カナダ・スクリーン・アワード2019 受賞結果

 第7回カナダ・スクリーン・アワードの受賞結果です。(受賞結果の発表は3月31日。ノミネーション発表は2月7日)

 ◆作品賞(Motion Picture)
 ◎“A Colony (Une colonie)”(カナダ) プロデューサー:Fanny Drew、Sarah Mannering 監督:Geneviève Dulude-De Celles
 ・“Family First (Chien de garde)”(カナダ) プロデューサー:Étienne Hansez 監督:Sophie Dupuis
 ・“Genesis (Genèse)”(カナダ) プロデューサー:Galilé Marion-Gauvin 監督:Philippe Lesage
 ・『大いなる闇の日々』“The Great Darkened Days (La grande noirceur)”(カナダ) プロデューサー:シルヴァン・コルベイユ(Sylvain Corbeil)、ナンシー・グラント(Nancy Grant) 監督:マキシム・ジルー(Maxime Giroux)
 ・“Just a Breath Away (Dans la brume)”(仏・カナダ) プロデューサー:クリスチャン・ラルーシュ(Christian Larouche)、Guillaume Colboc、ニコラ・デュヴァル=アダソフスキ(Nicolas Duval Adassovsky) 監督:ダニエル・ロビィ(Daniel Roby)

 ◆監督賞(Direction)
 ◎Jasmin Mozaffari “Firecrackers”(カナダ)
 ・Geneviève Dulude-De Celles “A Colony (Une colonie)”
 ・Sophie Dupuis “Family First (Chien de garde)”
 ・マキシム・ジリー(Maxime Giroux) 『大いなる闇の日々』“The Great Darkened Days (La grande noirceur)”
 ・ダニエル・ロビィ(Daniel Roby) “Just a Breath Away (Dans la brume)”

画像

 ◆主演男優賞(Actor in a leading role)
 ◎Théodore Pellerin “Family First (Chien de garde)”
 ・マルタン・デュブレイユ(Martin Dubreuil) 『大いなる闇の日々』“The Great Darkened Days (La grande noirceur)”
 ・Paul Nutarariaq “The Grizzlies”(カナダ)(監督:ミランダ・ドゥ・ペンシエ(Miranda de Pencier))
 ・Brandon Oakes “Through Black Spruce”(カナダ)(監督:ドン・マッケラー)
 ・マイケル・ロウ(Michael Rowe) “Crown and Anchor”(カナダ)(監督:Andrew Rowe)

 アイリス賞2019ではマルタン・デュブレイユが受賞。

 ◆主演女優賞(Actress in a leading role)
 ◎Émilie Bierre “A Colony (Une colonie)”
 ・ヴァレリア・エンリケス(Valeria Henríquez) “The Padre”(カナダ)(監督:Jonathan Sobo)
 ・Rose-Marie Perreault 『フェイク・タトゥー』“Fake Tattoos (Les faux tatouages)”(カナダ)(監督:パスカル・プラント(Pascal Plante))
 ・ブリジット・プパール(Brigitte Poupart) “Les Salopes, or the Naturally Wanton Pleasure of Skin (Les salopes ou le sucre naturel de la peau)”(カナダ)(監督:Renée Beaulieu)
 ・Carla Turcotte “Sashinka”(カナダ)監督:Kristina Wagenbauer)

画像

 ◆助演男優賞(Actor in a supporting role)
 ◎リチャード・クラーキン(Richard Clarkin) “The Drawer Boy”(カナダ)(監督:Arturo Pérez Torres、Aviva Armour-Ostroff)
 ・Paul Ahmarani “Genesis (Genèse)”
 ・Paul Doucet “With Love (L'Amour)”(カナダ)(監督:Marc Bisaillon)
 ・ミシェル・ロバン(Michel Robin) “Just a Breath Away (Dans la brume)”
 ・Jacob Whiteduck-Lavoie “A Colony (Une colonie)”

画像

 ◆助演女優賞(Actress in a supporting role)
 ◎サラ・ガドン 『大いなる闇の日々』“The Great Darkened Days (La grande noirceur)”
 ・Irlande Côté “A Colony (Une colonie)”
 ・ロマン・デュリス “Slut in a Good Way (Charlotte a du fun)”(カナダ)(監督:ソフィー・ロラン(Sophie Lorain))
 ・Anna Lambe “The Grizzlies”
 ・ケイト・モイヤー(Kate Moyer) 『災厄の家』“Our House”(カナダ・独・米)(監督:アンソニー・スコット・バーンズ(Anthony Scott Burns))

画像

 ◆オリジナル脚本賞(Original Screenplay)
 ◎Catherine Léger “Slut in a Good Way (Charlotte a du fun)”
 ・Renée Beaulieu “Les Salopes, or the Naturally Wanton Pleasure of Skin (Les salopes ou le sucre naturel de la peau)”
 ・Marc Bisaillon “With Love (L'Amour)”
 ・Philippe Lesage “Genesis (Genèse)”
 ・ギォーム・ロマン(Guillaume Lemans) “Just a Breath Away (Dans la brume)”

 ◆脚色賞(Adapted Screenplay)
 ◎ロバート・バドロー(Robert Budreau) “Stockholm”(カナダ・米)(監督:ロバート・バドロー)
 ・Sharon Lewis “Brown Girl Begins”(カナダ)(監督:Sharon Lewis)
 ・ネイサン・パーカー(Nathan Parker) 『災厄の家』“Our House”
 ・Arturo Pérez Torres “The Drawer Boy”
 ・Paul Risacher、Claude Landry、Maxime Landry “Racetime (La Course des tuques)”(カナダ)(監督:ブノワ・ゴドブ(Benoît Godbout)、ジャン=フランソワ・プリオ(Jean-François Pouliot)、François Brisson))

 ◆撮影賞(Cinematography)
 ◎Sara Mishara 『大いなる闇の日々』“The Great Darkened Days (La grande noirceur)”
 ・ダニエル・グラント(Daniel Grant) 『セクシャリティー』“Octavio Is Dead!”(カナダ)(監督:スックイン・リー(Sook-Yin Lee))
 ・イアン・ラガルド(Ian Lagarde) “For Those Who Don't Read Me (À tous ceux qui ne me lisent pas)”(カナダ)(監督:Yan Giroux)
 ・Sara Mishara “Allure”(カナダ)(監督:Carlos Sanchez、Jason Sanchez)
 ・ポール・サロシー(Paul Sarossy) “The Padre”

 Sara Misharaは、2作品でノミネート。
 アイリス賞2019でも『大いなる闇の日々』が受賞。

 ◆編集賞(Editing)
 ◎Simone Smith “Firecrackers”
 ・リチャード・コモー(Richard Comeau) “Stockholm”
 ・Elric Robichon “For Those Who Don't Read Me (À tous ceux qui ne me lisent pas)”
 ・Jules Saulnier “Sashinka”
 ・アルチュール・タルノウスキ(Arthur Tarnowski)、ニコラ・ショドールジュ(Nicolas Chaudeurge) “The Hummingbird Project”(ベルギー・カナダ)(監督:キム・グエン)

 ◆美術賞(Art Direction/Production Design)
 ◎パトリシア・マクニール(Patricia McNeil)、Sylvain Dion 『大いなる闇の日々』“The Great Darkened Days (La grande noirceur)”
 ・エマニュエル・フレシェット(Emmanuel Fréchette) “The Hummingbird Project”
 ・Marie-Claude Gosselin “For Those Who Don't Read Me (À tous ceux qui ne me lisent pas)”
 ・イニーゴ・ナヴァロ(Iñigo Navarro) “The Padre”
 ・Elisa Sauve 『セクシャリティー』“Octavio Is Dead!”

 ◆衣裳デザイン賞(Costume Design)
 ◎パトリシア・マクニール(Patricia McNeil) 『大いなる闇の日々』“The Great Darkened Days (La grande noirceur)”
 ・リア・カールソン(Lea Carlson) “Stockholm”
 ・Eugénie Clermont “A Colony (Une colonie)”
 ・Hanna Pulley 『セクシャリティー』“Octavio Is Dead!”
 ・Mara Zigler “Firecrackers”

 ◆メイキャップ賞(Makeup)
 ◎Françoise Quilichini “Just a Breath Away (Dans la brume)”
 ・Lauryn Ford “Crown and Anchor”
 ・Carla Hutchinson “Brown Girl Begins”
 ・Tammy-Lou Pate “Venus”(カナダ)(監督:Eisha Marjara)
 ・Fanny Vachon “The Fall of Sparta (La chute de Sparte)”(カナダ)(監督:ドゥニ・アルカン)

 ◆ヘア・スタイリング賞(Hair) [新設]
 ◎Peggy Kyriakidou “Stockholm”
 ・Renée Chan “Love Jacked”(カナダ・南ア)(監督:Alfons Adetuyi)
 ・Daniel Jacob “1991”(カナダ)(監督:Ricardo Trogi)
 ・Anne Moralis、André Duval “The Hummingbird Project”
 ・Johanne Paiement “Slut in a Good Way (Charlotte a du fun)”

 ◆視覚効果賞(Visual Effects)
 ◎ブノワ・ブリエール(Benoit Brière)、Bruno Maillard “Just a Breath Away (Dans la brume)”
 ・William Chang、Brian Huynh 『災厄の家』“Our House”
 ・Philippe Frère、Stéphane Thibert、Alexandre Rouil、Véronique Dessard、Loïc Poës、Barthélémy Beaux、Morgan Hardy、Bernard Devillers、Gaël Durant “The Hummingbird Project”
 ・Fredrik Nord “Stockholm”
 ・Jean-François Talbot、Jean-Pierre Boies “1991”

 アイリス賞2019でも“Just a Breath Away (Dans la brume)”が受賞。

 ◆音響賞(Overall Sound)
 ◎Pierre Mertens、Thomas Gauder、Alexis Oscari “The Hummingbird Project”
 ・Michel Lecoufle “1991”
 ・Stéphane Barsalou、Bernard Gariépy Strobl “With Love (L'Amour)”
 ・ギレス・コルベイル(Gilles Corbeil)、ステファン・ベルゲロン(Stéphane Bergeron) 『蛍はいなくなった』“The Fireflies Are Gone (La disparition des lucioles)”(カナダ)(監督:セバスチャン・ピロット(Sébastien Pilote))
 ・Bernard Gariépy Strobl “Just a Breath Away (Dans la brume)”

 Bernard Gariépy Stroblは、2作品でノミネート。

 ◆音響編集賞(Sound Editing)
 ◎Frédéric Cloutier 『大いなる闇の日々』“The Great Darkened Days (La grande noirceur)”
 ・Louis Desparois “The Nest (Le nid)”(カナダ)(監督:David Paradis)
 ・Martin Pinsonnault “Just a Breath Away (Dans la brume)”
 ・Christian Rivest、ステファン・ベルゲロン(Stéphane Bergeron)、Guy Pelletier “Racetime (La Course des tuques)”
 ・Lee Walpole、Thomas Huhn “Stockholm”

 ◆オリジナル作曲賞(Achievement in Music: Original Score)
 ◎Alaska B “Through Black Spruce”
 ・Olivier Alary “Allure”
 ・Philippe Brault 『蛍はいなくなった』“The Fireflies Are Gone (La disparition des lucioles)”
 ・Naren Chandavarkar、Benedict Taylor “Black Kite”(カナダ・アフガニスタン)(監督:Tarique Qayumi)
 ・Yves Gourmeur “The Hummingbird Project”

 ◆オリジナル歌曲賞(Achievement in Music: Original Song)
 ◎Dan General、Thomas Lambe、Adam Tanuyak “The Grizzlies”-‘Trials’
 ・スックイン・リー(Sook-Yin Lee)、アダム・リトヴィッツ(Adam Litovitz)、アリア・オブライエン(Alia O'Brien) 『セクシャリティー』“Octavio Is Dead!”- ‘Ghost of Love (Onakabazien Remix)’
 ・Jean-Sébastien Williams “Sashinka”-‘Help Is on the Way’

 ◆ジョン・ダニング 第1回作品賞(John Dunning Best First Feature Award) [改称]
 ◎“A Colony (Une colonie)” 監督:Geneviève Dulude-De Celles
 ・“Family First (Chien de garde)” 監督:Sophie Dupuis
 ・“Firecrackers” 監督:Jasmin Mozaffari
 ・“The Nest (Le nid)” 監督:David Paradis
 ・“Touched”(カナダ) 監督:Karl R. Hearne

 ◆長編ドキュメンタリー賞(Feature Length Documentary)
 ◎“Anthropocene: The Human Epoch”(カナダ) 監督:ジェニファー・バイチウォル(Jennifer Baichwal)、ニック・ド・パンシェ(Nicholas de Pencier)、エドワード・バーティンスキー(Edward Burtynsky)
 ・“The Devil's Share (La Part du diable)”(カナダ) 監督:Luc Bourdon プロデューサー:Colette Loumède
 ・“Immaculate Memories: The Uncluttered Worlds of Christopher Pratt”(カナダ) 監督:Kenneth J. Harvey
 ・『馬三家からの手紙』“Letter from Masanjia”(カナダ) 監督:レオン・リー(Leon Lee)
 ・“What Walaa Wants”(カナダ・デンマーク) 監督:Christy Garland Matt Code、 Anne Köhncke、Justine Pimlott、Anita Lee

 “Anthropocene: The Human Epoch”は、トロント映画批評家協会賞2018 ドキュメンタリー賞次点。最優秀カナダ映画賞 受賞。バンクーバー映画批評家協会賞2019 カナダ映画部門 カナダ・ドキュメンタリー賞受賞。
 『馬三家からの手紙』は、アジアン・アメリカン国際映画祭2018観客賞受賞。カルガリー国際映画祭2018観客賞受賞。ケンブリッジ映画祭2018観客賞受賞。Chagrinドキュメンタリー映画祭2018 最優秀インターナショナル・ドキュメンタリー賞受賞。DocsMX2018 ブレイキング・ドックス受賞。ドキュメンタ・ドキュメンタリー映画祭2018 最優秀長編ドキュメンタリー受賞。ニューベリーポート・ドキュメンタリー映画祭2018 観客賞受賞。ポートランド映画祭2018 観客賞受賞。セントルイス国際映画祭2018 批評家賞受賞。トールグラス映画祭2018 アウトスタンディング・アニメーション映画部門Golden Strands受賞。カナディアン・シネマ・エディターズ・アワード2019受賞。Durango映画祭2019 最優秀長編ドキュメンタリー賞受賞。Leo賞2019 ドキュメンタリー・プログラム/シリーズ脚本賞受賞。
 “What Walaa Wants”は、HotDocsカナディアン国際ドキュメンタリー映画祭2018 長編カナダ・ドキュメンタリー審査員特別賞受賞。

 ◆撮影賞 ドキュメンタリー部門(Best Cinematography in a Documentary)
 ◎ニック・ド・パンシェ(Nicholas de Pencier) “Anthropocene: The Human Epoch”
 ・Nicolas Canniccioni “First Stripes (Premières armes)”(カナダ)(監督:Jean-François Caissy)
 ・Christy Garland “What Walaa Wants”
 ・Étienne Roussy “The Other Rio (L'autre Rio)”(カナダ)(監督:Émilie B. Guérette)
 ・Matthieu Rytz “Anote's Ark”(カナダ)(監督:Matthieu Rytz)

 ◆編集賞 ドキュメンタリー部門(Best Editing in a Documentary)
 ◎Michel Giroux “The Devil's Share (La Part du diable)”
 ・Michael Aaglund、Graeme Ring “What Walaa Wants”
 ・Dave Kazala “Dolphin Man”(ギリシャ・仏・カナダ・日・伊・スイス・スウェーデン)(監督:Lefteris Charitos)
 ・Rich Williamson “Take Light”(カナダ)(監督:Shasha Nakhai)
 ・Graham Withers “Transformer”(カナダ)(監督:Michael Del Monte)

 ◆短編ドキュメンタリー賞(Short Documentary)
 ◎“My Dead Dad's Porno Tapes”(カナダ) 監督:Charlie Tyrell
 ・“Bonfires”(カナダ) 監督:Martin Bureau
 ・“On My Way Out: The Secret Life of Nani and Popi”(カナダ) 監督:Brandon Gross&Skyler Gross Barry 製作総指揮:Barry Avrich&Howie Mandel,
 ・“Prince's Tale”(カナダ) 監督:Jamie Miller
 ・“Voices of Kidnapping”(カナダ) 監督:Ryan McKenna

 “On My Way Out: The Secret Life of Nani and Popi”は、アトランダ・ジューイッシュ映画祭2018 最優秀映画祭受賞。香港ジュ一イッシュ映画祭2018観客賞受賞。ワルシャワ・ジューイッシュ映画祭2018 David Camera Award受賞。
 “Prince's Tale”は、カナディアン・シネマ・エディターズ・アワード2018 受賞。HotDocsカナディアン国際ドキュメンタリー映画祭2018 最優秀短編ドキュメンタリー賞、観客賞受賞。
 “Voices of Kidnapping”は、VISウィンナ・インディペンデント・ショーツ2018出品。

 ◆短編映画賞(Live Action Short Drama)
 ◎『野獣』“Fauve”(カナダ) 監督:ジェレミー・コント(Jérémy Comte) プロデューサー:Maria Gracia Turgeon、Evren Boisjoli
 ・“The Colour of Your Lips (La couleur de tes lèvres)”(カナダ) 監督:Annick Blanc プロデューサー:Maria Gracia Turgeon
 ・“The Fish and the Sea”(カナダ) 監督:Phillip Thomas
 ・“For Nonna Anna”(カナダ) 監督:Luis De Filippis
 ・“Mahalia Melts in the Rain”(カナダ) 監督:Emilie Mannering&Carmine Pierre-Dufour

 『野獣』は、米国アカデミー賞2019 短編映画賞ノミネート。
 “The Fish and the Sea”は、Leo賞2019 最優秀短編ドラマ、監督賞、男性パフォーマンス賞(Maxwell Haynes)受賞。
 “For Nonna Anna”は、サンダンス映画祭2018 短編フィルムメイキング賞受賞。アトランタ映画祭2018 最優秀ナラティヴ・ショート受賞。インサイド・アウト・トロントLGBT映画祭2018Emerging Canadian Artist Award受賞。

 ◆短編アニメーション賞(Animated Short)
 ◎“Animal Behaviour”(カナダ) 監督:アリソン・スノーデン(Alison Snowden)、デイヴィッド・ファイン(David Fine) プロデューサー:Michael Fukushima
 ・“Biidaaban (The Dawn Comes)”(カナダ) 監督:Amanda Strong
 ・“Caterpillarplasty”(カナダ) 監督:David Barlow-Krelina プロデューサー:Jelena Popović
 ・“The Subject (Le sujet)”(カナダ) 監督:Patrick Bouchard プロデューサー:Julie Roy
 ・“A Visit (Une visite)”(カナダ) 監督:Parissa Mohit

 “Animal Behaviour”は、米国アカデミー賞2019 短編アニメーション ノミネート。
 “Biidaaban (The Dawn Comes)”は、バンクーバー国際女性映画祭2019 Matrix Award受賞。
 “Caterpillarplasty”は、オーバーハウゼン国際短編映画祭2018 エキュメニカル審査員賞ホナラブル・メンション受賞。カルガリー・アンダーグラウンド映画祭2019 最優秀カナディアン・ショート受賞。

 ◆特別賞(Special awards)
 ◎ゴールデン・スクリーン賞(Golden Screen Award):“1991” Ricardo Trogi

 【特別賞】(Special awards)(1月15日に受賞者発表)
 ◆監督理事会賞(Board of Directors Award)
 ◎Kevin Tierney(1950-2018、プロデューサー)、Elizabeth Klinck(プロデューサー)、Carole Vivier(プロデューサー)、Roman Bittman(1941-2017、プロデューサー)

 ◆Margaret Collier Award
 ◎Brad Wright(テレビ・プロデューサー、脚本家、俳優)

 ◆Industry Leadership Award
 ◎Entertainment One(エンターテイメント事業を手がけるアメリカ企業。カナダ、イギリス、アイルランド、フランス、オランダ、ベルギー、オーストラリア、ニュージーランドなどにおいても事業を展開している。)

 ◆生涯貢献賞(Lifetime Achievement Award)
 ◎ディーパ・ミータ

 ◆Radius Award
 ◎ステファン・ジェームズ(Stephan James、俳優)

 ◆Earle Grey Award (俳優に贈られる生涯貢献賞)
 ◎メアリー・ウォルシュ(Mary Walsh)

 ◆Academy Icon Award
 ◎“The Kids in the Hall”
 1988-1995のテレビ番組。

 ※カナダ・スクリーン・アワードには、ほかにテレビ部門(プログラム部門、俳優部門、ニュース&インフォメーション部門、スポーツ部門、クラフト部門、ディレクティング部門、音楽部門、ライティング部門、デジタル・メディア部門を含む)が100部門以上あります。

――――――――――――――――――――――――――――――――

 主な作品のノミネート&受賞状況は以下の通り。

 ・『大いなる闇の日々』(5/8):作品・監督・主演男優・助演女優・撮影・美術・衣裳・音響編集
 ・“A Colony (Une colonie)”(3/8):作品・監督・主演男優・主演女優・助演男優・助演女優・衣裳・第1回
 ・“Just a Breath Away (Dans la brume)”(2/8):作品・監督・助演男優・脚本・メイク・視覚効果・録音・音響編集
 ・“Stockholm”(2/6):脚色・編集・衣裳・ヘア・視覚効果・音響編集
 ・“The Hummingbird Project”(1/6):編集・美術・ヘア・視覚効果・録音・作曲
 ・“Family First (Chien de garde)”(1/4):作品・監督・主演男優・第1回
 ・“Firecrackers”(2/4):監督・編集・衣裳・第1回
 ・『セクシャリティー』(0/4):撮影・美術・衣裳・歌曲
 ・“Genesis (Genèse)”(0/3):作品・助演男優・脚本
 ・“The Grizzlies”(1/3):主演男優・助演女優・歌曲
 ・“The Padre”(0/3):主演女優・撮影・美術
 ・“Sashinka”(0/3):主演女優・編集・歌曲
 ・“With Love (L'Amour)”(0/3):助演男優・脚本・録音
 ・“Slut in a Good Way (Charlotte a du fun)”(1/3):助演女優・脚本・ヘア
 ・『災厄の家』(0/3):助演女優・脚色・視覚効果
 ・“For Those Who Don't Read Me (À tous ceux qui ne me lisent pas)”(0/3):撮影・編集・美術
 ・“1991”(0/3):ヘア・視覚効果・録音
 ・“What Walaa Wants”(0/3):ドキュメンタリー・ドキュメンタリー撮影・ドキュメンタリー編集
 ・“Through Black Spruce”(1/2):主演男優・作曲
 ・“Les Salopes, or the Naturally Wanton Pleasure of Skin (Les salopes ou le sucre naturel de la peau)”(0/2):主演女優・脚本
 ・“The Drawer Boy”(1/2):助演男優・脚色
 ・“Brown Girl Begins”(0/2):脚色・メイク
 ・“Racetime (La Course des tuques)”(0/2):脚色・音響編集
 ・“Allure”(0/2):撮影・作曲
 ・“Crown and Anchor”(0/2):主演男優・メイク
 ・『蛍はいなくなった』(0/2):録音・作曲
 ・“The Nest (Le nid)”(0/2):音響編集・第1回
 ・“Anthropocene: The Human Epoch”(2/2):ドキュメンタリー・ドキュメンタリー撮影
 ・“The Devil's Share (La Part du diable)”(1/2):ドキュメンタリー・ドキュメンタリー編集

 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・アイリス賞(ケベック映画賞)2019 受賞結果:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201906/article_6.html

 ・カナダ・スクリーン・アワード2018 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201802/article_1.html
 ・カナダ・スクリーン・アワード2018 受賞結果:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201803/article_14.html
 ・カナダ・スクリーン・アワード2017 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201703/article_8.html
 ・カナダ・スクリーン・アワード2016 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201603/article_8.html
 ・カナダ・スクリーン・アワード2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201403/article_18.html
 ・カナダ・スクリーン・アワード2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201303/article_4.html
 ・ジニー賞2011 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201103/article_15.html
 ・ジニー賞2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201004/article_10.html
 ・ジニー賞2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200904/article_3.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2019年1月~5月:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201901/article_31.html
 ・映画賞&映画祭カレンダー 2019年4月~9月:https://umikarahajimaru.at.webry.info/201904/article_12.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック