ヨーロッパ映画賞2019 ディスカバリー賞ノミネーション発表

 第31回ヨーロッパ映画賞のディスカバリー賞(European Discovery 2017–Prix FIPRESCI:新人監督賞)のノミネーションが発表になりました。(10月8日@ベルリン)

 ・“Ray & Liz”(英) 監督:リチャード・ビリンガム(Richard Billingham)
 物語:1990年。アルコールのせいで、リチャードの父レイは自分の寝室に封じ込められて出られなくなってしまう。レイとうまくいっていない妻のリズは、隣人のシドと、レイの扱いについてケンカをする。レイは、まだ希望を持っていて、自殺を通してリズを操作すれば、彼女は自分のところに戻ってきてくれると考えていた。
 10年かそのくらい前、リチャードの弟のジェイソンは、3歳で、不運なロルおじさんに預けられていた。同居人は、ロルをだまして、家に隠していた酒を飲ませ、ジェイソンのことを忘れるように仕向けた。リズは、戻ってきて、暴力で彼を罰した。
 1985年、10歳のジェイソンは、友だちとBonfire Nightに出かけ、帰り道がわからなくなって、納屋で夜を明かした。最終的に彼は保護された。ソーシャルワーカーがこのことをレイとリズに伝えた時、リズはちょっとだけ泣いて、すぐに忘れた。
 ターナー賞ノミネート、Deutsche Börse Prize受賞のアーティスト、リチャード・ビリンガムの初監督長編。Ray & Lizとは、リチャードの両親のことで、本作はブラック・カントリーの公営住宅で育った彼の記憶に基づく家族の物語であり、サッチャー時代の、日々のもめごとと孤独と愛と喪失といったユニバーサルな物語を語っている。
 ロカルノ国際映画祭2018 インターナショナル・コンペティション部門出品。スペシャル・メンション受賞。
 トロント国際映画祭2018WAVELEGTHS部門出品。
 バトゥミ国際映画祭(ジョージア)2018出品。グランプリ受賞。
 Jameson CineFest - Miskolc国際映画祭2018出品。
 El Gouna映画祭(エジプト)2018出品。Silver Star受賞。
 バンクーバー国際映画祭2018出品。
 CPH:PIX 2018出品。観客賞ノミネート。
 モントリオール・ヌーヴォー・シネマ フェスティバル2018出品。Prix de l'expérimentationスペシャル・メンション受賞。
 イスタンブールFilmekimiフェスティバル2018出品。
 ニューヨーク映画祭2018出品。
 ケルン映画祭2018出品。
 BFIロンドン映画祭2018 第1回作品コンペティション部門出品。
 サンパウロ国際映画祭2018出品。
 ウィーン国際映画祭2018出品。
 ストックホルム国際映画祭2018出品。
 テッサロニキ国際映画祭2018 インターナショナル・コンペティション部門出品。最優秀作品賞/ゴールデン・アレクサンダー“テオ・アンゲロプロス”賞受賞。
 セビリヤ・ヨーロッパ映画祭2018出品。グランプリ受賞。
 AFIフェスト2018出品。
 リスボン&Sintra映画祭2018出品。審査員特別賞監督賞受賞。
 ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード2018 新人監督賞、ブレイクスルー・プロデューサー賞受賞。美術賞ノミネート。
 パームスプリングス国際映画祭2019出品。
 ロッテルダム国際映画祭2019出品。
 アンジェ・ヨーロッパ・ファースト・フィルム・フェスティバル2019出品。
 グラスゴー映画祭2019出品。
 ルクセンブルク・シティー映画祭2019出品。グランプリ受賞。
 ヴィリニュス映画祭2019 New Europe - New Namesコンペティション部門出品。最優秀作品賞受賞。
 クリーヴランド映画祭2019出品。
 ブエノスアイレス国際インディペンデント映画祭2019出品。女優賞(Ella Smith)、ADF撮影賞、SIGNIS賞受賞。
 D’A映画祭2019出品。
 ラスベガス映画祭2019出品。
 全州国際映画祭2019出品。
 メリーランド映画祭2019出品。
 シドニー映画祭2019出品。
 オデッサ国際映画祭2019出品。
 ラックス賞2019 オフィシャル・セレクション。

Ray and Riz.jpg

 ・“Les misérables”(仏) 監督:Ladj Ly
 出演:Damien Bonnard、Alexis Manenti、Djibril Zonga
 物語:Stéphaneは、93年にモンフェルメイユの反犯罪旅団に加わった。彼は新しいチームメイトであるChris and Gwadaに出会い、地区のさまざまなグループ間の緊張を発見する。
 パリ近郊での2005年の暴動に触発された映画。同名の2017年の短編の同キャストによる長編版。
 カンヌ国際映画祭2019コンペティション部門出品。審査員賞、Prix de la Citoyenneté、AFCAE Art House Cinema Award スペシャル・メンション受賞。
 シドニー映画祭2019出品。
 上海国際映画祭2019出品。
 ミュンヘン映画祭2019出品。
 ダーバン国際映画祭2019インターナショナル・コンペティション部門出品。作品賞、脚本賞受賞。
 エルサレム映画祭2019出品。Gabriel Sherover Foundation Award受賞。
 ドーヴィル・アメリカン映画祭2019出品。Michel d'Ornano Award受賞。
 トロント国際映画祭2019CONTEMPORARY WORLD CINEMA部門出品。
 ヨーロッパ映画賞2019オフィシャル・セレクション。
 アトランティック映画祭2019出品。
 International Cinematographers' Film Festival Manaki Brothers 2019出品。
 El Gouna映画祭2019出品。観客賞受賞。
 アテネ映画祭2019出品。ギリシャ映画批評家協会賞、観客賞受賞。
 チューリヒ映画祭2019出品。
 釜山国際映画祭2019 オープン・シネマ部門出品。
 ゲント映画祭2019出品。
 ハンプトンズ国際映画祭2019出品。
 シカゴ国際映画祭2019出品。
 トゥー・シティーズ映画祭(米)2019出品。
 ドーヴィル・アメリカン映画祭2019 Michel d'Ornano Award受賞。

Les Miserables.jpg

 ・ “Atlantics”(仏・セネガル・ベルギー) 監督:マティ・ディオップ(Mati Diop)
 物語:ダカールの郊外。若い女性が労働者に恋をするが、彼は海に消える。
 カンヌ国際映画祭2019 コンペティション部門出品。グランプリ受賞。
 アングレーム・フランス語映画祭2019出品。
 トロント国際映画祭2019 CONTEMPORARY WORLD CINEMA部門出品。
 サンセバスチャン国際映画祭2019 Zabaltegi Tabakalera部門出品。
 BFIロンドン映画祭2019出品。
 ニューヨーク映画祭2019出品。
 ゲント国際映画祭2019出品。
 ハンプトンズ国際映画祭2019出品。
 シカゴ国際映画祭2019出品。

Atlantics.jpg

 ・『イリーナ』“Irina”(ブルガリア) 監督:ナデジダ・コセバ(Nadejda Koseva)
 物語:Irinaはパートタイムのウェイトレスとして働いていたが、解雇される。不運なことに同じ日に、夫はひどい事故に遭う。彼は体が不自由になり、もはや生計を立てることができない。体の不自由な夫、子ども、そして自分自身の面倒を見るために、Irinaは代理母になる決心をする。しかし、やがてこれは信じられないほど困難であることがわかる。それでも彼女がそれに参加する時、Irinaは自分の中で成長している生命をどのように受け入れればいいだろうか? 彼女は、ゆっくりと愛することと許すことの意味を発見する。
 ゴールデン・ローズ映画祭2018 デビュー賞(Nadejda Koseva)、女優賞(Martina Apostolova)、ブルガリア・フィルムメイカー組合賞受賞。
 ワルシャワ国際映画祭2018 インターナショナル・コンペティション部門出品。審査員特別賞(Martina Apostolova(女優))受賞。
 ゴールデン・ローズ ブルガリア映画祭2019出品。ゴールデン・ローズ賞 女優賞(Martina Apostolova)、第1回長編賞ブルガリア・フィルムメイカー賞受賞。
 ティラナ国際映画祭2018出品。Golden Owl賞受賞。
 ミンスク国際映画祭2018出品。
 Listapad国際映画祭2018出品。
 コットバス国際映画祭2018出品。デビュー映画賞、受賞。
 トビリシ国際映画祭2018出品。女優賞スペシャル・メンション(Martina Apostolova)受賞。
 マラケシュ国際映画祭2018出品。
 ファジル映画祭2019出品。Zabaltegi Tabakalera女優賞(Martina Apostolova)受賞。
 バーリ映画祭2019インターナショナル・パノラマ・コンペティション部門出品。スペシャル・メンション受賞。
 香港国際映画祭2019 ヤング・シネマ・インターナショナル・コンペティション部門出品。女優賞(Martina Apostolova)受賞。
 クロッシング・ヨーロッパ映画祭2019出品。観客賞受賞。
 SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019出品。監督賞受賞。
 サウスイースト・ロサンゼルス・ヨーピーアン映画祭2019出品。観客賞受賞。
 トゥー・リバース映画&アート・フェスティバル2019出品。

Irina.jpg

 ・『ANIARA アニアーラ』“ANIARA”(スウェーデン・デンマーク) 監督:ペラ・コーゲルマン(Pella Kågerman)、ヒューゴ・リリャ(Hugo Lilja)
 物語:アニアーラ号は、放射能汚染された地球から人類を火星に移送していた。ところが、地球を旅立ってすぐ小惑星に衝突し、軌道が変わってしまう。乗客たちはゆっくりと自分たちが二度と戻れないことに気づく。彼らは、空っぽで冷たい宇宙空間を永遠に彷徨うことになる。
 1956年にスウェーデンの小説家で詩人のハリー・マーティンソンが発表した『アニアーラ』の映画化。たくさんの言語に翻訳され、オペラ化や舞台化もされたが、映画化はこれが初めて。
 ともに初監督長編。
 トロント国際映画祭2018 DISCOVERY部門出品。
 ヨーテボリ国際映画祭2019出品。
 Olhão映画&文学フェスティバル2019出品。
 レザルク・ヨーロピーアン映画祭2019出品。女優賞(エメリー・ヨンソン)、Cineroupa賞、プレス賞スペシャル・メンション、ヤング審査員賞スペシャル・メンション受賞。
 ブエノスアイレス国際インディペンデント映画祭2019出品。
 イマジン映画祭2019出品。
 サンフランシスコ国際映画祭2019出品。
 ウルグアイ国際映画祭2019出品。監督賞受賞。
 エジンバラ国際映画祭2019出品。
 プチョン国際ファンタスティック映画祭2019出品。
 カリテ・ファンタスティック・シネマ・コレクション2019出品。
 スカンジナビアン映画祭(オーストラリア)2019出品。
 エルサレム映画祭2019出品。
 オクトパス映画祭(ポーランド)2019出品。

ANIRA.jpg

 ・『ブラインド・スポット』“Blind Spot(Blindsone)”(ノルウェー) 監督:ツヴァ・ノヴォトニー(Tuva Novotny)
 物語:MariaとAnders、娘のTea、息子のBjornは、穏やかにありふれた日常を楽しんでいる。だが、思いもかけないカタストロフが家族を襲い、生活のすべてが疑問に変わる。家族は集まり、出来事に対処しようとするが、ショックやヒステリーが批判や自己不信に導く。
 俳優ツヴァ・ノヴォトニーの監督デビュー作。
 ノルウェー国際映画祭2018出品。
 トロント国際映画祭2018 DISCOVERY部門出品。
 サンセバスチャン国際映画祭2018 オフィシャル・セレクション出品。女優賞(ピア・シェルタ(Pia Tjelta))受賞。
 CPH:PIX 2018 New Talent Grand Pix受賞。
 ブラチスラバ国際映画祭2018インターナショナル・コンペティション部門出品。グランプリ受賞。
 ヨーテボリ国際映画祭2019出品。
 コスモラマ・トロンハイム国際映画祭2019 監督賞、脚本賞受賞。
 ポートランド国際映画祭2019出品。
 Molodist国際映画祭2019出品。
 レッチェ・ヨーロッパ映画祭2019 ゴールデン・オリーヴ・ツリー・コンペティション部門出品。
 FEST - New Directors New Films(ポルトガル)2019出品。
 SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019出品。
 エルサレム映画祭2019出品。
 Amanda賞2019 主演女優賞(ピア・シェルタ(Pia Tjelta))受賞。
 ノルディック映画賞2019ノミネート。
 アマンダ賞2019 女優賞(ピア・シェルタ(Pia Tjelta))受賞。

Blind Spot.jpg

―――――――――――――――――――――――――――――――

 ヨーロッパ映画賞の授賞式は12月7日にベルリンで行なわれます。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・ヨーロッパ映画賞 オフィシャル・セレクションその1:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201908/article_16.html

 ・ヨーロッパ映画賞 オフィシャル・セレクションその2 :https://umikarahajimaru.at.webry.info/201908/article_17.html

 ・ヨーロッパ映画賞 オフィシャル・セレクション [解説]:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201908/article_18.html

 ・ヨーロッパ映画賞2019 ドキュメンタリー賞オフィシャル・セレクション:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201908/article_23.html

 ・ヨーロッパ映画賞2019 オフィシャル・セレクション2作品追加:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201910/article_3.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2019年10月~2020年1月:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201910/article_7.html

この記事へのコメント