セビリヤ・ヨーロッパ映画祭2019 受賞結果

 第16回セビリヤ・ヨーロッパ映画祭(11月8日-16日)の受賞結果です。

 【オフィシャル・セレクション部門】

 ※審査員:Lucía Alemany(スペインの映画監督)、Serge Bozon(フランスの男優、映画監督)、Mirsad Purivatra(サラエボ映画祭のディレクター、プロデューサー)、Elías León Siminiani(スペインの映画監督)、アダ・ソロモン(Ada Solomon:ルーマニア出身のプロデューサー)

 ◆金のヒラルディージョ賞/Gold Giraldillo for best film)
 ◎“Martin Eden”(伊・仏・独) 監督:ピエトロ・マルチェッロ(Pietro Marcello)
 ジャック・ロンドンの『マーティン・イーデン』の映画化。
 船乗りマーティンは裕福な家の娘と出会い、新しい世界へ足を踏み入れる。労働者階級から独学で作家を目指す若者の苦闘を描く。
 ドキュメンタリーを除くと第2監督長編。
 ベネチア国際映画祭2019コンペティション部門出品。Volpi Cup(男優賞:ルカ・マリネッリ)、La Pellicola de'Oro Award( Emiliano Novelli)受賞。
 トロント国際映画祭2019 プラットフォーム部門出品。
 ハンブルク・フィルム・フェスト2019出品。
 釜山国際映画祭2019 オープン・シネマ部門出品。
 ニューヨーク映画祭2019出品。
 BFIロンドン映画祭2019出品。
 ハイファ国際映画祭2019出品。
 ゲント映画祭2019出品。審査員特別賞 監督賞受賞。
 La Roche-sur-Yon映画祭2019出品。
 ライデン国際映画祭2019出品。

Martin Eden.jpg

 ◆審査員大賞(Grand Jury Award)
 ◎“Technoboss”(ポルトガル・仏) 監督:João Nicolau
 物語:ルイス・ロビスコの退職が間近に迫っている。彼が日中に夢見る歌は、彼の人生のすべての不正を補う。しかし、受付のルシンダの前に立って、彼は自分が別の曲で歌っているのに気づく
 ポルトガルの編集技師João Nicolauの第3監督長編。
 ロカルノ国際映画祭2019インターナショナル・コンペティション部門出品。
 ミラノ映画祭2019出品。
 ボルドー国際インディペンデント映画祭2019出品。
 サンパウロ国際映画祭2019出品。

Technoboss.jpg

 ◆監督賞
 ・ナダヴ・ラビド(Nadav Lapid) 『シノニムズ』“Synonymes (Synonyms)”(仏・イスラエル・独)
 出演:Tom Mercier、カンタン・ドルメール(Quentin Dolmaire)、ルイーズ・シュヴィロット(Louise Chevillotte)、John Sehil、Gaël Raes、Chris Zastera、Jonathan Boudina
 物語:若いイスラエル人の男性ヨアヴが、フランス・イスラエル語の辞書に力を借りて、フランスへと逃亡しようとする。
 ベルリン国際映画祭2019コンペティション部門出品。金熊賞、国際批評家連盟賞受賞。
 香港国際映画祭2019出品。
 スプリング映画祭2019出品。
 イスタンブール国際映画祭2019出品。
 ウルグアイ国際映画祭2019出品。
 インディーリスボア/リスボン国際インディペンデント映画祭2019出品。
 Al Este映画祭2019出品。
 シドニー映画祭2019出品。
 ミッドナイト・サン映画祭2019出品。
 カブール映画祭2019出品。
 バレッタ映画祭2019出品。
 フランス映画祭2019出品。
 エジンバラ国際映画祭2019出品。
 台北電影節2019出品。
 Transatlantyk映画祭2019出品。
 オデッサ国際映画祭2019出品。
 イスラエル・アカデミー賞2019 監督賞、男優賞(Tom Mercier)、撮影賞、編集賞ノミネート。
 トロント国際映画祭2019CONTEMPORARY WORLD CINEMA部門出品。
 International Cinematographers' Film Festival Manaki Brothers 2019出品。
 ヘルシンキ国際映画祭2019出品。
 アテネ映画祭2019出品。
 ベルゲン国際映画祭2019出品。
 ニューヨーク映画祭2019出品。
 バンクーバー国際映画祭2019出品。
 釜山国際映画祭2019ワールド・シネマ部門出品。
 ミル・ヴァレー映画祭2019出品。
 ハンプトンズ国際映画祭2019出品。
 ミルウォーキー映画祭2019出品。
 ルイ・デリュック賞2019ノミネート。
 デンバー国際映画祭2019出品。
 ストックホルム国際映画祭2019出品。
 トリノ映画祭2019出品。

シノニムズ.jpg

 ◆男優賞
 ◎ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ “The Traitor(Il traditore)”(伊・仏・独・ブラジル)(監督:マルコ・ベロッキオ)
 出演:ピエロフランチェスコ・ファビーノ、ルイジ・ロカーショ、Maria Fernanda Cândido
 物語:シチリア島のマフィオーソで「オメルタ(血の掟)」を破り政府に協力した人物、トンマーゾ・ブシェッタ(Tommaso Buscetta 1928年7月13日 – 2000年4月2日)に関する実話。
 1980年代初頭、シチリアのマフィアのボスの間で全面戦争が激化する。メイドマン、トンマーゾ・ブシェッタ(Tommaso Buscetta)は、ブラジルに隠れて逃げる。闘争は落ち着いた時、ブシェッタはイタリアに戻るが、仲間は次々と殺される。逮捕され、ブラジル警察に引き渡されたブシェッタは、マフィアの全体の物語を変える決定を下す。
 カンヌ国際映画祭2019コンペティション部門出品。
 イタリアン・ゴールデン・グローブ賞2019 監督賞、オリジナル作曲賞受賞。主演男優賞(ピエロフランチェスコ・ファヴィーノ)、脚本賞ノミネート。
 ナストロ・ダルジェント賞2019 作品賞、監督賞、脚本賞、主演男優賞(ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ)、助演男優賞(ルイジ・ロカーショ、ファブリツィオ・フェラカーネ)、編集賞、作曲賞受賞。プロデューサー賞、撮影賞、録音賞ノミネート。
 ミュンヘン映画祭2019出品。
 トゥー・リバーズ・フィルム&アート・フェスティバル2019出品。
 ニュー・ホライズンズ映画祭2019出品。
 トロント国際映画祭2019 MASTERS部門出品。
 Cinematik国際映画祭2019出品。
 ニューヨーク映画祭2019出品。
 釜山国際映画祭2019アイコン部門出品。
 Filmekimi2019出品。
 ハンプトンズ国際映画祭2019出品。
 ケルン映画祭2019出品。
 Grand Lyon映画祭2019出品。
 シカゴ国際映画祭2019出品。
 カルタゴ映画祭2019出品。
 Mittelシネマ・フェスト2019出品。
 マル・デル・プラタ映画祭2019出品。
 AFIフェスト2019出品。
 ヨーロッパ映画賞2019 作品賞・監督賞・男優賞(ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ)・脚本賞ノミネート。

The Traitor.jpg

 ◆女優賞
 ◎Zorica Nusheva “God Exists, Her Name Is Petrunya”(北マケドニア・ベルギー・スロヴェニア・クロアチア・仏)(監督:Teona Strugar Mitevska)
 出演:Zorica Nusheva、ラビナ・ミテフスカ(Labina Mitevska)、Stefan Vujisic、Suad Begovski、Simeon Moni Damevski、Violeta Sapkovska、Petar Mircevski、Andrijana Kolevska、Nikola Kumev、Bajrush Mjaku
 物語:1月19日。マケドニアでは毎年公現祭が行なわれる。これはマケドニア独特の儀式で、大祭司が川に十字架を投げ込み、それを手に入れた者が1年間幸運に恵まれるというもので、見つけた者は地元のヒーローになれる。Petrunijaは、31歳の歴史家だが、失業中で、両親と一緒に暮らしている。彼女は、ブラック企業での面接からの帰りに、儀式に出くわし、川に飛び込んで十字架を獲得する。しかし、ひとりの男性が、彼女には参加する権利がないと言って、彼女から十字架を奪おうとする。騒ぎが続き、混乱が激しくなって、Petrunijaは十字架を持って逃げる。しかし、結局は警察署に連行されることになる。彼女は自分が勝者であると主張し、十字架に渡すことを拒む。警官、検査官、司祭が彼女にあきらめるよう説得しようとするが失敗する。
 ベルリン国際映画祭2019コンペティション部門出品。エキュメニカル審査員賞、Guild Film Prize受賞。
 トランシルヴァニア国際映画祭2019出品。
 シドニー映画祭2019出品。
 エジンバラ国際映画祭2019出品。
 Transatlantyk映画祭2019出品。
 オデッサ国際映画祭2019出品。
 ゴールデン・アプリコット・エレヴァン国際映画祭2019出品。
 Lux賞2019 ノミネート。
 モトヴン映画祭2019出品。国際批評家連盟賞受賞。
 トゥー・リバーズ・フィルム&アート・フェスティバル2019出品。
 スロヴェニア映画祭2019出品。
 ベルゲン国際映画祭2019出品。
 ライデン国際映画祭2019出品。
 FilmBathフェスティバル2019出品。

God Exists.jpg

女優賞.jpg

 ◎Marta Nieto “Madre”(西・仏)(監督:ロドリゴ・ソロゴイェン(Rodrigo Sorogoyen))
 物語:Elenaが6歳の息子Ivanから電話を受けたのは、10年前のこと。彼は、フランスのビーチで迷子になり、父親を見つけることができなかったと言ったのだ。それは彼女が唯一の子どもから聞いた最後の言葉だった。今、Elenaは同じビーチの近くに住んでいて、近くのレストランで働いており、ついに自分の人生の暗闇から抜け出てきた。しかし、Elenaは、行方不明の息子の多くを彼女に思い出させるフランスのティーンエイジャーJeanと出会うと、すべてが空中に投げ込まれる。ElenaとJeanは、一緒に、周りのすべての人々を混沌と疑惑に巻き込む関係に乗り出す。
 米国アカデミー賞2019短編映画賞にノミネートされた『母』“Mother(Madre)”(西/19min)の長編版。
 ベネチア国際映画祭2019 Orizzonti部門出品。
 Filmekimi(トルコ)2019出品。
 モンペリエ地中海国際映画祭2019出品。作品賞メンション受賞。
 ハイファ映画祭2019出品。
 タリン・ブラック・ナイツ映画祭2019出品

madre.jpg

 ◆脚本賞
 ◎“The Whistlers”(La Gomera)(ルーマニア・仏・独) 監督:コルネイユ・ポルンボユ(Corneliu Porumboiu)
 出演:ヴラド・イヴァノフ、カトリネル・マーロン(Catrinel Marlon)、Rodica Lazar
 物語:警官のクリスティは、スペインのラ・ゴメラ島に到着し、エル・シルボ(住民が最大5キロメートルの距離で使用している口笛の言葉)を習得する。クリスティは、ブカレストで逮捕された物議を醸す実業家、Zsoltを解放することを目指している。
 カンヌ国際映画祭2019コンペティション部門出品。
 トランシルヴァニア国際映画祭2019出品。
 シドニー映画祭2019出品。
 ミュンヘン映画祭2019出品。
 ヴコバル映画祭2019出品。
 エルサレム映画祭2019出品。
 ニュー・ホライズンズ映画祭2019出品。
 トロント国際映画祭2019 MASTERS部門出品。
 Cinematik国際映画祭2019出品。
 Manaki Brothers映画祭2019出品。
 ファンタスティック・フェスト2019出品。
 バンクーバー国際映画祭2019出品。
 ミル・ヴァレー映画祭2019出品。
 ニューヨーク映画祭2019出品。
 米国アカデミー賞2020 国際映画賞ルーマニア代表。
 Felmekimi2019出品。
 BFIロンドン映画祭2019出品。
 ケルン映画祭2019出品。
 シカゴ国際映画祭2019出品。
 モントリオール・ヌーヴォー・シネマ・フェスティバル2019出品。
 ハワイ国際映画祭2019出品。
 AFIフェスト2019出品。
 キーウェスト映画祭2019出品。
 トリノ映画祭2019出品。

The Whistlers.jpg

 ◆撮影賞
 ◎ヴァレンチン・ヴァシャノヴィチ(Valentyn Vasyanovych) 『アトランティス』“Atlantis”(ウクライナ)(監督:ヴァレンチン・ヴァシャノヴィチ)
 物語:「2025年、戦争直後の世界。深いトラウマを抱えた元兵士の男は、身元不明の死体発掘に携わる女性と出会い、自らの過去と向き合う。」
 ベネチア国際映画祭2019 Orizzonti部門出品。作品賞受賞。
 トロント国際映画祭2019 CONTEMPORARY WORLD CINEMA部門出品。
 ハンブルク・フィルム・フェスト2019出品。
 ワルシャワ国際映画祭2019出品。
 ウクライナ映画祭2019出品。
 東京国際映画祭2019 コンペティション部門出品。審査員特別賞受賞。
 テッサロニキ国際映画祭2019出品。
 ウィーン国際映画祭2019出品。
 ミンスク国際映画祭2019出品。作品賞受賞。
 台北金馬奨映画祭2019出品。
 コーク国際映画祭2019出品。
 Lisbon & Estoril映画祭2019出品。
 レザルク・ヨーロピーアン映画祭2019出品。

アトランティス.jpg

 ◆審査員スペシャル・メンション
 ◎“The Bears‘ Famous Invasion of Sicily”(伊・仏) 監督:ロレンツォ・マトッティ(Lorenzo Mattotti)
 イタリアを代表する作家ディーノ・ブッツァーティが1945年に、出版した童話『シチリアにおける熊たちの有名なる侵略』“La famosa invasione dcgli orsi in Sicilia”のアニメーション化。ロレンツォ・マトッティは、イタリア出身の漫画家、イラストレーターで、これが監督第2作。
 声の出演:レイラ・ベクティ、アルチュール・デュポン、ジャン=クロード・カリエール、トマ・ビデガン、ティエリー・アンシス
 カンヌ国際映画祭2019 ある視点部門出品。
 アヌシー国際アニメーションフェスティバル2019出品。
 アングレーム・フランス語映画祭2019出品。
 ストラスブール・ヨーロピーアン・ファンタスティク映画祭2019出品。
 ナミュール・フランス語映画祭2019出品。
 ローマ映画祭2019出品。
 italien de Villerupt映画祭2019出品。
 Mittelシネマ・フェスト2019出品。
 マル・デル・プラタ映画祭2019出品。

The Bears.jpg

 ◆Eurimages Award for Best European Co-Production
 ◎“It Must Be Heaven”(仏・独・カナダ・トルコ・パレスチナ・カタール) 監督:エリア・スレイマン
 出演:Ali Suliman、エリア・スレイマン、Holden Wong
 物語:ナザレからパリ、北米へ。映画製作者のエリア・スレイマンは、さまざまな都市を旅し、どこにいてもその不条理を無言で観察する。パリの路上を戦車が転がり込み、警官がバレエ編隊でセグウェイに乗り、アメリカでは市民がAK-47をスーパーマーケットに持ち込む。彼の映画プロデューサーとのミーティングは、彼のコメディ映画の売り込みが「パレスチナ人が足りない」として拒否されたため、失敗に終わる。
 カンヌ国際映画祭2019 コンペティション部門出品。スペシャル・メンション、国際批評家連盟賞受賞。
 上海国際映画祭2019出品。
 ミュンヘン映画祭2019出品。
 Transatlantyk映画祭2019出品。
 New Horizons映画祭2019出品。
 米国アカデミー賞2020国際映画賞パレスチナ代表。
 トロント国際映画祭2019 MASTERS部門出品。
 ヨーロッパ映画賞2019オフィシャル・セレクション。
 アトランティック映画祭2019出品。
 Jameson CineFest - Miskolc International Film Festival 2019出品。
 ブリスベーン映画祭2019出品。
 Filmekimi2019出品。
 釜山国際映画祭2019 アイコン部門出品。
 アラブ映画祭サンフランシスコ2019出品。
 シカゴ国際映画祭2019出品。
 ライデン国際映画祭2019出品。

It Must Be Heaven.jpg

 ◆ASECAN Award for Best Film
 ◎“Sibyl”(仏・ベルギー) 監督:ジュスティーヌ・トリエ(Justine Triet)
 出演:ヴィルジニ・エフィラ、アデル・エグザルホプロス、ギャスパー・ウリエル
 物語:心理療法士のSibylは、最初の情熱である執筆に戻る。しかし、問題を抱えた新進気鋭の女優である最新の患者Margotが、非常に魅力的なインスピレーションの源であることがわかる。ほぼ強迫観念に魅了されたSibylは、Margotの激動の生活にますます関与し、過去と向き合う移りげな記憶を蘇らせる。
 カンヌ国際映画祭2019コンペティション部門出品。
 ブカレスト国際映画祭2019出品。
 Transatlantyk映画祭2019出品。
 トロント国際映画祭2019 CONTEMPORARY WORLD CINEMA部門出品。
 釜山国際映画祭2019 ワールド・シネマ部門出品。
 ニューヨーク映画祭2019出品。
 フィラデルフィア映画祭2019出品。

Sibyl.jpg

 ◆Women in Focus Award for Best Film
 ◎“God Exists, Her Name Is Petrunya”(北マケドニア・ベルギー・スロヴェニア・クロアチア・仏) 監督:Teona Strugar Mitevska

 [その他のエントリー作品]
 ・“Liberté”(西・仏・ポルトガル・独) 監督:アルベルト・セラ(Albert Serra)
 ・“Longa Noite”(西) 監督:Eloy Enciso
 ・“Gloria Mundi”(仏) 監督:ロベール・ゲディギャン
 ・“Joan of Arc”(仏) 監督:ブリュノ・デュモン
 ・“Tommaso”(伊) 監督:アベル・フェラーラ
 ・“Little Joe”(オーストリア・英・独) 監督:ジェシカ・ハウスナー
 ・“About Endlessness”(スウェーデン) 監督:ロイ・アンダーソン

 【NEW WAVES部門】

 ※現代ヨーロッパ映画をリフレッシュさせるような、新しい才能と優れたヴィジョンを持った作品を集めたセレクション。フィクション部門とノンフィクション部門がある。

 ◆作品賞
 ◎“Abou Leila”(アルジェリア・仏) 監督:Amin Sidi-Boumédiène
物語:アルジェリア、1994年。幼年期の2人の友人であるS.とLotfiが砂漠を駆け巡り、危険なテロリストのAbou Leilaを探している。サハラ砂漠が攻撃の波の影響を受けていないことを考えると、彼らの探求は不合理に思われる。Lotfiはただ1つの優先順位を持っている:彼の友人がもっと流血に直面するにはあまりにも壊れやすいと知っていて、Sを可能な限り首都から遠ざけること。しかし、砂漠に近づくほど、彼らは自分自身の暴力にもっと直面するようになるだろう。
 カンヌ国際映画祭2019 国際批評家週間出品。
 ヌーシャテル国際ファンタスティック映画祭2019出品。シルバー・メリエス賞(最優秀ヨーロピーアン・ファンタスティック映画賞)受賞。
 ファンタスティック・フェスト2019出品。
 ハンブルク・フィルム・フェスト2019出品。
 モンペリエ地中海映画祭2019出品。批評家賞受賞。
 カルタゴ映画祭2019出品。男優賞(Lyès Salem)受賞。
 トリノ映画祭2019出品。
 カイロ国際映画祭2019出品。

Abou Leila.jpg

 ◆特別賞
 ◎“A Russian Youth(Malchik russkiy)”(ロシア) 監督:Alexander Zolotukhin
 物語:名声とメダルを夢見る、素朴で若々しい村の男の子が第一次世界大戦に行く物語である。最初の戦いで彼は視力を失う。彼はまだ聴力が使えたので軍隊に残される。彼は巨大な金属製漏斗を通して注意深く耳を傾け、敵機が接近した場合には警報を発しなければならない。当時のロシア帝国軍の基盤は、農民や労働者階級 - 肉体労働が困難な生活を送っていた特徴的な外観を持つ人々 - のせいにされていた。
 ベルリン国際映画祭2019 フォーラム部門出品。
 ファジル国際映画祭2019出品。
 サハリン国際映画祭2019出品。審査員特別賞受賞。
 ニュー・ホライズンズ映画祭2019出品。
 ソチ・オープン・ロシア映画祭2019出品。Diploma of the Guild of Russian Film Scholars and Film Critics受賞。
 北京国際映画祭2019 Forward Future Award部門出品。Best New Film受賞。
 スプートニク・ロシアン映画祭2019出品。

A Russian Youth.jpg

 ◆監督賞
 ◎Jaione Camborda “Arima”(西)
 物語:“Arima”それは、4人の女性と1人の少女が2人の見知らぬ人の突然の到着によってその存在が混乱するという話。それらの1つは他から逃げて、とらえどころのない存在、不確実な存在の幽霊のような存在のように町をこっそり回る。他のキャラクター-銃を持った負傷した男性-は、さまざまな方法で女性の生活様式を混乱させる。プロット全体は、現実と想像の間、夢と悪夢、恐怖と欲望の間の細い線の上で行われる。
 ヒホン国際映画祭2018 DCP DELUXE Work-in-Progress Award ANIMAFICX Award受賞。
 サンパウロ国際映画祭2019出品。

Arima.jpg

 [NEW WAVES ノンフィクション部門]

 ◆作品賞
 ◎“Zumiriki”(西) 監督:Oskar Alegria
 フィルムメイカーは、ダムの建設後に水面下に姿を消した子供の頃の島の真向かいにある孤立した川岸に小屋を建てた。目標は、見えなくなったその場所に戻ることだった。数ヶ月前の小さな菜園と、11.36秒と23秒で永遠に止まった時計の、思い出の漂流者の日記です。
 ベネチア国際映画祭2019 Orizzonti部門出品。

Zumiriki.jpg

 ◆スペシャル・メンション
 ◎“Space Dogs”(オーストリア・独) 監督:Elsa Kremser、Levin Peter
 ドキュメンタリー。野良犬ライカは、宇宙に送り出されて死に至った最初の生物だった。伝説によると、彼女は幽霊として地球に戻り、それ以来モスクワの街を歩き回っている。彼女の痕跡に続き、犬の視点から撮影された“Space Dogs”は、彼女の子孫の冒険に同行する。今日のモスクワに住む2匹のストリートドッグである。彼らの物語は親密な交わりの1つですが、容赦ない残虐行為でもあり、ソビエトの宇宙時代の目に見えないアーカイブ資料と織り交ぜられている。未知の空間を捜索する航海者の魔法の物語。
 Elsa Kremserにとっては初監督作品、Levin Peterにとっては3本目のドキュメンタリー作品。
 ロカルノ国際映画祭2019 フィルムメイカーズ・オブ・ザ・プレゼント コンペティション部門出品。Premio Speciale ISPEC Cultura スペシャル・メンション、ユース審査員賞スペシャル・メンション受賞。
 Jameson Cinefest - Miskolc国際映画祭2019出品。
 レイキャビク映画祭2019出品。
 Dokubaku国際ドキュメンタリー映画祭(アゼルバイジャン)2019出品。
 サンパウロ国際映画祭2019出品。
 リガ国際映画祭2019出品。
 ウィーン国際映画祭2019出品。Best Austrian Film(ウィーン映画賞)、ExtraVALUE Film Award受賞。
 DOKライプチヒ2019出品。
 Listapad映画祭(ベラルーシ)2019出品。
 Kasselerドックフェスト(独)2019出品。
 マル・デル・プラタ国際映画祭2019出品。
 ヒューストン・シネマ・アーツ・フェスティバル2019出品。
 トリノ映画祭2019出品。

Space Dogs.jpg

 【その他の賞】

 ◆デラックス賞(Deluxe Award)
 ◎“Barzakh(Barzaj)”(西) 監督:Alejandro Salgado
 物語:アラビア語では、“Barzakh”という言葉は、2つのものの中間状態であるようなものを意味する。コーランでは、死から最終審判の日までの間隔である。永遠に思える夜の辺境で、不確実な海の地平線の前で、若者のグループ-「MENAS」として指定された人々-は、ヨーロッパに到達する瞬間のためにメリリャで待つ。セビリヤのアレハンドロ・サルガドが真実と詩のまれな混合物で描く不屈の自由を持つ若者の希望と死の時代(懐かしさと未来の間)によって電化された瞬間のコレクション。

Barzakh.jpg

 ◆未来のシネフィル賞(Cinephiles of the Future Award)
 ◎“School Life(La vie scolaire)”(仏) 監督:Grand Corps Malade、Mehdi Idir
 物語:南フランス出身の若い教育コンサルタントであるSamiaは、パリ郊外の難しい中学校に到着する。MoussaとDylanのホールモニターとともに、、学年を通して生徒を監督するスクール・ライフ・チームを運営している。Samiaは仕事に情熱を持ち、学校の教師と同僚の助けを借りて、落胆した子供たちをやる気にさせ、明るい未来が可能であることを彼らに示すためにできる限りのことをする。
 アングレーム・フランス語映画祭2019出品。
 ワルシャワ国際映画祭2019出品。

School Life.jpg

 ◆観客賞(Audience Award - EFA Selection)
 ◎『ダンサー そして私たちは踊った』“And Then We Danced”(スウェーデン・ジョージア・仏) 監督:レヴァン・アキン(Levan Akin)
 物語:大人の瀬戸際にいるダンサーMerabは、ナショナル・ジョージアン・アンサンブルでパートナーのMaryとともに練習に励んでいる。ところが、彼の世界に.気ままな Irakliが入ってきて、彼に強いライバル心と欲望が生まれる。
 カンヌ国際映画祭2019 監督週間出品。
 オデッサ国際映画祭2019インターナショナル・コンペティション部門出品。Golden Duke、演技賞(Levan Gelbakhiani)受賞。
 エルサレム映画祭2019出品。
 メルボルン国際映画祭2019出品。
 サラエボ映画祭2019出品。男優賞(レヴァン・ゲルバヒアニ(Levan Gelbakhiani))受賞。
 ヨーロッパ映画賞2019オフィシャル・セレクション。
 ヘルシンキ国際映画祭2019出品。
 バンクーバー国際映画祭2019出品。
 Kharkiv MeetDocsイースタン・ウクライナ映画祭2019出品。
 チューリヒ映画祭2019出品。
 Filmekimi2019出品。
 BFIロンドン映画祭2019出品。
 モントリオール・ニューヴォー・シネマ・フェスティバル2019出品。ピース賞受賞。
 ミル・ヴァレー映画祭2019出品。
 ゲント国際映画祭2019出品。
 ワルシャワ国際映画祭2019出品。
 ニュー・フェスト:ニューヨークLGBT映画祭2019出品。観客賞受賞。
 シカゴ国際映画祭2019出品。Gold Q-Hugo受賞。
 バリャドリッド国際映画祭2019出品。男優賞(レヴァン・ゲルバヒアニ)、Rainbow Spike賞受賞。
 LesGaiCineMad, マドリッド国際LGBT映画祭2019映画祭2019出品。作品賞、パフォーマー賞(レヴァン・ゲルバヒアニ)、観客賞受賞。
 ミンスク国際映画祭2019出品。男優賞(レヴァン・ゲルバヒアニ)受賞。
 コーク国際映画祭2019出品。
 米国アカデミー賞2020国際映画賞スウェーデン代表。
 ヨーロッパ映画賞2019 男優賞(レヴァン・ゲルバヒアニ)ノミネート。
 FilmBathフェスティバル2019出品。
 AFIフェスト2019出品。
 キーウェスト映画祭2019出品。Rotterur

And Then We Danced.jpg

 ◆短編映画賞(Rosario Valpuesta Award - Best Short Film Andalusian Panorama)
 ◎“Litoral”(西/20min) 監督:Juanjo Rueda
 町、結婚、そして記憶に残る人生を理解する方法の物語を伝える短編ドキュメンタリー。
 バリャドリッド国際映画祭2019出品。

Litoral .jpg

 ◆短編映画賞 監督賞(Rosario Valpuesta Special Award - Best Direction in a Short Film Andalusian Panorama)
 ◎Carlos Violadé “Foreigner”(西/27min)
 物語:Markは、カディス海岸に到着したばかりの若いイギリス人。彼は彼のいとこ、Margaretを訪問するためにスペインに来た。彼は海を見下ろす美しい家で友人とバーベキューを計画した。昼食後、AmaroはMarkからボートに乗って海から海岸を眺めることができる。Markはためらうことなく、夢中になる。彼は自分の人生が永遠に変わることを知らない。
 Premios Fugaz 2019 プロダクション賞受賞。
 ASECAN 2019 短編フィクション映画賞受賞。

Foreigner.jpg

 ◆CICAE Award – Best First Film The New Waves + Permanent Revolutions
 ◎“Take Me Somewhere Nice”(オランダ・ボスニア ヘルツェゴビナ) 監督:Ena Sendijarevic
 物語:Almaは、ボスニア人の両親によってオランダで育てられた。彼女はもはや少女ではないが、大人の女性にもなりきっていない。Almaはほとんど父親を知らない。父親がボスニアの病院に入院した時、Almaは自分の母国と自分自身を知るために、父親に会いに行く。いとこのEmirが案内してくれるが、忙しすぎてあまり熱心ではない。それより彼の親友であるDenisが彼女に注意を向ける。
 『ストレンジャー・ザ・パラダイス』を彷彿とさせるロード・ムービー。初監督長編。
 ロッテルダム国際映画祭2019出品。審査員特別賞受賞。
 全州国際映画祭2019インターナショナル・コンペティション部門出品。
 カンヌ国際映画祭2019 ACID部門出品。
 Al Este映画祭(ペルー)2019出品。
 FEST -New Directors New Films(ポルトガル)2019出品。
 台北電影節インターナショナル・ニュー・タレント・コンペティション出品。
 グアナファト国際映画祭2019出品。
 ニュー・ホライズンズ映画祭2019出品。
 サラエボ映画祭2019出品。作品賞受賞。
 ケベック・シティー国際映画祭2019出品。
 オランダ映画祭2019出品。
 ケルン映画祭2019出品。
 サンパウロ国際映画祭2019出品。
 ボスフォラス映画祭2019出品。

Take Me Somewhere Nice.jpg

 ◆Ocaña Award to Freedom
 ◎“And Then We Danced”(スウェーデン・ジョージア・仏) 監督:Levan Akin

 【特別賞・名誉賞】

 ◆名誉ヒラルディージョ賞(Giraldillo de Honor)
 ◎Pere Portabella
 スペインの政治家、監督、プロデューサー

Pere Portabella.jpg

 ◆セビリヤ市賞(City of Seville Award)
 ◎ジャンヌ・バリバール

ジャンヌバリバール.jpg

--------------------------------

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・セビリヤ・ヨーロッパ映画祭2018 受賞結果:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201811/article_31.html
 ・セビリヤ・ヨーロッパ映画祭2017 受賞結果:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201711/article_23.html
 ・セビリヤ・ヨーロッパ映画祭2016 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201611/article_37.html
 ・セビリヤ・ヨーロッパ映画祭2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201311/article_24.html
 ・セビリヤ・ヨーロッパ映画祭2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201211/article_13.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2019年10月~2020年1月:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201910/article_7.html

この記事へのコメント