米・美術監督組合賞(ADG)2019 ノミネーション発表

 第24回米・美術監督組合賞(ADG)のノミネーションが発表になりました。(12月9日)

 【映画カテゴリー】(Excellence In Production Design For A Feature Film)

 ◆歴史もの映画部門(Period Film)
 ・『フォードVSフェラーリ』 プロダクション・デザイナー: フランソワ・オデュイ(François Audouy)
 ・『アイリッシュマン』 プロダクション・デザイナー: ボブ・ショー(Bob Shaw)
 ・『ジョジョ・ラビット』 プロダクション・デザイナー: ラ・ヴィンセント(Ra Vincent)
 ・「ジョーカー」 プロダクション・デザイナー: マーク・フリードバーグ(Mark Friedberg)
 ・『1917 命をかけた伝令』(英・米) プロダクション・デザイナー: デニス・ガスナー(Dennis Gassner)
 ・『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』 プロダクション・デザイナー: バーバラ・リング(Barbara Ling)

 ◆ファンタジー映画部門(Fantasy Film)
 ・『アド・アストラ』 プロダクション・デザイナー: ケヴィン・トップソン(Kevin Thompson)
 ・『アラジン』 プロダクション・デザイナー: ジェマ・ジャクソン(Gemma Jackson)
 ・『アベンジャーズ/エンドゲーム』 プロダクション・デザイナー: チャールズ・ウッド(Charles Wood)
 ・『ダンボ』 プロダクション・デザイナー:リック・ハインリクス(Rick Heinrichs)
 ・『マレフィセント2』 プロダクション・デザイナー: パトリック・タトポロス(Patrick Tatopoulos)
 ・『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』 プロダクション・デザイナー:リック・カーター(Rick Carter)、ケヴィン・ジェンキンズ(Kevin Jenkins)

 ◆現代劇映画部門(Contemporary Film)
 ・“A Beautiful Day In The Neighborhood” プロダクション・デザイナー: ジェイド・ヒーリー ( Jade Healy)
 ・『ジョン・ウィック:パラベラム』 プロダクション・デザイナー: ケヴィン・カヴァナー(Kevin Kavanaugh)
 ・『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』 プロダクション・デザイナー: デイヴィッド・クランク(David Crank)
 ・『パラサイト 半地下の家族』(韓) プロダクション・デザイナー: Lee Ha-Jun
 ・『アス』 プロダクション・デザイナー: ルース・デ・ヨンク(Ruth De Jong)

 ◆アニメーション部門(Animated Film)
 ・“Abominable” プロダクション・デザイナー: Max Boas
 ・『アナと雪の女王2』 プロダクション・デザイナー: マイケル・ジアイモ(Michael Giaimo)
 ・『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』 プロダクション・デザイナー: ピエール=オリヴィエ・ヴィンセント(Pierre-Olivier Vincent)
 ・『ライオン・キング』 プロダクション・デザイナー: ジェイムズ・チンランド(James Chinlund)
 ・『トイ・ストーリー4』 プロダクション・デザイナー: ボブ・ポーリー(Bob Pauley)

 【テレビ・カテゴリー】(Excellence In Production Design For Television)

 ◆シリーズ1時間歴史もの/ファンタジー シングル・カメラ部門(One-Hour Period or Fantasy Single-Camera Television Series)
 ・『世にも不幸なできごと』“A Series of Unfortunate Events”: “Penultimate Peril: Part 1” プロダクション・デザイナー: ボー・ウェルチ(Bo Welch)
 ・『ザ・クラウン』“The Crown”: “Aberfan” プロダクション・デザイナー: マーティン・チャイルズ (Martin Childs)
 ・『ゲーム・オブ・スローンズ』“Game of Thrones”: “The Bells” プロダクション・デザイナー: デボラ・ライリー(Deborah Riley)
 ・『マンダロリアン』“The Mandalorian”: “Chapter One” プロダクション・デザイナー: アンドリュー・R・ジョーンズ(Andrew L. Jones)
 ・『マーベラス・ミセス・メイゼル』“The Marvelous Mrs. Maisel”: “Ep. 305, Ep. 308” プロダクション・デザイナー: ビル・グルーム(Bill Groom)

 前回は、『マーベラス・ミセス・メイゼル』&ビル・グルームが受賞。

 ◆シリーズ1時間現代劇 シングル・カメラ部門(One-Hour Contemporary Single-Camera Television Series)
 ・『ビッグ・リトル・ライズ』“Big Little Lies”: “What Have They Done?” “The Bad Mother,” “I Want to Know” プロダクション・デザイナー: ジョン・ペイノ(John Paino)
 ・『ザ・ボーイズ』“The Boys”: “The Female of the Species” プロダクション・デザイナー: Dave Blass
 ・『ユーフォリア/EUPHORIA』“Euphoria”: “The Trials and Tribulations of Trying to Pee While Depressed,” “And Salt the Earth Behind You” プロダクション・デザイナー: Kay Lee
 ・『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』“The Handmaid’s Tale”: “Mayday” プロダクション・デザイナー: Elisabeth Williams
 ・『アンブレラ・アカデミー』“The Umbrella Academy”: “We Only See Each Other at Weddings and Funerals” プロダクション・デザイナー: Mark Worthington

 前回は、『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』&Elisabeth Williamsが受賞。『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』は、受賞者は違うが2年連続受賞。

 ◆テレビ映画/ミニシリーズ部門(Television movie or miniseries)
 ・『ブラック・ミラー』“Black Mirror”: “Striking Vipers” プロダクション・デザイナー: Anne Beauchamp
 ・『キャッチ=22』“Catch-22” プロダクション・デザイナー: デイヴィッド・グロップマン(David Gropman)
 ・『チェルノブイリ』“Chernobyl” プロダクション・デザイナー: ルーク・ハル(Luke Hull)
 ・『デッドウッド 〜銃とSEXとワイルドタウン』“Deadwood” プロダクション・デザイナー: マリア・カソ(Maria Caso)
 ・“Fosse/Verdon” プロダクション・デザイナー: アレックス・ディジェルランド (Alex DiGerlando)

 アレックス・ディジェルランドは、ショート・フォーマット ウェブ・シリーズ/ミュージック・ビデオ/CM部門にもノミネート。

 ◆30分シリーズ番組 シングル・カメラ部門(Episode of a half-hour single-camera television series)
 ・『バリー』“Barry”: “ronny/lily” プロダクション・デザイナー: Tyler B. Robinson
 ・『Fleabag フリーバッグ』“Fleabag”: “Ep. 5” プロダクション・デザイナー: Jonathan Paul Green
 ・『GLOW: ゴージャス・レディ・オブ・レスリング』“GLOW”: “Up, Up, Up” プロダクション・デザイナー: トッド・フィエルステッド(Todd Fjelsted)
 ・『グッド・プレイス』“The Good Place”: “Employee of the Bearimy,” “Help Is Other People” プロダクション・デザイナー: イアン・フィリップス(Ian Phillips)
 ・『ロシアン・ドール:謎のタイムループ』“Russian Doll”: “Nothing in This World is Easy” プロダクション・デザイナー: Michael Bricker

 『GLOW: ゴージャス・レディ・オブ・レスリング』&トッド・フィエルステッドは2年連続受賞。

 ◆マルチカメラTVシリーズ部門(Multi-Camera Series)
 ・『ビッグバン★セオリー/ギークなボクらの恋愛法則』“The Big Bang Theory”: “The Stockholm Syndrome,” “The Conference Valuation,”“The Propagation Proposition” プロダクション・デザイナー: John Shaffner
 ・“The Cool Kids”: “Vegas, Baby!” プロダクション・デザイナー: Stephan Olson
 ・“Family Reunion”: “Remember Black Elvis?” プロダクション・デザイナー: Aiyanna Trotter
 ・『ニックのいたずら』“No Good Nick”: “The Italian Job” プロダクション・デザイナー: Kristan Andrews
 ・『ふたりは友達? ウィル&グレイス』“Will & Grace”: “Family, Trip,” “The Things We Do for Love,” “Conscious Coupling” プロダクション・デザイナー: Glenda Rovello

 ◆ショート・フォーマット ウェブ・シリーズ/ミュージック・ビデオ/CM部門(Short Format: WebSeries, Music Video or Commercial)
 ・Apple: “It’s Tough Out There” プロダクション・デザイナー: Quito Cooksey
 ・アリアナ・グランデ、マイリー・サイラス、ラナ・デル・レイ(Ariana Grande, Miley Cyrus, Lana Del Rey): “Don’t Call Me Angel” プロダクション・デザイナー: Emma Fairley
 ・MedMen: “The New Normal” プロダクション・デザイナー: ジェイムズ・チンランド (James Chinlund)
 ・Portal for Facebook: A Very Muppet Portal Launch プロダクション・デザイナー: アレックス・ディジェルランド (Alex DiGerlando)
 ・Taylor Swift: “Lover” プロダクション・デザイナー: Kurt Gefke

 アレックス・ディジェルランドは、テレビ映画/ミニシリーズ部門にもノミネート。

 ◆バラエティー/リアリティー/特別イベント部門(Variety, Reality Or Event Special)
 ・『ドランク・ヒストリー』“Drunk History”: “Are You Afraid of the Drunk?” プロダクション・デザイナー: Monica Sotto
 ・第91回アカデミー賞(91st Oscars) プロダクション・デザイナー: David Korins
 ・『RENT: Live!』“Rent: Live” プロダクション・デザイナー: Jason Sherwood
 ・“Saturday Night Live”: “1764 Emma Stone,” “1762 Sandra Oh,” “1760 John Mulaney” プロダクション・デザイナー: キース・レイウッド(Keith Raywood)、Akira Yoshimura、Joe DeTullio、Eugene Lee
 ・『テイラー・スウィフト レピュテーション・スタジアム・ツアー』“Taylor Swift Reputation Stadium Tour” プロダクション・デザイナー: Tamlyn Wright、Baz Halpin

 前回は、米国アカデミー賞授賞式が受賞。

 米国アカデミー賞2019美術賞は『ブラックパンサー』で、米・美術監督組合賞(ADG)2019のファンタジー部門の結果と一致しています。 米国アカデミー賞との関係では、過去23年間で、アカデミー賞美術賞と美術監督組合賞(の3部門のどれか1つ)が重なったのは、16回(69.6%)です。

 映画部門の美術賞2020の最有力は、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(歴史もの映画部門)でしょうか。

 第24回米・美術監督組合賞(ADG)の受賞結果の発表は、2020年2月1日です。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 *[人気ブログランキング]
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・米・美術監督組合賞(ADG)2018 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201801/article_23.html
 ・米・美術監督組合賞(ADG)2018 受賞結果:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201801/article_70.html
 ・米・美術監督組合賞(ADG)2017 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201701/article_18.html
 ・米・美術監督組合賞(ADG)2017 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201702/article_27.html
 ・米・美術監督組合賞(ADG)2016 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201601/article_24.html
 ・米・美術監督組合賞(ADG)2016 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201602/article_2.html
 ・米・美術監督組合賞(ADG)2015 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201501/article_31.html
 ・米・美術監督組合賞(ADG)2015 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201502/article_5.html
 ・米・美術監督組合賞(ADG)2014 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201401/article_28.html
 ・米・美術監督組合賞(ADG)2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201402/article_21.html
 ・米・美術監督組合賞(ADG)2013 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201301/article_3.html
 ・米・美術監督組合賞(ADG)2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201302/article_5.html
 ・米・美術監督組合賞(ADG)2012 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201201/article_5.html
 ・米・美術監督組合賞(ADG)2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201202/article_13.html
 ・米・美術監督組合賞(ADG)2011 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_15.html
 ・米・美術監督組合賞(ADG)2011 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201102/article_12.html
 ・米・美術監督組合賞(ADG)2010 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_11.html
 ・米・美術監督組合賞(ADG)2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201002/article_25.html

 ・全米映画賞レース2019の受賞結果をまとめてみました:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201912/article_59.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2019年10月~2020年1月:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201910/article_7.html

この記事へのコメント