang

 ◆LGBTQドキュメンタリー賞(LGBTQ Documentary of the Year)
 ・“Circus of Books”(米) 監督:Rachel Mason
 ・“Gay Chorus Deep South”(米) 監督:David Charles Rodrigues
 ・“The Gospel of Eureka”(米) 監督:Donal Mosher、Michael Palmieri
 ・“5B”(米) 監督:ポール・ハギス、ダン・クラウス(Dan Krauss)
 ◎“Scream, Queen! My Nightmare on Elm Street”(米) 監督:Roman Chimienti、Tyler Jensen

 ◆外国語映画賞(Foreign Language Film of The Year)
 ・『アトランティックス』“Atlantics(Atlantique)”(仏・セネガル・ベルギー) 監督:マティ・ディオップ
 ・”Pain and Glory(Dolor y gloria)”(西)
 ◎『パラサイト 半地下の家族』(韓)
 ・”Portrait of a Lady on Fire”(仏)
 ・『フェアウェル』(米・中)

 ◆ヴィジュアル・ストライク賞(Visually Striking Film of The Year)
 美術から撮影まで、美しいと判断された作品に贈られる。(honoring a production of stunning beauty, from art direction to cinematography)
 ・『ミッドサマー』
 ◎『1917 命をかけた伝令』(英・米)
 ・“The Lighthouse”
 ・『パラサイト 半地下の家族』(韓)
 ◎”Portrait of a Lady on Fire”(仏)

 ◆まだまだ評価が足りない映画作品賞(Unsung Film of The Year)
 ◎“Booksmart”  監督:オリヴィア・ワイルド
 ・“Her Smell” 監督:アレックス・ロス・ペリー
 ・“Gloria Bell”(米・チリ) 監督:セバスティアン・レリオ
 ・“The Last Black Man in San Francisco” 監督:Joe Talbot
 ・『WAVES/ウェイブス』 監督:トレイ・エドワード・シュルツ

 ◆キャンピーな映画作品賞(Campy Flick of The Year)
 ◎『キャッツ』(英・米) 監督:トム・フーパー
 ・『グレタ GRETA』(アイルランド・米) 監督:ニール・ジョーダン
 ・『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』 監督:ライアン・ジョンソン
 ・“Ma(日・米)” 監督:テイト・テイラー
 ・『セレニティー: 平穏の海』“Serenity”(英・米) 監督:スティーヴン・ナイト

 ◆TVドラマ賞(TV Drama of The Year)
 ・『チェルノブイリ』
 ・“Euphoria”
 ◎『POSE ポーズ』"Pose"
 ・『キング・オブ・メディア』
 ・『アンビリーバブル たった1つの真実』"Unbelievable"

 ◆TVコメディー賞(TV Comedy of The Year)
 ◎『Fleabag フリーバッグ』
 ・“The Other Two”
 ・“PEN15”
 ・『ロシアン・ドール: 謎のタイムループ』"Russian Doll"
 ・『シッツ・クリーク』

 ◆男優賞 TV部門(TV Performance of The Year – Actor)
 ・ビル・ヘイダー 『バリー』
 ・ダン・レヴィ 『シッツ・クリーク』
 ・ジャハール・ジェローム(Jharrel Jerome) 『ボクらを見る目』“When They See Us”
 ◎ビリー・ポーター(Billy Porter) 『POSE ポーズ』"Pose"
 ・ジェレミー・ストロング 『キング・オブ・メディア』

 ◆女優賞 TV部門(TV Performance of The Year – Actress)
 ・ナターシャ・リオン(Natasha Lyonne) 『ロシアン・ドール: 謎のタイムループ』
 ・キャサリン・オハラ 『シッツ・クリーク』
 ・Mj Rodriguez 『POSE ポーズ』
 ◎フィービー・ウォーラー=ブリッジ(Phoebe Waller-Bridge) 『Fleabag フリーバッグ』
 ・ミシェル・ウィリアムズ "Fosse/Verdon"

 ◆LGBTQ TV作品賞(LGBTQ TV Show of The Year)
 ・“Euphoria”
 ・“The Other Two”
 ◎『POSE ポーズ』"Pose"
 ・『シッツ・クリーク』
 ・『メリー・アン・シングルトンの物語』“Tales of the City”

 ◆まだまだ評価が足りないTV作品賞(Unsung TV Show of The Year)
 ・“Gentleman Jack”
 ・“On Becoming a God in Central Florida”
 ◎“The Other Two”
 ・“PEN15”
 ・“Years and Years”

 ◆TV時事ニュース・ショー(TV Current Affairs Show of the Year)
 ・“Full Frontal with Samantha Bee”
 ・“The Rachel Maddow Show”
 ・“Last Week Tonight with John Oliver”
 ・“The Late Show with Stephen Colbert”
 ◎『ネバーランドにさよならを』“Leaving Neverland”

 ◆TVミュージカル・パフォーマンス賞(TV Musical Performance of the Year)
 ◎ブラッドリー・クーパー、レディー・ギャガ “Shallow” 第91回アカデミー賞授賞式
 ・リゾ(Lizzo) “Truth Hurts” VMAs 2019
 ・メーガン・ムラーリー(Megan Mullally) “The Man That Got Way” 『ふたりは友達? ウィル&グレイス』“Will & Grace”
 ・アーニー・マーフィー(Annie Murphy) “A Little Bit Alexis” 『シッツ・クリーク』
 ・ミシェル・ウィリアムズ “Who’s Got the Pain?” “Fosse/Verdon”

 ◆キャンピーなTV作品賞(Campy TV Show of The Year)
 ・“American Horror Story 1984”
 ・『ビッグ・リトル・ライズ』“Big Little Lies”
 ・『ル・ポールのドラァグ・レース』“RuPaul’s Drag Race”
 ◎『ザ・ポリティシャン』“The Politician”
 ・『リバーデイル』“Riverdale”

 ◆私たちは魅了された!ライジング・スター賞(We're Wilde About You! Rising Star Award)
 ・ローマン・グリフィン・デイヴィス
 ・ケイトリン・ディーヴァー(Kaitlyn Dever)
 ・ビーニー・フェルドスタイン(Beanie Feldstein)
 ◎フローレンス・ピュー
 ・ハンター・シェイファー(Hunter Schafer)

 ◆魅力的な才能賞(Wilde Wit of The Year)
 チャレンジをし、観る者を楽しませるパフォーマーやライター、コメンテイターに贈られる(honoring a performer, writer or commentator whose observations both challenge and amuse))
 ・ダン・レヴィ(Dan Levy)
 ・ビリー・ポーター(Billy Porter)
 ・Randy Rainbow
 ・タイカ・ワイティティ
 ◎フィービー・ウォーラー=ブリッジ(Phoebe Waller-Bridge)

 ◆10年の魅力的な才能(特別称賛)(Wilde Artist of the Decade (Special Accolade))
 ◎レディー・ガガ
 ・グレタ・ガーウィグ
 ・ライアン・マーフィー
 ・ビリー・ポーター

 映画作品の主なノミネート&受賞状況は以下の通り。
 ・『パラサイト 半地下の家族』(5/6):作品・監督・助演男優・脚本・外国語・VS
 ・”Portrait of a Lady on Fire”(3/6):作品・監督・脚本・LGBTQ・外国語・VS
 ・『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』(0/5):作品・監督・主演女優・
 ・”Pain and Glory(Dolor y gloria)”(1/5):作品・監督・主演男優・LGBTQ・外国語
 ・『マリッジ・ストーリー』(0/4):主演男優・主演女優・助演女優・脚本
 ・『フェアウェル』(0/3):主演女優・助演女優・外国語
 ・『ハスラーズ』(1/2):作品・助演女優
 ・『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(0/2):作品・助演男優
 ・『1917 命をかけた伝令』(1/2):監督・VS
 ・『ロケットマン』(0/2):主演男優・LGBTQ
 ・『アイリッシュマン』(0/2):助演男優・助演男優
 ・『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』(0/2):脚本・キャンピー
 ・“Booksmart”(0/2):LGBTQ・評価

 ここでも『パラサイト 半地下の家族』は作品賞&監督賞を受賞するとは、ひょっとすると、ひょっとするかも?

 TV作品の主なノミネート&受賞状況は以下の通り。
 ・『POSE ポーズ』(3/4):ドラマ・男優・女優・LGBTQ
 ・『シッツ・クリーク』(0/4):コメディー・男優・女優・LGBTQ
 ・“The Other Two”(1/3):コメディー・LGBTQ・評価
 ・“Euphoria”(0/2):ドラマ・LGBTQ
 ・『キング・オブ・メディア』(0/2):ドラマ・男優
 ・『Fleabag フリーバッグ』(2/2):コメディー・女優
 ・“PEN15”(0/2):コメディー・評価
 ・『ロシアン・ドール: 謎のタイムループ』(0/2):コメディー・女優
 ・"Fosse/Verdon"(0/2):女優・ミュージカル

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・ドリアン賞2019 受賞結果:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201901/article_32.html
 ・ドリアン賞2018 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201801/article_35.html
 ・ドリアン賞2018 受賞結果:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201802/article_2.html
 ・ドリアン賞2017 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201701/article_41.html
 ・ドリアン賞2017 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201701/article_70.html
 ・ドリアン賞2016 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201601/article_33.html
 ・ドリアン賞2016 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201601/article_43.html
 ・ドリアン賞2015 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201501/article_36.html
 ・ドリアン賞2015 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201502/article_1.html
 ・ドリアン賞2014 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201401/article_48.html
 ・ドリアン賞2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201401/article_66.html
 ・ドリアン賞2013 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201301/article_33.html
 ・ドリアン賞2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201301/article_47.html
 ・ドリアン賞2012 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201201/article_25.html
 ・ドリアン賞2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201201/article_34.html

 ・全米の映画批評家協会系映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_2.html

 ・全米の映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_45.html

 ・全米映画賞レース2019の受賞結果をまとめてみました:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201912/article_59.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2019年10月~2020年1月:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201910/article_7.html

この記事へのコメント