米国映画芸術科学アカデミー(AMPAS) 第37代会長決定

 米国映画芸術科学アカデミー賞AMPASの第37代会長が発表になりました。

 第37代会長は、キャスティング・ディレクターとしては初めてとなるDavid Rubinでした。

david rubin.jpg
 AMPASで投票があったのが8月5日(火)
 それがHollywood Reporterで記事になったのが6日
 さらにそれがAWARDSDAILYで記事になったのが7日でした。

 米国アカデミー賞のNEWSサイトは、7月1日が最終更新日で、会長選挙に関してはまだニュースになっていません。

 David Rubin以外に誰が候補だったのかは、記事には書かれていないので不明です。

 David Rubinは、AMPAS、にキャスティング・ディレクター部会が設けられた2014年度(2013年)に理事に選ばれ、2016年と2019年に再選され、2016年と2017年、2018年に秘書を務めた、と伝えられています。

 キャスティング・ディレクターのLynn Stalmasterは、2016年にキャスティング・ディレクターとしては初めてアカデミー賞名誉賞を受賞していますが、キャスティング・ディレクターという仕事(ポジション)は、より重要視されるようになっているように見えますね。

 ジョン・ベイリー(撮影監督)の会長時代には、アカデミー賞撮影賞に初めて女性(レイチェル・モリソン)がノミネートされるということがありましたが、David Rubin時代には何かニュ-スがあるでしょうか。
 キャスティング・ディレクター部会は、米国アカデミー賞にキャスティング・ディレクター賞が設けられるのを期待しているとはずっと噂になっていますが、現状ではさすがにそれが実現することはないでしょうが。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・米国映画芸術科学アカデミー(AMPAS)の2019-2020の理事 発表:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201906/article_12.html

 ・米国映画芸術科学アカデミー(AMPAS) 第36代会長決定:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201708/article_12.html

 ・米国映画芸術科学アカデミー 2017-2018 理事の改選:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201707/article_2.html
 ・米国映画芸術科学アカデミー 2018-2019 理事の改選:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201808/article_3.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2019年4月~9月:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201904/article_12.html
0

この記事へのコメント