納得したり、意外だったり ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード2019 受賞結果!

 第22回ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワードの各賞が発表されました。(12月1日)

 ◆作品賞(Best British Independent Film)
 ・“Bait”(英) Mark Jenkin、ケイト・バイアーズ(Kate Byers)、Linn Waite
 ◎“For Sama”(英・シリア) 監督:Waad al-Kateab、Edward Watts
 ・“The Personal History of David Copperfield”(英・米) 監督:アーマンド・イアヌッチ、サイモン・ブラックウェル(Simon Blackwell)、ケヴィン・ローダー(Kevin Loader)
 ・“The Souvenir”(英・米) 監督:ジョアンナ・ホッグ、ルーク・シラー(Luke Schiller)
 ・“Wild Rose”(英) 監督:トム・ハーパー、Nicole Taylor、フェイ・ウォード(Faye Ward)

 “For Sama”は、カンヌ国際映画祭2019ドキュメンタリー賞受賞。シェフィールド国際ドキュメンタリー映画祭2019スペシャル・メンション受賞。米・製作者組合賞(PGA)2020 ドキュメンタリー部門ノミネート、インディペンデント・スピリット・アワード2020ドキュメンタリー賞ノミネート。
 “The Souvenir”は、サンダンス映画祭2019 グランプリ受賞。インディペンデント・スピリット・アワード2020 外国映画賞ノミネート。
 “Wild Rose”は、BAFTAスコットランド・アワード2019作品賞受賞。

For Sama.jpg

 ◆監督賞(Best Director) sponsored by Broadsword Event House
 ◎Waad Al-Kateab、Edward Watts “For Sama”
 ・Oliver Hermanus “Moffie”(南ア・英)
 ・ジョアンナ・ホッグ “The Souvenir”
 ・Mark Jenkin “Bait”
 ・アシフ・カパディア “Diego Maradona”(英)

 “Diego Maradona”は、カンヌ国際映画祭2019アウト・オブ・コンペティション部門出品。
 “Moffie”は、テッサロニキ国際映画祭2019 マーメイド賞受賞。
 Mark Jenkinは、ストックホルム国際映画祭2019 監督賞受賞。

 ◆主演男優賞(Best Actor)
 ・Sam Adewumni “The Last Tree”(英)(監督:Shola Amoo)
 ・トム・バーク(Tom Burke) “The Souvenir”
 ・クリス・ヒッチェンズ(Kris Hitchen) “Sorry We Missed You”(英・仏・ベルギー)(監督:ケン・ローチ)
 ◎ジョシュ・オコナー(Josh O‘Connor) “Only You”(英・スウェーデン)(監督:Harry Wootliff)
 ・デヴ・パテル “The Personal History of David Copperfield”

 “The Last Tree”は、サンダンス映画祭2019出品。
 “Sorry We Missed You”は、カンヌ国際映画祭2019コンペティション部門出品。
 “Only You”は、BAFTAスコットランド・アワード2019作品賞ノミネート。

ジョシュオコナー.png

 ◆主演女優賞(Best Actress)
 ・ジェシー・バックリー(Jessie Buckley) “Wild Rose”
 ・ホリデイ・グレインジャー(Holliday Grainger) “Animals”(英・オーストラリア・アイルランド)(監督:Sophie Hyde)
 ・サリー・ホーキンス “Eternal Beauty”(英)(監督:クレイグ・ロバーツ)
 ・Vicky Knight “Dirty God”(オランダ・英・ベルギー・アイルランド)(監督:サシャ・ポラック(Sacha Polak))
 ◎レニー・ゼルウィガー 『ジュディ 虹の彼方に』“Judy”(英)(監督:ルパート・グールド(Rupert Goold))

 ジェシー・バックリーは、BAFTAスコットランド・アワード2019主演女優賞受賞。
 “Dirty God”は、サンダンス映画祭2019出品。ヨーロッパ映画賞2019オフィシャル・セレクション。ストックホルム国際映画祭2019第1回作品賞ノミネート。

 ◆助演男優賞(Best Supporting Actor)
 ・キウェテル・イジョフォー 『風をつかまえた少年』“The Boy Who Harnessed the Wind”(英)(監督:キウェテル・イジョフォー)
 ◎ヒュー・ローリー “The Personal History of David Copperfield”
 ・Edlison Manuel Olbera Núñez “Yuli – The Carlos Acosta Story”(西・キューバ・英・独)(監督:イシアル・ボジャイン)
 ・ピーター・ミュラン 『バニシング』“The Vanishing”
 ・Bluey Robinson “Dirty God”

 キウェテル・イジョフォーは、サンダンス映画祭2019 Alfred P. Sloan Feature Film Prize受賞。インディペンデント・スピリット・アワード2020助演男優賞、新人監督賞ノミネート。
 “Yuli – The Carlos Acosta Story”は、サンセバスチャン国際映画祭2018 オフィシャル・セレクション出品。
 ピーター・ミュランは、BAFTAスコットランド・アワード2019 男優賞 映画部門ノミネート。

 ◆助演女優賞(Best Supporting Actress)
 ・ジェシカ・バーデン(Jessica Barden) “Scarborough”(英)(監督:Barnaby Southcombe)
 ◎Ruthxjiah Bellenea “The Last Tree”
 ・エリザベス・デビッキ “Vita & Virginia”(アイルランド・英)(監督:Chanya Button)
 ・ティルダ・スウィントン “The Personal History of David Copperfield”
 ・ジュリー・ウォルターズ “Wild Rose”

 “Scarborough”は、トランシルヴァニア国際映画祭2019コンペティション部門出品。

Ruthxjiah Bellenea.jpg

 ◆脚本賞(Best Screenplay) sponsored by BBC Films
 ・ジョアンナ・ホッグ “The Souvenir”
 ◎アーマンド・イアヌッチ、サイモン・ブラックウェル “The Personal History of David Copperfield”
 ・ポール・ラヴァーティ “Sorry We Missed You”
 ・ピーター・ストリックランド “In Fabric”(英)(監督:ピーター・ストリックランド)
 ・Nicole Taylor “Wild Rose”

 ポール・ラヴァーティは、“Yuli – The Carlos Acosta Story”の脚本も手がけている。(サンセバスチャン国際映画祭2018脚本賞受賞。)
 “In Fabric”は、サンセバスチャン国際映画祭2018 オフィシャル・セレクション出品。
 Nicole Taylorは、BAFTA スコットランド・アワード2019映画/TV部門 脚本家賞受賞。

 ◆撮影賞(Best Cinematography)
 ・オーレ・ブラット・バークランド(Ole Bratt Birkeland) 『ジュディ 虹の彼方に』“Judy”
 ◎ベンジャミン・クラークン(Benjamin Kracun) “Beats”(英)(監督:Brian Welsh)
 ・ザック・ニコルソン(Zac Nicholson) “The Personal History of David Copperfield”
 ・Jamie D Ramsay “Moffie”
 ・Ari Wegner “In Fabric”

 ◆編集賞(Best Editing) sponsored by Intermission Film
 ・ミック・オーズリー(Mick Audsley)、Peter Lambert “The Personal History of David Copperfield”
 ・Mark Jenkin “Bait”
 ・Chris King “Diego Maradona”
 ◎Chloe Lambourne、Simon Mcmahon “For Sama”
 ・Helle Le Fevre “The Souvenir”

 ◆美術賞(Best Production Design) sponsored by Studio Juice
 ◎クリスティーナ・カサリ(Cristina Casali) “The Personal History of David Copperfield”
 ・Stéphane Collonge “The Souvenir”
 ・ケイヴ・クイン(Kave Quinn) 『ジュディ 虹の彼方に』“Judy”
 ・アン・シーベル(Anne Seibel) 『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』“The White Crow”
 ・パキー・スミス(Paki Smith) “In Fabric”

 ◆衣裳デザイン賞(Best Costume Design)”
 ◎スージー・ハーマン(Suzie Harman)、Robert Worley “The Personal History of David Copperfield”
 ・Anna Mary Scott Robbins “Wild Rose”
 ・Grace Snell “The Souvenir”
 ・ジャイニー・テマイム(Jany Temime) 『ジュディ 虹の彼方に』“Judy”
 ・ジョー・トンプソン(Jo Thompson) “In Fabric”

 ◆メイキャップ&ヘア・デザイン賞(Best Make-Up & Hair Design) sponsored by MAC Cosmetics
 ・Morten Jacobsen、ロジェ・サミュエルズ(Rogier Samuels)、Lindelotte Van Der Meer “Dirty God”
 ・Karen Hartley-Thomas “The Personal History of David Copperfield”
 ・Emma Scott “In Fabric”
 ・Jody Williams “Wild Rose”
 ◎ジェレミー・ウッドヘッド(Jeremy Woodhead) 『ジュディ 虹の彼方に』“Judy”

 ◆効果賞(Best Effects)
 ◎Howard Jones 『ひつじのショーン UFOフィーバー!』“A Shaun the Sheep Movie: Farmageddon”(英・仏)
 ・ポール・マン(Paul Mann) “In Fabric”
 ・Andy Quinn 『風をつかまえた少年』“The Boy Who Harnessed the Wind”

 ◆音響賞(Best Sound) supported by Halo Post
 ・Anna My Bertmark、Jonathan Seale、Jules Woods “Gwen”(英)(監督:ウィリアム・マクレガー(William McGregor))
 ◎David Bowtle-Mcmillan、ジョーキム・サンドストローム(Joakim Sundström)、Robert Farr “Beats”
 ・Stephen Griffiths、テイム・カヴァガン(Tim Cavagin)、Max Walsh、Andy Shelley “Diego Maradona”
 ・Lee Walpole、Colin Nicholson、Stuart Hilliker “Wild Rose”
 ・マーティン・パーヴェイ(Martin Pavey) “In Fabric”

 ◆音楽賞(Best Music) sponsored by Universal Music Publishing Group
 ◎Jack Arnold “Wild Rose”
 ・Cavern of Anti-Matter “In Fabric”
 ・Nainita Desai “For Sama”
 ・アントニオ・ピント(Antonio Pinto) “Diego Maradona”
 ・JD Twitch、Penelope Trappes、Stephen Hindman “Beats”

 ◆キャスティング賞(Best Casting) sponsored by Casting Society of America & Spotlight
 ・シャヒーン・ベイグ(Shaheen Baig) “In Fabric”
 ・シャヒーン・ベイグ(Shaheen Baig)、Aisha Bywaters “The Last Tree”
 ・カーリーン・クロフォード(Kahleen Crawford)、Caroline Stewart “Only You”
 ・カーリーン・クロフォード(Kahleen Crawford) “Wild Rose”
 ◎Sarah Crowe “The Personal History of David Copperfield”

 ◆ニューカマー賞(Most Promising Newcomer)
 ◎Sam Adewumni “The Last Tree”
 ・Vicky Knight “Dirty God”
 ・Lorn Macdonald “Beats”
 ・Roxanne Scrimshaw “Lynn + Lucy”(英)(監督:Fyzal Boulifa)
 ・Honor Swinton Byrne “The Souvenir”

ニューカマー.jpg

 ◆新人監督賞(The Douglas Hickox Award (Debut Director) Sponsored by Kodak & Pinewood
 ・ウィル・ベッカー(Will Becher)、リチャード・フェラン(Richard Phelan) 『ひつじのショーン UFOフィーバー!』“A Shaun the Sheep Movie: Farmageddon”(英・仏)
 ・Fyzal Boulifa “Lynn + Lucy”
 ・Ninian Doff “Boyz in the Wood”(英)
 ・キウェテル・イジョフォー 『風をつかまえた少年』“The Boy Who Harnessed the Wind”
 ◎Harry Wootliff “Only You”

 ◆新人脚本家賞(Debut Screenwriter) sponsored by Film4
 ・Kieran Hurley “Beats”
 ・Lisa Owens “Days of the Bagnold Summer”(英)(監督:サイモン・バード)
 ・Nicole Taylor “Wild Rose”
 ◎Emma Jane Unsworth “Animals”
 ・Harry Wootliff “Only You”

 ◆ディスカバリー賞(The Raindance Discovery Award)
 ・“A Bump Along The Way”(英) Shelly Love(監督)
 ◎“Children of The Snow Land”(英・ネパール) Zara Balfour(監督)、Marcus Stephenson(監督)、Mark Hakansson
 ・“Here for Life”(英) Andrea Luka Zimmerman(監督)、Adrian Jackson(監督)、James Lingwood、Michael Morris、Cressida Day
 ・“Muscle”(英) ジェラルド・ジョンソン(Gerard Johnson)(監督)、Matthew James Wilkinson、Richard Wylie、Ed Barratt
 ・“The Street”(英) Zed Nelson(監督)

 “A Bump Along The Way”は、ベルファスト映画祭2019出品。
 “Children of The Snow Land”は、ロンドン・インディペンデント映画祭2018出品。
 “Here for Life”は、ロカルノ国際映画祭2019 フィルムメイカーズ・オブ・ザ・プレゼント コンペティション部門出品。
 “Muscle”、“The Street”は、BFIロンドン映画祭2019出品。

ディスカバリー.png

 ◆ブレイクスルー・プロデューサー賞(Breakthrough Producer)
 ・Finn Bruce “Tucked”(英)(監督:Jamie Patterson)
 ◎ケイト・バイアーズ(Kate Byers)、Linn Waite “Bait”
 ・Joy Gharoro-Akpojotor “Blue Story“(英)(監督:Andrew Onwubolu)[also produced by Damian Jones]
 ・ベッキー・リード(Becky Read) 『まったく同じ3人の他人』“Three Identical Strangers“(米)[also produced by グレース・ヒューズ=ハレット(Grace Hughes-Hallett)]
 ・Jack Sidey “Moffie“ [also produced byエリック・エイブラハム(Eric Abraham)]

プロデューサー.png

 ◆最優秀ドキュメンタリー賞(Best Documentary)
 ・“Coup 53”(英・イラン) Taghi Amirani(監督)、ウォルター・マーチ(Walter Murch)、ポール・ゼインツ(Paul Zaentz)
 ・“Diego Maradona” アシフ・カパディア(監督)、ジェームズ・ゲイ=リース(James Gay-Rees)、Paul Martin
 ◎“For Sama”  Waad al-Kateab、Edward Watts
 ・“Seahorse”(英) ジーニー・フィンレイ(Jeanie Finlay)(監督)、アンドレア・コーンウェル(Andrea Cornwell)
 ・『本当の僕を教えて』“Tell Me Who I Am”(英) エド・パーキンス(Ed Perkins)(監督)、サイモン・チン(Simon Chinn)

 “Coup 53”、『本当の僕を教えて』は、テルライド映画祭2019出品。
 “Coup 53”は、バンクーバー国際映画祭2019 Most Popular International Documentary受賞。
 “Seahorse”は、トライベッカ映画祭2019出品。

 ◆最優秀英国短編賞(Best British Short) supported by BFI NETWORK
 ◎“Anna”(ウクライナ・イスラエル・英) Dekel Berenson(監督)、Merlin Merton、Olga Beskhmelnitsyna
 ・“Boiling Point”(英) Philip Barantini(監督)、バート・ラスポリ(Bart Ruspoli)、James Cummings、Gabriella Callea、Grace Nelde
 ・“The Devil‘s Harmony”(英) Dylan Holmes Williams(監督)、Jess O’Kane、Nathan Craig
 ・“Goldfish”(英) Hector Dockrill(監督)、Laura Dockrill、Benedict Turnbull、Harri Kamalanathan
 ・“Serious Tingz”(英) Abdou Cissé(監督)、Kieran Kenlock、Matt Ellingham

 “Anna”は、カンヌ国際映画祭2019 短編コンペティション部門出品。
 “Boiling Point”は、Lift-Off映画祭2019 最優秀短編映画賞受賞。
 “The Devil‘s Harmony”は、ファンタスティック・フェスト2019 監督賞受賞。

短編.jpg

 ◆インターナショナル・インディペンデント映画賞(Best International Independent Film) sponsored by Champagne Taittinger
 ・『帰れない二人』(中) ジャ・ジャンクー(監督)、市山尚三
 ・『マリッジ・ストーリー』(米) ノア・バームバック(監督)、デイヴィッド・ハイマン(David Heyman)
 ・『猿』“Monos”( コロンビア・アルゼンチン・ウルグアイ・独・スウェーデン・スイス・デンマーク・オランダ・米) アレハンドロ・ランデス(Alejandro Landes)(監督)、アレクシス・ドス・サントス(Alexis Dos Santos)、フェルナンド・エプスティン(Fernando Epstein)、Cristina Landes、Santiago A Zapata
 ◎『パラサイト 半地下の家族』(韓) ポン・ジュノ(監督)、Jan Young-Hwan、Moon Yang-kwon、Sin-ae Kwak、Han Jin Won
 ・“Portrait of A Lady On Fire”(仏) セリーヌ・シアマ(監督)、Véronique Cayla、ベネディクト・クーヴレール(Bénédicte Couvreur)

 『パラサイト 半地下の家族』は、
 カンヌ国際映画祭2019 パルムドール、
 シドニー映画祭2019 作品賞、
 春史映画賞2019監督賞・主演女優賞(チョ・ヨジョン)・助演女優賞(イ・ジョンウン)・脚本賞、
 ファンタスティック・フェスト2019 観客賞、
 バンクーバー国際映画祭2019 観客賞
 釜日映画賞2019作品賞・助演男優賞(パク・ミョンフン)・助演女優賞(イ・ジョンウン)・脚本賞・撮影賞・音楽賞、
 トールグラス国際映画祭2019 Excellence in the Art of Filmmaking、
 サンパウロ国際映画祭2019 観客賞、
 韓国映画評論家協会賞2019 作品賞・監督賞・撮影賞、
 ハリウッド映画賞2019 ハリウッド・フィルムメイカー賞、
 アジア太平洋スクリーン・アワード2019作品賞、
 青龍映画賞2019 作品賞・監督賞・主演女優賞(チョ・ヨジョン)・助演女優賞(イ・ジョンウン)・美術賞
 受賞。

 【特別賞・名誉賞】

 ◆リチャード・ハリス賞(Richard Harris Award for Outstanding Contribution by an Actor to British Film)
 英国映画に著しい貢献をした俳優に与えられる。
 ◎クリスティン・スコット・トーマス

クリスティンスコットトーマス.jpg

 ◆審査員特別賞(Special Jury Prize)
 ◎Amanda Nevill
 BFIのCEO。

Amanda Nevill.jpg

――――――――――――――――――――――――――――――――

 主な作品のノミネート&受賞状況は、以下の通り。

 ・“The Personal History of David Copperfield”(5/11):作品・主演男優・助演男優・助演女優・脚本・撮影・編集・美術・衣裳・メイク・キャスト
 ・“Wild Rose”(1/10):作品・主演女優・助演女優・脚本・衣裳・メイク・音響・音楽・キャスト・新人脚本
 ・“In Fabric”(0/9):脚本・撮影・美術・衣裳・メイク・効果・音響・音楽・キャスト
 ・“The Souvenir”(0/8):作品・監督・主演男優・脚本・編集・美術・衣裳・ニューカマー
 ・“For Sama”(4/5):作品・監督・編集・音楽・ドキュメンタリー
 ・“Diego Maradona”(0/5):監督・編集・音響・音楽・ドキュメンタリー
 ・『ジュディ 虹の彼方に』“Judy”(2/5):主演女優・撮影・美術・衣裳・メイク
 ・“Beats”(2/5):撮影・音響・音楽・ニューカマー・新人脚本
 ・“Bait”(1/4):作品・監督・編集・プロデューサー
 ・“The Last Tree”(2/4):主演男優・助演女優・キャスト・ニューカマー
 ・“Only You”(2/4):主演男優・キャスト・新人監督・新人脚本
 ・“Dirty God”(0/4):主演女優・助演女優・メイク・ニューカマー
 ・“Moffie”(0/3):監督・撮影・プロデューサー
 ・『風をつかまえた少年』(0/3):助演男優・効果・新人監督
 ・“Sorry We Missed You”(0/2):主演男優・脚本
 ・“Animals”(1/2):主演女優・新人脚本
 ・『ひつじのショーン UFOフィーバー!』(1/2):効果・新人監督
 ・“Lynn + Lucy”(0/2):ニューカマー・新人監督

 “For Sama”の作品賞・監督賞を含む4部門受賞は、意外でしたね。米国アカデミー賞2020でも長編ドキュメンタリー・ノミネートは当確だとしても、ここまでの受賞はちょっとないでしょうか。

 米国アカデミー賞2020との関係でいけば、主演女優賞のレニー・ゼルウィガー、国際映画賞/外国語映画賞の『パラサイト 半地下の家族』は米国アカデミー賞でも有望でしょうか。

 ジェシー・バックリーの主演女優賞も可能性ありだと思っていたんですが、残念でした。

 最多受賞は、“The Personal History of David Copperfield”の5部門、作品賞受賞の”For Sama”もそれに次ぐ4部門受賞でした。

 作品賞受賞作品は、その年の一番人気の作品ではないことも多く、受賞時点で日本での公開が決まっていないことも多いのですが、ちょっと時間はかかっても最終的には日本公開される感じでしょうか。

 2018年 『女王陛下のお気に入り』 10部門/13部門
 2017年 『ゴッズ・オウン・カントリー』 4部門/11部門
 2016年 “American Honey” 4部門/6部門 Netflix
 2015年 『エクス・マキナ』 4部門/4部門
 2014年 『パレードへようこそ』 3部門/7部門
 2013年 『メトロマニラ 世界で最も危険な街』 3部門/5部門
 2012年 『ブロークン』 1部門/9部門
 2011年 『ティラノサウルス』 3部門/7部門
 2010年 『英国王のスピーチ』 5部門/8部門

 ドキュメンタリー作品の作品賞受賞は、初めてだそうです。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード2019 ノミネーション:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201911/article_1.html
 ・ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード2019 技術部門 受賞結果:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201911/article_20.html
 ・ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード2018 ノミネーション:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201811/article_2.html
 ・ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード2018 技術部門 受賞結果:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201811/article_26.html
 ・ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード2018 受賞結果:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201812/article_6.html
 ・ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード2017 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201711/article_1.html
 ・ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード2017 技術部門 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201711/article_38.html
 ・ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード2017 受賞結果:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201712/article_37.html
 ・ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード2016 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201611/article_3.html
 ・ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード2016 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201612/article_14.html
 ・ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード2015 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201511/article_5.html
 ・ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード2015 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201512/article_14.html
 ・ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード2014 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201411/article_1.html
 ・ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201412/article_13.html
 ・ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード2013 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201311/article_17.html
 ・ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201312/article_20.html
 ・ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード2012 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201211/article_3.html
 ・ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201212/article_26.html
 ・ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード2011 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201111/article_4.html
 ・ブリティッシュ・インディペンドント・フィルム・アワード2011 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201112/article_9.html
 ・ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード2010 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201011/article_2.html
 ・ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード2010受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_10.html
 ・ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード2009 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200911/article_3.html
 ・ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_12.html
 ・ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード2008 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200812/article_3.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2019年10月~2020年1月:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201910/article_7.html

この記事へのコメント