アトランタ映画批評家協会賞2019 受賞結果!

 第4回アトランタ映画批評家協会賞が発表されました。(12月2日)

アトランタ.jpg

 アトランタ映画批評家協会(AFCC:The Atlanta Film Critics Circle)
 設立年:?  会員数:?

 ◆Top 10 Films
 1.『パラサイト 半地下の家族』(韓) 監督:ポン・ジュノ
 2. 『アイリッシュマン』 監督:マーティン・スコセッシ
 3. 『マリッジ・ストーリー』 監督:ノア・バームバック
 4. 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』 監督:クエンティン・タランティーノ
 5. 『1917 命をかけた伝令』(英・米) 監督:サム・メンデス
 6. “Little Women” 監督:グレタ・ガーウィグ
 7. “Uncut Gems”(米) 監督:ジョシュ・サフディー、ベニー・サフディー
 8. 『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』 監督:ライアン・ジョンソン
 9. “Pain and Glory(Dolor y gloria)”(西) 監督:ペドロ・アルモドバル
 10. 『アポロ11 完全版』“Apollo 11”(米) 監督:トッド・ダグラス・ミラー(Todd Douglas Miller

 ◆監督賞
 ◎ポン・ジュノ 『パラサイト 半地下の家族』(韓)

 ◆主演男優賞(Best Lead Actor)
 ◎アダム・ドライバー 『マリッジ・ストーリー』
 ゴッサム・アワードに続き、アダム・ドライバーが受賞。

 ◆主演女優賞(Best Lead Actress)
 ◎レニー・ゼルウィガー 『ジュディ 虹の彼方に』“Judy”(米・英)(監督:ルパート・グールド)
 ナショナル・ボード・オブ・レビューに続き、レニー・ゼルウィガーが受賞。

 ◆助演男優賞(Best Supporting Actor)
 ◎ブラッド・ピット 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
 ナショナル・ボード・オブ・レビューに続き、ブラッド・ピットが受賞。

 ◆助演女優賞(Best Supporting Actress)
 ◎ローラ・ダーン 『マリッジ・ストーリー』(監督:ノア・バームバック)
 ニューヨーク映画批評家協会賞に続き、ローラ・ダーンが受賞。

 ◆アンサンブル・キャスト賞(Best Ensemble Cast)
 ◎『アイリッシュマン』 マーティン・スコセッシ

 ◆脚本賞Best Screenplay)
 ◎ポン・ジュノ、ハン・ジンウォン 『パラサイト 半地下の家族』

 ◆撮影賞Best Cinematography)
 ◎ロジャー・ディーキンス 『1917 命をかけた伝令』
 ナショナル・ボード・オブ・レビューに続き、ロジャー・ディーキンスが受賞。

 ◆ドキュメンタリー賞(Best Documentary)
 ◎『アポロ11 完全版』“Apollo 11”(米) 監督:トッド・ダグラス・ミラー(Todd Douglas Miller)

 ◆アニメーション賞(Best Animated Film)
 ◎『トイ・ストーリー4』

 ◆外国語映画賞Best International Film)
 ◎『パラサイト 半地下の家族』(韓) 監督:ポン・ジュノ
 ナショナル・ボード・オブ・レビュー、ニューヨーク映画批評家協会賞に続き、『パラサイト 半地下の家庭』が受賞。

 ◆オリジナル作曲賞(Best Original Score)
 ◎トマス・ニューマン 『1917 命をかけた伝令』

 ◆ブレイクスルー・パフォーマンス賞(AFCC Special Award for Breakthrough Performer)
 ◎ケルヴィン・ハリソン Jr.(Kelvin Harrison Jr.)
 ケルヴィン・ハリソン Jr.は、インディペンデント・スピリット・アワード2020主演男優賞ノミネート。

 ◆第1回作品賞(AFCC Special Award for Best First Film)
 ◎オリヴィア・ワイルド “Booksmart”(米)

―――――――――――――――――――――――――――――――-

 アトランタ映画批評家協会賞は、ゴッサム・アワード、ナショナル・ボード・オブ・レビュー、ニューヨーク映画批評家協会賞の3つを合わせたような受賞結果になりました。

 全米映画賞レースは、始まったばかりですが、本年度の各部門の本命はだいたい見えてきたというところでしょうか。

 本年度は、主演男優賞は人のアダムにアントニオ・バンデラスがからんでくるような様相、
 主演女優賞、助演女優賞もほとんど決まり、
 外国語映画賞/国際映画賞は、『パラサイト 半地下の家族』でほぼ決まり、
 『パラサイト 半地下の家族』とPain and Glory(Dolor y gloria)”が外国語映画賞/国際映画賞以外のメインの部門でノミネートされることも明らかで
 長編ドキュメンタリー部門、長編アニメーション部門は、混戦の模様です。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・アトランタ映画批評家協会賞(Atlanta Film Critics Society)2018:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201812/article_8.html

 ・アトランタ映画批評家協会賞(Atlanta Film Critics Society)2017:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201712/article_36.html

 ・アトランタ映画批評家協会賞(Atlanta Film Critics Society)2016:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201612/article_15.html

 ・全米の映画批評家協会系映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_2.html

 ・全米の映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_45.html

 ・ニューヨーク映画批評家協会賞2019 受賞結果:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201912/article_8.html

 ・ナショナル・ボード・オブ・レビュー 2019 受賞結果:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201910/article_7.html

 ・ゴッサム・アワード2019 受賞結果:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201912/article_6.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2018年10月~2019年1月:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201810/article_5.html

この記事へのコメント