ゴールデン・グローブ賞2020 ノミネーション発表

 第77回ゴールデン・グローブ賞のノミネーションが発表されました。(12月9日)

ゴールデン・グローブ賞2020ノミネーション.png

 【映画部門】

 ◆作品賞 ドラマ部門(Best Motion Picture, Drama)
 ・『アイリッシュマン』 監督:マーティン・スコセッシ
 ・『1917 命をかけた伝令』(英・米) 監督:サム・メンデス
 ・『ジョーカー』 監督:トッド・フィリップス
 ・『マリッジ・ストーリー』 監督:ノア・バームバック
 ・『2人のローマ教皇』(英・米・伊・アルゼンチン) 監督:フェルナンド・メイレレス

 ◆作品賞 ミュージカル/コメディー部門(Best Motion Picture, Musical or Comedy)
 ・『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』 監督:クエンティン・タランティーノ
 ・『ジョジョ・ラビット』 監督:タイカ・ワイティティ
 ・『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』 監督:ライアン・ジョンソン
 ・『ロケットマン』(英・米) 監督:デクスター・フレッシャー
 ・『ルディ・レイ・ムーア』 監督:クレイグ・ブリュワー

 『パラサイト 半地下の家族』『フォードVSフェラーリ』『フェアウェル』『スキャンダル』“Uncut Gems”“Waves”などが作品賞落選。

 ◆監督賞(Best Director – Motion Picture)
 ・ポン・ジュノ 『パラサイト 半地下の家族』(韓)
 ・サム・メンデス 『1917 命をかけた伝令』(英・米)
 ・トッド・フィリップス 『ジョーカー』
 ・マーティン・スコセッシ 『アイリッシュマン』
 ・クエンティン・タランティーノ 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

 ノア・バームバック、グレタ・ガーウィグ、ベニー&ジョシュ・サフディーなどが落選。

 ◆主演男優賞 ドラマ部門(Best Actor in a Motion Picture, Drama)
 ・クリスチャン・ベール 『フォードVSフェラーリ』
 ・アントニオ・バンデラス “Pain and Glory(Dolor y gloria)”(西)(監督:ペドロ・アルモドバル)
 ・アダム・ドライヴァー『マリッジ・ストーリー』
 ・ホアキン・フェニックス 『ジョーカー』
 ・ジョナサン・プライス 『2人のローマ教皇』

 主演男優賞は、ロバート・デニーロなどが落選。
 前回、ミュージカル/コメディー部門主演男優賞を受賞したクリスチャン・ベールは、2年連続ノミネート。
 前回、助演男優賞にノミネートされたアダム・ドライヴァーも2年連続ノミネート。

 ◆主演女優賞 ドラマ部門(Best Actress in a Motion Picture, Drama)
 ・シンシア・エリヴォ “Harriet”(監督:ケイシー・レモンズ)
 ・スカーレット・ヨハンソン 『マリッジ・ストーリー』
 ・シアーシャ・ローナン 『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』“Little Women”(監督:グレタ・ガーウィグ)
 ・シャーリーズ・セロン 『スキャンダル』
 ・レニー・ゼルウィガー 『ジュディ 虹の彼方に』

 主演女優賞は、ルピタ・ニョンゴなどが落選。

 ◆主演男優賞 ミュージカル/コメディー部門(Best Actor in a Motion Picture, Musical or Comedy)
 ・ダニエル・クレイグ 『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』
 ・ローマン・グリフィン・デイヴィス(Roman Griffin Davis) 『ジョジョ・ラビット』
 ・レオナルド・ディカプリオ 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
 ・タロン・エガートン 『ロケットマン』
 ・エディー・マーフィー 『ルディ・レイ・ムーア』

 ◆主演女優賞 ミュージカル/コメディー部門(Best Actress in a Motion Picture, Musical or Comedy)
 ・オークワフィナ 『フェアウェル』(監督・ルル・ワン)
 ・アナ・デ・アルマス 『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』
 ・ケイト・ブランシェット "Where'd You Go, Bernadette"(監督:リチャード・リンクレイター)
 ・ビーニー・フェルドスタイン(Beanie Feldstein) "Booksmart"(監督:オリヴィア・ワイルド)
 ・エマ・トンプソン 『レイトナイト 私の素敵なボス』"Late Night"(監督:ニーシャ・ガナトラ)

 ◆助演男優賞(Best Supporting Actor in a Motion Picture)
 ・トム・ハンクス “A Beautiful Day in the Neighborhood”(監督:マリエル・ヘラー)
 ・アンソニー・ホプキンス 『2人のローマ教皇』
 ・アル・パチーノ 『アイリッシュマン』
 ・ジョー・ペシ 『アイリッシュマン』
 ・ブラッド・ピット 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

 助演男優賞は、ウィレム・デフォー、ウェズリー・スナイプス、ソン・ガンホなどが落選。
 ウィレム・デフォーは、連続ノミネートなりませんでした。

 ◆助演女優賞(Best Supporting Actress in a Motion Picture)
 ・キャシー・ベイツ 『リチャード・ジュエル』
 ・アネット・ベニング 『ザ・レポート』
 ・ローラ・ダーン 『マリッジ・ストーリー』
 ・ジェニファー・ロペス 『ハスラーズ』
 ・マーゴット・ロビー 『スキャンダル』

 助演女優賞は、スカーレット・ヨハンソン、フローレンス・ピュー、チャオ・シューチェン、トーマサイン・マッケンジー、オクタヴィア・スペンサーなどが落選。

 ◆脚本賞(Best Screenplay – Motion Picture)
 ・ノア・バームバック 『マリッジ・ストーリー』
 ・ポン・ジュノ、ハン・ジウォン 『パラサイト 半地下の家族』(韓)
 ・アンソニー・マクカーテン 『2人のローマ教皇』
 ・クエンティン・タランティーノ 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
 ・スティーヴン・ザイリアン 『アイリッシュマン』

 『アイリッシュマン』『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』『アス』『ジョジョ・ラビット』『ジョーカー』“Uncut Gems” 『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』などが落選。

 ◆オリジナル作曲賞
 ・トマス・ニューマン 『1917 命をかけた伝令』(英・米)
 ・ヒドゥル・グドナドッティル 『ジョーカー』
 ・ランディー・ニューマン 『マリッジ・ストーリー』
 ・アレクサンドル・デプラ 『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』
 ・ダニエル・ペンパートン 『マザーレス・ブルックリン』

 Dan Levyなどが落選。

 ◆オリジナル歌曲賞
 ・‘Beautiful Ghosts’ 『キャッツ』
 ・‘(I'm Gonna) Love Me Again’ 『ロケットマン』
 ・‘Into the Unknown’ 『アナと雪の女王』
 ・‘Spirit’ 『ライオン・キング』
 ・‘Stand Up’ "Harriet"

 ◆アニメーション賞(Animated)
 ・『アナと雪の女王2』 監督:クリス・バック、ジェニファー・リー
 ・『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』 監督:ディーン・デュボア
 ・”Missing Link” 監督:クリス・バトラー
 ・『トイ・ストーリー4』 監督:ジョシュ・クーリー
 ・『ライオン・キング』 監督:ジョン・ファヴロー

 『失くした体』『クロース』が落選。『天気の子』も選ばれませんでした。

 ◆外国語映画賞
 ・『フェアウェル』(米・中)  監督:ルル・ワン
 ・“Pain and Glory(Dolor y gloria)”(西) 監督:ペドロ・アルモドバル
 ・“Portrait of a Lady on Fire”(仏) 監督:セリーヌ・シアマ
 ・『パラサイト 半地下の家族』(韓) 監督:ポン・ジュノ
 ・『レ・ミゼラブル』(仏) 監督:ラジ・リ(Ladj Ly)

 主な作品のノミネート状況は以下の通り。

 ・『マリッジ・ストーリー』(6):ドラマ・主演男優・主演女優・助演女優・脚本・作曲
 ・『アイリッシュマン』(5):ドラマ・監督・助演男優・助演男優・脚本
 ・『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(5):M/C・監督・主演男優・助演男優・脚本
 ・『ジョーカー』(4):ドラマ・監督・主演男優・作曲
 ・『2人のローマ教皇』(4):ドラマ・主演男優・助演男優・脚本
 ・『1917 命をかけた伝令』(3):ドラマ・監督・作曲
 ・『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』(3):M/C・主演男優・主演女優
 ・『ロケットマン』(3):M/C・主演男優・作曲
 ・『ジョジョ・ラビット』(2):M/C・主演男優
 ・『パラサイト 半地下の家族』(3):監督・脚本・外国語
 ・『ルディ・レイ・ムーア』(2):M/C・主演男優
 ・“Pain and Glory(Dolor y gloria)”(2):主演男優・外国語
 ・“Harriet”(2):主演女優・歌曲
 ・『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』(2):主演女優・作曲
 ・『スキャンダル』(2):主演女優・助演女優
 ・『フェアウェル』(2):主演女優・外国語
 ・『アナと雪の女王』(2):歌曲・アニメーション

 『パラサイト 半地下の家族』は、3部門どまりで、作品賞にはノミネートされませんでした。

 スカーレット・ヨハンソンのダブル・ノミネートはなりませんでした。

 主演男優賞は、2人のアダムのうち、ノミネートされたのはアダム・ドライヴァーの方だけでした。

 日本からのノミネートは全くありませんでした。

 “The Lighthouse” ”Waves” “Uncut Gems”はノミネートされませんでした。

 『アド・アストラ』『アベンジャーズ/エンドゲーム』『アリータ:バトル・エンジェル』などはノミネートされませんでした。

 アダム・ドライヴァー、クリスチャン・ベール(受賞)は、連続ノミネート。
 アントニオ・バンデラス、ローラ・ダーンは、前回、テレビ部門でノミネート。

 トム・ハンクス、マーゴット・ロビー、シアーシャ・ローナン(受賞)は、2年ぶりのノミネート。

 アレクサンドル・デプラは、3年連続ノミネート。2018年に受賞。

 黒人のノミネートは、本年度は少なめで、シンシア・エリヴォ、エディ-・マーフィー、と歌曲賞3人(シンシア・エリヴォを含む)、テレビ部門が1人でした。

 『マリッジ・ストーリー』『アイリッシュマン』『2人のローマ教皇』『ルディ・レイ・ムーア』とNetflix作品は、10部門17ノミネートになっています。

 前回の米国アカデミー賞とは、『グリーンブック』(作品賞)、アルフォンソ・キュアロン(監督賞)、ラミ・マレック、オリヴィア・コールマン、マハーシャラ・アリ、レジーナ・キング、脚本賞、歌曲賞、アニメーション賞、外国語映画賞が一致。本年度は、こんなに一致するでしょうか。

―――――――――――――――――――――――――――――――-

 【テレビ部門】

 ◆作品賞 限定シリーズ/TV映画部門(Best Television Limited Series or Motion Picture Made for Television)
 ・『キャッチ=22』"Catch-22″
 ・『チェルノブイリ』"Chernobyl"
 ・"Fosse/Verdon"
 ・“The Loudest Voice”
 ・『アンビリーバブル たった1つの真実』"Unbelievable"

 ◆作品賞 ドラマ・シリーズ部門(Best Television Series – Drama)
 ・『ビッグ・リトル・ライズ』"Big Little Lies"
 ・『ザ・クラウン』
 ・『キリング・イヴ/Killing Eve』
 ・『ザ・モーニングショー』"The Morning Show"
 ・『キング・オブ・メディア』"Succession"

 『キリング・イヴ/Killing Eve』は、2年連続ノミネート。
 『ザ・クラウン』は、2年ぶりのノミネート。

 ◆作品賞 ミュージカル/コメディー・シリーズ部門(Best Television Series – Musical or Comedy)
 ・『バリー』"Barry"
 ・『Fleabag フリーバッグ』"Fleabag"
 ・『コミンスキー・メソッド』"The Kominsky Method"
 ・『マーベラス・ミセス・メイゼル』"The Marvelous Mrs. Maisel"
 ・『ザ・ポリティシャン』"The Politician"

 『マーベラス・ミセス・メイゼル』は、3年連続ノミネート。2017年に受賞。
 『バリー』、『コミンスキー・メソッド』は、2年連続ノミネート。『コミンスキー・メソッド』は、前回受賞。

 ◆主演男優賞 限定シリーズ/TV映画部門(Best Performance by an Actor in a Limited Series or a Motion Picture Made for Television)
 ・クリストファー・アボット(Christopher Abbott) 『キャッチ=22』"Catch-22"
 ・サシャ・バロン・コーエン 『ザ・スパイ -エリ・コーエン-』"The Spy"
 ・ラッセル・クロウ "The Loudest Voice"
 ・ジャレッド・ハリス 『チェルノブイリ』"Chernobyl"
 ・サム・ロックェル  "Fosse/Verdon"

 サシャ・バロン・コーエンは、別の作品で2年連続ノミネート。

 ◆主演女優賞 限定シリーズ/TV映画部門(Best Performance by an Actress in a Limited Series or a Motion Picture Made for Television)
 ・ケイトリン・ディーヴァー(Kaitlyn Dever) 『アンビリーバブル たった1つの真実』"Unbelievable"
 ・ジョーイ・キング(Joey King) "The Act"
 ・ヘレン・ミレン "Catherine the Great"
 ・メリット・ウェヴァー(Merritt Wever) 『アンビリーバブル たった1つの真実』"Unbelievable"
 ・ミシェル・ウィリアムズ "Fosse/Verdon"

 ◆主演男優賞 ミュージカル/コメディー・シリーズ部門(Best Performance by an Actor in a Television Series – Musical or Comedy)
 ・マイケル・ダグラス 『コミンスキー・メソッド』"The Kominsky Method"
 ・ビル・ヘイダー(Bill Hader) 『バリー』"Barry"
 ・Ben Platt 『ザ・ポリティシャン』"The Politician"
 ・ポール・ラッド  『僕と生きる人生』"Living with Yourself"
 ・Ramy Youssef "Ramy"

 マイケル・ダグラスは、2年連続ノミネート。前回受賞。
 ビル・ヘイダーも2年連続ノミネート。

 ◆主演女優賞 ミュージカル/コメディー・シリーズ部門(Best Performance by an Actress in a Television Series – Musical or Comedy
 ・クリスティナ・アップルゲイト 『デッド・トゥ・ミー ~さようならの裏に~』"Dead to Me"
 ・レイチェル・ブロズナハン 『マーベラス・ミセス・メイゼル』"The Marvelous Mrs. Maisel"
 ・キルステン・ダンスト "On Becoming a God in Central Florida"
 ・ナターシャ・リオン(Natasha Lyonne) 『ロシアン・ドール: 謎のタイムループ』"Russian Doll"
 ・フィービー・ウォーラー=ブリッジ(Phoebe Waller-Bridge) 『Fleabag フリーバッグ』"Fleabag"

 レイチェル・ブロズナハンは、3年連続のノミネート、2年連続受賞中。

 ◆主演男優賞 ドラマ・シリーズ部門(Best Performance by an Actor in a Television Series – Drama)
 ・ブライアン・コックス 『キング・オブ・メディア』"Succession"
 ・キット・ハリントン(Kit Harington) 『ゲーム・オブ・スローンズ』
 ・ラミ・マレック 『ミスター・ロボット』"Mr. Robot"
 ・トビアス・メンジーズ(Tobias Menzies) 『ザ・クラウン』
 ・ビリー・ポーター(Billy Porter) 『POSE ポーズ』"Pose"

 ビリー・ポーターは、2年連続ノミネート。

 ◆主演女優賞 ドラマ・シリーズ部門(Best Performance by an Actress in a Television Series – Drama)
 ・ジェニファー・アニストン 『ザ・モーニングショー』"The Morning Show"
 ・オリヴィア・コールマン 『ザ・クラウン』
 ・ジョディ・カマー(Jodie Comer) 『キリング・イヴ/Killing Eve』
 ・ニコール・キッドマン  『ビッグ・リトル・ライズ』"Big Little Lies"
 ・リース・ウィザースプーン 『ザ・モーニングショー』"The Morning Show"

 ニコール・キッドマンは、映画部門と合わせて4年連続ノミネート。2018年に受賞。
 リース・ウィザースプーンは、2年ぶりのノミネート。

 ◆助演男優賞(Best Performance by an Actor in a Supporting Role in a Series Limited Series or Motion Picture Made for Television)
 ・アラン・アーキン 『コミンスキー・メソッド』"The Kominsky Method"
 ・キーラン・カルキン(Kieran Culkin) 『キング・オブ・メディア』"Succession"
 ・アンドリュー・スコット(Andrew Scott) 『Fleabag フリーバッグ』"Fleabag"
 ・ステラン・スカルスガルド 『チェルノブイリ』"Chernobyl"
 ・ヘンリー・ウィンクラー(Henry Winkler) 『バリー』"Barry"

 アラン・アーキンは、2年ノミネート。前回受賞。
 キーラン・カルキン、ヘンリー・ウィンクラーも2年連続ノミネート。

 ◆助演女優賞(Best Performance by an Actress in a Supporting Role in a Series Limited Series or Motion Picture Made for Television)
 ・パトリシア・アークエット "The Act"
 ・ヘレナ・ボナム・カーター 『ザ・クラウン』
 ・トニ・コレット 『アンビリーバブル たった1つの真実』"Unbelievable"
 ・メリル・ストリープ 『ビッグ・リトル・ライズ』"Big Little Lies"
 ・エミリー・ワトソン 『チェルノブイリ』"Chernobyl"

 パトリシア・アークエットは、前回“Escape At Dannemora”で、主演女優賞 限定シリーズ/TV映画部門受賞、。

 主な作品のノミネート状況は、以下の通り。

 ・『チェルノブイリ』(4):限定・主演男優・助演男優・助演女優
 ・『アンビリーバブル たった1つの真実』(4):限定・主演女優・主演女優・助演女優
 ・『ビッグ・リトル・ライズ』(4):ドラマ・主演女優・主演女優・助演女優
 ・『ザ・クラウン』(4):ドラマ・主演男優・主演女優・助演女優
 ・"Fosse/Verdon"(3):限定・主演男優・主演女優
 ・『キリング・イヴ/Killing Eve』(3): ドラマ・主演男優・主演女優
 ・『ザ・モーニングショー』(3):ドラマ・主演女優・主演女優
 ・『バリー』(3):M/C/主演男優・助演男優
 ・『Fleabag フリーバッグ』(3):M/C・主演女優・助演男優
 ・『コミンスキー・メソッド』(3):M/C・主演男優・助演男優
 ・『キャッチ=22』(2):限定・主演男優
 ・“The Loudest Voice”(2): 限定・主演男優
 ・『キング・オブ・メディア』(2):ドラマ・助演男優
 ・『マーベラス・ミセス・メイゼル』(2):M/C・主演女優
 ・『ザ・ポリティシャン』(2):M/C・主演男優
 ・"The Act"(2):主演女優・助演女優

 授賞式は、2020年1月5日です。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・ゴールデン・グローブ賞2020 外国語映画賞エントリー作品 93作品発表:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201911/article_37.html

 ・ゴールデン・グローブ賞2019 ノミネーション発表:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201812/article_15.html
 ・ゴールデン・グローブ賞2019 受賞結果:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201901/article_12.html

 ・ゴールデン・グローブ賞2018ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201712/article_39.html
 ・ゴールデン・グローブ賞2018 受賞結果:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201801/article_25.html

 ・ゴールデン・グローブ賞2017 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201612/article_44.html
 ・ゴールデン・グローブ賞2017受賞結果:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201701/article_28.html

 ・ゴールデン・グローブ賞2016 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201512/article_23.html
 ・ゴールデン・グローブ賞2016 受賞結果:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201601/article_26.html

 ・ゴールデン・グローブ賞2015 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201412/article_53.html
 ・ゴールデン・グローブ賞2015 受賞結果:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201501/article_29.html

 ・ゴールデン・グローブ賞2014 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201312/article_32.html
 ・ゴールデン・グローブ賞2014 受賞結果:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201401/article_38.html

 ・ゴールデン・グローブ賞2013 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201212/article_32.html
 ・ゴールデン・グローブ賞2013 受賞結果:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201301/article_36.html
 ・ゴールデン・グローブ賞2012ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201112/article_33.html
 ・ゴールデン・グローブ賞2012受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201201/article_31.html
 ・ゴールデン・グローブ賞2011ノミネーション 映画部門:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_28.html
 ・ゴールデン・グローブ賞2011ノミネーション テレビ部門:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_29.html
 ・ゴールデン・グローブ賞2011受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_37.html
 ・ゴールデン・グローブ賞2010ミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_25.html
 ・ゴールデン・グローブ賞2010受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_31.html
 ・ゴールデン・グローブ賞2009ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200812/article_20.html
 ・ゴールデン・グローブ賞2009受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200901/article_13.html
 ・ゴールデン・グローブ賞2008ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200712/article_21.html
 ・ゴールデン・グローブ賞2008 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200801/article_9.html

 ・ゴールデン・グローブ賞における黒人のノミネート/受賞データ 年別・個人別・作品別 :http://umikarahajimaru.at.webry.info/201701/article_29.html

 ・ゴールデン・グローブ賞2017にまつわる、黒人の部門別ノミネーション&受賞データ!:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201701/article_27.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2018年10月~2019年1月:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201810/article_5.html

 追記:
 ・ゴールデン・グローブ賞2020 受賞結果:https://umikarahajimaru.at.webry.info/202001/article_15.html

この記事へのコメント