女性映画批評家オンライン協会賞2019 受賞結果

 第3回女性映画批評家オンライン協会賞(OAFFC:Online Association of Female Film Critics Awards)の受賞結果です。(12月23日。ノミネーション発表は12月16日。)

 【女性映画批評家オンライン協会(OAFFC:Online Association of Female Film Critics】

 設立年:  会員数:43
 公式サイト:http://www.oaffc.com/
 公式twitter:https://twitter.com/theOAFFC
 公式facebook:https://www.facebook.com/OAFFC/

 2018年の作品賞は『ROMA/ローマ』、2017年の作品賞は『シェイプ・オブ・ウォーター』

オンライン女性映画批評家協会賞.jpg

―――――――――――――――――――――――――――――――

 ◆作品賞
 ・『ジョジョ・ラビット』
 ・『マリッジ・ストーリー』
 次点:『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
 ◎『パラサイト 半地下の家族』(韓)
 ・『フェアウェル』(米・中)

 ◆監督賞
 ・アルマ・ハレル(Alma Har’el)“Honey Boy”
 ◎ポン・ジュノ 『パラサイト 半地下の家族』(韓)
 ・マーティン・スコセッシ 『アイリッシュマン』
 ・クエンティン・タランティーノ 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
 次点:ルル・ワン 『フェアウェル』(米・中)

 ◆主演男優賞(Best Male Lead)
 ・レオナルド・ディカプリオ 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
 ◎アダム・ドライヴァー 『マリッジ・ストーリー』
 次点:タロン・エガートン 『ロケットマン』
 ・ホアキン・フェニックス 『ジョーカー』
 ・アダム・サンドラー 『アンカット・ダイヤモンド』

 ◆主演女優賞(Best Female Lead)
 ・オークワフィナ 『フェアウェル』(米・中)
 ・ジャシー・バックリー(Jessie Buckley) “Wild Rose”
 ◎スカーレット・ヨハンソン 『マリッジ・ストーリー』
 ◎ルピタ・ニョンゴ 『アス』
 ・レニー・ゼルウィガー 『ジュディ 虹の彼方に』

 ◆助演男優賞(Best Supporting Male)
 ・スターリング・K・ブラウン “Waves”
 ・ウィレム・デフォー “The Lighthouse”
 ◎シャイア・ラブーフ “Honey Boy”
 次点:ジョー・ペシ 『アイリッシュマン』
 ・ブラッド・ピット 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

 ◆助演女優賞(Best Supporting Female)
 ・アナ・デ・アルマス 『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』
 ・ローラ・ダーン 『マリッジ・ストーリー』
 ◎ジェニファー・ロペス 『ハスラーズ』
 ・マーゴット・ロビー 『スキャンダル』
 次点:チャオ・シュウチェン(Zhao Shuzhen) 『フェアウェル』(米・中)

 ◆ブレイクスルー・パフォーマンス賞(Breakthrough Performance)
 ・ローマン・グリフィン・デイヴィス(Roman Griffin Davis) 『ジョジョ・ラビット』
 ・ザック・ゴッサーゲン(Zack Gottsagen) 『ザ・ピーナッツバター・ファルコン』“The Peanut Butter Falcon”
 ・ケルヴィン・ハリソン Jr.(Kelvin Harrison Jr.) “Waves”
 次点:ノア・ジューブ(Noah Jupe) “Honey Boy”
 ◎フローレンス・ピュー 『ミッドサマー』

 ◆アンサンブル演技賞(Best Acting Ensemble)+
 ◎『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』
 ・『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』
 ・『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
 次点:『パラサイト 半地下の家族』(韓)
 ・『アイリッシュマン』

 ◆オリジナル脚本賞(Best Original Screenplay)

 ◎ノア・バームバック 『マリッジ・ストーリー』
 ・ライアン・ジョンソン 『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』
 次点:ポン・ジュノ、ハン・ジウォン 『パラサイト 半地下の家族』(韓)
 ・クエンティン・タランティーノ 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
 ・ルル・ワン 『フェアウェル』(米・中)

 ◆脚色賞(Best Adapted Screenplay)
 ・グレタ・ガーウィグ 『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』
 ・アンソニー・マクカーテン(Anthony McCarten) 『2人のローマ教皇』(英・米・伊・アルゼンチン)
 次点:ローリーン・スカファリア(Lorene Scafaria) 『ハスラーズ』
 ◎タイカワイティティ 『ジョジョ・ラビット』
 ・スティーヴン・ザイリアン 『アイリッシュマン』

 ◆撮影賞(Best Cinematography)
 ・ジェアリン・ブラシュケ(Jarin Blaschke) “The Lighthouse”
 ◎ロジャー・ディーキンス 『1917 命をかけた伝令』(英・米)
 次点:クレール・マトン(Claire Mathon) “Portrait of a Lady on Fire”
 ・ロジャー・リチャードソン 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
 ・ホイテ・ヴァン・ホイテマ 『アド・アストラ』

 ◆ドキュメンタリー賞(Best Documentary)
 ・『アメリカン・ファクトリー』“American Factory”(米) 監督:スティーヴン・ボグナー(Steven Bognar)、ジュリア・ライカート(Julia Reichert)
 ◎『アポロ11 完全版』 監督:トッド・ダグラス・ミラー(Todd Douglas Miller)
 ・“Hail Satan?”(米) 監督:Penny Lane
 次点:“Maiden”(英) 監督:アレックス・ホームズ(Alex Holmes)
 ・“One Child Nation”(中・米) 監督:Nanfu Wang(王男栿)、Jialing Zhang

 ◆アニメーション賞(Best Animated Feature)
 ・『アナと雪の女王2』 監督:クリス・バック、ジェニファー・リー
 ・『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』 監督:ディーン・デュボア
 次点:『失くした体』“I Lost My Body(J’ai perdu mon corps)”(仏) 監督:ジェレミー・クラパン
 ・”Missing Link” 監督:クリス・バトラー
 ◎『トイ・ストーリー4』 監督:ジョシュ・クーリー

 ◆ブレイクスルー・フィルムメイカー賞(Breakthrough Filmmaker)
 次点:アルマ・ハレル(Alma Har’el) “Honey Boy”
 ・メリーナ・マツーカス(Melina Matsoukas) “Queen & Slim”
 ・Joe Talbot “The Last Black Man in San Francisco”
 ◎ルル・ワン 『フェアウェル』(米・中)
 ・オリヴィア・ワイルド(Olivia Wilde) “Booksmart”

 ◆The Rosie
 映画を通して、女性たちの声や経験を奨励する特別賞。(This OAFFC-specific award “celebrates the film that best promotes women, their voices, and the female experience through cinema.”)
 ・“Booksmart”
 ・『ハスラーズ』
 ・『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』
 ◎“Portrait of a Lady on Fire”(仏)
 ・“The Nightingale”

―――――――――――――――――――――――――――――――

 主な作品のノミネート&受賞結果は以下の通り。

 ・『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(0/7):作品・監督・主演男優・助演男優・アンサンブル・脚本・撮影
 ・『フェアウェル』(0/6):作品・監督・主演女優・助演女優・脚本・フィルムメイカー
 ・『マリッジ・ストーリー』(3/5):作品・主演男優・主演女優・助演女優・脚本
 ・『パラサイト 半地下の家族』(2/4):作品・監督・アンサンブル・・脚本
 ・“Honey Boy”(2/4):監督・助演男優・パフォーマンス・フィルムメイカー
 ・『アイリッシュマン』(0/4):監督・助演男優・アンサンブル・脚色
 ・『ジョジョ・ラビット』(1/3):作品・パフォーマンス・脚色
 ・『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』(1/3):助演女優・アンサンブル・脚本
 ・『ハスラーズ』(1/3):助演女優・脚色・Rosie
 ・『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』(0/3):アンサンブル・脚色・Rosie
 ・“Waves”(0/2):助演男優・パフォーマンス・
 ・“The Lighthouse”(0/2): 助演男優・撮影
 ・“Portrait of a Lady on Fire”(1/2):撮影・Rosie
 ・“Booksmart”(0/2):フィルムメイカー・Rosie

 主要4部門は、またまたワシントンDC映画批評家協会賞と組み合わせが重なりなりました。主演女優賞がダブル受賞だったので、全く同じではありませんでしたが、それ以外は、ワシントンDC、トロント、シカゴ、フェニックス(PCC)、ボストン・オンライン、シアトルと同じです。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・女性映画批評家オンライン協会賞2018 受賞結果:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201812/article_39.html

 ・全米映画賞レース2019の受賞結果をまとめてみました:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201912/article_59.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2019年10月~2020年1月:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201910/article_7.html

この記事へのコメント